星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

ヤクルト2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

更新日

2015年のセ・リーグを制したヤクルトですが、2016年はまさかの5位に終わるという結果でした。

やはり、

『ヤ戦病院』

と呼ばれるほどヤクルトの悲惨なまでに怪我人が多い状況が発生してしまった2016年シーズン。

チームとしての実力も出しきれず、とても不本意な結果だったことは事実でしょう。

そして、怪我人以上に、2016年のヤクルトは投手陣が崩壊していましたよね。

この投手陣の不安を解消するために、2017年には多くの投手ルーキー、そして外国人がヤクルトに加入します。

当記事では、そんな2017年のヤクルトの補強により加入した、ドラフトルーキー、新外国人選手たちにスポットを当ててみようと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

ヤクルトの退団・引退選手を紹介

まずは、ヤクルトを2016年限りで去った選手の紹介です。

ヤクルトで戦力外となった選手

  • 田中浩康 → 横浜DeNAへ入団
  • 新垣渚
  • 川上竜平
  • 田中雅彦
  • 寺田哲也
  • 松井淳
  • 中元勇作
  • 木谷良平
  • 田川賢吾
  • 児山祐斗
  • 古野正人 → 育成で再契約

ヤクルトから自由契約・退団した選手

  • カイル・デイビーズ
  • ルイス・ペレス
  • ハ・ジェフン

ヤクルトで現役引退した選手

  • 森岡良介

以上となっています。

おそらく数年前の筆者なら、田中浩康選手がまさか戦力外になるとは思っていないでしょうね。

筆者が応援している中日で例えるならば、まるで井端弘和さんを髣髴とさせるしぶとい打撃、そして堅実な守備で、ずっとヤクルトのレギュラーを守っていくと思っていましたから…。

それが今では、2年連続トリプルスリーの偉業を達成した、山田哲人選手がセカンドでレギュラーに。

田中浩康選手は、打撃力が低下し、いつの間にか代打要員になってしまい、そしてついに戦力外…。

その他の選手については、大半が伸びないと判断された若手や、必要の感じられない助っ人外国人だったので、大きな痛手にはならなさそうです。

ヤクルトの戦力的には、マイナスと感じる要素はないように思いますね。

 

ヤクルトの新加入選手を紹介!

続いては、ヤクルトに2017年から加入する選手たちを紹介します。

まずは、ドラフトで指名したルーキーです。

ヤクルトのドラフト指名選手

  • 寺島成輝
  • 星知弥
  • 梅野雄吾
  • 中尾輝
  • 古賀優大
  • 菊沢竜佑

ヤクルトの育成ドラフト指名選手

  • 大村孟

ヤクルトのドラフト会議の結果は、見事に現在のチーム状況が反映されている結果となりました。

ドラフトで大量の補強を行ったと言っていいようなものです。

それもそのはず。

なんと、ドラフト加入の新人は、

投手と捕手しかいない

のです。

中でも注目なのは、ドラフト1位の寺島成輝投手、そしてドラフト2位の星知弥投手ですね。

ドラフト1位の寺島投手は、高校BIG4と呼ばれた1人です。

ストレートはそこまで速くないものの、力があるため打者を押しきれるのが魅力。

さらには多彩な変化球で、緩急を活かした投球が持ち味です。

先発左腕の不足しているヤクルトにとっては、補強ポイントと合致し、またとない逸材と言えるでしょう。

ドラフト2位の星投手は、最速156キロのストレートが魅力の右腕。

明治大学時代は、先発として期待されながらも、基本的にはリリーフエースとして活躍。

中継ぎ不足で、中継ぎの補強が急務だったヤクルトにとって、150キロを超えるストレートを投げ込める投手が欲しくないはずがありません。

おそらく即戦力として、開幕1軍もありえるのではないでしょうか?

 

続いては、移籍補強によってヤクルトに新加入した選手を紹介します。

1人だけですが、それは、榎本葵選手です。

榎本葵選手は、2010年のドラフトで楽天に4位指名をされて入団した外野手。

高校通算47本塁打

のパワーと、

『九州のイチロー』

と呼ばれた足の速さと守備の上手さが魅力です。

ただし、確かに足は速いのですが、お世辞にも走塁は上手いとはいえないようですね。

打撃については、ルーキーながら、2軍で3割を記録したこともあります。

環境が変わることで大化けするということも、十分に考えられます。

ヤクルトファンからは、

『守れる左の飯原』

という印象を受けているみたいですね。

これが補強ポイントとして合致するかと言われると、微妙ですが…。

守備が何かと不安な外野レギュラー陣の守備固め役として、また、将来のレギュラーとしても期待がかかります。

榎本葵選手は、セ・リーグという新たな環境で、どう進化するのか楽しみですね!

 

ヤクルトの2017年の新助っ人外国人選手を紹介!

最後に、ヤクルトに2017年から加入する新外国人選手の特徴を調べてきました。

ヤクルトの2017年の新外国人選手1 ロス・オーレンドルフ

先発・中継ぎ不足のヤクルトが、外国人の補強として獲得したのが、ロス・オーレンドルフ投手です。

オーレンドルフ投手は、

メジャーリーグ・パイレーツ時代の2009年に11勝を挙げたことのある投手

34歳のベテランです。

年齢は34歳ながら、最速は150キロを超えるストレートが魅力です。

また、オーバースローで投げ下ろすため、角度も出て、バッターにとっては非常に打ちにくそうなイメージがあります。

変化球はスライダー、シンカー、チェンジアップとありますが、2013年を最後にシンカーは投げていません。

また、その他にもカットボールやカーブを投げたこともあるそうですが、ほぼ投げていないに等しい球数なので除外すると、

ストレート、スライダー、チェンジアップ

が、オーレンドルフ投手の持ち球ということになります。

スライダーは、縦の変化が鋭く、ものすごい勢いで落ちていきます。

オーレンドルフ投手のスライダーについては、こちらの動画で確認ができますよ。

動画を見て、改めてスライダーが武器になりそうですね。

逆に言えば、このスライダーのコントロールが上手くできない時は、全くダメだと言えそう。

メジャー時代は、

先発もできる

ロングリリーフもできる

という便利屋として活躍していました。

ヤクルトで言えば、

2015年まで在籍していたロマン投手のような起用法

になっていくのではないかな?と思います。

ヤクルトの補強ポイントとしては、先発・中継ぎ問わず投手不足だったので、どちらも任せられるオーレンドルフ投手は、まさに適任だったと言えますね。

ヤクルトの2017年の新外国人選手2 プレストン・ギルメット

プレストン・ギルメット投手は、デトロイト・タイガースの3Aから獲得した投手です。

2016年はメジャーリーグでの登板がなかったものの、3Aでは好成績を収めており、ヤクルトの奥村国際スカウト曰く、

「五十嵐良太のような選手」

とのこと。

ストレートは140キロ台後半ですが、

かなりノビがある

みたいで、空振りをよく取れる球種。

その他にはシンカー系のツーシームとスプリットがあります。

球種の数、そしてアメリカでの起用方法から、基本的には中継ぎとしての起用になるかと思われます。

そこについては、ヤクルトの補強ポイントの中継ぎ候補としてマッチする人材だったのでしょうね。

球速も球速のため、コントロールは普通といったところ。

制球難に陥ることは少なそうなので、かなり早く日本のプロ野球に順応できるかと思いますよ。

ヤクルトの2017年の新外国人選手3 デービット・ブキャナン

デービット・ブキャナン投手は、27歳の右腕で、2016年はメジャーリーグでの登板はありません。

球種は、

  • ストレート
  • シンカー
  • チェンジアップ
  • カーブ
  • カットボール

と多彩。

これらを駆使して、打たせて取るピッチングをするようです。

とくにゴロアウトの多い投手みたいなので、グラウンドボーラーですね。

ブキャナン投手については、こちらでもその投球を見ることができます。

(途中、イチロー選手も三振に打ち取っているシーンがあります)

ゆったりしたフォームで投げており、コントロールは安定していますが、それゆえに、セットポジションでの投球が気になるところ。

投球フォームやグラウンドボーラーというところを踏まえると、ブキャナン投手は、

広島のジョンソン投手

のようなタイプで、日本プロ野球には早く順応できそうな気がします。

技巧派で、191センチという長身も日本では武器になるでしょう。

筆者的には、ブキャナン投手がヤクルトの新助っ人外国人で一番活躍しそうな気がしますね。

ただ、ジョンソン投手ほど三振が取れるようには見えないため、やや味方の守備に左右されやすいのが難点か…。

いずれにしても、

うまくハマれば2桁勝利!

ということもありえるだけに、ヤクルトはなかなか面白い補強をしたな、と思わされました。

ヤクルトの2017年の新外国人選手4 ディーン・グリーン

ヤクルトの2017年の新助っ人外国人としては、唯一の野手となるディーン・グリーン選手。

グリーン選手は、メジャーリーグ経験が1度もない27歳。

メジャーリーグ経験がないため、データに乏しいのですが、調べてみると、

尖ったところのない、平均的な中距離バッター

との見解を示すサイトが多かったみたいです。

また、守備が下手という情報もありました。

 

…いったいヤクルトは、なぜグリーン選手を補強として獲得したのか…

理解に苦しみます。

ただおそらくは、

畠山選手が怪我をした際の代理として考えているのではないか?

と思います。

 

以上が、ヤクルトに2017年から加入する新助っ人外国人でした。

補強ポイントの投手という意味では、オーレンドルフ投手とブキャナン投手が合致しており、筆者的にも気になります。

ギルメット投手も、ロマン投手のような便利屋としての活躍が期待されます。

とくにブキャナン投手。

技巧派の投手は、キャンプなどの練習ではなかなか目立たないことから、シーズンが開幕するまで、あまり注目する人は多くないと思われます。

しかし、広島のジョンソン投手のようになれる可能性を秘めているため、ヤクルトファンの方には、ぜひブキャナン投手に注目してほしいですね。

 

まとめ

ヤクルトの2017年の移籍・ドラフト加入、新外国人選手についてご紹介しました。

ヤクルトの補強という意味では、外国人選手がかなり注目ポイントになっている、と思います。

グリーン選手は何とも言えず、微妙なのですが、残りの3人の投手は、ヤクルトの補強ポイントと合致しており、彼らの活躍次第では、

ヤクルトの優勝!

もありえるでしょう。

もちろん、主力メンバーのケガによる離脱という、恒例行事がなければですが…。

実にいい外国人選手の補強をしたと思っていますので、2017年のヤクルトは、

選手の怪我

これがペナントレースの行方を左右すると言っても過言ではありません。

というよりも、ヤクルトの場合は、毎年これがポイントになりそうな気もしますね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球