星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

バレンタインデー

バレンタインの義理チョコの上司部下への渡し方!おすすめ方法とは

更新日

バレンタインデーで義理チョコを渡すことは、もはや恒例行事となっているところがあり、とくに女性社員たちにとっては、上司や部下に義理チョコを贈らないと、後で気まずいことになってしまうこともあり、この時期は、結構神経を使われている方は多いようです。

確かに、職場の上司や部下に対して、気まずさが残ってしまうと、後で何かと仕事がやりにくくなって面倒です。

だからといってご機嫌取りのために、それぞれに違うチョコを渡してしまうと、誤解や軋轢のもととなり、それはそれで非常に面倒くさいことになりかねません。

そこで、義理チョコを上司・部下に渡すのに、不平不満が出ないためには、どのように渡せば良いのか?という点において、本記事で参考ばかりにご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

撤廃案も出始めているバレンタイン義理チョコ制度

チョコ

会社勤めの女性のみなさんは、バレンタインのチョコを、上司や部下に贈っていらっしゃいますか?

実は、ここ数年で、義理チョコ制度そのものを撤廃してしまおう、という企業が増え始めているという話が聞かれるようになりました。

そもそも、バレンタインデーとは、恋する男女が、愛の告白をしていくためのイベント行事としてあるわけで、ただの職場の先輩・上司・後輩という関係の男性に対して義理チョコを渡すというイベントではありません。

あくまで、チョコ業界の販売戦略で広がりを見せたことをきっかけに、この義理チョコ制度は誕生しているだけに過ぎないのです。

もちろん、男性も『チョコを貰えれば嬉しい』という方が多いのも事実で、職場内のコミュニケーションを図る良いきっかけにもなります。

お返しとなるホワイトデー同様、今後も必要とされている方たちが多くいらっしゃるのは、紛れも無い事実です。

しかし、中にはチョコやクッキーが苦手という方も言いらっしゃいますし、一部では、

『なんで義理チョコを渡さなければならないの?』

と考えている女性や、

『義理チョコのお返しに頭を抱えるのは嫌だ』

という男性も増え始めています。

その上、義理チョコによって、一体感が生まれるどころか、風紀が乱れる、と危惧している企業もあるらしく、会社のルールとして、社内で義理チョコを渡すことを禁止としている企業も、少なからず実際に増え始めていると耳にします。

『義理チョコは必要』という意見も、『義理チョコは不必要』という意見も、それぞれの言い分は理解できます。

ただ、義理チョコはなんとも言い難い、中途半端な位置にあるだけに、非常に厄介で面倒な制度といえるのではないかと、筆者は思います。

ただ、そんな中でも、義理チョコ制度が続いていることは事実で、現代は義理チョコの風習が続いている以上、女性たちは、それを全く無視することが出来ず、上司や同僚、後輩や部下に対して、頭を悩ませながら、義理チョコを渡さなければならないのが、現状となっているようです。

 

上司・同僚への義理チョコの渡し方のおすすめ方法!

チョコ

職場の上司や、同僚、部下に贈るバレンタインデーの義理チョコは、ちょっと選び方を間違えると、今後の人間関係で何かと気まずくなったりして、けっこう大変だったりしますよね。

これが後輩・部下のケースなら、まだ、

『貰えるだけマシでしょ!!』

と強引に押し通すことも可能でしょうし、同僚ならギャグとして受け止め、流してくれる場合があるとしても、とくに上司の場合は、自分の仕事に直結してしまい、かなりの影響をおよぼす場合も可能性としてあります。

良かれと思って義理チョコを渡したのに、上司・同僚から変な目で見られて立場を悪くしてしまい、最悪、孤立して仕事にならないなんてことも、決してない話ではありません。

誰しも、そんな状況に陥りたくは無いはずですし、これでは何のための義理チョコなのか全く意味が分かりませんよね。

では、上司・同僚に対して、どんな義理チョコを渡すのが好ましいのでしょうか?

基本的には、500円~1000円くらいの安くもなく高くもないチョコを平等に渡すのが、好ましいと言われています。

これは、義理チョコを渡す定義としても、好ましい渡し方として考えられていることですが、手作りや、ラッピングなどで差別化せずに、平等に同じタイミングで渡すのが一番好ましく、変な誤解も生まれにくいのです。

また、数千円もする高価なチョコを渡されても、男性側はホワイトデーのお返しが大変と、怪訝な顔をされてしまいかねません。

あくまで気軽に義理チョコと捉えてもらえるような、安くもなく高くもない金額のチョコを渡すのが一番理想的でしょうね。

男性に期待する女性

間違っても、凝ったラッピング手作り感満載のチョコは、本命チョコと変な誤解が生まれてしまい、それが既婚者の男性だった場合、夫婦げんかの元となってしまう恐れもあるため、上司への義理チョコとして、そのような凝ったチョコを渡すのは絶対にやめましょう。

一方、同僚に対しての義理チョコも基本的な考え方は同じで、更に付け加えて言えば、ハワイのお土産で、よくマカデミアンナッツを袋詰で買って、1粒ずつ渡すような感覚で十分なのです。

あくまでマカデミアンナッツは、今回の例で挙げただけの話しであり、義理チョコとして渡すチョコは、もっとシンプルで安価なものでも十分です。

中にはチロルチョコの箱詰めを購入し、同僚に渡す女性もいらっしゃるそうですよ。

同僚という対等な立場であり、上司や部下とは違い、気遣い無用という関係性にありますので、義理チョコ前提なら、それこそどんなチョコでも喜んでくれると思います。

ただし、上司の時と同じで、ひとりずつに差別化を図ってしまうと、不平不満が出てしまったり、変な誤解が生まれてしまいかねませんので、くれぐれも渡すチョコは同じモノを、同じタイミングで渡すようにしましょう。

後輩・部下への義理チョコ選びのおすすめ方法とは?

部下と上司

部下と上司

先ほどお話したように、後輩や部下に対する義理チョコは、多少不平不満を出したとしても、半ば強引にも

『貰えるだけも感謝しておきなさい』

と言い切ってしまうことは可能でしょう。

しかし、誰しも印象を悪くして、さらに人間関係を継続させたいとは思わないでしょうし、できれば、後輩や部下からも気の利いた上司と、好感度を挙げておきたいと考えるのが普通です

では、後輩や部下が喜んでくれる義理チョコ選びのおすすめとは、どういったものを指すのでしょうか?

後輩はともかく、部下の場合は、バレンタインだからといってチョコを渡してしまうのは、逆に親切心の押し付けとして、受け止められてしまうケースもあるそうです。

それは価格が高くなればなるほど、そのような傾向が顕著に見られるらしく、中には後輩や部下への義理チョコは一切渡さないという女性もいらっしゃるそうですよ。

そこで、おすすめのチョコの渡し方・考え方なのですが、基本的にはチロルチョコブラックサンダーなどの、価格の安いチョコをまとめ買いしておいて、

『折角のバレンタインだから良かったら食べてね』

と一言添えて、まとめて渡すのが良いみたいです。

ブラックサンダー(上)・チロルチョコ(下)

ブラックサンダー(上)・チロルチョコ(下)

まぁ、ここで言う『渡す』というのは、直接手渡しするという意味合いではなく、テーブルかどこかにまとめておいておき、好きなときに各自取りに来るというようなニュアンスの渡し方と思っていただけたら良いかと思います。

それなら、嫌いな人は別に取りに来る必要はありませんし、チョコを受け取ったかどうかをあなたに直接知られることもなく、たとえチョコを受け取っていたとしても、ホワイトデーのお返しをする必要もない、となるでしょうから、気軽に部下も受け取れます。

一方、後輩に対しても、基本、部下と同じで、あまり押し付けがましく、義理チョコを渡しても迷惑がられてしまいます。

あくまで、気軽に、

『ホワイトデーは無くでも大丈夫』

くらいのスタンスで渡してあげるのが、好ましいと思いますよ。

 

まとめ

会社の上司や同僚、部下・後輩へ、バレンタイデーの義理チョコを渡し方、おすすめの方法は、それぞれ異なり、上司には、500円から1000くらいの適度な価格のチョコを平等に渡していくのが理想です。

一方で、同僚や部下、後輩には気軽に渡すイメージが好ましいようです。

とくに部下に関しては、直接手渡しではなく、旅行か何かのおみやげを渡すのと同じように、テーブルにまとめておいて、『欲しい人は取りに来て』と言葉を添えてあげる程度がおすすめ。

あくまで、相手への気遣いあっての義理チョコなので、くれぐれも自分の押し付けがましいことだけは避けて、誰からも喜ばれるようなバレンタインデーとしたいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-バレンタインデー