星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

中日2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

更新日:

2016年には最下位に転落。

暗黒期へ突入しつつある中日ドラゴンズ(以下、中日)。

谷繫監督が途中休養、落合GMは退任と、暗い話題ばかりだった2016年の中日ですが、2017年は、チーム再建となるのでしょうか?

指揮を執る森監督は、早速流出が騒がれた大島選手、平田選手の引き留めに成功し、成果を上げています。

あとは、新戦力がうまく噛み合えば、中日の復活の兆しが見えてくるのですが…。

そこで、当記事では、2017年のペナントレースを左右する、中日の新戦力について、まとめてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの引退・退団選手

まずは、2016年のシーズンで中日を引退・退団した選手を見てみましょう。

中日ドラゴンズの現役引退選手

  • 雄太
  • 岩田慎司

中日ドラゴンズを戦力外となった選手

  • 浜田達郎→育成で再契約
  • 浜田智博→育成で再契約
  • 山本雅士→育成で再契約
  • 中川誠也
  • 大場翔太
  • 西川健太郎→打撃投手に
  • 多村仁志→引退
  • 川崎貴弘
  • 石垣幸大
  • 呉屋開斗

中日ドラゴンズを退団した選手

  • ファン・ハイメ
  • ドリュー・ネイラー
  • レイソン・セプティモ
  • アンダーソン・エルナンデス
  • リカルド・ナニータ

中川誠也選手は、まさかの1年でクビ宣告…。

怪我があったとはいえ、少しひどいような気もしますが…。

まぁ育成指名なので、どうにも才能が開花するとは思えなかったのでしょうね。

プロは厳しい世界、さらに言えば育成選手ですから、こればかりは仕方ありません。

外国人枠だと、エルナンデス選手とナニータ選手が退団となり、これは思い切った決断をしたものだ、と思いました。

堂上直倫選手のショート定着によって、エルナンデス選手が不要となりましたし、ゲレーロ選手の加入、福田選手の育成などを考えると、ナニータ選手もお役御免といったところでしょうか。

ナニータ選手については、ナニータコールが好きだっただけに、寂しくなりますね…。

 

2017年の中日ドラゴンズのドラフト新加入の選手

続いては、2017年から中日でプレーする新戦力についてご紹介します。

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーからです。

中日ドラゴンズのドラフト指名選手

  • 柳裕也
  • 京田陽太
  • 石垣雅海
  • 笠原祥太郎
  • 藤嶋健人
  • 丸山秦資

中日ドラゴンズの育成ドラフト指名選手

  • 木下雄介

注目は、やはりドラフト1位ルーキー・柳裕也投手、そして2位の京田陽太選手です。

六大学No.1投手、そして大学No.1野手の2人を指名できたのは、非常に大きな収穫ですし、将来への期待も高まります。

2017年は、我慢のシーズンになると思うので、筆者としては、あまり即戦力という面にこだわらず、じっくり育成をしてほしいと思います。

 

そして、新たに移籍で中日に加わった選手も、1名だけいますので、ご紹介しましょう。

とは言っても、中日ファンにとっては馴染みの深い選手ですよね。

そう。

楽天を戦力外になった後、育成契約として中日に戻ってきた、岩崎達郎選手です。

走守の優れたスーパーサブである岩崎達郎選手は、中日時代は、いわゆるアライバコンビの全盛期だったため、代走要員でした。

そして、出番が少なかったこともあり、2013年に楽天へ金銭トレードで移籍。

その後、2016年に戦力外通告を受けますが、落合GMの勧めで中日のテストに参加、そして育成契約に至るのです。

筆者としては、30歳を過ぎて育成契約ということは、

コーチとしての才能をテストしているのでは?

とも思え、若手の育成がメインになりそうな気がしています。

いずれにしても、中日ファンにとっては、古巣に戻ってきてくれたことが嬉しいので、ぜひもう一花咲かせてほしいところです!

 

中日ドラゴンズの2017年の新助っ人外国人!

続いては、2017年から中日でプレーする、新助っ人外国人の紹介です。

2017年の中日の新外国人1 エルビス・アラウホ

エルビス・アラウホ投手は、まだ25歳という伸びしろのある速球派左腕。

何といっても最大の特徴は、

身長201センチ

体重124.7キロ

という身体の大きさでしょう。

その巨漢から繰り出される

最速156キロのストレート

は、長身から振り下ろされて角度がつくことから、非常に強力な武器となります。

短いイニングでアラウホ投手と対峙すると、相手としては、非常に嫌でしょうね。

攻略法を見出す前に3アウトチェンジ、という流れが作れそうなので、基本的にはセットアッパー、抑えとしての起用を考えているみたいです。

しかし、アラウホ選手は

『先発をやりたい』

という希望を持っているとのこと。

もしかすると、その時のチーム状況で判断、ということになりそうですよ。

上手く化ければ、ソフトバンクのサファテ投手のような怪物投手になれる逸材です!

2017年の中日の新外国人2 ホルヘ・ロンドン

2人目は、ホルヘ・ロンドン投手です。

28歳のロンドン投手。

こちらも、アラウホ投手と同様に速球派の投手。

最大の魅力は、平均150キロ後半、そして

160キロを超えることもあるストレート

でしょう。

アメリカでは、2016年でも160キロを計測しているため、急速に衰えはなく、豪速球は健在。

スライダーは、決まる時はものすごい曲がりを見せますが、甘く入って痛打されるということも珍しくないため、やや制球難なところがネックですね。

力押しの投手なため、どちらかというと、中日で言えば岡田投手のような、連投のきかないロングリリーフ向きタイプ。

セットアッパーのような、重要な局面を任せられるとは言えなさそうです。

2017年の中日の新外国人3 アレックス・ゲレーロ

3人目の中日の新助っ人外国人は、アレックス・ゲレーロ選手。

キューバリーグでは非常に素晴らしい成績を収めたため、メジャーリーグでも大型契約を結ぶことが多かった実力者です。

打撃の方はというと、典型的な引っ張りバッター、かつフリースインガーで、好不調の波が激しいタイプです。

しかも、三振率は非常に高く、メジャーリーグでは、

ほぼ4打席に1回は三振をしている

というほどの三振の多さ。

そのため2016年で言うと、横浜DeNAのロペス選手のような、好調時と不調時が極端になりそうな予感がします。

間違いなく、安定感には欠けるでしょう。

また、守備はショート、セカンドと回され、最終的にサードに落ち着いており、一応、外野も守れるみたいですが、サード以外は微妙です。

基本的には、サードを守り、高橋選手とレギュラーの座を争うことになりそう。

一発長打が期待できる選手ではあるのですが、安定感に欠けるため、ビシエド選手と並べてしまうのは、少し不安が残りますね…。

2人とも絶好調ならば、手のつけられない打線になるのですが、2人とも絶不調だと、打線として全く機能しなくなってしまいますから…。

 

以上が、2017年の中日の新助っ人外国人です。

筆者としては、アラウホ投手、ロンドン投手に期待ですね。

とくにアラウホ選手には、セットアッパーもしくは抑えとして、勝利の方程式を担ってほしいと思います!

 

まとめ

2017年の中日の新戦力について紹介しました。

新戦力は、ルーキー以外では、育成の岩崎達郎選手、そして新助っ人3人となるので2016年から戦力的に大きな変化はないように見えます。

そのため、ポイントとなるのは、新外国人の3人。

アラウホ投手、ロンドン投手、ゲレーロ選手がどんな活躍をしてくれるか次第で、2017年の中日のペナントレースの結果は大きく変わるでしょう。

幸いにも?というべきか、2016年に最下位に沈んだということもあり、後は上がり続けるだけです。

新戦力たちには、思い切ったプレーで、他チームを脅かす存在となってほしいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.