星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

ACL2017(サッカー)の日程と賞金は?出場クラブチーム一覧紹介!

更新日

AFCのACL(アジアチャンピオンズリーグ)が開催されています。

これはアジアのクラブチームチャンピオンを決める大会。

優勝チームは、FIFAクラブワールドカップに出場することができるのです。

このFIFAクラブワールドカップでは、2016年に鹿島アントラーズが見事に第2位となり、世界を驚かせましたね。

2017年のACLでは、グループリーグ出場を決めるプレーオフは既に終わり、グループリーグの出場チームが決定しています。

そこで当記事では、グループリーグと決勝トーナメントの日程と、出場チームを紹介していきます。

なお、日程は日本のクラブチームの出場試合を中心に記載しています。

スポンサーリンク

アドセンス

AFC(ACL)2017の出場クラブチーム一覧

このACL(アジアチャンピオンズリーグ)に出場するには、まず各国の国内リーグで上位に入らなければなりません。

そのACL出場可能な順位は、各国それぞれ異なりますが、これだけでもかなり高い難易度になります。

ACLに参加できるチーム数は、各国のランキングにより異なり、

現在の日本は4チーム

となっています。

ACLでは、各国の国内リーグでの上位チームは、そのままグループリーグに進めますが、下位チームは予選にあたるプレーオフを戦います。

グループリーグに直接出場できるチーム数は、各国のランキングにより異なりますが、日本のJリーグの場合は

3チームがグループリーグ

1チームがプレーオフ

となっています。

このあたりのチーム数は、年度によりランキングが異なる場合もありますので、固定されてはいません。

それではACLの大会方式です。

ACLの大会方式

グループリーグ

グループリーグでは、

西地区と東地区にそれぞれ4グループ

計8グループ

に分かれます。

西地区は主として西アジアの中近東諸国のチーム。

東地区は日本など東アジアの国のチーム。

このグループは4チームで構成され、

総当たりのホームアンドアウェー方式

で、それぞれ計6試合を戦います。

そして各グループの上位2チーム、計16チームが決勝トーナメントに駒を進めることになります。

決勝トーナメント

決勝トーナメントでも東地区と西地区にわかれてトーナメント戦を行います。

ただし、トーナメント戦でも1試合ではなく、

ホームアンドアウェーの2試合

となります。

そして決勝戦では、東西で勝ち上がったチーム同士の対戦となりますので、いわば

アジアの東西頂上決戦

という形ですね。

このACLでの出場枠は、レギュレーションがかなり複雑でわかりにくいのですが、ランキングが下がれば出場枠が減るのは間違いありません。

以下は、2017年のACL出場チームです。

2017年のACL出場チーム 東地区(グループE-H)

FCソウル 韓国

水原三星ブルーウィングス 韓国

済州ユナイテッド 韓国

鹿島アントラーズ 日本

浦和レッドダイヤモンズ 日本

川崎フロンターレ 日本

広州恒大 中国

江蘇蘇寧 中国

アデレード・ユナイテッド オーストラリア

ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ オーストラリア
(高萩選手が以前所属していたチームです)

ムアントン・ユナイテッド タイ

東方[Note HKG] 香港

東地区 プレーオフ勝ち抜きチーム

ガンバ大阪

蔚山 韓国

上海上港 中国

ブリスベン 豪州

2017年のACL出場チーム 西地区(グループA-D)

アル・アハリ・ドバイ UAE

アル・ジャジーラ UAE

アル・アイン UAE

アル・アハリ・ジッダ サウジアラビア

アル・ヒラル サウジアラビア

アル・タアーウン サウジアラビア

エステグラル・フーゼスターン イラン

ゾブ・アハン イラン

ペルセポリス イラン

アル・ラーヤン カタール

レフウィヤ カタール

ロコモティフ・タシュケント ウズベキスタン

西地区 プレーオフ勝ち抜きチーム

アルファテハ サウジアラビア

ブニョドコル ウズベキスタン

エステグラル イラン

アルワハダ UAE

AFC(ACL)2017の日程

続いて、AFC(ACL)2017の日程を紹介しましょう。

まずグループリーグの総合日程から。

ACL2017の総合日程

グループリーグの総合日程

第1節 2017年2月20-22日

第2節 2017年2月27日-3月1日

第3節 2017年3月13-15日

第4節 2017年4月10-12日

第5節 2017年4月24-26日

第6節 2017年5月8-10日

 

なお、2017年シーズンより、

  • 西地区は月曜日・火曜日
  • 東地区は月曜日・火曜日

に試合を行うことになりました。

決勝トーナメントの総合日程

ラウンド16 2017年5月22-24日 2017年5月29-31日

準々決勝 2017年8月21日-23日 2017年9月11日-13日

準決勝 2017年9月25日-27日 2017年10月16日-18日

決勝 2017年11月18日 2017年11月25日

次に日本のクラブチームを主体にした詳細日程です。

鹿島アントラーズ グループE
日時 対戦相手 会場
2月21日(火) 蔚山現代 ホーム
2月28日(火) ムアントン・ユナイテッド アウェー
3月14日(火) ブリスベン・ロアー ホーム
4月12日(水) ブリスベン・ロアー アウェー
4月26日(水) 蔚山現代 アウェー
5月10日(水) ムアントン・ユナイテッド ホーム
浦和レッズ グループF
日時 対戦相手 会場
2月21日(火) ウェスタン・シドニー アウェー
2月28日(火) FCソウル ホーム
3月15日(水) 上海上港 アウェー
4月11日(火) 上海上港 ホーム
4月26日(水) ウェスタン・シドニー ホーム
5月10日(水) FCソウル アウェー
川崎フロンターレ グループG
日時 対戦相手 会場
2月22日(水) 水原 ホーム
3月1日(水) 東方 アウェー
3月14日(火) 広州恒大 ホーム
4月12日(水) 広州恒大 アウェー
4月25日(火) 水原 アウェー
5月9日(火) 東方 ホーム
ガンバ大阪 グループH
日時 対戦相手 会場
2月22日(水) アデレード・ユナイテッド アウェー
3月1日(水) 済州ユナイテッド ホーム
3月15日(水) 江蘇蘇寧 ホーム
4月11日(火) 江蘇蘇寧 アウェー
4月25日(火) アデレード・ユナイテッド ホーム
5月9日(火) 済州ユナイテッド アウェー

ACL2017の決勝トーナメント日程

ラウンド16

グループA 2位 - グループC 1位 5月22日 5月29日

グループC 2位 - グループA 1位 5月22日 5月29日

グループB 2位 - グループD 1位 5月23日 5月30日

グループD 2位 - グループB 1位 5月23日 5月30日

準々決勝 西地区

準々決勝1 8月21-22日 9月11-12日

準々決勝2 8月21-22日 9月11-12日

準々決勝 東地区

準々決勝3 8月22-23日 9月12-13日

準々決勝4 8月22-23日 9月12-13日

準決勝1 西地区

準決勝1 西地区

準々決勝1の勝者 対 準々決勝2の勝者 9月25-26日 10月16-17日

準決勝2 東地区

準々決勝3の勝者 対 準々決勝4の勝者 9月26-27日 10月17-18日

決勝

決勝 2017年11月18日

こうして約1年をかけて、アジアのクラブチームチャンピオンが決まるわけですね。

 

ACL2017の賞金はどのくらい?

このACLでは、2007年に浦和レッズが、2008年にガンバ大阪が優勝しています。

その後の日本のクラブチームは、長く優勝から遠ざかっているのが現状です。

アジアの約2万のクラブチームが、このACLに参加し、クラブ世界一への道を争うのです。

このACLでの優勝賞金は、

300万ドル

準優勝賞金

150万ドル

となっています。

この賞金額の決定方式は、予選からの勝敗により賞金額に変動があります。

予選から全勝の場合は、約4億円程度

になるようです。

 

まとめ

2017年のACLには、日本からは、鹿島アントラーズ、浦和レッドダイヤモンズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪の4チームが出場します。

グループリーグは2017年2月21日から始まり、2017年11月18日の決勝まで、9ヶ月間の長く苛烈な戦いが行われます。

賞金300万ドルと、FIFAクラブワールドカップ出場、それにアジアナンバーワンチームの栄誉を勝ち取るのは、どこの国のどのチームでしょうか。

日本の4チームの健闘を期待しています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-サッカー