星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

ベーシックインカム制度の意味と3つの利点・デメリットを解説!

更新日:


みなさんは、『ベーシックインカム』という制度を知っていますか?

『ベーシックインカム』は、非常に賛否両論が渦巻く判断に難しい制度。

なかなか内容を理解できない人も多いと思います。

そこで、当記事では、『ベーシックインカム』制度が、はたしてどのようなものなのか?

また、現在『ベーシックインカム』を導入している国はあるのか?

など、『ベーシックインカム』について探り、解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

ベーシックインカム制度の意味とは?

『ベーシックインカム』…

名前だけを聞くと、比較的リーズナブルな、初心者向けのインカムか何かと勘違いしそうですよね。

もちろん、インカムの一種ではありません。

『ベーシックインカム』とは、

最低限所得保障

の一種なのです。

ここでのインカムというのは、収入を意味する言葉。

つまり、一定の収入…これが、最低限所得保障ということになるわけです。

 

この『ベーシックインカム』の制度内容ですが、『ベーシックインカム』イコールこれだ!という定義は決まっていません。

さまざまな条件を設定できるため、なんとも解説しにくくなっています。

ただ、大雑把に解説するならば…

赤ちゃんから老人まで、亡くなるまで毎月4~10万円程度のお金が配られ、その代わり、年金や生活保護といった社会保障制度は廃止

という仕組みなのです。

要するに、

「最低限生活できるお金をあげるけど、失業保険や年金とかは払わないから自分達でなんとかしてね」

というような解釈でいいでしょう。

とても魅力的なように見えますが、余暇活動に充てるお金や、贅沢などは『ベーシックインカム』制度だけではできないでしょう。

決して

「働かなくてもいいんだ!」


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.