星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

更新日

2015シーズンで、見事リーグ優勝を果たした東京ヤクルトスワローズ。

2連覇、そして日本一奪還へ向け、いよいよ2016シーズンが始動しようとしています。

本塁打王でトリプルスリーの山田哲人選手、首位打者の川端慎吾選手、打点王の畠山和洋選手の活躍が不可欠ですが、2016年のヤクルト連覇の鍵を握るのは、新戦力だと思います。

そこで、当記事では、ヤクルトの2016シーズンの新加入選手について、まとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

ヤクルトの2016シーズンユニフォームが発表!

 

ヤクルト スローガン2016

2016シーズンのセ・リーグ連覇に向け、先日、ヤクルトのキャンプがスタートしました。

ただ、いきなり心配なのは、リタイア第1号となってしまった、2015シーズン打点王の畠山和洋選手ですよね。

先日、守備練習中に、身体に違和感を覚えた畠山和洋選手が、なんとぎっくり腰と診断されてしまいました。

ぎっくり腰といえど、場合によっては、長期離脱も考えられるため、シーズン開幕に間に合うかが不安ですよね。

毎年恒例となってしまっていますが、2016シーズンも、ヤクルト最大の壁は、怪我人かもしれません。

そんな近況はさておき、ヤクルトは、2016シーズンからユニフォームを新しくリニューアルするのをご存知でしょうか?

新ユニフォームは、このようになっているようです。

ヤクルト ユニフォーム2016

また、2016年のヤクルトのスローガンも発表され、

『燕進化』

に決定したそうです。

チームのさらなる成長と、飛躍という意味を込めてのスローガンのようです。

ヤクルトの打線は、爆発力十分ですし、先発投手も、成瀬喜久投手や、新垣渚投手が本来の力を発揮できれば、さらにチームは磐石なものとなり、ヤクルトのセ・リーグ連覇も見えてくるでしょう。

ぜひ、ヤクルトには、ディフェンディングチャンピオンとして、2016シーズンのセ・リーグを牽引してほしいと思います!

 

2016年のヤクルトの退団・移籍選手!

パソコンを見る男性

それでは、まずは2015シーズン限りで、ヤクルトから去った選手からご紹介していきます。

さっそく確認してみましょう。

ヤクルトを引退した選手

松元ユウイチ

ヤクルトを自由契約・戦力外となった選手

トニー・バーネット

ラスティング・ミレッジ

オーランド・ロマン

ミッチ・デニング

七條祐樹

江村将也

赤川克紀

大場達也

金伏ウーゴ

川崎成晃

中根佑二

阿部健太

となっています。

戦力外・自由契約となった選手が非常に多いですね。

『バカボン』と呼ばれ、親しまれた七條祐樹投手や、ジャイアンと呼ばれ、こちらも親しまれていた赤川克紀投手が揃ってヤクルトを戦力外に。

また、2015シーズン制覇の立役者であるバーネット投手とロマン投手が自由契約となったのも、ヤクルトとしては非常に痛手です。

とくに、バーネット投手はポスティングで、ヤクルトに恩を返そうとしたものの、入札が入らず自由契約となり、その後、レンジャーズと契約することになってしまったため、ヤクルトとしては何も得することがありませんでした。

2016シーズンのヤクルトは、中継ぎ・抑えが非常に手薄になりそうで、投手戦では苦戦が強いられそうですね。

 

ヤクルト2016シーズンの新加入選手を紹介!

ヤクルト ルーキー

続いては、ヤクルトに2016シーズンから加入する選手の紹介です。

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーから。

ヤクルトのドラフト加入選手

原 樹理

廣岡 大志

高橋 奎二

日隈 ジュリアス

山崎 晃大朗

渡邉 大樹

となっています。

正直、アマチュア野球もよく見ていないと、

「誰?」

となるような選手が多く、手薄な外野手の補強もできなかったのは、今後のヤクルトの不安材料です。

1位指名をし、くじの末、あたりとハズレを間違えるというハプニングもあったヤクルト。

この中から、何人がヤクルトの将来のレギュラーになるのか、注目ですね。

続いては、ヤクルトに移籍で新加入した選手をご紹介します。

まずは、坂口智隆選手です。

ヤクルトの坂口

坂口智隆選手は、オリックスを退団し、ヤクルトに入団しました。

オリックスでは、2008年から徐々に頭角を現し、2011年にはフルイニング出場、さらにはリーグ最多安打のタイトルも獲得しています。

守備でも、無失策でシーズンを終えるなど、チームを支える大車輪の活躍をしていたのですが…

2012年に、故障したことをきっかけに、3年間大不振が続き、ついに契約交渉でオリックスと折り合わず、退団となってしまいます。

新天地となったヤクルトでは、以前のような活躍ができるのでしょうか?

高山俊選手をドラフトで指名できなかった以上、坂口智隆選手が、2016シーズンの、ヤクルトのリードオフマンとして活躍するかに、注目ですね。

そして、もう1人の新加入選手が鵜久森淳志選手です。

鵜久森淳志

鵜久森淳志選手は、高校通算47本塁打という記録を引っさげ、2004年のドラフトで日本ハムに入団。

しかし、1軍では全く活躍できず、万年2軍の帝王状態でした。

ファンからは、毎年ラストチャンスと言われつつも、何故か戦力外を免れていることから、

「残留力だけは高い」

とネタにされていましたが、ついに2015年のシーズンオフに、戦力外通告をされてしまいました。

環境が変わることで才能が開花するといいのですが…

筆者的には、よくて代打要員くらいだと思うので、あまり期待しすぎないほうが、いいかもしれません。


 

以上が、ヤクルトの2016シーズンの新加入選手です。

一番の注目選手は、実績的にも坂口智隆選手だと思うので、ヤクルトでの坂口智隆選手の活躍に期待しましょう!

 

ヤクルト2016シーズンの新助っ人外国人を紹介

ヤクルト 助っ人

最後に、2016シーズンからヤクルトに加入する、新助っ人外国人の紹介です。

2016シーズンから加入する助っ人外国人は3人!

早速、ご紹介していきます。

2016年のヤクルト新外国人1 カイル・デービス

カイル・デービス

ヤクルトの不安材料の1つである先発投手の穴を埋めるべく、獲得したのがカイル・デービス(またはカイル・デイビーズ)投手です。

デービス投手は、メジャー通算43勝右腕で、かつてはメジャーリーグの舞台で、数多く登板し、エース候補とさえ言われていた逸材でした。

しかし、怪我によって肩を手術してしまい、その後は思うような活躍ができないままヤンキースを退団、2016年にヤクルトへやってきました。

かつては本格派の投手として活躍していたそうですが、肩を怪我してからは、スライダーやカーブ、ツーシームやチェンジアップを駆使し、打たせて取るピッチングに変更したようです。

筆者的に、ヤクルトの先発ローテーションとして、活躍を期待できるかと言うと、正直なところ、判断に苦しみます。

メジャー通算43勝というのも、怪我をする前の、いわば過去の栄光。

怪我から復帰してからは、全く通用していません。

ただし、それでも3Aではエース級の活躍をしているため、日本で全く期待できないということではないでしょう。

日本プロ野球は、野手のレベルは、3Aにさえ劣ると考えられているので、もしかすると、日本の打者を手玉に取るように抑え、大活躍する可能性は秘めているのです。

まだまだ蓋を開けてみなければわかりませんが、デービス投手については、ある程度の期待はしていいと思いますよ。

2016年のヤクルト新外国人2 ジョシュ・ルーキ

バーネット投手の後釜として獲得したと思われるのが、ジョシュ・ルーキ(ルーキーと表記することもある)投手です。

ルーキ投手の最大の特徴は、その長身にあります。

身長はなんと、196センチ

その長身から最速157キロのストレートを投げ、奪三振率の高いスプリット、さらにはコントロールも比較的安定しているため、抑えにうってつけの逸材と言えるでしょう。

2015年は、メキシカンリーグで防御率2.43という好成績を残しています。

メキシカンリーグは、打高なことで有名なリーグですから、その中で防御率を2点台に抑えているのは、素晴らしいとさえ言えます。

おそらく、2016シーズンのヤクルトの抑えは、このルーキ投手、またはオンドルセク投手で決定でしょう。

ただ、どちらも長身を活かしたストレートとスプリットが武器なので、似たようなタイプの投手が続くこととなり、打者の目が慣れやすいのは、少しネックかもしれません。

しかし、だからと言って、そう簡単に打ち崩せるとは思えないので、他チームにとっては脅威となる存在なのは、間違いないでしょう。

2016年のヤクルト新外国人3 ルイス・ペレス

ルイス・ペレス

おそらく、ヤクルトにとって貴重な先発左腕としての起用を考えているのが、ルイス・ペレス投手です。

ペレス投手は、2015年に行われた『プレミア12』のドミニカ代表としても活躍していました。

最大の武器は、ピッチングの7割を占める最速149キロのフォーシームとツーシーム(シンカーに分類されることも)、いわゆるストレートです。

ネックとなるのは、コントロールの悪さと、2度に渡る左肘の手術でしょうか。

2014年は登板なし、2015年は3Aでも9試合しか登板していないため、直近のデータが『プレミア12』の韓国打線を6回無失点に抑えたくらいしか残っておらず、はたしてヤクルトで活躍できるかの判断は、非常に難しいところです。

ただ、コントロールが改善されれば、先発ローテーションの一角を担い、2桁勝利も夢ではないかと思われます。

今でこそコントロールが非常に安定している広島のジョンソン投手も、アメリカではかなりの制球難だったという話ですから、人間どう転ぶかわかりません。

ペレス投手の覚醒に期待したいですね。


 

以上が、ヤクルトの2016シーズンから加入する新助っ人外国人3人となります。

3人とも、活躍の可能性がかなり高い選手なため、他チームとしては、警戒せずにはいられない存在になるのではないでしょうか。

バレンティン選手、オンドルセク投手は1軍内定でしょうから、おそらくは、ルーキ投手が1軍内定、残りの1枠をデービス、ペレス両投手が争うという構図になりそうですね。

 

まとめ

ヤクルトの2016シーズンの新加入選手などをご紹介しました。

新加入選手の中でも見どころになりそうなのは、ルーキ投手でしょうか。

オンドルセク投手同様、長身から放たれる150キロ超えのストレートは迫力満点で、おそらくは三振の山を築いてくれることでしょう。

バーネット投手、ロマン投手の退団が、ヤクルトの不安材料ではありましたが、中継ぎ・抑えについては問題なさそうですね。

センターラインも、坂口智隆選手の加入で、ひとまずは安心でしょう。

残された課題は先発投手ですが…

成瀬善久投手や、新垣渚投手などの移籍組投手が、本来の力を発揮することを願いながら、ヤクルトのセ・リーグ連覇を期待しましょう!

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球