星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

きんぴか(ドラマ)のストーリーあらすじ~結末と原作ネタバレ考察

更新日:


名優・高倉健さんの代表作として、多くの世代から高い支持を得た映画『鉄道員(ぽっぽや)』

堤真一さん主演映画として2006年に公開された、映画『地下鉄(メトロ)に乗って』

などの原作者としても知られる小説家・浅田次郎先生。

その浅田次郎先生が20年前に書いた小説『きんぴか』。

その小説が2016年2月、WOWOWにてドラマ化されましたね。

既にドラマの放送は終了していますが、当時、原作の世界観が、そのまま映像化されると楽しみにしていた記憶が蘇ります。

本記事では、ドラマ『きんぴか』の、ストーリーあらすじから結末、原作ネタバレ、キャストをドラマの魅力とともに振り返ってみます。

スポンサーリンク

ドラマ『きんぴか』のストーリー結末と原作ネタバレ

きんぴか

きんぴか

2016年2月13日(土)から、毎週土曜22:00に放送されたWOWOWプライムのドラマ『きんぴか』。

このドラマ『きんぴか』は、

  • ある事情から、反逆者となった元自衛官
  • 人の命を奪う事件を起こして、13年の刑期を受け、組織から見放された元暴力組織団員
  • 大物政治家の身代わりにされて、賄賂罪で逮捕され、全てを失った元政治秘書

の三人が主人公のドラマです。

完全に何一つ接点のないこの三人でしたが、いずれも出世の道を取らずに、

筋を通した

が故に組織から弾かれてしまい、裏切られてしまった共通点を持っています。

そして、この三人がひょんな事で出会います。

彼らが筋を通すために、不器用ながらも行動を開始したところに、ドラマとしての面白さが描かれているのです。


次のページへ >

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.