星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

更新日

2015シーズンは、試合の外で『カープ女子』なるものが流行し、チームとしての人気はかなり上昇したものの、シーズン最終戦で敗北し、惜しくもクライマックスシリーズ進出を逃してしまった広島東洋カープ(以下、広島カープ)。

ビデオ判定を誤審するという、まさに審判失格ともいえる致命的ミスなどにより、広島カープにとっては、不幸なことも重なりました…

そして何より、2016シーズンからは、絶対的エースだった前田健太投手抜きで、広島カープはペナントレースを戦わなければなりません。

はたして広島カープの2016シーズンは、Aクラス復帰なるか?

そして、悲願の優勝を掴み取ることができるのか?

そこで当記事では、2016シーズンの広島カープの戦力補強などについて、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

広島カープの2016シーズンの戦力とスローガン!

広島 2016 スローガン

2015シーズンは、広島カープにとって、かなり苦しい戦いだったように思います。

投手陣は、エースである前田健太投手をはじめ、黒田博樹投手、ジョンソン投手、福井優也投手といった4本柱が活躍し、セ・リーグ屈指の先発ローテーションを誇っていました。

しかし、中継ぎ・抑え不足に加え、貧打の打線が苦しみ、広島カープは、いまひとつ勝ちきれない試合が多かったように思います。

そして、ついに2015シーズンオフに、かねてよりメジャーリーグ挑戦の意思を示していた前田健太投手がドジャースへ移籍し、先発ローテーションにまで、大きな穴が空いてしまいます。

広島カープの朗報としては、黒田博樹投手が現役続行を表明し、若い先発投手陣の支えになってくれることとは思いますが、黒田博樹投手も怪我との戦いに悩まされ、1年フル稼働というわけにはいかないでしょう。

成績不振に終わった野村祐輔投手、大瀬良大地投手の復活が、広島カープのAクラス奪還への鍵になりそうです。

また、2015シーズンは貧打に終わった広島カープ打線をどう機能させるか?というのも、大きな課題の1つ。

貧打解消、中継ぎの充実という、2015シーズンから残り続ける課題と、エース・前田健太投手の穴を埋めることができるか?という2016シーズンからの広島カープ新たな課題…

これらをクリアできるかが、2016シーズンの広島カープの戦局を占っていく上で、大きく左右されるものとなりそうですね。

そして、広島カープは先日、2016シーズンのスローガンを発表しました。

2016シーズンは…

『真赤激 ~Burn it up!~』

に決まったようです。

「真っ赤」と「過激」を組み合わせた造語らしく、赤く熱い気持ちで相手チームにぶつかり、情熱溢れるプレーをファンに見せていく、という想いが込められています。

ロゴの唐辛子が、いかにも燃え上がりそうなイメージを湧かせてくれますよね。

なんだかこの唐辛子の絵を見ているだけでも、喉がヒリヒリしてしまいそうです。

 

広島カープから退団・移籍選手を紹介!

男性3

まずは、2015シーズン限りで広島カープを去ることになった選手たちを、ご紹介したいと思います。

広島カープから移籍した選手

前田健太 →ドジャースへ移籍

木村昇吾 →入団テストを経て西武へ

広島カープを退団した選手

栗原健太 →楽天へ入団

広島カープを現役引退した選手

河内貴哉

篠田純平

東出輝裕

広島カープを戦力外・自由契約となった選手

岩見優輝

池ノ内亮介

中村憲

武内久士

鈴木将光

マイク・ザガースキー

デュアンテ・ヒース

ヘスス・グスマン

ネイト・シアーホルツ

ライネル・ロサリオ

森下宗

ダニーロ・デヘスス

となっています。

この一覧をみてもらえると分かる通り、広島カープを戦力外・自由契約となった選手がかなり多いですね。

外国人選手にいたっては、ジョンソン投手、エルドレッド選手以外は、全員が自由契約となっています。

まぁ、外国人選手というのは、チームの穴を埋める助っ人の役割ですから、その役割が果たせなければ、自由契約ということになっても仕方ありません。

広島カープの2016シーズンは、新たな助っ人外国人の活躍に、期待したいところですね。

 

広島カープの2016シーズンの補強!新加入選手を紹介!

広島2

それでは、次に2016シーズンから広島カープに新加入する選手のご紹介をしたいと思います。

まずは、ドラフト会議で広島カープが指名したルーキーから見ていきましょう。

広島カープのドラフト指名選手

岡田明丈

横山弘樹

高橋樹也

船越涼太

西川龍馬

仲尾次オスカル

青木陸

以上が、広島カープのドラフト指名選手です。

広島カープがドラフト1位で上原健太投手を狙いにいかなかったのには、筆者としては予想外でした。

地元・広陵高校の出身ですし、広島カープが悩んでいる先発左腕という条件にも、合致していたのですが…

当初は、広島カープと相思相愛という報道もあっただけに、非常に驚いた次第です。

しかし、代わりに広島カープが指名した岡田明丈投手も、かなりの逸材です。

岡田明丈投手は、最速153キロの速球を武器に、力で相手打者を封じ込める本格派右腕。

さらなる伸びしろもあり、広島カープの即戦力としても期待十分です。

また、ドラフト6位の仲尾次オスカル投手も注目されているらしく、広島カープのキャンプを視察していた中畑清、前横浜DeNAベイスターズ監督も、

「マエケンの穴を埋めるのはオスカル」

と、高い評価をしていました。

そして、続いては、移籍によって広島カープに入団した補強選手をご紹介します。

助っ人外国人として、後ほどご紹介する欄に加えようかと迷いましたが、元々日本でプレーしていた選手ということで、今回は、こちらで取り上げます。

それは、エクトル・ルナ選手です。

エクトル・ルナ

筆者としては、人格面も含め、なぜ彼を手放したのだろう?Aクラス入りを諦めたのだろうか?

と、ルナ選手を手放した中日のフロントにため息が出るくらいの外国人選手です。

ルナ選手は、抜群の打撃センスを持っているアベレージヒッター。

あらゆる球に対応できる柔軟さが持ち味で、打率3割を期待できるバッターなのです。

意外と足も速く、盗塁も高い確率で成功させるので、チャンスメークにも貢献してくれることかと思います。

ただ、ネックな面もあり、年齢が36歳ということと、シーズンを通しての活躍は年齢的には難しいということです。

来日1年目の2013シーズンも、怪我によって途中離脱しましたし、2014シーズンも成績自体はよかったのですが、途中で怪我をしたことがありました。

2015シーズンは怪我をしたものの、長期離脱には至らなかったのですが…

年齢からか、シーズン後半でバテてしまい、らしくない三振をしたり、守備でもミスが増えたりと、年齢による衰えと、怪我のしやすさを感じたことが多々ありました。

終わってみれば、ルナは来日して初めて打率3割を切ってしまうという成績に。

結論から言うと、

・チャンスメーク役にはぴったりなので、3番タイプ

・他の選手にアドバイスしてくれるなど、指導者としての役割も果たせる

・フルで出続けると、必ず後半にバテる

・2015シーズンは好不調の波が激しく、安定感には欠けていた

というのが、筆者が中日での3年間を見ていて感じたルナ選手のイメージです。

ただ、マツダスタジアムでの成績が極端に悪いことだけが気がかりですね。

ナゴヤドームでの広島戦での成績は悪いものではなったので、ルナ選手は広島カープが苦手なのではなく、マツダスタジアムが苦手なのでしょう。

とは言っても、最低限の仕事はしてくれると思うので、広島カープの新たな中軸打者として期待していいと思いますよ。

 

広島カープの2016シーズンの補強・助っ人外国人紹介!

男性

続いては、2016シーズンから補強として、広島カープに新加入する助っ人外国人選手をご紹介します。

広島カープの補強外国人1 ジェイ・ジャクソン

ジェイク・ジャクソン

広島カープは、中崎投手への不安もあることから、セットアッパー、または抑え候補として獲得したのが、ジェイ・ジャクソン投手です。

ジャクソン投手は、2014年まで先発投手、2015年から中継ぎに転向した投手です。

185センチの長身を活かした、最速155キロのストレートと、縦に大きく曲がるスライダーを武器としています。

奪三振率は、かなり高いのですが、リリーフに専念してからは、ストレートとスライダーしか使っていないため、球種が少ないのは、一つの不安要素です。

先発をしていた頃のように、チェンジアップやカーブも織り交ぜることも、日本では求められるかもしれません。

ただし、スライダー自体はメジャーリーグでも通用しているので、ストレートの調子次第では、絶対的守護神となれる可能性も秘めています。

そして、なによりもジャクソン投手は、28歳と、まだまだ年齢的にもバリバリ活躍できる時期なので、広島カープとしては期待の持てる選手だと思います。

広島カープの補強外国人2 ブレイディン・ヘーゲンズ

ブレイディン・ヘーゲンズ

ブレイディン・ヘーゲンズ投手は、先発、リリーフのどちらでもこなせるタイプの投手で、なんと、年齢は26歳という若さ!

190センチの長身から振り下ろすタイプではありますが、三振を奪いに行くようなタイプではなく、ゴロを打たせてアウトを取る、グラウンドボーラータイプだと言えます。

コントロールはイマイチなのか、メジャーリーグでは四球を連発してしまい、即マイナー降格してしまっている経験アリ。

しかし、コントロールの悪さは、日本で改善できる可能性もあるため、上手くいけば、ジョンソン投手のような活躍もできるのではないでしょうか?

ジョンソン投手も、アメリカではコントロールが非常に悪かったものの、日本に来てからは、比較的安定するようになりました。

ジョンソン投手のコントロールを改善させた実績のある広島カープであれば、ヘーゲンズ投手のコントロールを改善させることも、不可能ではないはず。

広島カープコーチ陣の指導に、注目したいですね!

広島カープの補強外国人3 ジェイソン・プライディ

ジェイソン・プライディ

ロサリオ選手、グスマン選手、シアーホルツ選手と、広島カープの打線の中軸を期待された助っ人外国人が、ことごとく不発に終わった2015シーズン。

彼らの代わりとして、広島カープ打線の中軸を期待されて入団したのが、ジェイソン・プライディ選手です。

広島カープへの入団が決まったときは、涙を流しながら喜んだと言われています。

それにしても、すごいヒゲですよね。

プライディ選手は、メジャー通算5発のバッターで、そのうちの1発は現・広島カープに在籍する黒田博樹投手から打ったもの。

そんなプライディ選手の特徴は、忍耐力もある中距離砲といった感じでしょうか。

決してホームランを量産するタイプではありませんが、ある程度の長打と打率が期待できます。

また、3Aでは成功率が80%を超えるとされる盗塁もできる足の速さがあるため、若干、シアーホルツ選手と似たような運用ができる選手というイメージがあります。

良くも悪くもない平凡な選手と言えますが、おそらくは、広島カープで誰かが不調な時に代役として出場…

というような起用方法になりそうなので、それならば、問題はなさそうですね。


 

以上が、2016シーズンから広島カープに補強加入する新助っ人外国人選手です。

外国人枠は、ルナ選手、エルドレッド選手、ジョンソン選手で3つ埋まるので、残り1つの枠を新加入の3人が争うという構図になりそうです。

おそらくは、ジャクソン投手になるのではないかと、筆者は予想していますが…。

2016シーズンの広島カープの行方を左右するのは、助っ人外国人だと思われますので、彼らの活躍に期待しましょう!

 

まとめ

2016シーズンの広島カープは、エース・前田健太投手がメジャーリーグへ移籍したことにより、大きな戦力ダウンとなりました。

絶対的エースの穴を埋めるというのは、そう簡単なことではないと思うので、野村祐輔投手、大瀬良大地投手、福井優也投手といった投手が頑張り、この中の誰かが広島カープのエースとなることが期待されます。

広島カープの打線では、ルナ選手の獲得によってチャンスメークできたり、ランナーを返せる場面は広がったように思います。

だからといって、2015シーズンのような貧打ではいけません。

ルナ選手1人でフル稼働していると、必ず終盤にバテてしまい、調子を落とします。

また、いまだ不安要素として残り続ける、ピリッとしない広島カープ中継ぎ陣も、奮起が期待されるところ。

未だ弱点の多く残る広島カープが、いかにこれらの弱点を克服できるかが、Aクラス奪還、そしてセ・リーグ優勝を果たすためのポイントとなるでしょう。

以上を踏まえ、2016シーズンの広島カープの戦いぶりにも、注目していきます!

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球