星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

更新日

パ・リーグ、そして日本一3連覇を狙う、福岡ソフトバンクホークス。(以下ソフトバンク)

普通に考えれば、戦力的にもパ・リーグ優勝、そして日本一3連覇はもう決まったようなものですし、プロ野球ファンの筆者からすると、ソフトバンクの存在は、プロ野球をつまらなくしているとさえ感じてしまいます。

最近は、お金にものを言わせるような、かつての巨人化が進んできているように思えますし、ソフトバンクの行く末が少し心配です。

しかし、戦力的に充実しているからか、ソフトバンクの2016シーズンは、あまり大きな補強は少なかったように思います。

当記事では、補強は少なかったものの、2016シーズンのソフトバンクの新加入選手などについて、まとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

ソフトバンクの2016シーズンのユニフォームを紹介!

ソフトバンク スローガン2016

パ・リーグを、そして日本一の3連覇へ向け、2016シーズンのキャンプが始動したソフトバンク。

そんなソフトバンクですが、どうやら、2016シーズンから、ユニフォームが、内部だけ変わるようです。

ソフトバンクは、2016シーズンから、メジャーリーグ30球団に、ユニフォームを独占供給しているマジェスティック・アスレチック社と契約。

野球の本場の技術で、ユニフォームの中身だけを変えるようです。

ソフトバンク ユニフォーム2016

そのため、ユニフォームの外見自体は変わらないとのこと。

これには、なにやら噂があるようで、ソフトバンクの孫正義オーナーが、ユニフォームをころころ変えるようなチームは弱いと考えているためらしいのです。

強いチームは、ユニフォームにも誇りを持ち、そうすぐにデザインを変更しない、ということなのでしょうね。

なんとなく、その考えはわかる気がします。

これと同じように、ソフトバンクの2016シーズンのスローガンも、2015シーズンとあまり変わらないものに変更となったようです。

そのスローガンというのが、

『熱男2016』

2015シーズンの『熱男』に、2016が追加されただけですね。

ソフトバンクの工藤監督曰く、

「2015年の熱男を超えられるのは、2016年の熱男だから」

とのことです。

2016シーズンも、熱男たちの戦いぶりに、注目です!

 

ソフトバンクの移籍・退団・引退選手を紹介

指をさす女性

続いては、ソフトバンクを2015シーズン限りで去った選手達の紹介です。

ソフトバンクを引退した選手

帆足和幸

ソフトバンクから移籍した選手

大場翔太 →中日へ金銭トレード

李大浩 →マリナーズとマイナー契約

ソフトバンクを戦力外になった選手

細山田武史

金無英→楽天に入団

李杜軒

日高亮

川原弘之

伊藤祐介

中村恵吾

北方悠誠

大滝勇佑

勧野甲輝

宮崎駿

ソフトバンクを退団した選手

松中信彦

白根尚貴 →横浜へ入団

ブライアン・ウルフ

ジェイソン・スタンリッジ →ロッテへ入団

となっています。

この一覧を見る限りでは、かなり多くの選手がソフトバンクを去っていますね。

ちなみに、川原弘之投手、伊藤祐介投手、李杜軒選手は、育成選手として再契約されています。

また、未だに来シーズンの去就がはっきりしない、最後の三冠王・松中信彦選手がどうなるかも気になりますよね。

おそらくは、このままオファーがなく、現役引退ということになりそうですが…。

そして、メジャーリーグ挑戦の意思を見せていた李大浩選手も、ついにマリナーズとマイナー契約を結ぶことが決定し、ソフトバンク退団が確定。

まぁ、李大浩選手がいなくても、十分にソフトバンク打線は機能するので、何ら問題はなさそうですね。

 

ソフトバンクの2016シーズン新加入選手を紹介

ソフトバンク ルーキー

続いては、ソフトバンクの2016シーズンから加入する選手をご紹介します。

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーから。

ソフトバンクのドラフト指名選手

髙橋 純平

小澤 怜史

谷川原 健太

茶谷 健太

黒瀬 健太

川瀬 晃

ソフトバンクの育成ドラフト指名選手

野沢 佑斗

児玉 龍也

樋越 優一

中村 晨

渡辺 健史

以上が、ドラフト会議で指名したルーキーたちです。

なんと言っても、ソフトバンクのドラフト指名は、この一言に尽きます。

ずばり、

「健太」

です。

ご覧の通りですが、異例の健太という名前の選手を3連続指名です。

今宮健太選手も含めると、健太という名前の選手がソフトバンクに4人在籍するということになります。

健太これくしょん…健これとでも言うべきでしょうか。

また、上位2人は高校生の中でもトップレベルの右腕であり、将来性があり、ネタだけでなく期待も持てますね。

筆者としては、ソフトバンクに高橋純平投手を獲られてしまったのは、残念でなりませんが…

まぁ、1年目は即戦力としてではなく、将来性を見込んで、育成に専念する余裕のあるソフトバンクで生活できるというのは、ルーキーにとっては、良い環境なのかもしれません。

続いては、移籍によって新加入した選手のご紹介です。

とはいっても、1人しかおらず、実際には、ソフトバンク復帰ということになります。

その選手というのが、和田毅投手です。

和田毅

かつての左のエースがソフトバンクに帰ってきたことにより、若手の多い1軍投手陣に安心感を与えるという意味でも、和田毅投手の存在は大きなものとなるでしょう。

和田毅投手の過去の成績などは、別記事でご紹介しておりますので、そちらをご覧ください。

ソフトバンクの新助っ人外国人を紹介!

男性2

李大浩選手やスタンリッジ投手、ウルフ投手が退団したソフトバンク。

しかし、2015シーズンに秘められた実力が、一時期ではあったものの開花したバリオス投手や、先発として無敗でシーズンを終えるという驚異的な実力を見せたバンデンハーク投手、さらには抑えのサファテ投手という盤石の布陣です。

打者でも、カニザレス選手などがいるため、3人の外国人選手がソフトバンクを退団したとはいえ、決して4人までの外国人枠に空きができたとは言いがたいところですね。

そんな中、ソフトバンクは、2016シーズンから、新たに1人の外国人選手を獲得しました。

それが、ロベルト・スアレス投手です。

ロベルト・スアレス

なんと、メジャーリーグと、マネーゲームをしてまで手に入れた逸材だというのです。

スアレス投手はベネズエラ出身の24歳

2015年にメキシカンリーグでプロデビューを果たすまでは、草野球をしていたとのこと。

かなりの打高リーグであるメキシカンリーグで、1年目から43試合5勝0敗23セーブ、防御率1.71という驚異的な成績を残したので、素質は十分といえるでしょう。

特徴は、188センチの長身から投じられる最速158キロのストレート。

チェンジアップやスプリットのコントロールもまずまずで、日本でさらに大化けする可能性を秘めています。

先ほども述べたバリオス投手を育成したという実績もあることから、外国人育成にも不安はないソフトバンク。

将来のセットアッパー、抑え候補として、凄まじい豪腕投手が、ソフトバンクに加入したと言えそうですね。

おそらく、ソフトバンクの2016シーズンの外国人枠は、バリオス投手、バンデンハーク投手、サファテ投手が内定、残り1枠をスアレス投手とカニザレス選手で争う、という構図になるでしょう。

ソフトバンクは、外国人のレギュラー争いにも注目が集まります!

 

まとめ

ソフトバンクの移籍・退団選手や新加入・助っ人外国人選手をご紹介しました。

注目は、ルーキーの高橋純平投手、そして5年ぶりのソフトバンク復帰となる和田毅投手でしょうね。

ソフトバンクは、毎年要所要所をしっかりと補強しているイメージがあるので、まぁ、おそらく2016シーズンも日本一になることは手堅いでしょうね。

逆に、ソフトバンクが苦戦するということになれば、ペナントレースもかなり面白くなりそうですが…。

はたして圧倒的な強さで、ソフトバンクが3連覇を果たすのか?

それとも、他のチームとの接戦を繰り広げるのか?

2016シーズンのソフトバンクにも、注目です!

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球