星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

うるう年の意味と豆知識!2月29日の誕生日年齢計算方法をチェック

更新日:


4年に1度、2月29日が登場し、それを『うるう年』と人は呼んでいます。

たいていの人は、うるう年に関して、そのような知識しかないと思います。

実は、うるう年はそんな単純なものではありません。

4年に1度ではない時もあるのだとか。

また、うるう年における誕生日のからくりなど、豆知識がたくさんあるので、本記事で、うるう年の豆知識をまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

うるう年とはどんな意味?

みなさんはうるう年について、どれくらい知っていますか?

多くの人は、せいぜいオリンピックと同じで、

4年に1度だけ2月29日が登場

するということでしょう。

また、その理由が、1年が厳密には

365. 24219日

で、その端数を調整するために、うるう年が誕生した話くらいしか知らないかもしれません。

 

しかし、実は…

厳密には、4年に1度うるう年があるわけではない

ということを知っていましたか?

たとえば、2100年。

2100という数字は、4で割り切れるので、うるう年なんだろうなと思ってしまうかと思います。

しかし、実は2100年は、うるう年にはならないのです。

「一体なぜ?」

と思う人もいるでしょう。

 

そこで、きちんと、うるう年の定義について触れていきたいと思います。

まず、みなさんも知っている通り、4で割り切れる年…つまり4年に1度、これがうるう年になりますよね。

実は、上記のようにうるう年を4年に1度制定しただけでは、365.○○という小数点のズレが正確には直らないのです。

そのため、グレゴリオ暦では、うるう年の条件に、次の2つも追加されています。

  • 西暦年が100で割り切れる場合は平年
  • しかし、400で割り切れる場合はうるう年とする

例に挙げた2100年は100で割り切れますが、400で割り切れないのでうるう年にはなりません。


次のページへ >

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.