星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

バレンタインデー

バレンタインの義理チョコの上司部下への渡し方!おすすめ方法とは

更新日:


バレンタインデーで義理チョコを渡すことは、もはや恒例行事となっているところがあり、とくに女性社員たちにとっては、上司や部下に義理チョコを贈らないと、後で気まずいことになってしまうこともあり、この時期は、結構神経を使われている方は多いようです。

確かに、職場の上司や部下に対して、気まずさが残ってしまうと、後で何かと仕事がやりにくくなって面倒です。

だからといってご機嫌取りのために、それぞれに違うチョコを渡してしまうと、誤解や軋轢のもととなり、それはそれで非常に面倒くさいことになりかねません。

そこで、義理チョコを上司・部下に渡すのに、不平不満が出ないためには、どのように渡せば良いのか?という点において、本記事で参考ばかりにご紹介していきます!

スポンサーリンク

撤廃案も出始めているバレンタイン義理チョコ制度

チョコ

会社勤めの女性のみなさんは、バレンタインのチョコを、上司や部下に贈っていらっしゃいますか?

実は、ここ数年で、義理チョコ制度そのものを撤廃してしまおう、という企業が増え始めているという話が聞かれるようになりました。

そもそも、バレンタインデーとは、恋する男女が、愛の告白をしていくためのイベント行事としてあるわけで、ただの職場の先輩・上司・後輩という関係の男性に対して義理チョコを渡すというイベントではありません。

あくまで、チョコ業界の販売戦略で広がりを見せたことをきっかけに、この義理チョコ制度は誕生しているだけに過ぎないのです。

もちろん、男性も『チョコを貰えれば嬉しい』という方が多いのも事実で、職場内のコミュニケーションを図る良いきっかけにもなります。

お返しとなるホワイトデー同様、今後も必要とされている方たちが多くいらっしゃるのは、紛れも無い事実です。


次のページへ >

-バレンタインデー

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.