星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

内田篤人の怪我と日本代表復帰の可能性!シャルケでの評判は?

更新日

ウッチーこと内田篤人選手は、少し前に日本代表を辞退し、現在、所属するクラブチームであるシャルケ04での活動に専念していました。

しかし、2015年に、また怪我(蓋腱炎症)をしてしまいました。

右膝の怪我ということですが、これは内田篤人選手の数年前からの古傷の再発のようですね。

今回は、そんな内田篤人選手の怪我の状況や、所属クラブであるシャルケでの評判、更には日本代表への復帰の可能性などを書き綴っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ウッチーこと内田篤人の怪我は大丈夫?

内田篤人

話題になっている内田篤人選手の右膝の怪我は、これが最初ではありません。

この数年、なにかと怪我が多かった内田篤人選手ですが、そのほとんどが右膝なのです。

この怪我は、

膝蓋腱炎症(しつがいけんえん)

というものですが、これはレントゲンで撮影したとしても、異常が見つからないくらいにやっかいな怪我です。

とくに、ジャンプを多用するバレーボールやバスケットボールの選手によくみられる怪我だそうです。

内田篤人選手は、当初はこの怪我の手術はせず、徐々に治していくという方針だったようですが、結局、なかなか治らずに手術に踏み切ることになりました。

幸いなことに手術には成功したようで、最近の内田篤人選手は、所属クラブであるシャルケの練習にも参加するくらいにまで、回復したようです。

この蓋腱炎症という症状は、治りにくく再発しやすい怪我だと言われています。

よく「怪我には充分注意する」などと言いますが、サッカーに限らずスポーツでの怪我は、本人がいくら十分注意していても、起こりえます。

本人が注意しても怪我が起きる理由は、当然ながら相手がいるからです。

内田篤人選手本人がいくら怪我をしないように注意していても、相手が無謀なラフプレイをすれば、当然怪我をしてしまいます。

さらには『ものの弾み』というやつで、本人も注意していて、且つ相手にも悪意はない場合でも、偶発的に怪我をすることは十分にあり得ます。

サッカーという、対戦相手と密着する機会の多いスポーツである以上、怪我を避けて通るのは、至難の業ともいえるでしょう。

怪我の大小は、ありますが、どんな選手でも怪我の一つや二つを負ったことがあるのではないでしょうか。

そう考えると、大変な世界に内田篤人選手はじめ、サッカー選手として生きている人々は大変な世界に住んでいるのだなあ、とつくづく思います。

内田篤人選手の現状は、まだまだ軽い練習程度で、怪我から完全な回復がいつになるのか、その時期はまだ明確にされていません。

とはいえ、シャルケの冬のアメリカ遠征にも帯同するようなので、内田篤人選手の怪我の回復はかなり順調にいっているようです。

この右膝膝蓋腱炎は、2015年3月のことですが、その後、2016年になって、この怪我について新しいニュースがありました。

右膝蓋腱炎は、膝の関節を酷使するスポーツ選手に起こり、膝蓋腱の付近の軟骨が磨り減って炎症を起こす、というケースが多いそうです。

靭帯炎、ジャンパーズニー、ジャンパー膝などとも呼ばれ、腱の損傷(断裂など)に比べて、比較的少ない怪我なので、治療や診断には医者も苦労するという、困った怪我なのです。

治療したにもかかわらず、なかなか完治にまで至らず、ついには現役引退となる選手も多いようです。

それほどに怖い怪我というわけです。

内田篤人選手の場合は、当初は全治6ヶ月程度と言われていたのですが、その後、1年経って2016年になっても、いまだに試合に復帰できず、リハビリを続けています。

ところが、2016年6月のキリンカップのメンバーに、内田篤人選手の名前があったのです。

といっても、この6月のキリンカップでは、選手として試合に出場するのではなく、練習に参加して他の選手とのコミュニケーションをすることが目的だったのです。

たとえ軽い練習だけでも参加できるようにまで、回復したことは、日本代表にとって大変大きなことですね。

内田篤人選手が最後に公式戦に出場したのは、2015年3月ですので既に1年半もの間は公式戦に出場していないことになります。

今回のワールドカップ最終予選のメンバーリストにも内田篤人選手の名前はありませんでした

しかし、リハビリに励む内田篤人選手を、力づけるような話もあります。

それは、名古屋グランパスの監督だったドラガン・ストイコビッチ氏のお話です。

ストイコビッチさんは元ユーゴ代表の選手ですが、フランスのマルセイユにいたころ、左膝を負傷しました。

この怪我はかなり大きな怪我だったそうで、現役復帰は無理とさえ言われていました。

しかし、ストイコビッチさんはリハビリに励んで見事復帰に成功したのです。

このような例もありますので、内田篤人選手にも今後の復帰の可能性は大いにあると考えてもよいのではないでしょうか。

 

内田篤人のシャルケでの評判は?

内田篤人

内田篤人

さて、内田篤人選手のシャルケでの評判を紹介するまえに、『シャルケ』というクラブチームからご紹介していきましょう。

内田篤人選手の所属する『シャルケ04』というチームは、ドイツの一部リーグ(ブンデスリーガ)に属するチームで、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェンが本拠地です。

この『シャルケ』は、ヨーロッパでは、よくある総合スポーツクラブであり、サッカー専門というわけではありませんが、主力はサッカーのクラブチームです。

内田篤人選手は、2010年夏に、鹿島アントラーズからドイツのブンデスリーガの『シャルケ04』へ完全移籍しました。

移籍後、すぐに右サイドバックのレギュラー位置に定着したのですが、当時の監督が、あの鬼・マガト監督ですから、内田篤人選手もさぞ大変だっただろうと思います。

その後も、常に上を目指す気持ちや、控えめで謙虚な性格なところが、シャルケの歴代監督や、チームメイトに好感を持たれ、内田篤人選手は、シャルケにとって、完全にいなくてはならないような、チームの一員となりました。

さらに嬉しい話題としては、内田篤人選手が負ってしまった怪我に対して、チームメイトからは、暖かいメッセージが幾つも寄せられていることです。

シャルケのマイヤー選手、フェアマン選手、フンテラール選手の3人が、動画の中で、内田篤人選手に日本語で語りかけているのです。

「早く帰ってこいよ」

「俺たちにはお前が必要なんだ」

など、おぼつかない日本語で語りかけてくれたのです。

内田篤人選手の親友であるドラクスラー選手からは、

「大好きな内田へ。早く怪我を治して、しっかり休んで、シャルケに戻ってきてくれ。みんな寂しがっているよ。」

と、流暢すぎる日本語で語りかけたそうです

内田篤人選手は、シャルケというチームの重要なポジションの選手というだけではなく、チームに溶け込んだ大事な親しい友人なのでしょう。

 

内田篤人の日本代表復帰の可能性は?

内田篤人

内田篤人

『内田篤人の日本代表復帰は?!』

これについては、内田篤人選手自身に、日本代表復帰への意志がどの程度あるのか、その点がなんとも言えないところがあります。

元々日本代表を辞退したのも、内田篤人選手自身の意志ですし、内田篤人選手からその真意は明らかにされておらず、はたして今後はどうなのでしょうか…

とはいえ、ハリル監督の内田篤人選手への日本代表復帰の希望は強いようで、スタッフをドイツに派遣するほどの力の入れようです。

現在の日本代表の左サイドバックには、

スピードとスタミナの長友選手

ピンポイントのクロスやプレースキックの太田選手

などがいますが、右サイドバックは今一つ定着する選手がいないようです。

現在の日本代表には、初戦のホームゲームで想定外の敗戦となった上に、武藤選手や宇佐美選手など怪我人続出で、非常に危機的な状態にあります。

とくにサイドバックは、現在ロシアワールドカップ最終予選に出場している酒井高徳選手や酒井宏樹選手は、プレーの質があまり良くありません。

最近のイラク戦でも、右サイドバックの酒井高徳選手は、イージーなパスをコントロールミスしたり、肝心の所でボールを取られたり、決してよいプレーとは言えない状態でした。

日本代表がこのような状態ですので、内田篤人選手の早期復帰は、ハリルホジッチ監督はもちろんのこと、日本のサッカーファン全体にとっても、待ち望まれています。

内田篤人選手はドイツに戻り、リハビリなどコンディション調整に励んでいます。

1年半以上もプレーしていないので、復帰後には即試合への出場とはいかないでしょうか、できれば2016年内に、それが無理でも2017年3月の、ワールドカップ最終予選の後半戦には日本代表に復帰してくれれば、日本にとってはこの上ない朗報ですね。

次に、内田篤人選手のコメントをご紹介します。

内田篤人選手のコメントより

「まあ膝の場所がちょっとあれなんで…。

毎日、のんびりやっています。

でも今季最後に間に合えばいいというのは、つねに狙っています。」

ということですので、内田篤人選手自身も復帰には意欲的なようですね。

内田篤人選手の2016年の抱負としては、

・まず膝を治すこと

・シャルケではチャンピオンズリーグ圏内を目指すこと

の2つであり、それがクリアされれば、日本代表に呼んでもらえるかどうかもわかるだろうと言うものでした。

ということは、

『内田篤人選手に日本代表復帰の意志はある』

ということになりますよね。

ハリル監督は、内田篤人選手の日本代表復帰には乗り気のようですし、怪我の完治さえできれば、内田篤人選手の日本代表復帰の可能性はかなり高くなってきたように思います。

これは大変喜ばしいことです。

今後に向けて、内田篤人選手が、まずすべきことは膝の怪我を完全に治すことでしょうね。

 

おわりに

ここまで、内田篤人選手の怪我の状況や、『シャルケ』というチームでの評判、そして日本代表復帰の可能性などを見てきました。

幸い怪我の回復は順調のようですし、内田篤人選手の日本代表復帰の可能性も高くなってきたことがわかりました。

これは日本のサッカーファンにとっては大変嬉しいことですよね。

ところでサッカーとは関係有りませんが、内田篤人選手は、

「ウッチーと言えばイケメン、イケメンと言えばウッチー」

と言われる程の日本サッカー界では、容姿に恵まれた存在です。

日本代表に限らず、日本のサッカー全選手の中でも、イケメンナンバー1の呼び声も高いでしょう。

日本代表イケメンランキングをすれば、ウッチー>香川>>>>長友>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>カワシマという感じでしょうか。

ウッチーこと内田篤人選手が、なでしこ随一の美人という定評のある鮫島彩選手と、楽しげに戯れているという、美男美女のすばらしい写真があります!

内田篤人

内田篤人と鮫島彩

まぁすでに内田篤人選手は、ご結婚されていますので、とくに何もないとは思います…

しかし、この美男美女の素晴らしい組み合わせのカップルに、当時は、胸が熱くなったサッカーファンの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-サッカー