星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

バレンタインデー

バレンタインデーの女性からの告白の正しい断り方や振り方とは?

更新日:

明らかに義理チョコとわかるようなものなら、相手に気兼ねなく

「結構です」

と、受け取りを拒否することだって出来るでしょう。

実際にチョコが苦手な人もいるでしょうし、そういう人は、義理チョコだと断るケースがあります。

ただ、これが、真剣に本命チョコを渡し、告白してきた女性に対してだと、話が全く違ってきます。

下手に断ってしまっても、告白を受ける気もないのに、中途半端な返事をしてしまっても、ただ相手を傷つけてしまうだけです。

では、どのような方法で上手く女性の告白を断れば良いのでしょうか?

本記事では、相手女性を傷つけない、バレンタインでの告白の断り方・振り方のおすすめを、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バレンタインデーの告白は女性にとっての一大決心…

バレンタイン

バレンタイン

バレンタインデーといえば、もはや『チョコレートの日』という印象が残るくらい、あちこちで販売戦略が目立っていますよね。

まるで、この日は、

『女性が必ず男性にチョコを渡さなければいけない日である』

と言っているような気がするほど、スーパーやコンビニで、バレンタインデー特集のチョコ販売コーナーを目にします。

その分、多少気軽にチョコを手にして、好きな男性に渡せるようになっているのかもしれませんが、ある種、義理チョコと本命チョコの見分けが、難しくなってきているような印象も伺えます。

もちろん、ラッピングや中身で差別化を図っていることと思いますが、しっかり告白しないと、鈍感な男性には、愛の告白であると気づいてもらえず、スルーされてしまうなんてこともあるかもしれません。

まさに、チョコ業界のトラップに、社会全体が、まんまとハマってしまっていると言えるでしょう。

しかし、バレンタインデーのルーツを辿れば分かる通り、別にバレンタインデーはチョコの日というわけではありません。

あくまで、愛する男女が愛を確かめ合う日であるということに違いないのです。

たまたま、チョコ業界が恋愛に敏感な女性に目を付け、男性に愛や日頃の感謝の意味を込めて、チョコを渡す日として販売戦略を仕掛けたのが、今のバレンタインデーの風習で、本来は、男性から花束やメッセージカードを女性に贈ってもおかしい話ではありません。

あくまで、愛を告白し、確かめ合う日であることを忘れてはいけません。

そして、義理チョコが横行するなか、女性達一大決心をして、意中の男性に向かって愛の告白をする日であるということを、男性たちはしっかり胸に刻んでおきましょう。

 

バレンタインデーで女性の告白を上手く断る方法

男性

バレンタインデーは、先程もお話したとおり、女性達が一大決心をして、意中の男性に愛の告白をするための特別の日です。

もちろん中には義理チョコを渡してくれるケースもたくさんありますが、ラッピングやチョコの種類(手作りチョコなど…)によって、それが、愛の告白である本命チョコであることを見分けることも出来るはず…

女性から愛の告白を受けることは、決して悪い気などせず、ちょっとでも気になる女性から貰えたら飛び上がるほど嬉しくなったりするものです。

しかし、既に結婚している男性や、相手が全く気に求めていない女性からだと、そのまま受け取って良いのか分からず戸惑ってしまうなんてこともあるでしょう。

中には、とりあえずチョコを受け取るだけ受け取って、返事を少し待ってもらい、なんとか傷つけないように言葉を選びながら、相手女性からの愛の告白を断ろうとしている男性も多いと思います。

そんな男性たちが、相手女性からの告白の断り方で困らないようにするには、どのようにすれば良いのでしょうか。

参考までにそのおすすめの方法を幾つかご紹介しましょう。

バレンタインデーの告白を断る方法1 理由を提示してきっぱり断る

女性は、脈が無いと思われる恋愛にはきっぱりけじめを付けられるところがあるため、明らかにダメなら、ダメとはっきり断って欲しいと考えている女性が多いように思います。

たとえば、

『今は仕事に集中したいから誰とも付き合えないのでごめんなさい』

と断れば、相手女性も、それなら仕方ないと諦めてくれますし、多少は傷つける事にはなりますが、すぐに、次の恋愛に進むことができるので、そんなに傷を引っ張ることはありません

また、断る際に、

『〇〇さんは魅力的で自分にはもったいないけど、今はごめん』

と付け加えれば、十分誠意は伝わります。

中途半端に女性を惑わすくらいなら、相手を傷つけないためにも、きっぱり断りましょう。

バレンタインデーの告白を断る方法2 真剣に想いを伝えて断る

一番相手を傷つけてしまうのは、

『お前のこと嫌いだから無理』

だとか、

『自分の守備範囲外だから無理』

というような、完全な上から目線での断り方です。

相手はあなたのことを好きで、一生懸命に愛をこめてチョコを渡そうとしてくれているのですから、その気持をしっかり受け止めた上で断ることが最低限のマナーです。

間違っても上から目線で偉そうな断り方をするのはNGで、それではただ、相手女性を傷つけるだけです。

あくまでバレンタインデーの告白を断る場合も、通常の告白も

『気持ちは嬉しんだけど、どうしても友達としてしか見ることが出来なくて受け取れない。ごめんなさい』

とオブラートに包んだ、告白の断り方を心がけましょう。

女性としても、気持ちはちゃんと受け止めて考えてくれていて、その上で誠意を持って断ってくれた、と気持ちが伝わり、傷ついたとしてもすぐに次の恋に進むことが出来ます。

どうしても、好みや価値観はありますし、自身の想いが必ず成就するとは女性も考えていません。

もしかしたら、告白しても断られるかもと考えているはず…

ただ、上から目線で強く断られてしまうと、

『何で、そこまで言われなければならないの?』

反感を持ってしまうのも事実です。

偉そうに男ぶって断るのではなく、まずは、優しく

『告白してくれてありがとう』

と、そのことに感謝の意を示しましょう。

「ありがとう」の気持ちは絶対忘れずに!

その上で、どうしても受け取ることは出来ないと、オブラートな表現に変えながら、はっきり断ってあげるのが、相手女性を傷つけない優しい断り方だと思いますよ。

バレンタインデーの告白を断る方法3 はっきり言う

女性達が一番傷つくのは、別の女性がいるのに告白を受け取られてしまうことが、一番傷つくものです。

何かと、世間を賑わすニュースになっている熱愛・破局報道を見ると、女性が男性の浮気に過敏に反応し、反感を抱くのは目に見えて分ります。

それならば、潔く、

『あなたが魅力的なのは分かるけど、好きな女性がいるから告白を受けることは出来ません。ごめんなさい。』

と、はじめから断ってあげるのが、男性の優しさというものでしょう。

どんなに女性が魅力的だったとしても、既に別の相手がいるならどうすることも出来ませんし、相手女性も仕方ないと諦められます。

時には男の潔さを見せてあげることも、相手を傷つけない断り方として必要なことなのだと思いますよ。

以上が、相手女性を傷つけない、バレンタインの告白の、おすすめの断り方です。

とにかく大事なのは、誠実に、気持ちに対して感謝しつつ、きっぱり断ることです。

それ以外に相手を傷つけない断り方など存在していないと、筆者は考えています。

言葉そのものはオブラートに包みながら、でも中身ははっきり断るということをしっかり肝に銘じ、女性の気持ちに対する感謝や、告白してくれた相手が魅力的と褒める姿勢は忘れないようにして、優しく断るようにしましょうね。

 

バレンタインデーの告白の保留はいつまで?

バレンタイン

バレンタイン

冒頭でもお話したように、とりあえずチョコは受け取ったものの、告白の返事は待って、と保留にしている男性は少なからずいらっしゃいます。

では、いつまでなら、告白の返事の保留は有効なのでしょうか?

基本的には、相手に少しでも脈があると錯覚させてしまわないためにも、できれば、その場ですぐに断るのがベストです。

しかし、どうしても相手を傷つけてしまうから、と言って、告白の返事を保留にしてしまう気持ちも分かります。

そういう場合は、最大3日を限度に、出来る限り早く断るようにしましょう。

相手の立場に立って考えると、待たされた上に断られるなんて、こんな残酷な話はありません。

すぐに断られた方が、傷も浅く済みますので、出来る限り早めにはっきり断るようにしましょうね。

 

まとめ

バレンタインの告白は、告白を受けた男性側も、意中の相手が別にいたり、他に理由があって断りたいときは、相手を傷つけてしまうのでは?と不安になり、返事を躊躇してしまいがちです。

しかし、変に躊躇して返事を遅らせてしまったり、相手に優しさを魅せること無く、上から目線で断ってしまうと、ただ相手を傷つけてしまうことになります。

くれぐれも、相手からの告白には感謝を示しつつ、はっきり明確な理由を添えて、

『付き合うことは出来ませんごめんなさい』

と断るようにしましょう。

ただし、くれぐれも『好みじゃないから無理』といったように上から目線は絶対NG、ということを忘れずに言葉選びは慎重にしてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バレンタインデー

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.