星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

FF15のPC版の発売日と価格を予想!動作スペックはどのくらい必要?

更新日:

2015年後半あたりから、FINALFANTASY(ファイナルファンタジー)15(以下、FF15)のPC版の発売の噂が聞かれるようになりました。

果たして本当にFF15のPC版は、発売されるのでしょうか。

2016年時の噂では、遅くとも2016年中には発売されるというものが多かったのですが、少なくとも現時点、つまり2017年2月6日現在では、FF15PC版は発売されていません。

PS4などのようなゲーム専用機のゲームソフトと違い、PCでのゲームは付加価値があります。

  • MODの存在
  • マウスによるプレイの容易さ
  • 高精度のグラフィック

など、プレイヤーには利点が多いのです。

もし本当にFF15のPC版が発売されるなら、その発売日や価格、更に必要スペックなどを是非知りたいものですよね。

そこで今回当記事では、そのFF15のPC版に関する発売日や価格、スペックなどを紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FF15のPC版の発売日と価格は?

FF15

FF15のPC版の発売日と価格を紹介する前に、FINAL FANTASY(ファイナルファンタジー)シリーズの簡単な紹介をいたしましょう。

FINAL FANTASY(略称はFF)シリーズは、スクウェア・エニックス(旧スクウェア)によって、開発・販売されている、日本製ゲーム機用のRPGシリーズです。

その第1作は、30年近く前である1987年に発売。

その時のプラットフォーム(ゲームをするための土台・機種)は、任天堂のファミリーコンピュータ(ファミコン)でした。

その後、任天堂とスクウェアの関係が悪化したことも影響し、FFの第7作以降は、ソニーのPSシリーズなどでの発売となっています。

このFFは、どの作品も大ヒットとなり、その後のスクウェア・エニックスの看板作品として、現在のFF15に至るというのが、かいつまんだFFの歴史です。

さて、FF15のPC版発売の可能性ですが、

  • 近い内に出る
  • 出るだろうがかなり先
  • 出ない

などの様々な諸説が流れています。

しかも各説にはそれぞれの論拠があり、どの説が正しいのか、益々わからなくなってしまいますね。

ただ、

この先全くFF15のPC版が出ない

という可能性はかなり低いと思います。

とはいえ、ディレクターの田畑氏の話では、

発売予定は無い

という発言もあります。

FF15のPC版が『近い内に出る』説

この説の有力な根拠は、FF15のアメリカでの発表会で、

「公式サイトのJavascriptに『Steam Store』と『Windows 10 Store』の記述があった」

公式サイトのソースコードに『Windows』が入っているとなると、PC版発売の可能性は非常に高いと考えられますが、この説の真偽は確認されていません。

また、開発者へのインタビューにおいても、

「コンソール機(ゲーム専用機)での発売後、次のステップとして検討する」

などの前向きな言葉もみられ、これはFF15のPC版は開発検討中だという意味ではないでしょうか。

また、

「プレβ版は、PC上で動作を確認しているものになります。」

という発言もありました。

これでますますFF15のPC版発売の可能性は高いといえそうです。

さらにもう一つのFF15のPC版発売の根拠としては、

これまでのFFシリーズのほとんどがPC版を発売している

のです。

これもFF15のPC版発売説の有力な根拠になりそうですよね。

FF15のPC版が『出るだろうがかなり先』説

この説の根拠は、これまで発売されたFF作品では、

ゲーム機での発売日からPC版の発売日までは、かなりの期間があった

ということからです。

また、ディレクターの田端氏が、スぺインのメディアとのインタビューで答えたところでは、

FF15PC版の開発には1年以上かかる

とあります。

これは2016年の話なので、FF15が発売されるには、まだ相当待たなければならないようですね。

このPC版FF15の発売日ですが、田端氏の話なども考慮しますと、筆者の予想では、

2017年夏のボーナス時期から年末にかけて

あたりかと推測しています。

その理由は、前述のソースコードの件や、開発者などのインタビュー等によるものです。

さらに理由はもうひとつあって、それは世界的にゲーム専用機と、そのゲームの販売が頭打ちとなり、逆にPCゲームの販売比率が増えてきている、という点にあります。

元々ヨーロッパでは、ゲーム機専用ゲームの販売本数は、PC用に比べて非常に少なく、

ゲームといえばPC

というのが常識です。

アメリカでは、PC対ゲーム機のゲーム販売比率は半々程度です。

そして、最近はアメリカでもPCゲームの需要は増えてきているようです。

ゲームといえば、ゲーム専用機というのは、もはや日本だけの常識なのです。

『ガラケー』ならぬ『ガラゲー』というわけですね。

ソニーや、スクウェア・エニックスが、このような現況を知らないわけがありません。

とはいえ、PC版の開発にはかなりの時間と経費が必要です。

このような理由で、FF15の発売には未だ多少の時間がかかり、発売時期は

2017年夏から年末にかけて

あたりではないかと推測したのです。

価格については、今の段階では具体的にはわかりません。

しかし、おおよそ前作と同じ程度になるかと思われます。

現時点でのFF14のダウンロード版の価格は、4000円前後、パッケージ版は5000円前後です。

ただ発売当初はもう少し高かったのです。

なので、PC版FF15の価格もそこに隔たりはなく、発売日当初は、

7,000円~8,000円程度

の価格に落ち着くのではないでしょうか。

 

FF15のPC版の必要動作スペックは?

FF15

FF15を動作させるのに必要な詳細なPCスペックは、現時点では未だ発表されていません。

ただ、ゲーム機でのβ版でのプレイをみている限りでは、非常に流麗かつ華麗なグラフィックです。

低スペックPCでは、描画に問題が発生しそうです。

FF15が要求する動作スペックはかなり高いのではないでしょうか。

開発者のインタビューでも

「FF15を1080p60fpsで動かすのは不可能」

という話まであります。

ここでFF15の動作に、どの程度のPCスペックが必要になるのか、参考として前作のFF14のPC動作環境を調べてみました。

参考:FF14の動作環境

必要スペック

OS

Windows® XP 32bit

Vista 32/64bit

7 32/64 bit

8 32/64 bit

CPU

Intel Core2 Duo 3.0GHz

メインメモリ

2GB(64bit版は4GB推奨)

ハードディスク/SSD空き容量

30GB以上(蒼天のイシュガルド込み)

グラフィックカード

NVIDIA® Geforce® 8800シリーズ

ATI Radeon™ HD 4770

画面解像度

1280x720

インターネット

ブロードバンド回線

推奨スペック

OS

Windows® 7 64 bit

Windows® 8 64bit

CPU

Intel® Core™ i5 2.66GHz

メインメモリ

4GB

ハードディスク/SSD空き容量

30GB以上(蒼天のイシュガルド込み)

グラフィック

NVIDIA® Geforce® GTX 660

AMD Radeon™ HD 7950

画面解像度

1920x1080

インターネット

ブロードバンド回線

FF14の動作環境としてのPCスペックは上記となっています。

FF14は、現在でこそ、最新PCでなくても動作可能だと思います。

しかし発売当初は最新鋭のPCにしか、FF14の動作が保証できないシロモノだったのでは?と推察されます。

ここで、さらに最近のPCゲームの動作環境のPCスペックを一例に以下を挙げておきます。

なお、これは2015年11月に発売されたFallout4の動作スペックです。

参考:Fallout4のPC版動作環境

※インターネット接続/Steamアカウント登録が必要です。

最小動作環境

OS

Windows 7/8/10 (64-bit OS 必須)

CPU

Intel Core i5-2300 2.8 GHz

AMD Phenom II X4 945 3.0 GHz と同等レベル

メインメモリ

8GB RAM

ハードディスク/SSD空き容量

30GBのHDD空き容量

グラフィック

NVIDIA GTX 550 Ti 2GB

AMD Radeon HD 7870 2GB と同等レベル

推奨動作環境

OS

Windows 7/8/10 (64-bit OS 必須)

CPU

Intel Core i7 4790 3.6 GHz

AMD FX-9590 4.7 GHz と同等レベル

メインメモリ

8GB RAM

ハードディスク/SSD空き容量

30 GB のHDD空き容量

グラフィック

NVIDIA GTX 780 3GB

AMD Radeon R9 290X 4GB と同等レベル

上記から考えますと、PC版FF15で必要な動作スペックは、FF14よりは数段高く、少なくてもFallout4よりは、かなり上のPCスペックが必要かと思われます。

ちなみに筆者の環境は、

OS

Windows7

CPU

i7-2700K

グラフィック

NVIDIA GTX660

メインメモリ

16GB(メインPC)

8GB(サブPC)

Fallout4を動作させてみたところ、メモリ8GBのサブPCでは、

『Out of Memory(メモリ不足)』

が頻発してしまいました。

メモリ16GBのメインPCでは、この『Out of Memory』は、全く発生しなかったので、FF15でも最低8GB、恐らくは

16GB以上のメモリが必要

となるでしょう。

ただし、Fallout4では、カクカク(グラフィック処理の遅れ)や、動作の重さなどは、全く感じませんでした。

CPUやグラフィックに関しては、筆者のメインPC環境で問題はなかったようです。

もっとも、FF15では、グラフィック(ボード)への負担は、華麗なグラフィックの代償として、Fallout4よりかなり大きくなると思われます。

グラフィックボードについては、

最低でもNVIDIAのGTX800または900シリーズ以上

を用意しておくのが無難でしょう。

また、FPSをPS4と比較しますと、PS4版は30FPSでの動作ですが、同じ30PSでよければGTX600シリーズで充分でしょう。

しかし、PCでの標準的FPS動作である60FPSとなりますと、話はまるで違ってきます。

最低でもGTX900シリーズの上位機種、または1000シリーズの中位以上

が必要となります。

価格的には、6~10万円程度は覚悟しなければならないでしょう。

もっともこれはグラフィックボードの性能のみです。

単純な比較ですので、CPUやディスクの速度まで含めますと、比較は簡単にはできません。

また、CPUも

Core i7-6700以上は必要

になると思われます。

ここまででもPC版FF15を動作させるには、大変な物いりですね。

なお、FPSとは

Frame Per Secondsの略

で、フレームレートともいいます。

1秒間に何回画面を更新できるかの指標ですが、当然高い方が性能が高いということになります。

いずれにしても、FF15をPCで快適にプレイするには、それ相応の最新のハイスペックマシンが必要になってくるでしょう。

 

まとめ

ここまで、PC版FF15の発売日や価格、さらにはPCの動作スペックなどを予想してまいりました。

FF15のβ版プレイなどのスクリーンショットなど見ましても、想像以上に美麗なグラフィックです。

「これがPCで動いたら、さぞ凄いだろうな」

と、PC版のFF15への期待を膨らませてしまいます。

筆者の予想では、FF15のPC版の発売は、かなり高い確率だろうと考えておりますが、時期的にはもう少し待つ必要がありそうです。

それにしても少しでも早く、実際のPC版FF15を遊んでみたいものですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.