星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

日本ハム2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック

更新日

2016年のプロ野球は、日本ハムが日本一に輝いて幕を閉じました。

奇跡の大逆転優勝から数か月。

日本一の余韻に浸る間もなく、もう2017年のペナントレースが近づいてきています。

2017年の日本ハムの戦力としては、トレードなどでかなりダウンしているため、新戦力や若手の台頭が、日本一連覇のカギとなります。

そこで、当記事では、日本ハム連覇のカギを握る、2017年からの新戦力について、まとめてみました。

スポンサーリンク

アドセンス

日本ハムの退団・引退選手を紹介

まずは、2016年限りで日本ハムを去った選手をご紹介します。

戦力は、どのように変わったのでしょうか?

日本ハムを退団した選手

  • アンソニー・バース

日本ハムを現役引退した選手

  • 米野智人
  • 荒張裕司
  • 武田勝

日本ハムを戦力外となった選手

  • 金平将至
  • 須永英輝
  • 大塚豊

日本ハムを移籍した選手

  • 陽岱鋼 → FAで巨人へ移籍
  • 吉川光夫 → トレードで巨人へ
  • 石川慎吾 → トレードで巨人へ

やはり、陽選手、吉川投手、バース投手を失ったのは大きいですね。

確実に2017年のペナントレースの行方を左右することになるでしょう。

唯一の救いは、移籍した選手が、

同じパ・リーグの球団へ移籍したわけではない

という点。

日本ハムをよく知る選手が、ライバルチームへ移籍したわけではないので、ライバルが強化されたというわけではありません。

ちなみに、メジャー復帰を目指すバース投手の本名は、

『バス』

だそうですね。

日本で成功した、ランディ・バースさんにあやかって、バースという登録名にしたそうですよ。

バース投手は1月末に、複数球団と交渉しているという話を聞きましたが、無事にメジャーリーグと契約できるといいですね。

 

2017年の日本ハムのルーキーを紹介!

続いては、2017年から日本ハムでプレーする新加入選手です。

とくに日本ハムは、驚きのトレードなどでストーブリーグを湧かせましたが、このトレードは補強となったのでしょうか?

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーから。

日本ハムのドラフト指名選手

  • 堀瑞輝
  • 石井一成
  • 高良一輝
  • 森山恵佑
  • 高山優希
  • 郡拓也
  • 玉井大翔
  • 今井順之助

日本ハムがドラフト1位で指名したのは、広島新庄の堀瑞輝投手でした。

堀瑞輝投手は、左腕ながらも最速150キロをマークするストレートが魅力。

さらにいえば、スタミナもあり、先発完投型の投手であり、

「高卒で一番早く1軍で使えるかもしれない」

と考える人もいるのだとか。

2017年のルーキーは、高校BIG4が目立っていますが、堀瑞輝投手も、実は注目株の1人です。

日本ハムは吉川投手を失い、先発左腕が不足している状態だったので、高卒ながら即戦力になれる堀瑞輝投手は、まさにうってつけの存在だったのでしょう。

補強としては、ピッタリですね!

その他のドラフト指名ルーキーは、

  • 投手
  • 内野手
  • 外野手
  • 捕手

とバランスが取れています。

満遍なく、注目の選手を獲得したと見てよさそうです。

 

2017年の日本ハムの移籍補強をチェック!

続いては、移籍によって、日本ハムにやってきた選手を紹介します。

2017年の日本ハムの移籍加入選手1 村田透

村田透投手は、クリーブランド・インディアンスの3Aから日本球界へ復帰した投手。

村田投手は31歳で、2007年の大学・社会人ドラフトで巨人に1位指名をされてプロの世界へ入りました。

しかし、わずか3年で戦力外となってしまいます。

その後、インディアンスのスカウトの目に留まり、ベースボールの本場・アメリカへ渡米したのです。

アメリカでは、1試合だけメジャーリーグで登板したものの、大半をマイナーで過ごしました。

2016年のオフに自由契約となったところを、日本ハムが契約したみたいですね。

多彩な変化球を武器に、アメリカ仕込みの投球術で、日本ハムを連覇に導いてくれることを期待しましょう!

2017年の日本ハムの移籍加入選手2 公文克彦

日本ハムが、巨人との2対2のトレードで獲得したのが、公文克彦投手です。

公文投手は24歳のプロ4年目。

Wikipediaなどでは2015年からサイドスローに転向とありますが、現在はスリークォーターに戻っています。

サイド時代の2015年後半の投球フォームと比べると、現在のフォームが全く違うのは一目瞭然です。

やはり、ストレートが150キロをマークすることもあるだけに、サイドスローで球速が激減したのがよくなかったのでしょうね。

セ・リーグのあるチームを応援している筆者的には、

「クロスファイヤーが決まるようになると、山口並みのセットアッパーになれそうだな…」

というイメージを抱いていたこともあり、公文投手の飛躍を恐れていたので、実はパ・リーグへ移籍してくれたのは嬉しかったりします。

このように、公文投手は育てれば、

全盛期の巨人・山口(鉄)投手のようなセットアッパーになれる

そんな逸材です。

日本ハムの育成手腕次第とは言えますが、

期待をしていい投手

であることは、間違いないと思います。

ストレートにはキレがあるので、変化球で1つ尖った球種を覚えると、一気に活躍ができそうです。

公文投手には、日本ハムという新天地で、ぜひ1軍定着を目指してほしいですね。

補強ポイントとしては、キレのある球を投げ込む左腕ということで、合致していますね。

2017年の日本ハムの移籍加入選手3 大田泰示

巨人入団当初は、あの松井秀喜さんの背番号『55』を授かり、巨人の期待が伺えた大型大砲・大田泰示選手。

しかし、何度も何度も、

「今年がチャンスだ」

と言われながら、その才能はついに開花することなく、2016年のオフに、

日本ハムへトレード

という衝撃のニュースを持って、巨人を退団しました。

完璧に芯でとらえた時のホームランは、実に豪快な特大弾になるので、そのパワーは魅力的なのですが…。

どうも、188センチという身長が、打撃フォームと合っていないような気がしてしまいますね。

大田選手は、ちょっと身長が大きすぎるのではないかというほど、長身を持て余しているように思えるのです。

どちらかと言えば、日本ならば投手向きの長身だったのでしょう。

太田選手には日本ハムに移籍したことで、いいコーチと巡り合え、未完の大器が完成すればいいのですが…。

日本ハムで、今度こそ大田選手の才能が開花し、日本プロ野球最強スラッガーとして目覚めることを期待したいです。

 

日本ハム2017!新外国人選手エドウィン・エスコバーを紹介!

最後に、2017年から日本ハムでプレーする新外国人選手、エドウィン・エスコバー投手について調べてみました。

エスコバー投手は、まだ24歳という若さが売りの左腕。

2016年は最速154キロ、常時150キロだったというストレートが持ち味です。

縦に割れるカーブも、カーブを投げる投手の中では、空振り率が高いレベルになっています。

エスコバー投手は、メジャーリーグには、2年在籍しましたが、

25投球回で防御率7.01、WHIP1.79

という悲惨な成績。

一応、2A時代はかなり期待されていた投手のようですが、3A昇格後は、年々悪化の一途を辿っているみたいですね…。

日本ハムとしては、このエスコバー投手は、

補強ポイントであった左投手

に該当するみたいですね。

栗山監督が、

「補強ポイントであった左のパワーピッチャーの獲得が決まり、大変心強く思います」

とコメントしていますし、

「現状でもローテーション入りを期待しています」

と言っていたことから、基本的には、

先発候補として補強した

ように思えますね。

先発・中継ぎどちらもこなせるので、先発がダメでも、力押しの中継ぎとして活躍が期待できます。

公文投手、そしてこのエスコバー投手の獲得で、

左腕不足

という、日本ハムの2017年の補強ポイントは、しっかりと穴が埋まったと考えてよさそうです!

 

まとめ

日本ハムの、2017年の新戦力についてご紹介しました。

基本的には、野手は充実しているため、陽選手の穴は、岡選手などで補うのでしょう。

そのため、吉川投手の穴や、2016年の時点でも不足していた、左腕の確保をした補強だったと考えてよさそうです。

つまり、日本ハムの2017年の新戦力では、

公文投手とエスコバー投手

この2人に注目です!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球