星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

更新日

2015シーズンは、前半戦を首位で折り返したものの、終わってみれば最下位という、プロ野球初の珍記録を打ち立ててしまった横浜DeNAベイスターズ(以下、横浜DeNA)。

横浜DeNAの2016シーズンは、チームOBでもあり、唯一の外国人選手で名球界入りを果たしたアレックス・ラミレス新監督の下、悲願のセ・リーグ制覇を再び狙います。

2016シーズンを迎えるにあたって、戦力外となってしまった選手も多く、大改革を目指す姿勢が伺える横浜DeNA。

当記事では、2016シーズンの横浜DeNAの新加入の補強選手について、まとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

横浜DeNAの2016シーズンのスローガンが発表!

横浜 2016スローガン

中畑監督が退任した後、後任の監督は誰になるのか?ということで、プロ野球ファンの間で何かと話題になっていた横浜DeNA。

2016シーズンから横浜DeNAを率いる新監督は、日本球界に最も慣れ親しんだ外国人といっても良い、アレックス・ラミレスさんに決定しました。

先日、そんなラミレス監督自身が考えた、横浜DeNAの2016シーズンのスローガンが発表されたのです。

発表された横浜DeNAのスローガンは、

『WE PLAY TO WIN』

に決定しました。

勝利にこだわって、1戦1戦を戦い抜くという、ラミレス監督の想いから生まれたこの横浜DeNAのスローガン。

ラミレス監督は、

「良い試合をすることで満足するのではなく、しっかり戦い、そして最後には勝たなくてはいけません。勝つこと以外で、もう私たちは満足できないのです」

「2016年のシーズンスローガンには、横浜DeNAの皆さんが長年待ち望んでいる、“勝利”を届けるという強い意志を込め、『WE PLAY TO WIN』という言葉を選びました」

と、横浜DeNAの勝利に、そしてリーグ制覇にかける意気込みを語っていました。

「今年は違う、今年は違う」

と毎年のように言われ続けながら、終わってみれば定位置だった…

そんな印象のある横浜DeNAですが、2016シーズンこそは、Aクラス入りをすることができるのか?

横浜DeNAは、ラミレス監督率いる新生ベイスターズとして、まさしく生まれ変わろうとしています!

 

横浜DeNAの退団・移籍選手を紹介

ベイスターズ

それでは、まずは2015シーズン限りで、横浜DeNAを去った選手たちから紹介します。

冒頭でもお話しましたが、横浜DeNAは、大改革を目指しているだけあり、かなり多くの選手が去りました。

横浜を戦力外となった選手

岡島秀樹

多村仁志 →中日で育成契約

東野峻

土屋健二

大田阿斗里 →オリックスと育成契約

加賀美希昇

加藤政義

赤堀大智

つる岡賢二郎

今井金太

横浜を引退した選手

高橋尚成

横浜を自由契約・退団した選手

デュアン・ビロウ

アーロム・バルディリス

ルルデス・グリエル

となっています。

長年の功労者であった多村仁志選手が、横浜DeNAをあっさりと戦力外となったのは意外でした。

中日に移籍し、新天地でも活躍してくれれば…と思っていたのですが、やはりと言うべきか、もはや伝統芸と言うべきか、早速故障してしまったようです。

その他では、バルディリス選手が横浜DeNAを退団。

彼は、何かと便利屋なところはありましたが、夏場になるとバテてしまい、急に調子を落とすあたりが、横浜DeNAとしてネックだったのだと思われます。

そして、お騒がせ外国人として話題になったグリエル選手の弟、ルルデス・グリエル選手と、大事な時期に1回1/3を5失点という痛烈なデビューを果たしてしまったビロウ投手も、横浜DeNA退団となりました。

横浜DeNAは、ベテランも今回かなりの人数が引退しており、投手最年長は、説明不要のハマの番長こと三浦大輔投手がいますが、野手最年長はなんと、後藤武敏選手(35歳)という事態に。

優勝争いをしていた2015シーズン前半も、ベテランの不在で、ズルズルと順位を落としていってしまっただけに、横浜DeNAの選手たちのリーダー的存在が誰になるのか?ということが、2016シーズンの横浜を占う上で、大切な要素になりそうですね。

 

横浜DeNAの2016シーズンの新加入の補強選手を紹介!

横浜 ルーキー

続いては、2016シーズンから横浜DeNAに加入する補強選手たちのご紹介です。

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーから。

横浜のドラフト指名選手

今永昇太

熊原健人

柴田竜拓

戸柱恭孝

綾部翔

青柳昴樹

野川拓斗

横浜の育成ドラフト指名選手

網 圭将

山本武白志

田村丈

となっています。

横浜DeNAにとっては、かなり充実したドラフト会議になったのではないでしょうか?

1位の今永昇太投手、2位の熊原健人投手と、1位競合も予想された即戦力投手を2人も獲得できたというのが、何よりの収穫といえるでしょう。

やはり、今永昇太投手は、肩の怪我があったため、実際のところは指名を避ける動きが多かったのかもしれませんね。

しかし、怪我の影響を感じさせない投球をすることができれば、1年目から活躍ということも十分に考えられます。

理想としては、しばらく様子を見ながら1年は身体作りに専念というプランなのでしょうが、横浜DeNAのチーム状況が状況だけに、それは難しいかもしれません。

このあたりは、ラミレス監督の手腕が問われそうですね。

続いては、横浜DeNAへ移籍によって加入した補強選手をご紹介しますね。

まずは、白根尚貴選手です。

白根選手

山陰のジャイアンと呼ばれ、2軍で徐々に頭角を現していたものの、いまひとつ活躍できない状況が続いていた白根尚貴選手。

ソフトバンクは、育成契約として契約する予定だったのですが、白根尚貴選手はそれに納得できず、トライアウトを受けたいと志願。

それにより、ソフトバンクを退団することとなります。

トライアウトでは、3安打の成績を残し、これに目を付けた横浜DeNAが契約することを決め、入団が決定しました。

キャンプでは、早速1軍キャンプへ昇格を果たしていますし、新天地・横浜DeNAでの活躍に期待がかかります。

横浜DeNAもう1人の新加入の補強選手は、久保裕也投手です。

久保投手

久保裕也投手は、先発、中継ぎ、抑えと何でもできる投手として、かつては巨人で活躍。

2011年には、抑えとして大車輪の活躍をしたものの、シーズンオフに、股関節の手術をしたことで、久保裕也投手の野球人生は大きく変わってしまいます。

フォームバランスを崩し、さらには右肘の怪我で、トミー・ジョン手術を受けることになってしまったのです。

2014年には何とか復帰したものの、昨年となる2015シーズンでは1軍登板なし、そして巨人を退団し、2016シーズンからは横浜DeNAのユニフォームを着て、再スタートとなりました。

久保裕也投手の加入は、ベテラン不足のブルペン陣にとっても、精神的な支柱として心強く感じられることでしょう。

巨人時代以上に、久保裕也投手の存在は、横浜DeNAで重要なものになると思うので、ぜひ再び大車輪の活躍をしてほしいと願っています!

 

横浜DeNAの新助っ人外国人を紹介!

パソコンを見る男性

最後は、横浜DeNAに、2016シーズンから加入する、新助っ人外国人選手をご紹介します。

2016シーズンから、横浜DeNAでプレーする新外国人選手は2人です。

早速、どのような外国人選手なのか確認していきましょう。

横浜DeNAの新外国人選手1 ジェイミー・ロマック

ジェイミー・ロマック

横浜DeNAは、退団したバルディリス選手の穴を埋めるサードとして、ジェイミー・ロマック選手を獲得しました。

ロマック選手は、カナダ出身の30歳

2014年に初めてメジャーリーグデビューを果たした、という遅咲きの選手でしたが、残念ながら、メジャーリーグでは全く通用しませんでした。

マイナーでは、毎年のように20本の本塁打を打っていることから、長距離砲と見られがちですが、ロマック選手が所属していたマイナーリーグはパシフィック・コーストリーグです。

打者天国とも言われる球場をホームにするチームばかりに所属していたため、実際は報道で言われているほどのパワーはないかと考えられます。

そして、三振も割と多めです。

また、守備ですが、お世辞にも上手いとは言えないので、2015シーズンの三塁守備でリーグトップの守備率を記録したバルディリス選手を見慣れてしまっていると、かなり不安な守備力ということになるでしょう。

パンチ力に定評があるようですが、30本40本のホームランを量産するような選手ではないので、ロペス選手ほどのパワーはないと考えたほうがよさそうですね。

横浜DeNAの新外国人選手2 ザック・ペトリック

ザック・ペトリック

横浜DeNAが、先発候補の1人として獲得したのが、ザック・ペトリック投手です。

ペトリック投手は、26歳で、2Aで2年、3Aで2年過ごしていたため、メジャーリーグでは、1度も登板していません。

190センチの長身でありながら、投手としてのタイプは、緩急を駆使してゴロを打たせるグラウンド・ボーラーです。

とは言っても、ストレートの平均球速は140キロ台後半ですし、最速では150キロを超えることもありますから、日本球界の先発投手としては十分通用するでしょう。

コントロールも悪くなく、飛びぬけた投球はしませんが、ビロウ投手のような試合をぶち壊すピッチングはないと思われます。

2015シーズン後半のように、2016シーズンでも、モスコーソ投手が調子を落とすようなことがあれば、代わりに昇格するということはありそうですね。


 

以上が、2016シーズンから、横浜DeNAに新加入する新助っ人外国人選手です。

1軍の外国人枠は、ロペス選手、エレラ投手、モスコーソ投手、ロマック選手となるでしょうから、おそらくペトリック投手は開幕2軍でしょう。

しかし、活躍が微妙なロマック選手や、モスコーソ投手が調子を落とした場合に、かわりに1軍へ昇格することもありえますから、活躍する機会は何度かありそうですね。

 

まとめ

2016シーズンの横浜DeNAの補強となる新加入選手や、助っ人外国人選手についてご紹介しました。

2015シーズンの雪辱を晴らすべく、新生横浜DeNAとして、チームを率いることになったラミレス新監督。

ラミレス監督の1年目となる2016シーズンの横浜DeNAは、果たしてどのような戦いを見せてくれるのでしょうか?

例年通り、終わってみれば定位置…

ということにならないことを、期待したいところですね。

まずはお家芸となって、皮肉られてしまっている、『ベイスボール』をいかに封印できるかが、2016シーズンの横浜DeNA飛躍の鍵となりそうですね。

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球