星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

きんぴかのドラマストーリーと原作ネタバレ!キャストもチェック!

更新日

名優だった高倉健さんの代表作の一つとして、多くの世代から高い支持を得た映画『鉄道員(ぽっぽや)』、堤真一さん主演映画として2006年に公開された映画『地下鉄(メトロ)に乗って』などの原作者としても知られる小説家:浅田次郎先生。

浅田次郎先生が、20年前に手がけた小説『きんぴか』が、WOWOWのドラマとして、今回初めてドラマ化されることになりました。

ドラマのタイトルも、原作『きんぴか』と同じで、原作の世界観が、そのまま映像化されるのかと思うと楽しみにしているファンも多いと思います。

そこで、本記事で、ドラマ『きんぴか』のストーリーや原作ネタバレ、キャストなど、見どころや、ドラマの魅力をご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ドラマ『きんぴか』のストーリーと原作ネタバレ

きんぴか

きんぴか

2016年2月13日(土)から、毎週土曜22:00に放送されるWOWOWプライムのドラマ『きんぴか』

このドラマ『きんぴか』は、ある事情から、反逆者となった元自衛官、人をあやめる事件を犯して、13年の刑期を受けたことで、組織から見放された元ヤ●ザ、そして、大物政治家の身代わりにされて、賄賂罪で逮捕され、全てを失った元政治秘書の3人が主人公のドラマです。

完全に何一つ接点の無いこの3人の共通点として、いずれも出世の道を取らずに、筋を通したが、ゆえに組織から爪弾きにされてしまい、裏切られてしまったのです。

この3人がひょんな事で出会い、筋を通すために、不器用ながらも行動を開始します。

何事にも権力が優先され、筋が通らない理不尽な世の中だからこそ、一見の価値があるドラマとして映しだされるのではないかと、『きんぴか』に期待しているドラマファンも多いのではないでしょうか。

では、早速、このドラマ『きんぴか』のストーリーあらすじを見ていきましょう。


 

13年前、所属する組織・天崇連合会岩松組のため、単独行動ながら、敵対する銀鷲会組長の命を取った阪口健太(役:中井貴一)は、その容疑で逮捕され、裁判の末、13年の懲役刑を受けることとなりました。

13年後、刑期を終えた健太が、刑務所を出ると、出迎えたのは、ただ一人の老刑事・向井権左衛門(役:綿引勝彦)しかおらず、誰ひとりとして、天崇連合会岩松組の組員は、健太を出迎えに来なかったのです。

単独行動とは言え、組のために罪を犯し、刑期を終えた健太にしてみれば、『お勤めご苦労様』と、多くの組員が出迎えてくれるはずと想像していたはず…

しかし、理想と現実は全く異なり、組織が自分を見放したことが分かり、落胆している健太に、向井は、

『バカが、捨て駒になりやがって』

と、現実をつきつけます。

一方、最強の肉体を持つ自衛官・大河原勲(役:ピエール瀧)は、安全保障関連法案の撤回を求め、一人クーデターを敢行します。

しかし、組織による権力にねじ伏せられ、クーデターは失敗に終わり、完全に爪弾きにあいます。

また、同じ頃、政治家・山内龍造(役:村井國夫)の優秀な秘書として活動していた広橋秀彦(役:ユースケサンタマリア)は、山内の収賄容疑を被って逮捕されてしまい、何一つ罪を犯していないにも関わらず、離婚の危機に陥ってしまうのです。

それぞれ、理不尽な目にあい、強い憤りを感じている3人に、向井は声を掛け、集結させます。

そして、向井は3人に、

『肚、腕、頭、三つぞろいの悪党がそろったんだ。理不尽なこたぁやめて、好きにやってみろ』

と言い放つのです。

向井に焚きつけられた健太・大河原・広橋の3人は、それぞれの得意分野を駆使して、力を結集させながら、この理不尽な人たちに対して、どんな復讐劇を見せていくのでしょうか…


 

以上が、WOWOWドラマ『きんぴか』の簡単なストーリーあらすじです。

半沢直樹や、水戸黄門の様に、理不尽なものや悪党に対して勧善懲悪していくという話は、まさにドラマだからこそなりうる話で、現実社会でこれをやろうとすると、十中八九、爪弾きにされてしまい、社会的に潰されてしまいます。

半沢直樹

半沢直樹

筆者も組織と戦い続けた一人の人間であり、ブラック企業の中にいて、戦い続けていくと、自暴自棄になるほどのいじめを受けることも多々ありました。

そうやって、自暴自棄になる方も多いでしょうし、生きるためには、組織に属さないのが一番と言いたいところです。

しかし、無人島で独りで生活する以外、最低限、国民という組織に属さなければならないのも事実で、本当に理不尽で世知辛い世の中ですよね。

そんな世の中だからこそ、一風変わった三者三様のキャラクターでありながら、このドラマ『きんぴか』の主人公たちが、力を結集して組織と立ち向かい、復讐していくさまは、きっと観ていて痛快だと思います。

ぜひ、世の組織のトップが、人間として生きる価値がない愚か者であると目を覚まさせるような、勧善懲悪のドラマとしてわかりやすく描いてくれることを願っています。

さて、『きんぴか』の原作のネタバレをここでご紹介します。

『きんぴか』の原作は、小説家:浅田次郎先生の小説『きんぴか』が原作になっています。

ドラマとしては、一つにつながった状態で描かれていくと思いますが、実はこの原作『きんぴか』は、元々シリーズ化されていた長編小説を一つにまとめたものなんだそうです。

最初にリリースされた『三人の悪党』では、勧善懲悪モノとして。

次にリリースされた『血まみれのマリア(元は、気分はピカレスク)』では純愛モノ。

最後にリリースされた、『真夜中の喝采(ピカレスク英雄伝)』は、コメディーものとして描かれています。

もちろん、『きんぴか』の世界観は、そのままに描かれていますが、ニュアンスが違う3つのシリーズ作品を一つにまとめて、今回のドラマではどのように描かれていくのか…

まさに、三者三様のキャラクターが、どのように集結していくのか、という部分が、『きんぴか』そのものを暗示しているようにも見えるだけに、非常に楽しみですね。

『きんぴか』のドラマ放送は、冒頭でもお伝えしたとおり、2016年2月13日(土)22:00から、毎週土曜の同時刻にWOWOWプライムにて、放送されますので、有料チャンネルではありますが、気になる方ははぜひ御覧ください。

『きんぴか』の豪華ドラマキャスト一覧!

きんぴか

きんぴか

ドラマ『きんぴか』のキャストは、あくまで筆者個人の見解ではありますが、メインキャストの3人が色あせてしまうほど、脇役のキャストが、非常に豪華で、まばゆく見えます。

ベテランの俳優が惜しげも無く投入され、これでもか、というほどの豪華キャストが起用されているというのが率直な印象で、彼らがどのような衝突を見せながら、このドラマ『きんぴか』を大いに盛りあげてくれるのだろうかと、期待したいものです。

では、早速ドラマ『きんぴか』のキャスト一覧をご紹介します。

ドラマ『きんぴか』キャスト一覧

・メインキャスト
阪口健太(ピスケン):中井貴一
大河原勲(軍曹):ピエール瀧
広橋秀彦(ヒデ):ユースケサンタマリア

・警察関係者
向井権左衛門(老刑事):綿引勝彦
佐久間忠一(刑事):神尾佑

・天崇連合会(極道)の面々
新見源太郎(天崇連合会総長):品川徹

田野倉五郎松(天崇連合会若頭):岩松了
清水:大和孔太

岩松円次(岩松組・組長):山本龍二
福島克也(岩松組若頭):青柳翔
大山:(岩松組若い衆)伊藤祐輝

・その他
阿部マリア(看護師):飯島直子
山内龍造(大物国会議員):村井國夫
草壁明夫(ジャーナリスト):三浦誠己

以上が、ドラマ『きんぴか』のに出演するキャスト達です。

このドラマキャスト一覧を見れば一目瞭然ですが、『きんぴか』には、実に豪華なキャストが集結していますよね。

綿引勝彦さんに関しては、1991年~1999年まで放送されたTBS昼ドラマ『天までとどけ』で、演じた強面のお父さん:丸山雄平のイメージが抜けていないために、かなり怖く威圧感はあるものの、どこか優しいという印象を受け続けています。

それだけに、かなりの存在感があり、メインキャストの存在感を飲み込んでしまうほどのオーラを持っているベテラン俳優と言って良いでしょう。

また、今回、「新見源太郎」役を演じる品川徹さんも、いい味を魅せるベテラン俳優です。

こういった、脇を固めるそうそうたる豪華メンバーがキャスティングされているだけに、どんな相乗効果を見せてくれるのか…

きっと、いろんな意味で『きんぴか』のドラマ上、衝突を繰り返していくと思われるだけに、非常に楽しみですね。

そして、メインキャストに関しても、中井貴一さん・ユースケサンタマリアさん・ピエール瀧さんというかなり異色な組合わせとなっています。

もちろんそれぞれのキャストの役柄は、全く異なります。

ユースケさんは、村井國夫さん演じる大物政治家・山内龍造の身代わりとなって賄賂罪で逮捕されて、全てを失う人物を演じます。

中井貴一さんは、天崇連合会の人物で、13年の刑期を終えたものの、組織から見放されてしまう人物を演じます。

そして、ピエール瀧さんは、安全保障関連法案撤廃を掲げ、一人クーデターを起こすものの、失敗に終わってしまう自衛隊の役を演じます。

完全に三者三様のキャストというわけですが、果たしてどんな絡みをストーリー展開していくのか、いろんな意味で注目していきたいものですね。

 

『きんぴか』のドラマ原作者は超人気小説家!

浅田次郎

浅田次郎

『きんぴか』の原作者は、冒頭でもお話したように、あの超人気作家の浅田次郎先生です。

浅田次郎先生の作品は、ドラマや舞台・映画化などされていますので、きっと皆さんも、どこかで何らかの作品を観ていることと思います。

とくに有名なのが、故・高倉健さんが出演していた映画『鉄道員(ぽっぽや)』だと思います。

この映画は、廃線が決まった北海道のとある駅を舞台に、駅と運命を共にし、定年を迎えようとする一人の駅員(ぽっぽや)に、振りかかる小さな奇跡を描いた作品として、多くの映画ファンに感動を与えてくれました。

鉄道員(ぽっぽや)

鉄道員(ぽっぽや)

その小さな奇跡とは、亡くなった娘が成長期を見せに、高倉健さんが演じた主人公の元に3度やってきた事でした。

この鉄道員が、唯一後悔したことは、仕事一筋で、娘・妻が亡くなる時に会うことができず、ずっと鉄道員としての仕事に専念していた、ということでした。

よく芸能人などは、親が亡くなる時に会えない、なんて話を耳にしますが、まさに彼は娘が亡くなるときにも会えずに、非常に寂しい思いをさせてしまった、と悔いていたのです。

そんな父の心を最後に癒やしてあげるように、娘は幼いころ中学生の頃高校生の頃と3回に分けて、成長期を彼に見せに来てくれたのです。

そして、定年を迎えるとともに、彼もこの世を旅立ちました。

そんな奇跡を清らかに描いてくれているので、多くのファンは、涙なしで見られなかったようです。

感じ方は人それぞれであり、作品によって多少の違いはありますが、浅田次郎先生の作品は、何処か胸を打つ作品が多いように感じます。

それは、ただ切なく涙してしまうという意味合いだけでなく、喜怒哀楽、色んな感情を揺さぶるような感動を与えてくれるというニュアンスで捉えていただければと思います。

そんな浅田次郎先生が、約20年前に手がけた『きんぴか』という作品は、映像化されることで、我々にどんな感動を与えてくれるのでしょうか。

WOWOWと浅田次郎先生の、初のコラボが、多くの感動を与えてくれることを心から願っています。

 

まとめ

中井貴一さん・ピエール瀧さん・ユースケサンタマリアさんという個性的なキャストが集結するということでも、何かと話題になっているWOWOWプライムのドラマ『きんぴか』は、人気作家・浅田次郎先生が、約20年前に手がけた長編小説。

ある種、浅田次郎先生の原点とも言われている作品が原作なので、『きんぴか』のネタバレやストーリーを気にする方が続出しているようですね。

たしかに、三者三様の全く異なるキャラクター達が悪党となって結集し、理不尽な裏切り者や、世の中に対して鋭くメスを入れていくというストーリーですから、きっと単純で面白いドラマに仕上がっていることでしょう。

気になる方は、ぜひ、『きんぴか』を一度ご覧下さいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ