星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

ソフトバンク2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手を紹介

更新日:

2016年のペナントレース。

その前半戦を独走していたソフトバンク。

しかし、終わってみれば、打線は夏ごろに中軸が不振に陥り、中継ぎは疲労困憊により調子を落とし、徐々に失速。

破竹の勢いで連勝を重ねる日本ハムに、ついには追い抜かれ、奇跡の逆転優勝を許してしまいました。

工藤監督の采配。

そして、李大浩選手の穴が埋まらないまま終わったソフトバンクの2016年シーズンだったと言えそうです。

2017年は、その割に目立った補強もなく、

「さすがに金満補強はやめたのかな?」

と思っていたのですが、最後の最後に大物がやってきました。

当記事では、2017年からソフトバンクに加わる、移籍による補強、そしてドラフトルーキー、新外国人選手について紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ソフトバンクの退団・引退選手を紹介

まずは、2016年限りでソフトバンクを去った選手を紹介します。

ソフトバンクを戦力外となった選手

  • 細川亨 → 楽天へ入団
  • 坂田将人 → 育成で再契約
  • 柳瀬明宏 → 阪神へ入団
  • 巽真悟
  • 猪本健太郎 → ロッテへ入団
  • 金子圭輔
  • 李杜軒
  • 河野大樹
  • 金子将太

ソフトバンクを退団した選手

  • エディソン・バリオス
  • バーバロ・カニザレス

ソフトバンクから移籍した選手

  • 森福允彦 → FAで巨人へ移籍

以上となります。

目立つ痛手としては、やはりFAで森福投手が巨人へ移籍してしまったことでしょう。

2016年のソフトバンクの中継ぎ陣では、唯一、終始安定した成績を残していましたからね。

この森福投手の穴をどうカバーできるかが課題となる2017年のソフトバンク。

森福投手の移籍によって、2年連続で、後半戦に響いてくるかと思います。

その他では、細川選手を戦力外にしましたが、スタメンを任せられる捕手が、ベテランの鶴岡選手のみというのは不安です。

どのチームも課題として残っている問題、ソフトバンクも正捕手の世代交代が急務と言えるでしょう。

 

ソフトバンクの2017年の新加入選手を紹介!

続いては、2017年からソフトバンクでプレーする新加入選手を紹介していきます。

ソフトバンクの補強ポイントとなるのは、

長距離砲、正捕手候補、完投型の先発、そして中継ぎ

です。

ソフトバンクはどんな補強を行ったのか?

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーからご紹介します。

ソフトバンクのドラフト指名選手

  • 田中正義
  • 古谷優人
  • 九鬼隆平
  • 三森大貴

ソフトバンクの育成ドラフト指名選手

  • 大本将吾
  • 長谷川宙輝
  • 田城飛翔
  • 森山孔介
  • 清水陸哉
  • 松本龍憲

以上となります。

支配下ドラフトはたったの4人です。

それでも見事に2017年のソフトバンクに必要な補強ポイントを確保したように思います。

ドラフト1位の

『ジャスティス』こと、田中正義投手

は、説明不要の大学生No.1投手。

楽に150キロ超えを計測し、最速156キロとなるストレートは圧巻の一言。

そして、タフで先発完投型なところは、将来、ソフトバンクどころか、日本球界のエースとなる素質を持っています。

2016年の高橋純平投手といい、どうしてソフトバンクのドラフトは、素晴らしい先発投手の当たりくじを引き当てられるのか…。

他球団からすれば羨ましい限りでしょう。

2位の古谷投手も、最速154キロのストレートが魅力の、大化けする可能性を秘めている高卒右腕。

ちなみに、ロッテの古谷投手とは親戚のようです。

 

続いては、ソフトバンクに2017年から移籍加入する選手を紹介します。

たった1人、しかもまだ正式決定ではないのですが、正式に契約することがほぼ決定的なので、取り上げることにします。

その選手が、アルフレド・デスパイネ選手です。

30歳を迎えたキューバの大砲・デスパイネ選手は、2016年は、

.280、本塁打24本、92打点

という活躍をしました。

まさしくソフトバンクが補強ポイントとして狙っていた、大砲候補です。

デスパイネ選手の存在が、2017年のソフトバンクを大きく飛躍させるのは、ほぼ間違いないでしょうね!

 

ソフトバンク2017!新外国人カイル・ジェンセンの評価は?

最後に、ソフトバンクが補強のために獲得した新外国人、カイル・ジェンセン選手について調べてみました。

カイル・ジェンセン選手は28歳。

珍しい左投げ右打ちの選手です。

2016年にメジャーリーグに昇格しましたが、思うような結果が残せず、わずか17試合の出場に留まりました。

ただ、2016年は、

3Aで30本塁打を記録

していますし、本塁打率自体は、メジャーリーグでも3Aとほぼ同じ水準だったため、パワー的には問題はなさそう。

タイプとしては、いわゆる長距離砲で、大砲候補と言えます。

欠点は、打率が全く残せないという点でしょうか。

ジェンセン選手が所属していたのは、乾燥しているがゆえに打高リーグとなっている、パシフィック・コーストリーグ(PCL)です。

その打高リーグで本塁打30本ですし、非常に目立つのが、

三振の多さ

です。

同じくPCLからの助っ人と言えば、移籍前年に26本塁打を打つ大砲としてやってきた、

横浜のジェイミー・ロマック選手

が、見るも無残な三振製造機になっていましたよね。

実は、移籍前年の成績では、

ジェンセン選手は、あのロマック選手より三振率が高かった

のです。

(ちなみに、ロマック選手とジェンセン選手は所属チームが同じでした)

典型的な、いわゆる『ブンブン丸』のため、筆者としては、正直なところ、

ジェンセン選手は全く役に立たないだろう

と感じました。

カニザレス選手のような、ネタ枠として笑いを届けてくれるとは思いますが…。(笑

それだけに、デスパイネ選手と無事正式契約の見込みが立ったことは、ソフトバンクにとって本当に幸いだったとしか言いようがありません。

打者タイプ、そして2016年の3Aの成績だけを考えるなら、ジェンセン選手は、

第2のロマック

このくらいの意識にしておかないと、

「早く解雇しろ!」

と、叫ぶことになりかねません。

ソフトバンクファンの方には、ジェンセン選手は、当たればラッキー程度の選手だと考えることをおすすめします。

一応、新外国人選手のジェンセン選手は、ソフトバンクの補強ポイントである大砲という点ではマッチしています。

しかし、過去在籍していた、ペーニャ選手、李大浩選手らと比較すると、非常に見劣りするため、まだ若手を出場させた方がマシでしょうね…。

 

まとめ

2017年のソフトバンクの移籍補強やドラフト加入ルーキー、新外国人選手について紹介しました。

やはり新戦力で注目なのは、ドラフト1位ルーキーの田中正義投手と、ロッテから移籍したデスパイネ選手でしょうね。

とくにデスパイネ選手の活躍が、2017年のソフトバンクを大きく左右すると言っても、過言ではありません。

王座奪還へ。

2017年のソフトバンクには、新戦力に期待しましょう!

ただ、1つだけいうならば、森福投手の抜けた穴が心配ですね…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.