星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

ドラクエビルダーズの操作方法と評価レビュー!オンラインは?

更新日

スクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』(以下、ドラクエビルダーズ)。

この『ドラクエビルダーズ』のプラットフォームは、

  • PS4
  • PS3
  • PSVita

の3機種。

さらにはダウンロード版も同時発売となっており、この3機種の間での、セーブデータの互換性はありません。

そんな『ドラクエビルダーズ』ですが、はたして操作方法などは、どうなっているのでしょうか?

また、『ドラクエビルダーズ』のレビューなどの世間の評価なども気になるところ。

そこで、当記事では、スクエニの『ドラクエビルダーズ』について、まとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラクエビルダーズとは?

ドラクエビルダーズ

この『ドラクエビルダーズ』は、2016年1月28日(木)の発売と同時に店頭では売り切れ続出。

それほどまでに、『ドラクエビルダーズ』に対するゲームユーザーの期待が大きかった作品ということになります。

『ドラクエビルダーズ』の発表があった際には、その反響はとても大きなものでした。

では、『ドラクエビルダーズ』とは、まずどんなゲームなのかについて、おさらいします。

筆者が『ドラクエビルダーズ』について感じたことは、

「ドラクエビルダーズって、やっぱりずいぶんと風変わりなゲームだなぁ」

ということ。

まず、登場人物として、初代『ドラクエ』のラスボス、りゅうおう(竜王)が登場します。

そして、『ドラクエビルダーズ』の舞台はアレフガルド。

このアレフガルドも、初代『ドラクエ』と同じ舞台なのです。

このように、『ドラクエビルダーズ』は、30周年を迎える初代『ドラクエ』への回帰という印象を受けがちです。

しかし実際のゲーム画面や雰囲気は、初代『ドラクエ』とは、まるで異なります。

なんと、『ドラクエビルダーズ』の世界は、

人々がモノを作る力を失っている

という設定になっており、

主人公だけがモノを作ることができる

のです。

そして、その作るモノというのが、レゴのようなブロック状のアイテムです。

この『ドラクエビルダーズ』のゲームスタイルは、いわゆるオープンワールドのサンドボックス型ゲーム。

世界を自由に旅し、色々な場所で様々な冒険をするという、自由度の高いゲームなのです。

簡単に言ってしまえば、『ドラクエ』版『マインクラフト』。

ただし『マインクラフト』とは違い、視点は第三者視点で、主人公の後方から見るというシーンが多いのも、『ドラクエビルダーズ』の特徴の1つ。

そんな『ドラクエビルダーズ』の目的はズバリ!

「アレフガルドを復活せよ」

つまり、荒廃したアレフガルドの復興を目指すことですね。

この目標に沿って、主人公はNPC(第三者の登場人物)や、時にはモンスターとも語り合って、アレフガルドの再建を進めます。

『モノを作ることが、主人公にしかできない』

というのが、このゲームのミソなのでしょう。

具体的に『ドラクエビルダーズ』で何をすれば良いのかという点については、ゲーム中ではっきり指示されていますので、迷うことはあまりないです。

だれでも安心してプレイできるでしょう。

 

ドラクエビルダーズの操作方法

『ドラクエビルダーズ』の操作方法は、とくに難しくはありません。

通常のPS4やPS3の操作に準拠したものとなっています。

移動 左スティック
視点操作 右スティック
メニュー ○ボタン
行動 □ボタン 攻撃やブロックも壊せます。
ジャンプ ×ボタン 飛び越えられるのはブロック1つ分です。
ブロックを置く △ボタン 建設用
上を向く L1ボタン 押している間のみ上を向きます。

同時に△ボタンを押すと、1段上の高さにブロックを設置できます。

下を向く R1ボタン 押している間のみ下を向きます。

同時に△ボタンを押すと、1段下の高さにブロックを設置します。

また、この状態で△ボタンを押しっぱなしにして前進すると、連続してブロックを設置します。

マップ表示 optionボタン
ゆっくりした移動 L1またはR1とスティック同時押し

『ドラクエビルダーズ』の主な操作方法としては、以上です。

また、システム設定では、カメラ操作や音量変更、上下のアクションボタンの割り当て変更なども可能です。

一応、断っておきますと、以上の操作方法はPS4版の参考にしています。

 

ドラクエビルダーズの評価レビュー

話し合う3人

今回、満を持して発売された『ドラクエビルダーズ』のネット上での評価レビューはどうなっているのでしょうか?

さっそく調査してみると、どうやら、

「めちゃ面白え!」

「ビルダーズは時間泥棒だわ…どんどんやれる事が増えるから進めるほど面白くなっていく」

「内装にこだわりすぎてしまって、いつまで経っても先に進めない!」

「色んな店で『ドラクエビルダーズ』品切れだった……人気スゴいなぁ」

という、好意的、または『ドラクエビルダーズ』を賞賛する声が多いようです。

しかし、『ドラクエビルダーズ』に対する批判的な評価レビューも、ないわけではありません。

「ビルダーズは体験版やってみたけど、これ絶対途中でダレるやつだ」

「えぇ……ビルダーズ一人用なの……」

といった声もありました。

とくに『マインクラフト』と同じ感覚で『ドラクエビルダーズ』を買ってしまうと、マルチプレイができず、がっかりしてしまうこともあるわけです。

『ドラクエビルダーズ』は1人用ゲームです。

ネットの声を聞く限りでは、『ドラクエビルダーズ』に関しては、まずこの一人プレイであることを覚えておいておいたほうが良いでしょうね。

さて、具体的なドラクエビルダーズの評価レビューですが、

ドラクエビルダーズの評価

  • 世界観が独特でよい
  • 1章だけで10時間以上遊べる
  • オープンワールドでの自由な行動が楽しい
  • 難易度もちょうど良い程度のむずかしさ、進めなくて困るということが少ない
  • 主人公のみができる、モノを作る作業が面白い
  • もの作りも適当に作っても、ものとして認識してくれるので楽

このもの作りでは、扉・明かり・壁などを適当に作れば、ちゃんと建物として認識してくれる、というのは嬉しい仕様ですね。

このドラクエビルダーズの特徴の一つとして、

各章毎にアイテムなどが初期化される

これにより都度新鮮な気持ちでプレーできるという評価もあります。

ただし、せっかく集めたアイテムがなくなってしまうというデメリットにも繋がりますので、好みの問題でしょうね。

プレー時間もたっぷり遊べてお徳用ゲームです。

『長すぎる』という批判はあまりないようで、程良い長さということでしょう。

また、作中には『ドラクエ』シリーズ第1作の話がありますが、とくにドラクエ1をプレーしていなくても差し支えはありません。

 

ドラクエビルダーズにオンラインプレイ?

さて、先ほどのネット上での評価レビューのコメントを見てもわかるとおり、『ドラクエビルダーズ』というゲームには、オンラインプレイがありません。

しかし、『ドラクエビルダーズ』は、一応、オンラインプレイもできます。

『ドラクエビルダーズ』の公式サイトを確認してみると、確かに、

「オンライン対応(対応人数1人)」

という表記が確認できます。

ここで、筆者に「???」が、頭のなかに浮かびました。

オンラインプレイ可能で対応人数が1人とは、一体どういう意味なのでしょうか…

これはマルチプレイは不可能ということですよね。

ここでまたもや「???」が浮かんでしまいます。

オンラインプレイは可能でも、マルチプレイが不可能…

ちなみにマルチプレーについては、

『ドラクエビルダーズ2』で対応

ということをプロデューサーの藤本氏が語っていますので、『ドラクエビルダーズ2』を待つしかなさそうです。

ではなぜ『ドラクエビルダーズ』にオンライン対応と表記されているのか、その理由は、

フリービルドモードで、自分の作った建物のデータをアップロードしたり、 他の人がアップロードした建物のデータをダウンロードすることができる

ということなのです。

まぎらわしいですね、これは。

通常、このようなケースでは、オンラインプレイ対応とは言わないと思うのですが…。

しかも、このフリービルドモードは、ゲーム開始からは使えません。

ある程度ゲームが進行して、

メルキド編をクリア

すると、フリービルドモードが使えるようになります。

フリービルドモードでできることは、

  • 自分が作った建物をアップロード
  • 他人が作った建物をダウンロード
  • バトル島への移動
  • 他の住人とパーティーを組む

など。

どうやらオンラインプレイにおいても、風変わりなゲームのようですね…。

 

まとめ

『ドラクエビルダーズ』の評価レビューや、基本的な操作方法、そしてオンラインプレイの有無を紹介してきました。

『ドラクエビルダーズ』を一言で言うと、変わったゲームという印象が強いのですが、決して悪い意味の変わったゲームではありません。

むしろ独特の世界観や、新しい目標への進み方など、独自のドラクエ世界を構築した新鮮さを感じさせられます。

この少し変わった『ドラクエビルダーズ』の世界を旅するあなたは、どのような世界を作りますか?

ぜひ、一度手にとってみて、自分好みの世界を作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム