星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

中日2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

更新日:


2016年には最下位に転落。

暗黒期へ突入しつつある中日ドラゴンズ(以下、中日)。

谷繫監督が途中休養、落合GMは退任と、暗い話題ばかりだった2016年の中日ですが、2017年は、チーム再建となるのでしょうか?

指揮を執る森監督は、早速流出が騒がれた大島選手、平田選手の引き留めに成功し、成果を上げています。

あとは、新戦力がうまく噛み合えば、中日の復活の兆しが見えてくるのですが…。

そこで、当記事では、2017年のペナントレースを左右する、中日の新戦力について、まとめてみました。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの引退・退団選手

まずは、2016年のシーズンで中日を引退・退団した選手を見てみましょう。

中日ドラゴンズの現役引退選手

  • 雄太
  • 岩田慎司

中日ドラゴンズを戦力外となった選手

  • 浜田達郎→育成で再契約
  • 浜田智博→育成で再契約
  • 山本雅士→育成で再契約
  • 中川誠也
  • 大場翔太
  • 西川健太郎→打撃投手に
  • 多村仁志→引退
  • 川崎貴弘
  • 石垣幸大
  • 呉屋開斗

中日ドラゴンズを退団した選手

  • ファン・ハイメ
  • ドリュー・ネイラー
  • レイソン・セプティモ
  • アンダーソン・エルナンデス
  • リカルド・ナニータ

中川誠也選手は、まさかの1年でクビ宣告…。

怪我があったとはいえ、少しひどいような気もしますが…。

まぁ育成指名なので、どうにも才能が開花するとは思えなかったのでしょうね。

プロは厳しい世界、さらに言えば育成選手ですから、こればかりは仕方ありません。

外国人枠だと、エルナンデス選手とナニータ選手が退団となり、これは思い切った決断をしたものだ、と思いました。

堂上直倫選手のショート定着によって、エルナンデス選手が不要となりましたし、ゲレーロ選手の加入、福田選手の育成などを考えると、ナニータ選手もお役御免といったところでしょうか。


次のページへ >

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.