星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

楽天2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

更新日:

プロ野球のキャンプも、1クール目が終了しました。

各チーム、ルーキーたちが初めてのキャンプで汗を流しながら、プロの世界の厳しさを体感していることだと思います。

それとともに、2017年の球春が到来したことを、プロ野球ファンも感じるようになるわけですが…。

2017年、筆者が注目したいチームの1つに、楽天があります。

日本一の栄光に輝いて以降、不振が続いていましたが、筆者の見立てでは、2017年は、久しぶりのAクラスに期待ができそうだからです。

そこで当記事では、2017年の楽天が

『Aクラスになれるのではないか?』

と感じさせた、新加入の戦力たちを紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

楽天の退団・引退選手

まずは、2016年限りで楽天を去った選手たちをまとめました。

楽天を引退した選手

  • 川井貴志
  • 栗原健太

楽天を自由契約・退団となった選手

  • キャム・ミコライオ
  • ジェイク・ブリガム
  • ラダメス・リズ
  • フェリックス・ペレス
  • ケニー・レイ

楽天を戦力外となった選手

  • 横山貴明
  • 川本良平
  • 牧田明久
  • 加藤正志
  • 相沢晋
  • 伊東亮大
  • 相原和友
  • 北川倫太郎
  • 長谷部康平
  • 山内壮馬
  • 金無英
  • 岩崎達郎→中日と育成契約
  • 高堀和也
  • 大坂谷啓生
  • 榎本葵→ヤクルトへ入団
  • 後藤光尊

楽天から移籍した選手

  • 柿沢貴裕→巨人へトレード

以上となります。

楽天創設メンバー最後の1人だった牧田選手が遂に引退。

これで、楽天創設時に在籍していた現役選手はいなくなりました。

また、ミコライオ投手との契約を結ばなかったことで、ただでさえ不安だった中継ぎの不安が増加してしまいましたね…。

先発は充実してきているため、中継ぎをどうするかが、2017年の楽天の課題と言えそうです。

パ・リーグで強いチームであるソフトバンクと日本ハムを見ても、中継ぎの頭数が揃っているわけですからね。

中継ぎが今後のペナントレースの行方を左右すると言っても、過言ではありません。

 

楽天の2017年のドラフト新加入ルーキー

続いては、楽天で2017年からプレーするルーキーの紹介です。

楽天のドラフト指名選手

  • 藤平尚真
  • 池田隆英
  • 田中和基
  • 菅原秀
  • 森原康平
  • 鶴田圭祐
  • 野元浩輝
  • 石原彪
  • 高梨雄平
  • 西口直人

楽天の育成ドラフト指名選手

  • 千葉耕太
  • 南要輔
  • 向谷拓巳
  • 木村敏靖

注目は、やはりドラフト1位ルーキー、藤平尚真投手だと思います。

横浜高校出身の藤平投手は、

  • 最速152キロのストレート
  • キレのある2種類のスライダー

で甲子園を沸かせた高校BIG4の1人です。

即戦力がほしいのであれば、大学生の注目投手から指名すればよかったとは思うのですが、楽天は育成手腕に自信があったゆえの、高校生1位指名だったのではないでしょうか。

楽天は現ヤンキースの田中将大投手、不動の抑え・松井裕樹投手、そして2017年の飛躍が期待される安樂智大投手と、高卒投手を育ててきた実績があります。

充実した楽天の投手育成環境であれば、藤平投手もエース級の投手に育つと確信したのでしょう。

幸いにも、岸投手の加入によって、先発ローテーションには多少の余裕ができました。

もしかしたら2017夏以降は、藤平投手の登板がありえるかもしれませんね!

 

楽天の2017年の移籍補強選手を紹介!

続いては、FAやトレードなどで、2017年から楽天に補強された選手の紹介です。

補強による新加入選手は3人ですが、3人とも、1軍での活躍が期待できる選手ですよ。

2017年の楽天の移籍補強選手1 岸孝之

FAにより移籍してきたのは、もはや説明不要の西武のエース・岸孝之投手です。

縦に大きく割れるカーブ

が最大の武器で、再びカーブが注目されるきっかけを作ったのが、他でもない、この岸投手でした。

また、平均140キロ前半という、そこまで速くないながらも、ノビがあり、空振りを取れるストレートも魅力。

楽天の若手たちが、岸投手から技術を盗むことで、さらなる成長をしてほしいところですね。

則本投手とのダブルエースとしての活躍はもちろん、岸投手には、若手たちの兄貴分として、育成面でも重宝する存在となることでしょう。

2017年の楽天の移籍補強選手2 細川亨

ソフトバンクを戦力外となった細川亨選手も、楽天に加入しました。

細川選手と言えば、西武では

岸投手とバッテリーを組んだこと

もあり、経験豊富なベテラン捕手です。

ソフトバンクにも在籍していたため、楽天が2016年に苦しんだソフトバンクの情報も持っています。

選手の実績としてはもちろん、情報戦でも活躍が期待されます。

岸投手とは同じ東北出身です。

西武時代のバッテリーということもあるので、細川選手の存在が、岸投手の移籍した不安を和らげてくれることでしょう。

楽天の正捕手は嶋選手ですが、ここ数年は怪我が多く、よく離脱するため、代理で1人、経験豊富な捕手が必要でした。

そこに細川選手が移籍してきたことで、さらに選手層の厚みが増したことになります。

ベテランが少なくなった今の楽天では、経験豊富な選手として、若手たちの精神的支柱になってほしいですね!

2017年の楽天の移籍補強選手3 小山雄輝

巨人からトレードで加入したのが、小山雄輝投手です。

小山投手は、187センチの長身から振り下ろされる

  • 最速150キロのストレート
  • 緩急のあるカーブ
  • フォーク

が持ち味です。

持ち球のフォークは2種類あり、スプリットのような浅い変化、そして決め球となる深い変化があります。

長らく巨人では先発ローテーション候補として期待されており、現・日本ハムの大田泰示選手同様、何度も飛躍のチャンスがあったのですが、それを活かせませんでした。

コントロールがいい時はとても素晴らしい投球をするのですが…。

やはり定着できないタイプの選手の典型である好不調の波が激しいタイプです。

それが克服できれば、

先発としても、ロングリリーフとしても活躍できる

そんな選手となるでしょう。

新天地・楽天で、ぜひ一花咲かせてほしいですね。

素質は十分あると思っているので、環境が変わると大化けするタイプかもしれません。

 

2017年の楽天の新外国人フランク・ハーマンの評価

最後に、楽天に2017年から補強された新助っ人外国人、

フランク・ハーマン投手

についてご紹介しますね。

外国人は、既に、

  • ウィーラー選手
  • ペゲーロ選手
  • アマダー選手
  • フェルナンド選手

の残留が決まっているため、2017年は投手のみの獲得みたいですね。

ハーマン投手は現在32歳、5月には33歳を迎える右腕。

ハーバード大学卒という、インテリな一面もある投手です。

2016年には最速153キロのストレートを記録。

全盛期の157キロほどではありませんが、それでも十分に速いストレートを持っています。

また、変化球はスライダーとカーブを持っており、どちらも縦変化をする球種のようですね。

ストレートは、

193センチの長身から振り下ろされること

ボールがかなりスピンすること

から、球にキレがあり、高い空振り率を誇ります。

基本的には、スライダー、カーブは緩急を意識したボールであり、あくまでもストレート主体の投球スタイルなのでしょう。

そういった意味では、年齢も加味すると、中継ぎ向きの投手かもしれません。

長身から振り下ろすタイプではあるものの、コントロールは良いタイプです。

そのため、日本プロ野球で多くの外国人投手が苦しむ、コントロール難には陥らないかと思います。

これらの情報から、ハーマン投手は、開幕からすぐに1軍で活躍してくれる投手だと思いました。

ミコライオ投手の抜けた穴を埋めてくれることに期待したいですね!

 

まとめ

プロ野球・楽天の2017年シーズンの新加入(移籍補強、ドラフト、外国人)選手についてまとめてみました。

やはり、最大の注目ポイントは、FAで移籍してきた岸投手の存在ではないでしょうか?

普通に考えれば、10勝はしてくれる投手です。

則本投手以外の投手がなかなか伸びなかった楽天の救世主として、その活躍が期待されます。

また、岸投手の補強により、2016年はあと1、2勝で10勝というところでシーズンを終えてしまった美馬投手、塩見投手の奮起も期待ですね。

先発投手の層は厚くなったため、残る不安は中継ぎ。

これをハーマン投手の活躍で解消できるかが、2017年の楽天のポイントになるでしょう。

2017年の楽天のペナントレースは、

新戦力が与える影響

これに注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.