星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

ヒートショックの原因となる温度差は?症状と予防対策をチェック

更新日:


寒い時期になると、

『ヒートショック』

という現象が起こることがあります。

このヒートショック、命にもかかわる危険なものとして、最近名前を聞くようになりましたね。

このヒートショックとは、一体どういうことを指すのでしょうか?

また、ヒートショックに陥る原因や対策、具体的な症状など、いろいろ気になることもあると思います。

そこで本記事では、ヒートショックがどういうものなのか、その予防対策などを紹介していきます!

スポンサーリンク

急増しているヒートショックとは?

みなさんはヒートショックを知っていますか?

近年、ヒートショックによって命に関わる危険を抱えた人が多くなっているニュースも耳にします。

おそらく一度くらいは、ヒートショックを聞いたことがあるのではないでしょうか。

では、そもそもヒートショックとは一体どういうことを指すのでしょうか?

 

このヒートショックを、ひとことで言うと、

急激な温度差によって、身体がダメージを受けること

を指します。

例えば、

大雨や大雪が降るような寒い日に外出先から帰宅して、すぐ熱いお風呂に入る。

すると、冷え込んだ身体が温かいお風呂の温度にびっくりしてダメージを受けてしまうのです。

これがヒートショックというわけです。

もちろん、その逆もヒートショックに該当します。

銭湯などでサウナに長時間入り、その後、冷たい水風呂に入って、身体を急激に冷やした場合も身体にダメージを与えることになってしまうのです。

このように、急激に身体を温めたり冷やしたりすることで、身体にダメージを与えることをヒートショックと呼び、とくに高齢者を中心に注意喚起されているのです。

では、なぜ急激に身体を温めたり冷やしたりすることでヒートショックが起こり、最悪の場合、命に関わるのでしょうか?


次のページへ >

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.