星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

横浜DeNA2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック

更新日

2016年のペナントレースを3位で終え、念願のクライマックスシリーズに出場した横浜DeNA。

しかし、『DeNA体制』になってから初のリーグ優勝を果たすためには、さらなる戦力の充実が不可欠です。

山口俊投手がFAで移籍してしまったこともあり、その穴を埋める選手の存在も必要になりますよね。

そこで、2017年の横浜DeNAの成績を占う、新戦力についてまとめてみました。

ドラフト指名のルーキーから、移籍選手や新外国人選手など、補強ポイントをチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

横浜DeNAの退団・引退選手を紹介

まずは、2016年限りで横浜DeNAを去った選手を確認します。

横浜を現役引退した選手

  • 三浦大輔

横浜を戦力外となった選手

  • 久保裕也
  • 長田秀一郎
  • 安部建輝
  • 山下峻
  • 万谷康平
  • 内村賢介
  • 柳田殖生
  • 井手正太郎
  • 渡辺雄貴

横浜を退団した選手

  • ギジェルモ・モスコーソ
  • ザック・ペトリック
  • ヨスラン・エレラ
  • ジェイミー・ロマック
  • マイク・ブロードウェイ
  • マイク・ザガースキー

横浜から移籍した選手

  • 山口俊 → FAで巨人へ移籍

以上となります。

チーム唯一の2桁勝利を挙げた山口投手がFAで、同じセ・リーグの巨人へ移籍してしまったことは、横浜DeNAにとって確実に痛手です。

というよりも、現状の横浜DeNAには、山口投手の代わりとなる存在が見当たりません。

これにより11個の白星が計算できなくなってしまいました。

2017年は大混戦が予想されるセ・リーグで、これは非常に大きな痛手要素ですよね。

さらに、投手たちの兄貴分として、大きな支えとなっていた番長・三浦大輔投手も引退しました。

このように、2016年の横浜DeNAと比べると、2017年は、勝ち頭を失ったことがどう響くか?

これがペナントレースの行方を占う、一番の要素だと伺えます。

 

2017年の横浜の新加入選手を紹介!

続いては、2017年から横浜DeNAでプレーする補強された新加入選手です。

まずは、ドラフト指名したルーキーから。

横浜DeNAのドラフト指名選手

  • 濱口遥大
  • 水野滉也
  • 松尾大河
  • 京山将弥
  • 細川成也
  • 尾仲祐哉
  • 狩野行寿
  • 進藤拓也
  • 佐野恵太

横浜DeNAの育成ドラフト指名選手

  • 笠井崇正

こう見ると、ドラフト5位の細川選手以外は投手か内野手になっており、極端な補強をしているように思えます。

確かに、現在の横浜DeNAに足りていないのは、固定しきれない内野のレギュラーと、先発・中継ぎ投手なので、補強ポイントとは合致した指名ですね。

しかし、内野手はどちらかというと、育成して才能を開花させる方針が出ているのか、素材型の選手が多いです。

投手は、ドラフト1位の濱口投手、水野投手ともに大卒ですが、即戦力かと言われると、やや微妙。

育成をしながら、かつ2年連続Aクラス、そして優勝を目指す2017年になるので、横浜DeNAとしては、ギリギリの戦いを強いられそうな予感がします。

 

続いては、移籍によって加入した補強選手を紹介します。

まずは、本当の補強という意味で獲得した田中浩康選手からです。

田中浩康選手と言えば、いやらしい打撃が魅力な、かつてのヤクルトの主力選手。

とてつもない怪物・山田哲人選手が台頭してきたことにより、スタメンを追いやられてしまいましたが、他チームであれば、まだスタメンのチャンスはある選手でした。

セカンドが石川選手のみだったことは、やや不安があったので、横浜DeNAにとっては、田中浩康選手の獲得は、素晴らしい補強と言えます!

右打ちの田中浩康選手、左打ちの石川選手で使い分けもできますし、内野の選手層は厚みを増しましたね。

2人目の移籍加入選手は、平良拳太郎投手です。

山口投手のFA移籍による、人的補償で横浜DeNAが獲得しました。

平良投手はプロ4年目を迎える21歳。

1軍での登板は、2016年に1試合登板したのみですが、素質は十分に備わっています。

最大の特徴は、手足の長さ。

長い腕がしなやかに曲がり、トルネード気味に球が投げ込まれるので、打者を翻弄することができ、打者としては、球速以上に球が速く感じられるでしょう。

侍ジャパンのU21選抜になったこともありますし、日本プロ野球界が注目している逸材であることは間違いなし。

新天地で、ぜひ先発不足の横浜DeNAを支える存在となってほしいですね!

まぁ、同じセ・リーグの別チームのファンである筆者としては、できれば眠ったままでいてほしいのですが…。

 

2017年の横浜DeNAの新外国人選手を紹介!

最後に、2017年から横浜DeNAでプレーする、新外国人選手を紹介します。

横浜DeNAの補強ポイントと合致する外国人選手なのか?

気になる4人の外国人選手を1人ずつ、見ていきましょう。

2017年の横浜DeNAの新外国人選手1 ジョー・ウィーランド

横浜が先発補強として獲得したのが、ジョー・ウィーランド投手です。

ウィーランド投手は27歳の右腕で、メジャーリーグには4年で12試合に登板(うち10試合が先発)しました。

メジャーリーグでの通算成績は、防御率6.32、WHIPが1.52なので、正直なところ、

全く通用しなかった

と評価していいでしょう。

ストレートは最速153キロ、平均球速も140キロ台後半と悪い数字ではありません。

ただ、日本の柔らかいマウンドでは、もう少し球速が落ちるので、日本でも平均的な投手になってしまうかと思われます。

変化球では、カーブが魅力で、縦に割れるような変化を見せます。

基本的にはこのストレートとカーブが主体、時折チェンジアップが混ざるというのが、ウィーランド投手の投球スタイル。

また、ウィーランド投手は、コントロールも悪くはなく、平均的にまとまった投手であると言えますね。

ただし、メジャーリーグで通用しなかったということを考えると、

球種が少なく、投手として平均的すぎた

のだと思います。

そのため、日本プロ野球、しかも先発として使っていくことになると、

チェンジアップを磨くか、もう1球種覚える

が、ウィーランド投手の成功のカギとなりそうだと思いますね。

横浜DeNAの補強ポイントである先発としては合致していますが、正直なところ、もっといい選手を連れてくることはできたはずだ…

そう思わされてしまいますね。

2017年の横浜DeNAの新外国人選手2 スペンサー・パットン

横浜DeNAの補強ポイントである、中継ぎ候補として獲得したのが、このスペンサー・パットン投手。

スペンサー・パットン投手は、2016年は、ワールドシリーズ制覇を果たしたシカゴ・カブスに在籍していました。

パットン投手の成績を調べてみると、メジャーリーグでの通算成績は、

防御率6.26、WHIP1.43

という数字です。

しかし、2014年を除いた2015年~2016年だけだと、WHIPは1.50を超えてしまい、決していい投手とは言えません。

基本的に、

ランナーを抱えやすい投手

と考えた方がいいでしょうね。

つまり、中継ぎとしても、せいぜい敗戦処理にしか使えないレベル…。

これが、メジャーリーグでのパットン投手でした。

では、日本プロ野球では活躍できるのか?

あまり期待しない方がいいかとは思いますが、活躍の可能性はゼロではないと思います。

ストレートは最速154キロ、平均球速は149キロ

で安定しており、これなら日本においては高水準。

しかも、パットン投手のストレートは沈む癖があるようで、このストレートは、メジャーリーグの中でも、平均より高い空振り率を記録しているのです。

変化球のスライダーとチェンジアップは、どちらも横に小さく動く球のようで、この変化球でゴロを量産しています。

ただメジャーリーグでは通用しなかったパットン投手。

日本では球速が速い部類になるので、コーナーを意識しすぎずに、ストライクゾーンに積極的に投げ込むことができれば、

勝利の方程式を任せられる

可能性も、十分にありえるでしょう。

問題は、コントロール難だということ。

メジャーリーグよりもストライクゾーンが狭いと言われる日本プロ野球に、どれだけ順応できるのでしょうか?

2017年の横浜DeNAの新外国人選手3 フィル・クライン

3人目の、フィル・クライン投手も、ピッチャーです。

横浜DeNAの新外国人は、大半が投手ですね。

それだけ、横浜DeNAは投手不足だという認識がフロントにもあるようで、積極的な補強を行っていることが伺えます。

フィル・クライン投手は、

2メートルの長身から投げられる最速153キロのストレートを武器に、スライダーとチェンジアップで緩急をつける

そんなタイプの投手。

基本的には中継ぎでしたが、3Aでは2015年と2016年の登板数の半分が先発です。

そのため、

先発・中継ぎどちらもこなせる投手

ではないかと思われます。

成績は、典型的な、

3Aでは通用するも、メジャーリーグではイマイチ

という投手ですね。

一応、2014年にはメジャーリーグで17試合に登板し、WHIP1.11とそれなりの活躍を魅せます。

しかし、2015年には1.90、2016年も1.66となり、ほぼ通用していないと見ていいでしょう。

その一方で、3Aでは毎年安定した成績を残し、

通算48試合(うち先発20)で防御率2.14、WHIP1.03

という高い数字を残しています。

そのため、

3Aとメジャーリーグの中間、または3Aレベルと見られている日本プロ野球では、それなりに通用するのではないか?

と、筆者は考えます。

クライン投手の投球動画がありましたので、こちらを参考にしてみてください。

これだけを見れば、非常に期待できる投手と言えそうですが、基本的に、この動画の投球が、一番調子のいい時だと考えましょう。

常にこの力を出せるわけではないので、油断は禁物です。

横浜DeNAの新外国人選手4 アウディ・シリアコ

横浜DeNAが2017年に獲得した新外国人選手で、唯一の野手となるのが、アウディ・シリアコ選手。

シリアコ選手は、2005年から2015年までマイナーリーグでプレーした後、2016年にBCリーグの石川ミリオンスターズでプレーしていました。

独立リーグについてはよくわからないのですが、一応、

打率.332、15本塁打、53打点

という圧倒的な数字を見せているため、独立リーグレベルは軽く凌駕していることが伺えます。

しかし、3Aでは自慢のパワーもイマイチなのか、通算34本で本塁打率は31.7だったため、長距離砲というには微妙。

打率も、

.255が最高

という、全く話にならない数字です。

また、典型的なフリースインガーで、四球が全く選べないのも残念な点ですし、下手をすれば、

ロマック以下の、ネタにもならないダメ外国人

となりかねません。

守備も上手いとは言えず、走塁も消極的なので、

平均以上のパワーを持つが、それ以外は2軍レベル

という外れ助っ人というのが、今のところのシリアコ選手の評価だと思います。

サード候補はおとなしく、山下選手や白崎選手での競争、外国人であればエリアン選手を使った方がマシです。

長距離砲はロペス選手、筒香選手で間に合っていますし…。

なぜ、横浜DeNAはシリアコ選手を獲得しようと思ったのでしょう?

正直なところ、補強にもならないと思うのですが…。

 

まとめ

2017年から横浜DeNAでプレーするドラフト指名ルーキー、移籍加入選手、新外国人選手を紹介しました。

ルーキーも、基本的には育成中心の素材型が多く、今永投手のような即戦力スーパールーキーはいません。

となると、注目するべき選手は、セカンドを石川選手と争う田中浩康選手、そして新助っ人外国人選手になってきますね。

シリアコ選手は正直、活躍するビジョンが見えないのでおいておくとして、クライン投手は活躍が期待できそうです。

外国人枠は、おそらくエリアン選手、ロペス選手は確定だと思うので、残りは2枠ですね。

おそらくクライン投手は確定、残り1枠をウィーランド投手、パットン投手で争うのだと思います。

2017年の横浜DeNAは、新外国人選手の活躍が不可欠なので、ぜひ、新外国人選手には、いい意味で存在感をアピールしてほしいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球