星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

広島カープ2017!ドラフト指名・新外国人選手の補強をチェック

更新日:

2016年のセ・リーグ覇者である広島カープ。

広島カープは、2017年もおそらくはAクラスに入れるとは思いますが、連覇は確約されたわけではありません。

引退してしまった黒田投手の抜けた穴を埋められるか、全員が2016年の成績を残せるかなど、未知の部分が多いからです。

では、2017年に向け、広島カープは何か補強を行ったのでしょうか?

当記事では、2017年から広島カープでプレーするドラフト指名ルーキー、そして、新外国人選手を紹介します。

ちなみに、先に言っておくと、2017年に広島カープに移籍加入した選手はいません

スポンサーリンク

スポンサーリンク

広島カープの退団・移籍選手を紹介

まずは、2016年限りで広島カープから去った選手を確認し、戦力がどう変わったかチェックします。

広島カープを退団した選手

  • エクトル・ルナ
  • スティーブ・デラバー
  • ジェイソン・プライディ

広島カープを戦力外となった選手

  • 久本祐一→中日で打撃投手
  • 中東直己
  • 西原圭大

広島カープを現役引退した選手

  • 黒田博樹
  • 倉義和
  • 広瀬純

戦力としては、広島カープを支えた黒田投手が現役を引退し、とてつもなく大きな柱を失ったこととなります。

この2年で黒田イズムが、野村投手、大瀬良投手、福井投手ら若手投手に受け継がれていることを祈るしかありません。

その他では、安部選手に次いでサードを守っていたルナ選手が退団したため、

2016年に固定しきれなかったサードをどうするか

という課題も見えてきました。

また、勝利の方程式以外の投手がイマイチ振るわなかったことや、黒田投手の穴を考えると、

投手、そしてサード

ここを補強できているかが、2017年の広島カープの行方を占うポイントになるでしょうね。

 

広島カープのドラフト指名選手を紹介!

続いては、広島カープに、2017年から新加入するルーキーをご紹介します。

広島カープのドラフト指名選手

  • 加藤拓也
  • 高橋昂也
  • 床田寛樹
  • 坂倉将悟
  • アドゥワ誠
  • 長井良太

広島カープがドラフト1位で指名したのは、慶応大の加藤拓也投手でした。

最速152キロの威力あるストレートと、トレーニングで強化したタフなスタミナが魅力です。

タフな投手というと、真っ先の思い浮かぶのが、広島カープのの大先輩である黒田投手。

しかし加藤拓也投手には、

まだまだコントロールにばらつきがある

という課題があります。

ただし、3年最後の早慶戦では、単純にばらつきのあるボールというわけではなく、いい意味での荒れ球だったため、

プロで磨けば必ずものになる

そんな印象を受けました。

広島カープのドラフト指名選手を見ていると、6人中5人が投手、そして1人が捕手です。

野手については、大半の主力が、今が一番脂の乗っている時期であるため、急いで補強する必要はないと判断したのでしょう。

ドラフト4位の坂倉選手については、捕手でありながら、打撃が魅力的な選手。

憧れの存在は、広島カープの石原選手とのことですし、ぜひ、石原選手から守備面で色々と学び、打てる捕手となってほしいですね!

順当にいけば、曾澤選手の次は、この坂倉選手が正捕手となり、未来の広島カープを支えていくのだと思います。

 

2017年の広島カープの新外国人選手を紹介!

続いては、2017年から広島カープでプレーする、新外国人選手を紹介します。

広島の補強ポイントとなった選手なのでしょうか?

早速、選手の特徴を見ていきましょう!

2017年の広島カープの新外国人選手1 ライアン・ブレイシア

ライアン・ブレイシア投手は、29歳の選手。

1度だけメジャーリーグに昇格し、9イニングで防御率2.00という数字を残しましたが、その後、怪我をしてしまいます。

そして、トミー・ジョン手術を受けたため、実際にデータとして使えるのは2016年の成績のみと言えそうです。

(2015年は2試合2イニングだけなので、データとして見るには微妙なため。)

その2016年の3Aでの成績はというと…

46試合に登板し、60.2イニングで防御率は3.56、WHIP1.14

という数字になっています。

防御率は、ブレイシア投手の在籍していたのが、PCLと言われる打高リーグ。

それを考えると、高水準かと思いますよ。

また、

与四球率も3点台を超えていない

ため、コントロールも安定していますね。

球種は、

  • ストレート
  • スライダー
  • シンカー

の3種類です。

しかし、チェンジアップやカーブも、一時期は投げていたので、必要に応じて使うことがあるかもしれません。

球速は、ストレートが手術後でも154キロを記録しているため、日本でも140キロ後半~150キロあたりは出せると思います。

筆者的に、ブレイシア投手は成功すれば、勝利の方程式に食い込める実力を持っていると感じました。

2017年の広島カープの新外国人選手2 ラミロ・ペーニャ

広島が2月2日に契約合意に至ったのが、ラミロ・ペーニャ選手です。

ペーニャ選手は、サード、ショートを守る内野手で、2016年にはメジャーリーグに昇格し、

打率.299

を残しました。

タイプとしては、アベレージヒッタータイプです。

まぁ、普通に考えれば、エルドレッド選手を使った方がいいですね。

しかし、WBCメキシコ代表に選ばれ、侍ジャパンとの強化試合では、広島カープのエース・野村投手からホームランを放った逸材。

日本では、パワーを生かしたバッティングも可能かもしれません。

さらに、最大の魅力は、

スイッチヒッター

であるということ。

代打としては何かと便利ですが、広島カープは外国人枠が非常にキツキツなので、1軍昇格は、

他の外国人選手が怪我をした場合

にしか、昇格はできなさそうですね。

ただ、サードという、広島カープの補強ポイントではあったので、

何かと便利な選手ではある

そう思った次第です。

 

まとめ

2017年の広島カープのドラフト指名ルーキー、新外国人選手についてご紹介しました。

普通に考えると、2017年の広島カープも、外国人枠は、

ジョンソン投手、ジャクソン投手、エルドレッド選手、ヘーゲンズ投手

の4人で決定でしょう。

しかし、ヘーゲンズ投手をどう起用するかで、1軍と2軍を行き来するということは十分にありえます。

また、外国人選手が怪我などをしてしまうこともありますし、ブレイシア投手やペーニャ選手も、1軍のチャンスは十分にあるでしょうね。

戦力的には、大きな補強を行っていないため、2017年の広島カープは、基本的には、

2016年の主力選手の活躍次第

これが、ペナントレースの行方を左右すると思いました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.