星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

オリックス2017!移籍補強・ドラフト指名・新外国人選手を紹介

更新日

2016年のペナントレースでは、無念の最下位に終わったオリックス。

2017年こそは、成績を巻き返すため、大量のチーム改変を行っているようです。

はたして、その成果は現れるのでしょうか?

Aクラス奪還を目指すには、エース金子投手や、4番T岡田選手の復調なども必要になります。

しかし、それ以上に、2017年からの新戦力が頑張ってくれないと、どうにもなりませんよね。

そこで、当記事では、2017年のオリックスの命運を握る、ドラフト指名ルーキー、移籍、新外国人選手など、補強情報をチェックしていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

オリックスの退団・引退選手を紹介

まずは、2016年限りでオリックスを去った選手をご紹介します。

オリックスを自由契約となった選手

  • トニ・ブランコ
  • マット・クラーク
  • ブライアン・ボグセビック
  • エリック・コーディエ
  • パット・ミッシュ

オリックスを戦力外となった選手

  • 佐藤峻一
  • 斎藤俊雄
  • 田中大輔
  • 堤裕貴
  • 白仁田寛和
  • 大田阿斗里
  • 坂寄晴一
  • 角屋龍太
  • 森本将太
  • 原拓也
  • 中村一生

オリックスを現役引退した選手

  • 小松聖

オリックスから移籍した選手

  • 糸井嘉男 → FAで阪神へ入団

以上となります。

まさかの大量解雇で、筆者は驚きました。

しかし、戦力外になった選手を見ていると、大半が他チームから拾った選手たちです。

チームを1から立て直すという意味で、生え抜き選手にはまだチャンスを与える、という意味なのかもしれません。

助っ人外国人選手については、ディクソン投手以外が全く役に立たなかったため、ディクソン投手以外が全員解雇…

となるかと思いきや、まさかのモレル選手は残留。

それ以外の5選手が自由契約となりました。

モレル選手は、年俸も半額となる5,000万円での契約みたいですし、2016年の成績を考えれば、5,000万円でならば、チームに置いておいてもよさそう。

やはり大きな痛手となったのは、

糸井選手がFAで移籍してしまった

ことでしょう。

ただでさえ得点力に欠けていたオリックスが、さらに打撃が低下してしまい、これによって、2017年も、非常に厳しい戦いを強いられることに。

糸井選手の穴を埋めることは、果たしてできるのでしょうか?

 

2017年のオリックスに新加入の補強選手を紹介!

続いては、オリックスに2017年からプレーする選手の紹介です。

まずは、ドラフト指名選手のルーキーたちからです。

オリックスのドラフト指名選手

  • 山岡秦輔
  • 黒木優太
  • 岡崎大輔
  • 山本由伸
  • 小林慶祐
  • 山崎颯一郎
  • 飯田大祐
  • 澤田圭佑
  • 根本薫

オリックスの育成ドラフト指名選手

  • 張奕
  • 榊原翼
  • 神戸文也
  • 坂本一生
  • 中道勝士

オリックスがドラフト1位で指名したのは、

あのダルビッシュ有投手が認めた

という逸材・山岡秦輔投手。

最速152キロのストレートと、多彩な変化球が武器の東京ガスのエースで、社会人No.1投手との評判です。

即戦力、かつ競合しにくい投手で一本釣りを狙った辺り、どうしても即戦力の先発投手が欲しかったという、オリックスの補強の方針が伺えます。

山岡投手といえば、高校3年生時代の2013年には、現巨人の田口投手が所属する広島新庄高校と、決勝再試合という大激戦を繰り広げました。

その末に1点差で勝利し、甲子園出場を勝ち取ったのです。

いつか交流戦でまた、因縁のある田口投手と山岡投手の投げ合いが見たいですね!

また、ドラフト2位の黒木投手も即戦力系の右腕。

基本的に、オリックスのドラフト補強は、投手が中心のように思います。

というよりも、支配下ドラフト9人中、6人が投手ですし、間違いないでしょう。

今のオリックスは中継ぎは2014年の酷使で疲弊しています。

先発も枚数が足らないので、投手中心になるのは補強として当然のことと言えますね。

 

続いては、移籍によって2017年からオリックスに加入した選手の紹介です。

とは言っても、1人しかいませんが…。

その1人というのが、金田和之投手です。

金田和之投手は、糸井選手の人的補償として阪神から移籍してきた26歳の右腕。

2年目には40試合に登板し、中継ぎとして活躍するも、その後は全く活躍できずにいました。

オリックスとしても主に中継ぎ要員としての補強になるでしょうね。

今のオリックスは、中継ぎは勝ちパターンを使い続けており、ほぼ使い潰し状態になってしまっているため、層を厚くしたいと思うはずです。

金田投手は、不足している中継ぎの層を厚くする存在となれるか?

2017年のオリックスでの活躍に期待しています!

 

2017年のオリックスの新外国人選手を紹介!

最後に、2017年のオリックスを占う最大のポイントである、新外国人選手を紹介していきます。

2017年のオリックスの新外国人選手1 フィル・コーク

オリックスが、補強ポイントの投手として獲得したのが、フィル・コーク投手です。

コーク投手は34歳で、メジャーリーグでは、

9年で通算407試合に登板した

というメジャーリーガー。

主に活躍したのは2009年~2014年の間で、2015年以降は3Aでの登板の方が多くなっています。

やはり、年齢的な衰えがあるのでしょうか。

最速154キロのストレートと、カーブ、チェンジアップが武器ですが、年齢による衰えを加味し、球速はもっと低いと見た方がいいですね。

コントロール難などはないようですが、1つ問題点があります。

それは、

気性が荒い

ということ。

キャンプでも、投球練習であるにもかかわらず、とにかく喋りまくっているのだそうです。

そして納得がいかないと、自分へ、そして捕手や審判へ放送禁止用語を連発…

オリックスには、現状、山崎選手以外のベテラン捕手がおらず、若い捕手しかいません。

コーク投手の気持ちの高揚をいかに抑えられるかが、ポイントになりそうですね。

しかし、投手に対してアドバイスをするなど、コーク選手が喋りまくるという特徴は、決して悪いことばかりではないみたいです。

コーク投手には、メジャーリーグでの実績をもとに、オリックスの若手投手へのコーチ、そして兄貴分としての活躍にも期待がかかります!

ちなみに、オリックスは、コーク投手をなぜか先発として補強したそうですが、コーク投手はどう考えても中継ぎです。

先発として起用するのは、やめた方がいいと思いますが…。

2017年のオリックスの新外国人選手2 マット・ウェスト

オリックスに不足している中継ぎ。

その中継ぎの補強として獲得したのが、マット・ウェスト投手です。

初めは内野手でしたが、

右腕の強さを買われて投手に転向した

という、異色の経歴の持ち主でもあります。

ウェスト投手の最大の武器は、

最速154キロ、平均球速も150キロを超えるストレート

変化球はカーブとチェンジアップがあり、とくにカーブは大きな変化で空振りを奪う決め球。

さらに、この手の速球派リリーフとしては珍しく、

コントロールがいい

のです。

コントロールのいい平均球速150キロのリリーフ…

これだけでも期待できますが、それ以上に、ウェスト投手には期待できる要素があります。

それは、

27歳という若さかつ、投手転向からまだ4年しか経っていない

ということです。

つまり、投手としての伸びしろはまだ残っているでしょう。

今後さらに急成長を遂げる可能性を秘めているのです。

オリックスの育成次第では、補強として獲得したつもりが、長年活躍するセットアッパー・クローザーになるということもありえるわけですね。

中継ぎ補強という意味でも、将来性という意味でも、ウェスト投手は、注目の新外国人選手です。

2017年のオリックスの新外国人選手3 ゴンザレス・ヘルメン

ゴンザレス・ヘルメン投手も、オリックスが中継ぎ候補として獲得した新外国人選手です。

補強ポイントには合致しているのですが、ヘルメン投手の特徴を聞くと、おそらくオリックスファンは、

「あ、これは……」

と、ある選手を思い出すことでしょう。

ヘルメン投手は最速156キロ、平均球速151キロのストレートが魅力の右腕。

一応、変化球としてチェンジアップとスライダーも持っています。

しかし、2つとも緩急を持たせる役割を果たせていないことから、結局ストレート頼みになってしまい、打たれているようですね。

ストレート自体は、

沈むような癖がある

ことから、ストライクを取れるいいボールではあるのですが…。

また、緩急がつけにくいこと以上に、ヘルメン投手の問題点が1つあります。

それは…

コントロールが非常に悪いということ

速いストレート、そして制球難。

まるで、

コーディエの再来

を感じさせ、オリックスファンとしては、かなり不安に思っているのではないかと思います。

ヘルメン投手には、コントロールを改善してもらい、コーディエの再来とならないことを祈るしかなさそうですね。

2017年のオリックスの新外国人選手4 ステフェン・ロメロ

オリックスの補強ポイントとして、

糸井選手の抜けた穴

という、埋めるのが非常に難しい部分があります。

とくに、糸井選手は打率が高かったので、アベレージを残せる打者の補強が必要となりました。

そこで、オリックスが目を付けた外国人選手が、ステフェン・ロメロ選手です。

ロメロ選手は外野手の28歳。

3Aでは通算351試合に出場し、

打率.299、出塁率.347

という好成績を残すアベレージヒッター。

しかし、アベレージヒッターである割には四球を選べなかったり、ひどくはないものの、三振をそれなりにしてしまう一面も…。

また、メジャーリーグでは打率.195と、全く通用していないため、タイプとしては、

阪神に在籍していたヘイグ

のような選手ではないかと思っています。

心なしか、バッティングフォームも似ていますしね。

つまり、基本的には、あまり期待してはいけない選手だと言っていいでしょう。

ロメロ選手は、スライダーやチェンジアップなどの逃げていく球に弱いそうなので、

逃げる球への対応

これが、日本プロ野球で活躍できるかのカギとなりそうです。

2017年のオリックスの新外国人選手5 ダリル・ジョージ

オリックスの補強ポイントになっているかは微妙な内野手ですが、ダリル・ジョージ選手も2017年から加入します。

ジョージ選手は、オーストラリア出身。

アメリカでは主にマイナー暮らしをしていた選手で、開幕直前に24歳となる若手。

アメリカでは、残念ながら、1Aですら全く通用しなかったみたいです。

その後、オーストラリアンリーグでプレーしていたのですが、2015年に打撃が開花!

そして2016年は、BCリーグ新潟でプレーしていました。

フリーバッティングでは、バックスクリーンに直撃し、モニターを破壊する150メートル弾を放ったそうで、

パワーが持ち味

という選手なのではないでしょうか?

打撃が開花したのはごく最近のようですし、まだまだ未知数なところが多いですが…。

ジョージ選手は、もしかしたら大化けする可能性もあるので、それなりに期待してもいいのかもしれませんね!

 

まとめ

オリックスの、2017年から加入するドラフト指名ルーキー、移籍選手、外国人選手の情報をまとめました。

新戦力は、補強ポイントである投手中心になっていますね。

野手は、割と若手が育ってきているため、糸井選手の穴をどう埋めるか、それに尽きます。

基本的には、2017年のオリックスが飛躍するには、新戦力はもちろん、

従来の選手の復調

これがカギになるのではないかな?と感じた次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球