星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

更新日

2015シーズンも、相変わらず堅実な強さで、2位となった北海道日本ハムファイターズ。

しかし、1位ソフトバンク、そして3位ロッテとも差が開いていたことから、ペナントレース後半戦をどう戦うのかも難しかったのだと思います。

それが影響してか、クライマックスステージでは、3位のロッテに敗退…

この悔しさをバネに、2016シーズンの日本ハムの戦いが始まります。

そこで当記事では、2016シーズンの日本ハムの新加入の戦力となる補強選手と移籍、助っ人外国人選手などについて、まとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

日本ハムの2016シーズンのスローガンが発表!

日本ハム スローガン

多くの貯金を作り、2位という好成績を収めた2015シーズンの日本ハム。

しかし、肝心の1位ソフトバンクには、9勝15敗と大きく負け越しました。

また、選手で言えば、エース大谷翔平投手の活躍が光るシーズンだったと言えますが、その大谷翔平投手も、同じくソフトバンクには1勝2敗と負け越し…

結局、1位ソフトバンクに勝てないが故に、2位で落ち着いてしまった…

そんな日本ハムの2015シーズンだったと、総括できます。

逆襲を誓う日本ハムは、先日、2016シーズンのスローガンを発表しました。

そのスローガンは…

『爆ぜる』

です。

なんともシンプルな一言なのでしょうか。

このスローガンに込められた意味は、現状に満足するのではなく、昨シーズンの自分、昨日の自分を超えようとする意識が、殻を打ち破る源になる、ということなのだそうです。

また、栗山監督は、

「一昨年から3位、2位と来て目指すところはただ一つ。個々の選手がベストシーズンと言えるものを残せれば、昨年のチーム成績を上回るのは当たり前。北海道中が弾ける、爆ぜる年になるようとにかく全力を尽くします」

とコメントしていました。

2016シーズンの日本ハムの戦いぶりに、注目です!

 

日本ハムの移籍・退団選手を紹介!

男性

それでは、まずは、日本ハムを2015シーズン限りで去った選手をご紹介します。

日本ハムから現役引退した選手

中嶋聡

木佐貫洋

日本ハムを戦力外となった選手

鵜久森淳志 →ヤクルトに入団

増渕竜義

斉藤勝

河野秀数

森内寿春

佐藤賢治

佐藤正尭

日本ハムを退団した選手

ビクター・ガラテ

マイケル・クロッタ

ジェレミー・ハーミッダ

ミッチ・ライブリー

高卒1年目の佐藤正尭選手が戦力外となったのは、プロ野球ファンの間で、一時、話題となりました。

佐藤正尭選手は、素行が悪く、居眠りしたり、行方不明になっていたりしたので、当然といえば当然ですが…

また、野手としては現役最年長、そして、実働年数29年という日本プロ野球記録タイに並んだ中嶋聡選手兼任バッテリーコーチが引退。

これによって、日本球界から、阪急ブレーブスに所属していた選手がいなくなるということになりました。

さらに、中嶋聡選手とともに、2015シーズン限りで、中日の山本昌投手が引退。

これによって、昭和の時代に入団した選手も、日本球界から姿を消すことになりました。

1つの時代の終わりを感じるようで、筆者としては、かなり寂しいです…。

話を日本ハムに戻しますと、2015シーズン限りで、日本人だけでなく、助っ人外国人が多く退団したことも印象的です。

2015シーズンでチームトップの本塁打を放った、寿司好きで人気のブランドン・レアード選手、そして先発として10勝を上げた、メンディことルイス・メンドーサ投手は、日本ハムの大事な戦力ということで残留です。

この2選手の残留については、日本ハムファンとしては、一安心といったところでしょうか?

彼らの活躍には、2016年も引き続き期待していきたいところですね。

 

日本ハムの2016シーズンの新戦力の補強選手を紹介!

パソコンを見る男性

続いては、2016シーズンから、日本ハムに加入する補強選手をご紹介しますね。

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーからです。

日本ハムのドラフト指名選手

上原健太

加藤貴之

井口和朋

平沼翔太

田中豊樹

横尾俊建

吉田侑樹

姫野優也

となっています。

ドラフト1位の上原健太投手は、2015年初頭では、今永昇太投手と並ぶ逸材として、多くの球団からリストアップされていました。

貴重な先発左腕として、活躍が期待されます!

また、春夏の甲子園を湧かせた平沼翔太投手も、日本ハムは4位指名をすることができました。

将来性がある投手だと思うので、しっかりと育成をしてほしいところですね。

そして、新たに他球団からの移籍によって新加入した補強選手の紹介です。

まずは、米野智人選手です。

米野智人

長らくヤクルトのスーパーサブとして存在感を示した米野智人選手。

その後、西武へトレードとなり、西武では、選手登録を外野手に変更していました。

そして、西武を戦力外となってしまいましたが、栗山監督の意向で日本ハムへ入団することに決定し、久しぶりの地元凱旋を果たすこととなるのです。

捕手兼2軍バッテリーコーチ補佐として獲得したようで、選手達の育成も任される、指導者としても、日本ハムでも存在感を示してくれるでしょう。

2016シーズンの日本ハムの新戦力に、期待ですね!

 

日本ハムの2016シーズンの新助っ人外国人を紹介!

日本ハム 助っ人

続いては、2016シーズンから加入する、日本ハムの新助っ人外国人選手をご紹介します。

日本ハムの新助っ人外国人1 アンソニー・バース

アンソニー・バース

日本ハムが中継ぎ候補として獲得した選手が、アンソニー・バース投手です。

バース投手は、メジャーリーグでのしっかりとした実績がある投手で、通算5勝、中継ぎとして5年連続20試合以上に登板しています。

さらに、2015年は、自己最多の33試合に登板している状態で来日するので、実力としては申し分ないでしょう。

メジャーリーグ時代は、元日本ハムのエース、ダルビッシュ有投手とチームメイトだったこともあるそうです。

特徴としては、最速150キロを超えるストレートと、バッターの左右による相性の悪さがないということです。

基本的に、投手というのは、どうしても相手バッターの右左に対する相性の良し悪しが出てしまうのですが、バース投手の成績を見ると、対右、対左も似たような数字であり、安定していることがわかります。

そういう意味では、大事な場面を任せることになるセットアッパーとしての活躍が期待できそうですね。

また、先発経験もあるため、困った時の先発要員としても、使うことができそうです。

バース投手は、メジャーリーグで何年も活躍している選手なので、日本のマウンドにさえ慣れることができれば、間違いなく、期待通りの活躍をしてくれると思いますよ。

日本ハムの新助っ人外国人2 クリス・マーティン

クリス・マーティン

ダルビッシュ有投手とチームメイトだったのがバース投手でした。

そして、これからご紹介するクリス・マーティン投手は、なんと、元楽天のエース・田中将大投手とチームメイトだったとのことです。

マーティン投手は、2015年にはヤンキースで20試合以上に登板した、打たせて取るタイプの投手です。

203センチという長身を活かした、角度のあるボールは日本球界において、非常に有効なので、一定の活躍は期待ができそうですね。

コントロールも悪くないようなので、バース投手同様、中継ぎとして、日本ハムを支えて欲しいと思います。


 

以上が、日本ハムの新外国人となります。

どちらもメジャーリーグで実績を残していますし、2015年も現役のメジャーリーガーだったということになります。

それだけに、大車輪の活躍を、期待したいですね!

 

まとめ

2015シーズンは、2位という成績に終わってしまった日本ハム。

1位・ソフトバンクとの差は大きく開いていたため、決して惜しい、とは言えないのが、悔しいところですね。

2016年は、首位奪還を目指し、日本ハムは現役メジャーリーガー2人を獲得しました。

打倒ソフトバンクを、果たすことはできるのでしょうか?

2016シーズンの日本ハムの戦いぶりに、注目していきましょう!

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球