星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

きんぴか(ドラマ)のストーリーあらすじ~結末と原作ネタバレ考察

更新日:

名優・高倉健さんの代表作として、多くの世代から高い支持を得た映画『鉄道員(ぽっぽや)』

堤真一さん主演映画として2006年に公開された、映画『地下鉄(メトロ)に乗って』

などの原作者としても知られる小説家・浅田次郎先生。

その浅田次郎先生が20年前に書いた小説『きんぴか』。

その小説が2016年2月、WOWOWにてドラマ化されましたね。

既にドラマの放送は終了していますが、当時、原作の世界観が、そのまま映像化されると楽しみにしていた記憶が蘇ります。

本記事では、ドラマ『きんぴか』の、ストーリーあらすじから結末、原作ネタバレ、キャストをドラマの魅力とともに振り返ってみます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラマ『きんぴか』のストーリー結末と原作ネタバレ

きんぴか

きんぴか

2016年2月13日(土)から、毎週土曜22:00に放送されたWOWOWプライムのドラマ『きんぴか』。

このドラマ『きんぴか』は、

  • ある事情から、反逆者となった元自衛官
  • 人の命を奪う事件を起こして、13年の刑期を受け、組織から見放された元暴力組織団員
  • 大物政治家の身代わりにされて、賄賂罪で逮捕され、全てを失った元政治秘書

の三人が主人公のドラマです。

完全に何一つ接点のないこの三人でしたが、いずれも出世の道を取らずに、

筋を通した

が故に組織から弾かれてしまい、裏切られてしまった共通点を持っています。

そして、この三人がひょんな事で出会います。

彼らが筋を通すために、不器用ながらも行動を開始したところに、ドラマとしての面白さが描かれているのです。

このドラマ『きんぴか』は、既に放送は終了しています。

何事にも権力が優先され、筋が通らない理不尽な世の中だからこそ、一見の価値がある『勧善懲悪』のドラマ。

そのためか、この『きんぴか』というドラマは、多くの視聴者に支持されていたようです。

では、改めてドラマ『きんぴか』のストーリーあらすじを振り返っていきましょう。

 

13年前、所属する組織・天崇連合会岩松組のため、単独行動ながら、敵対する銀鷲会組長の命を取った

阪口健太(役:中井貴一)

は、その容疑で逮捕。

彼は、裁判の末、13年の懲役刑を受けることとなりました。

13年後、刑期を終えた健太が刑務所を出ると、出迎えたのは、ただ一人の老刑事・向井権左衛門(役:綿引勝彦)のみ。

天崇連合会岩松組の組員は、誰ひとりとして、健太を出迎えに来なかったのです。

単独行動とはいえ、組のために罪を犯し、刑期を終えた健太にしてみれば、

「お勤めご苦労様」

と、多くの組員が出迎えてくれるはずと想像していたはず…。

しかし、理想と現実は全く異なり、組織が自分を見放したことが分かり、落胆している健太。

そこに向井は、

「バカが、捨て駒になりやがって」

と、現実をつきつけます。

一方、最強の肉体を持つ

自衛官・大河原勲(役:ピエール瀧)

は、安全保障関連法案の撤回を求め、一人クーデターを敢行します。

しかし、組織による権力にねじ伏せられ、クーデターは失敗に終わり、完全に爪弾きにあいます。

また、同じ頃、政治家・山内龍造(役:村井國夫)の優秀な秘書として活動していた

広橋秀彦(役:ユースケサンタマリア)

は、山内の収賄容疑を被って逮捕されてしまいます。

彼自身は、何一つ罪を犯していないにも関わらず、離婚の危機に陥ってしまうのです。

それぞれ、

理不尽な目

にあい、強い憤りを感じている三人に、向井は声を掛け、集結させます。

そして、向井は三人に、

「肚、腕、頭、三つぞろいの悪党がそろったんだ。理不尽なこたぁやめて、好きにやってみろ」

と言い放つのです。

向井に焚きつけられた健太・大河原・広橋の三人は、それぞれの得意分野を駆使して、力を結集させ、この理不尽に対して、どんな復讐劇を見せていくのか…。

 

以上が、WOWOWドラマ『きんぴか』のストーリーあらすじです。

『半沢直樹』や、『水戸黄門』のように、理不尽や悪党に対して勧善懲悪していく話は、まさにドラマだからこそ成立する話です。

現実社会でこれをやろうとすると、十中八九、爪弾きにされてしまい、社会的に潰されてしまいます。

最近よく耳にするブラック企業の中にいて戦い続けていくと、自暴自棄になるほどのいじめを受けることもあります。

最悪、鬱に陥って自ら命を落とすも者もいるかもしれません。

それぐらい、曲がった組織の中で、一人正しく生きることは過酷なことです。

 

そんな世の中だからこそ、多くの人が、せめてドラマの世界だけでもと、勧善懲悪を願っているのかもしれません。

ドラマ『きんぴか』に登場する、一風変わった三者三様のキャラクター性を持つ主人公たち。

彼らが、力を結集して組織と立ち向かい復讐していく様は、まさに私達が、勧善懲悪でありたいと考える想いの象徴となっていたように思います。

 

さて、ここからは、ドラマ『きんぴか』の原作のネタバレにも触れていきたいと思います。

『きんぴか』の原作は、小説家・浅田次郎先生の小説『きんぴか』が原作になっています。

実は、この原作『きんぴか』は、

元々シリーズ化されていた長編小説を一つにまとめたもの

だそうです。

最初にリリースされた

『三人の悪党』

では、勧善懲悪モノとして。

次にリリースされた

『血まみれのマリア(元は、気分はピカレスク)』

では純愛モノ。

最後にリリースされた、

『真夜中の喝采(ピカレスク英雄伝)』

は、コメディーものとして描かれています。

もちろん、『きんぴか』の世界観は、そのままに描かれています。

追記:2017年7月28日

ドラマ『きんぴか』は、一部の視聴者から高い支持を受けていました。

では、そのストークの結末を、改めて紹介していきたいと思います。

 

一見、何の接点もない三人の主人公:阪口健太(ピスケン)、大河原勲(軍曹)、広橋秀彦(ヒデ)の三人。

実は、彼らはある事件でつながっていたのです。

その事件こそが、ヒデが無実の罪を被せられた収賄事件だったのです。

正直、軍曹との接点は希薄のようにも見えました。

ただ、この事件の裏側には、当然、政府による安保関連法案の強制制定(数による押し切り)がありました。

この法案を反対していた軍曹にとっては、まったく関わりがないわけではありません。

収賄に関わった政治家が、ヒデに罪をかぶせて罪から逃げようとする一方、ピスケンに関わる一部の暴力組織も、実は裏でこの収賄事件に絡んでいた…。

そして、この事件の真相を国会などで追求される中、安保関連法案だけでも押し通そうと、半ば強引に押し通してしまった…。

そんな流れが、このドラマ『きんぴか』の中で描かれていたように思われます。

では、この一件に関わる悪党はどうなったのかというと…。

ヒデや、ヒデに証言を求めていたジャーナリストの行動によって、局面が大きく変わり、逮捕されていきます。

とはいっても、黒幕が検察側にいたために、彼らは一旦釈放されてしまいます。

また真相を追い求め、ヒデに接点を持っていたジャーナリストは関係者に命を奪われてしまいます。

その事をきっかけに、ヒデは次期総理大臣候補で大物議員の山内龍造(ヒデがかつて秘書についていた議員)の

収賄容疑釈明会見の席に乗り込み、全ての事実を暴露

します。

そこには、動かぬ証拠の映像も持ち込んでいたのです。

そのために、山内龍三の収賄容疑が全国に明るみとなってしまい、言い逃れができない事態へと発展してしまったのです。

このヒデの行動をきっかけに、収賄容疑に関わり、一旦釈放されていた面々が、芋づる式に再度検挙される事態となります。

しかも、この収賄容疑に関わっていた暴力団(ピスケンの所属していた暴力団)だけでなく、お膝元である

大阪の暴力団全てが検挙される

事態へと発展し、事件は一件落着という形で幕を閉じます。

その後、軍曹はPKO派遣で海外に向かい、ヒデは実家の福島に戻り、ピスケンは一人街を彷徨います。

三人は、バラバラの人生を歩んでいき、このドラマは終わりを告げます。

 

以上が、ドラマ『きんぴか』のストーリー結末となっています。

やはり、勧善懲悪はどこか清々しく、こういう世の中になれば、もっと人々が幸せに生きられるだろうと思えてしまいますよね。

最近の勧善懲悪タイプのドラマは、どこか悪党にも逃げ道が用意されていて、有耶無耶な形でエンディングを迎えていくものが多いようです。

そのために、どこか消化不良でした。

しかし、このドラマ『きんぴか』はそういうことがないので、安心して観ることができます。

観ていない人は、ぜひ一度DVDなどで見てみてください。

44万タイトル突破!充実の品揃えのオンラインDVD&CDレンタル

スポンサーリンク

スポンサーリンク

『きんぴか』の豪華ドラマキャスト一覧!

ドラマ『きんぴか』のキャストは、あくまで筆者の見解ではありますが、メインキャストの三人が色あせてしまうほど、

脇役のキャストが、非常に豪華

で、まばゆく見えます。

ベテラン俳優が惜しげもなく起用されている印象です。

では、さっそくドラマ『きんぴか』のキャスト一覧を紹介します。

ドラマ『きんぴか』キャスト一覧(敬称略)

メインキャスト

阪口健太(ピスケン):中井貴一

大河原勲(軍曹):ピエール瀧

広橋秀彦(ヒデ):ユースケサンタマリア

警察関係者

向井権左衛門(老刑事):綿引勝彦

綿引勝彦

佐久間忠一(刑事):神尾佑

天崇連合会(極道)の面々

新見源太郎(天崇連合会総長):品川徹

品川徹

田野倉五郎松(天崇連合会若頭):岩松了

清水:大和孔太

岩松円次(岩松組・組長):山本龍二

福島克也(岩松組若頭):青柳翔

大山:(岩松組若い衆)伊藤祐輝

その他

阿部マリア(看護師):飯島直子

山内龍造(大物国会議員):村井國夫

草壁明夫(ジャーナリスト):三浦誠己

以上が、ドラマ『きんぴか』に出演するキャストです。

このドラマキャスト一覧を見れば一目瞭然ですが、『きんぴか』には、実に豪華なキャストが集結しています。

綿引勝彦さんに関しては、1991年~1999年まで放送されたTBS昼ドラマ『天までとどけ』で、演じた強面のお父さん:丸山雄平のイメージがあります。

それが抜けていないために、かなり怖く威圧感はあるものの、どこか優しい印象を受け続けています。

かなりの存在感があり、メインキャストの存在感を飲み込んでしまうほどのオーラを持っているベテラン俳優と言って良いでしょう。

また今回、『新見源太郎』役を演じる品川徹さんも、いい味を魅せるベテラン俳優です。

追記:2017年7月28日

筆者としては、やはりキャストが個性的で異色の面白さがあった印象は伺えました。

ただ、全体的に見ると、一部の視聴者は、キャストそのものに不満がある意見もあったようです。

例えば、綿引勝彦さんが中井貴一さんに代わりピスケン役を演じるのであれば、強面の綿引勝彦さんの特徴も活かせるかもしれないということで、

『中井貴一さんだと格好良すぎて役とマッチしていない』

という意見もありました。

それ以外にも、

『飯島直子さんの演技にはがっかり』

という辛辣な意見も…。

まぁ、この辺は、演技に対する評価と言うよりは、単純に好みの問題だと思います。

筆者としては、そんなに悪くなかったと思っていますし、あくまで一部で言われている評価です。

中にはそういう人だっていることなんでしょう。

中井貴一さん・ピエール瀧さん・ユースケ・サンタマリアさんが共演するということは、通常ではありえない程の異色のキャスティングです。

この三人の共演を観るだけでも十分価値はあったと考えています。

 

『きんぴか』のドラマ原作者は超人気小説家!

浅田次郎

浅田次郎

『きんぴか』の原作者は、冒頭でもお話したように、あの超人気作家の浅田次郎先生です。

浅田次郎先生の作品は、ドラマや舞台・映画化されていますので、きっとみなさんも、どこかで何らかの作品を観ていることと思います。

とくに有名なのが、故・高倉健さんが出演していた映画『鉄道員(ぽっぽや)』だと思います。

この映画は、廃線が決まった北海道のとある駅を舞台に、

駅と運命を共にし、定年を迎えようとする一人の駅員(ぽっぽや)

に、振りかかる小さな奇跡を描いた作品として、多くの映画ファンに感動を与えてくれました。

鉄道員(ぽっぽや)

鉄道員(ぽっぽや)

感じ方は人それぞれありますが、浅田次郎先生の作品は、どこか胸を打つ作品が多いように感じます。

それは、ただ切なく涙してしまう意味合いだけではありません。

喜怒哀楽、色んな感情を揺さぶるような感動を与えてくれるニュアンスで捉えてもらえればと思います。

そんな浅田次郎先生が、約20年前に書いたのが『きんぴか』という作品です。

そこで改めて、WOWOWと浅田次郎先生がコラボした『きんぴか』が、視聴者たちからどのような評価を得られたのか、調べてみました。

 

どうやら、絶賛の意見しかないわけではなく、賛否は分かれていました。

否定的な意見の多くは、時代的に古さを感じた意見や、演出及び演者(キャスト)に関するもの。

また、『きんぴか』のストーリーそのものは面白かった意見が多いように感じました。

そもそも、約20年前に書いた作品ですし、古いと感じるのは当然かもしれません。

例えば、今の時代に、月9ドラマとして絶賛されたドラマ『東京ラブストーリー』を見ることと同じでしょう。

時代の変化は、必ずあるわけですから、そこに古さを感じないほうが逆におかしいと思います。

その事を踏まえて考えると、たしかに演出や演者(キャスト)に対する好みの問題はありますが、基本的に上々の出来だったのではないでしょうか。

 

まとめ

中井貴一さん・ピエール瀧さん・ユースケサンタマリアさんという個性的なキャストが集結することで話題になったドラマ『きんぴか』。

これは人気作家・浅田次郎先生が、約20年前に手がけた長編小説が原作のドラマでした。

浅田次郎先生の原点とも言われている小説であることから、『きんぴか』のストーリーあらすじから結末までを気にする人が、続出。

全く異なる三者三様のキャラクターが悪党となって結集し、勧善懲悪していくさまが、多くの視聴者から支持されたのだと思います。

既に放送は終了していますので、もしまだ観ていない人は、DVDなどで見てみてくださいね!

44万タイトル突破!充実の品揃えのオンラインDVD&CDレンタル

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.