星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

メガバンク最終決戦の原作ネタバレとドラマのストーリー結末!

更新日:


2016年2月に放送されたWOWOWドラマ『メガバンク最終決戦』。

このドラマは、小説『銭の戦争』を書いたことでも知られる、

作家で伝説のファンドマネージャー波多野聖先生の著書『メガバンク絶滅戦争』を原作

に用いたドラマです。

既に放送は終わっていますが、ある意味、同じお金をテーマとして描いたドラマ『銭の戦争』以上にスケールが大きいのです。

国の経済をも揺るがすテーマに描かれたドラマであっただけに、楽しく観ていたファンも多くいたと思います。

そこで本記事で、改めてドラマ『メガバンク最終決戦』を振り返り、原作ネタバレやストーリー結末まで、その魅力をお話していきましょう。

スポンサーリンク

『メガバンク最終決戦』の原作ネタバレ

メガバンク最終決戦

みなさんは

『銭の戦争』

というタイトルの作品を聞いたことがありますか?

この質問をすると、大多数が草なぎ剛さん主演のドラマとして、2015年1月期のドラマとして放送された

『銭の戦争』

を思い浮かべるでしょう。

もしくは、韓流ドラマ『銭の戦争』や、原作漫画を思い浮かべるかもしれません。

しかし、世の中には全く同じタイトルでありながら、もっとスケールの大きい

株式をテーマに扱った経済エンターテイメント

として書かれている作品も存在します。

その小説というのが、

波多野聖

という、小説家でありながら、5000億円もの日本株を運用し、

伝説の株式ファンドマネージャー

として活躍した経歴を持つ人物が書いた『銭の戦争』という小説なのです。

もちろん、こちらの『銭の戦争』は、ドラマで描かれた『銭の戦争』と全く世界観が異なります。

日露戦争前後の日本経済の動向を軸に、株式による経済の浮き沈みを描いた壮大な世界観の作品となっています。


次のページへ >

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.