星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

フォードの日本撤退の理由・原因と今後の車のアフターサービスは?

投稿日

1903年6月16日年の創業以来、イギリス・ドイツ・日本など、海外の各国で、その名を馳せてきた大手自動車会社のフォード・モーター(以下、フォード)。

日本国内でもフォード車のユーザーもたくさんいらっしゃるでしょうし、実際に有名人で調べてみると、坂口憲二さん、今井翼さんなどもフォードを愛車として、所有されていることが改めて分かりました。

そんな日本でも多くの方から支持され続けているフォードが、遂に『日本から撤退する』とネットニュースで報道されているそうです。

フォードが日本から撤退するその理由・原因は何処にあるのでしょうか?

また、今後のフォードの動向も気になりますので、本記事でそれらの真相を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

大手自動車メーカー・フォードの日本撤退!

フォード

フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツなど、海外自動車メーカーの一つとして有名なフォード

正直、海外自動車メーカーには、疎い筆者ですら、その名を知っているくらいですから、その知名度はかなりのものだと思います。

実際に、シンプルなデザイン性が好まれているのか、日本国内でも一部のファンからは、フォード車が熱烈な支持も受けているという話も聞きます。

海外のユーザーも獲得できているからこそ、創業から100年以上経過した今もなお、根強いフォードファンから支持され続けている自動車メーカーとして、その知名度を上げているのでしょうね。

そんな、大手海外自動車メーカーのフォードが、日本市場から撤退すると、先日、フォード・アジア・パシフィックから発表があったそうです。

しかも、これまでフォードが行ってきた日本での製品開発も、他国に移転するとのことらしく、完全に日本からの撤退ということらしいのです。

ちなみに、フォードは日本だけでなく、インドネシアからも撤退することを決めているらしく、今後、日本やインドネシアの市場でフォードを見かけることは難しい(直接アメリカで購入するというケース以外はムリと言う意味で…)でしょうね。

なお、日本からの完全撤退は、2016年末ということで、わずか1年後にはフォードが日本から消えてしまい、現在フォード車を愛用している方にとっては、かなり深刻な問題となりそうです。

それにしても、フォードが日本から撤退を決めたという話に、ネットユーザーの反応は、それほど驚く話ではないという方や、それは困る!という方など様々ですが、とくに社会現象になるほどの衝撃が走る、という印象はあまり受けません。

それだけ、昨今のフォードの業績が悪く、いつ撤退してもおかしくなかった、ということなのでしょうか?

それなら

『いつ撤退してもおかしくない!』

と、フォードユーザー達もすでに心の準備はできているでしょうし、最悪、ホンダやトヨタなどの国産車に乗り換える、という方も出てくると思います。

きっと、今回のフォードの日本撤退という一件をきっかけに、日本国内における自動車メーカーのシェアにも、大きな変化が見られそうですね。

 

フォードの日本撤退の理由・原因は?

フォードのディーラー

車に関しては、全く無頓着な筆者ですら、その名を知っている自動車メーカーである、フォードが日本から撤退するという話を聞いて、正直、驚きを隠せないでいるのですが、何故、急に日本から撤退ということになったのでしょうか。

その理由を探っていくと、発表そのものは急なのかもしれませんが、フォードが日本からの撤退の検討は、相当前から、水面下で行われていたのだと思います。

確かにこれまでの販売台数は、約5000台と、長年のファンがいることも事実ではありますが、実際に、2015年の日本国内におけるフォードのシェアを調べてみたところ、そのシェアはわずか1.51%

まぁ、ホンダ・トヨタなど大手自動車メーカーが並ぶ日本国内の中で、さらに、メルセデス・ベンツや、フォルクスワーゲンなどの海外自動車メーカーもしのぎを削っている状態ですし、このシェア率は妥当なところなのかもしれません。

ただフォードが、わざわざ海外で市場を広げていくにしては、シェアが低すぎますよね。

当然、従業員の雇用など、いろいろコストが掛かるのは紛れも無い事実ですし、いくら日本国内でフォードのディーラーを運営していたとしても、シェアが低い状態では、ただ損失を産むばかり…

また、輸出というスタンスで考えたとしても、輸送コストも安くはなく、シェアが今後広がるというのならまだしも、シェアが広がらない日本国内で、これ以上販売展開しようと考えていくのは、あまりにも無謀な話です。

以上のことから、フォードが日本市場から撤退しても、何らおかしい話ではないのです。

フォードに、どんなにコアなファンがいたとしても、日本にはホンダやトヨタなどの信頼できる国内自動車メーカーが並んでいますし、シェアを広げることが難しい以上、このまま日本市場を展開していくことに意味が無く、それゆえに、フォードは撤退を決めたのです。

ただ、ここで1つ問題が浮上します。

これまでフォードを愛用してきた方たちは、急に日本から撤退されても困るだけなのです。

すでに購入してしまったフォード車のアフターケアなどの問題はどうするのか?ということ。

日本でのフォードのシェアはわずか1.51%ということなので、日本国内全体として考えると、それほど深刻な問題ということではないと思いますが、それでもフォードを愛用している方がいるのは事実です。

それだけに、一部のフォードファンに対しては、今回のフォードの日本撤退は、かなり深刻な問題となりそうです。

 

フォードの今後の展開とフォード車のアフターサービスは?

アフターサービス

フォードが2016年に、日本から完全撤退することは既に発表されている話なので、本決まりだと思われますが、車の生産だけでなく、製品開発なども全て撤退する、という話ですから、これまでフォード車を愛用されていた方は、アフターケア等が受けられなくなるのでは?と心配ですよね。

そこで、その辺りのことを調べてみると、フォードのディーラーそのものは、完全撤退するまでは、これまでどおり営業するそうですし、アフターサービスや部品交換・保証サービスは、日本完全撤退後も行っていく、とアナウンスしているので、とりあえず一安心だと言えそうです。

ただし、アフターサービス継続の詳細に関しては、何一つ発表されておらず、決まっていない部分も多いだけに、前言撤回ということで、日本撤退を機にアフターサービスすら受けられなくなることがないとも言い切れません。

またアフターケアを受けるにも、何かと面倒な手続きを求められることも否めないために、この機会に、フォードから離れて、ホンダやトヨタのような日本車にスイッチするのも良いかもしれません。

いっその事、ホンダ車(左)、トヨタ車(右)にスイッチしてもいいかも…

いっその事、ホンダ車(左)、トヨタ車(右)にスイッチしてもいいかも…

もちろん、わずかシェア率1.51%と言われながらも、デザインがシンプルで好き、というコアなフォードユーザーがいることも事実ですし、急に国内メーカーに切り替えられないという方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

そういったフォードユーザー達が、がっかりしないためにも、いち早くアフターサービスに関する詳細を発表してほしいものですね。

自動車といえば、よほどの中古車でない限り、100万以上はする高い買い物です。

軽自動車など一部の車ならば、100万円以下で購入できるものもあるかもしれませんが、大体は、安くても新車で100万円はする大きな買い物であることに違いはありません。

せっかく、フォードを愛し、大金をはたいて購入したのに、気がついたら日本から撤退されていた…

そんな事態ととなると、そのショックは半端ではないでしょうし、ましてや、何かあった時に、アフターサービスが受けられないのでは?という不安も重なれば、立ち直れなくなってしまうおそれがあります。

フォードが日本市場に何一つ成長の期待が持てず、事業としての旨味そのものが感じられないために撤退するのは仕方ありませんが、せめて、これまでに販売した車のアフターケアの充実などを行い、ユーザー達に、

「フォードを購入してよかった」

と、心から思えるように安心させてあげて欲しいものですね。

いずれにしても、今後何かしらのアナウンスはあると思いますので、フォードの動向に今後も注目していきたいものです。

 

まとめ

海外自動車メーカーの一つであるフォード・モーターが、2016年を最後に日本から完全撤退すると発表しました。

その理由は、日本市場での成長の見込みが無いことと、円高などの影響を受け、日本で営業を続ける旨味そのものが無くなった事でした。

不景気なのは日本だけでなくアメリカでも同じなのだと思いますし、コストカットの1つとして、日本市場のような旨味のない市場を終結させ、経営を縮小していきながら、存続を図っていくのが常識ですから、この流れは仕方ないと思います。

ただ、フォードユーザーが日本にいることは事実ですし、フォードの日本撤退後も、フォードユーザーたちが安心できるように、アフターケアだけは撤退後も続けて欲しい…

筆者としては、それを切に願っています。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事