星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

ベーシックインカム制度の意味と3つのメリット・デメリットを解説

投稿日

皆さんは、『ベーシックインカム』という制度はご存知でしょうか?

「北欧の国・フィンランドで導入された!」

というデマニュースがネットで流れたことで、ネットユーザーの間では、何かと話題になった制度です。

『ベーシックインカム』は、非常に賛否両論が渦巻く、判断に難しい制度なので、なかなか内容を理解できない、という方も多いと思います。

そこで、当記事では、『ベーシックインカム』制度が、はたしてどのようなものなのか?

また、現在、世界に導入している国はあるのか?

など、『ベーシックインカム』について探り、解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

ベーシックインカム制度の意味とは?

考える男性

『ベーシックインカム』…

名前だけを聞くと、比較的リーズナブルな、初心者向けのインカムか何か、と勘違いしそうですよね。

もちろん、インカムの一種ではありません。

『ベーシックインカム』とは、最低限所得保障の一種なのです。

ここでのインカムというのは、収入を意味する言葉。

つまり、一定の収入…これが、最低限所得保障ということになるわけです。

『ベーシックインカム』の制度内容なのですが、『ベーシックインカム』イコールこれだ!というものは決まっておらず、さまざまな条件が設定できるため、なんとも解説しにくくなっています。

ただ、大雑把に説明するならば…

赤ちゃんから老人まで、亡くなるまで毎月4、5万円~10万円程度のお金が配られ、その代わり、年金や生活保護といった社会保障制度は廃止されるというものなのです。

要するに、

「最低限生活できるお金をあげるけど、失業保険や年金とかは払わないから自分達でなんとかしてね」

というような解釈でいいでしょう。

とても魅力的なように見えますが、余暇活動に充てるお金や、贅沢などは当然ながら『ベーシックインカム』制度だけではできないので、

決して

「働かなくてもいいんだ!」

ということにはならないわけです。

このように単純な問題ではないからこそ、『ベーシックインカム』制度の正否に関して、賛否両論を巻き起こしているのです。

それでは、具体的に、『ベーシックインカム』制度に、どのようなメリット・デメリットがあるのかについても、解説していきますね。

 

ベーシックインカムのメリットとは?

メリット

まず、『ベーシックインカム』制度によるメリットから紹介していきます。

数多くあるメリットの中から、ここではとくに重要なものをいくつか選びました。

ベーシックインカムのメリット1 貧困対策になる

最低限の生活ができるようになるため、当然ながら、これは有効な貧困対策になります。

ベーシックインカムが施行されている国では、1ヶ月を生き抜くことも困難…

というようなことは、すべてなくなるわけです。

これは、働く貧困層とも言われ問題になっている、ワーキングプア対策にもなりますね。

また、生活保護は廃止されることとなりますが、『ベーシックインカム』制度では、生活保護を受けなければならなくなる、という状況そのものを予防することが可能になるのです。

ベーシックインカムのメリット2 行政コストを減らす

『ベーシックインカム』制度を導入することで、生活保護や複雑に入り組んだ社会保障などを撤廃し、『ベーシックインカム』に一本化することが可能になります。

また、生活保護の条件に、なんとか合わせようと画策するというような、不正受給を減らすことにもつながりますね。

小さな政府化にも繋がるので、『ベーシックインカム』制度を即刻導入するべきだ!という考えを持つ国会議員も、少なからずいらっしゃると聞いています。

ベーシックインカムのメリット3 労働環境の改善

『ベーシックインカム』制度を導入することで、最低賃金の概念を撤廃することができるため、安い労働力を求め、外国人を雇用するということも減り、日本の産業の空洞化を防ぐことができます。

また、従業員を低賃金で、劣悪な環境で働かせているブラック企業対策にもなるのでは?と考えられているそうです。

逆に言えば、企業側も、社員の生活のために雇用し続ける必要がなくなり、気軽に不要な社員をリストラすることが可能になることでもありますね。


以上が、『ベーシックインカム』制度における、とくに大きなメリットです。

このほかにも、余暇活動を充実させるため、という目的を持っての労働意欲の向上など、『ベーシックインカム』制度には、さまざまな効果が期待されています。

子供が経済的に苦しいため、進学を諦める…

といったことも防ぐことができるのも、『ベーシックインカム』制度の魅力的なメリットの1つだと、筆者には見えました。

 

ベーシックインカムのデメリットとは?

ばつをする男性

続いては、『ベーシックインカム』のデメリットを解説していきます。

ベーシックインカムのデメリット1 財源確保の難しさ

当然ながら、『ベーシックインカム』は、国民全体に適用されるものとなります。

そのため、あらゆる社会保障制度を撤廃しても、『ベーシックインカム』制度に充てる財源を十分に確保できるかは、怪しくなってしまいます。

月額5万円程度であれば、現在の社会保障制度に充てている財源を全て『ベーシックインカム』に回すことで実現可能なのだそうですが…

ベーシックインカムのデメリット2 労働環境の変化

先ほど、『ベーシックインカム』制度によって、労働環境が是正される可能性がある、と言いましたが、実はその逆となってしまうおそれもあります。

近年で言えば、介護福祉士のような過酷な労働条件でありながら低賃金の就労人口は急減していき、その結果、そういった分野の担い手がいなくなってしまい、崩壊を起こしてしまうこととなります。

また、企業がすぐにリストラが行ったり、『ベーシックインカム』制度の分だけ給与を差し引いてしまう、ということも考えられますね。

これで『ベーシックインカム』制度が労働環境に及ぼす影響は、一長一短だということが伺えます。

ベーシックインカムのデメリット3 福祉水準の低下

『ベーシックインカム』制度は、先ほども紹介したように、導入する代わりに、一切の社会保障制度を打ち切るものです。

その結果、必要に応じた扶助を追加することもできなくなってしまいます

健康状態などに応じた、柔軟な対応は『ベーシックインカム』では困難なため、良くも悪くも平等ということになってしまうわけです。


以上が、『ベーシックインカム』の主なデメリットとなります。

このほかにも、労働意欲の低下や、反社会的勢力の資金源となってしまうなどのデメリットもあり、『ベーシックインカム』制度には、多くの議論を交わす必要のある問題となっているようです。

 

ベーシックインカムを導入している国はある?

世界

ここまで、メリット・デメリットを解説してきた『ベーシックインカム』制度ですが、現在までに導入している国というのは、世界に存在するのでしょうか?

実は、『ベーシックインカム』を導入している国は、まだありません

2015年に、フィンランドが『ベーシックインカム』制度導入を検討、という報道が一時なされましたが、これはデマだったことも判明しています。

しかし、『ベーシックインカム』を本格的に導入しよう、という動きは起きているようですよ。

というのも、スイスが、月額2500スイスフラン(約30万円)を支給する『ベーシックインカム』制度の導入を巡り、国民投票が行われるからです。

かなりの大事のように思えますが、スイスでは、10万以上の署名が集まれば、国民投票をできるという制度になっているため、比較的簡単に国民投票が行えてしまうのです。

過去には徴兵制の撤廃を問う国民投票や、最低賃金を時給22スイスフラン(約2600円)にするという国民投票が行われています。

上記の例は、全て反対多数で否決されたのですが、どうやら、今回の『ベーシックインカム』制度の導入は、反対多数で否決されることが濃厚となっているそうですよ。

ただ、30万円という額は、スイスの物価の高さを考えると、

「妥当だ」

と考えている方は、スイスの中でも多いようです。

スイスの物価などを考えると、30万円というのは低所得になるらしく、スイスの方、曰く、

「2500スイスフランで生活するのは、サバイバルのレベルだよ」

とのこと。

あのポテトチップスが、600円もするという話もありますし、スイスというのは、恐ろしく物価の高い国なのですね…。

物価の高さという意味で、今回解説している『ベーシックインカム』の内容以上にスイスに驚いた次第です。

 

まとめ

最低限の生活を保障するお金を配る代わりに、一切の社会保障制度を撤廃する『ベーシックインカム』制度が、2015年末あたりから、何かとネット上で話題になっています。

現在、世界で導入されている国こそ存在しないものの、スイスでは導入の可否を問う国民投票が行われていたり、また、アメリカや日本、イギリスなど先進国でも、『ベーシックインカム』導入に積極的な政策を掲げている政党も存在します。

『ベーシックインカム』の制度自体は単純なものですが、メリット、デメリットともに多く、多くの議論を交わさなければならないものです。

皆さんは、『ベーシックインカム』に賛成ですか?それとも反対でしょうか?

これを機に、『ベーシックインカム』について、さらに詳しく調べてみるのも、良いかもしれませんね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事