星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

高梨沙羅の年収や獲得賞金と海外の反応!実家はセブンイレブン?

更新日:

FISジャンプワールドカップ(女子)の大会や、ソチ五輪などの戦いでの結果を通じ、

日本女子スキージャンプ界を大きく牽引している、女子スキージャンパーの高梨沙羅選手。

彼女は、現在クラレに所属し、クラレのテレビCMに出演している他、キューリのキューちゃん、エイブル、セブンイレブンなどのCMにも出演。

ところがあるテレビCMにて、高梨沙羅選手の実家が、なんとセブンイレブンのチェーン店である事が判明したと話題になっているそうです。

はたして、それは本当の事なのでしょうか?

また、高梨沙羅選手の年収やこれまでの賞金、海外での反応なども合わせて本記事でお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高梨沙羅の実家はセブンイレブン?

高梨沙羅の実家はセブンイレブン?

高梨沙羅の実家はセブンイレブン?

2015/2016・FISジャンプワールドカップ(女子)で、

第2戦(ロシア、ニジニ・タギル)と、第13戦・14戦(スロベニア、リュブノ)の3戦を除き『全て優勝』

という快挙を成し遂げている女子スキージャンパーの高梨沙羅選手。

この高梨沙羅選手が、イメージキャラクターとして出演のセブンイレブンのテレビCMが、ネットで話題となっているようです。

その大きな背景として、

『高梨沙羅選手の実家がセブンイレブンである』

という噂が流れました。

そのことで、ただでさえ、うら若い女性スキージャンパーとして注目されている高梨沙羅選手が、さらに注目されているのです。

それにしても、セブンイレブンのチェーン店が、高梨沙羅選手の実家とは、不思議な縁を感じますよね。

 

なぜ、高梨沙羅選手の実家が、セブンイレブンのチェーン店を経営していると判明したのか。

その答えは、全て彼女が出演したセブンイレブンのテレビCMに映されていました。

そのテレビCMは、高梨沙羅選手が、自身の幼少期のスキージャンプの練習風景や、大会での優勝した時のことを

写真や映像で振り返るドキュメンタリータッチのCM

で、このCMのナレーションは高梨沙羅選手自身が務めています。

幼いころに体験した嬉しかったことや、辛かったこと、練習や大会での厳しさなど、当時のことを思い出しながら、ナレーションをしています。

そんなセブンイレブンのテレビCMの中で、高梨沙羅選手は、こんなことを発言しています。

なんと

「わたし、高梨沙羅はセブンイレブンで育ちました」

と語っているのです。

これを聞いて、はじめは近所のセブンイレブンのお弁当や、お惣菜などを食べて育ったニュアンスなのだろうと思い込んでいました。

しかし、実は全くそういうことではありませんでした。

どうやら高梨沙羅選手の実家が、セブンイレブンのチェーン店である話で、詳しく調べてみると、彼女が育った北海道上川町にある、

セブンイレブン上川層雲峡店

が、彼女の実家が経営しているチェーン店だった事が判明。

北海道神河町・層雲峡温泉街

北海道神河町・層雲峡温泉街

この話は、セブン&アイHDがJ-CASTの取材に対して、事実と認めているので、紛れもない事実です。

 

それにしても、高梨沙羅選手のように、注目されている選手の実家が判明してしまったら、

ミーハーな一般人が一気に押し寄せてきて、大騒ぎになりかねない

と思うのですが、テレビCMでそんな話をしてしまって大丈夫なのでしょうか?

そんな心配をしながら探ってみると、もともと高梨沙羅選手の実家が、セブンイレブンのチェーン店であることは超有名な話らしいです。

その場所が、北海道上川町・層雲峡温泉という観光地であるということもあり、おみやげグッズなども揃っていて評判も良いそうです。

もう町の人なら誰でも知っている話ですから、全国区のテレビCMで放送されたとしても、さほど問題としなかった話なのでしょうね。

追記:2017年8月1日

高梨沙羅選手の実家のことを調べてみると、セブンイレブンのチェーン店を経営しているだけではなく、

他にも焼肉店や魚屋の経営もしている

やり手であることが判明!!

しかも、魚屋に関しては、セブンイレブンや焼肉店を経営する前から経営していたらしく、いずれも成功しているとのことです。

高梨沙羅選手の父の経営手腕に驚かされるばかりです。

あくまで噂レベルの話ではあるのですが、実家の一室が、かなり広かった話も囁かれています。

そもそも、事業がこんなにも成功を収めているのであれば、実家が豪邸で金持ちであったとしても、おかしい話ではありませんよね。

高梨沙羅選手自身、スキージャンプで大成功を収めています。

その上、実家までも成功していると聞かされると、本当に羨ましい話に聞こえますね。

 

高梨沙羅の年収や大会賞金はかなり少ない…

高梨沙羅

高梨沙羅

弱冠19歳で、数々の世界大会で優勝し、FISスキージャンプ・ワールドカップ総合でも、

2012/13シーズン

2013/14シーズン

の2度も総合優勝するなど、輝かしい実績を見せている高梨沙羅選手。

当然、大会賞金だけでも、かなりの高収入を得られていると思いきや、

賞金は意外と少ない

ようなのです。

スキージャンパーというものは、大きな賞金をもらえないのかと思ってしまいます。

その高梨沙羅選手のスキージャンパーとしての賞金は、2013/14シーズンのように、前人未到の全戦表彰台の快挙を達成しても、たったの

684万7千円

と、一般サラリーマンより少し高いレベル。

これが、賞金のためにスキージャンパーをしていたら、とてもやってられない賞金といえるかもしれません。

まぁ高梨沙羅選手が、賞金のためにスキージャンパーになっているわけでないことは明白です。

それでも遠征費や、練習・トレーニングをはじめ、スキージャンパーとして生活を支えるだけのコストは発生するわけです。

この賞金だけでは、厳しいように思います。

 

そんな高梨沙羅選手たちを支えるのが、スポンサーとなる大手企業の存在や、CM出演となります。

高梨沙羅選手の場合、アルパカがテレビCMに登場する、『ミラバケッソ』で、お馴染みのクラレ。

この会社に所属契約することで、CM出演料を含め、資金面での大きな援助を受けています。

その他にも、セブンイレブン・ANAなどのスポンサー契約を結んでいるため、CM出演料を含め、高梨沙羅選手は、

年収4000万~5000万円(推定)

と言われているそうです。

あくまで推定年収であり、その詳細は分かっていません。

ただ、その年収額は、これからスキージャンパーとして夢を追おうとする若い女性に、高梨沙羅選手が夢を与えていることには違いないでしょうね。

女子スキージャンプは、男子と比較して歴史が浅く実績が少ないため、大会ではどれだけ優勝しても、賞金としてはそれほど稼ぐことはできません。

しかし、高梨沙羅選手のように着実に活躍し、賞金以外のところから収入を上げ、大きな年収としている選手もいます。

そして今後、さらなるスキージャンプの活性化によって、大手スポンサーが大会に就くようになり、賞金額が上がることもあるかもしれません。

ぜひ、女子スキージャンプ界を大きく盛り上げる一役を、高梨沙羅選手に担ってもらいたいですね。

追記:2017年8月1日

高梨沙羅選手は、2016-17シーズンもスキージャンプ・ワールドカップ総合優勝を果たし、2014-15シーズンの2位を除いて、

この5年間で4度総合優勝する

という快挙を成し遂げています。

それでも、大会だけの賞金総額は500万円くらいと変わらず、割に合わない収入と言えそうです。

しかし高梨沙羅選手の場合、さきほどお話したスポンサー契約が凄いので、むしろそちらで稼いでいるとも言えそうです。

さらに資生堂・アネッサとのスポンサー契約も増やしています。

たまに出演するメディア出演のギャラなども全部合わせると、

「年収として6~7,000万円となってもおかしくない」

とも言われているようです。

ということは、大会賞金と合わせて、ざっくり計算すると、年収7,500万円くらいあるということになりますよね。

もちろん、これはネットに挙がっている金額などを参考に、憶測した上で話している金額です。

実際には公表されていないので、スポンサーが新たに増えたことで、年収にどのような変化がもたらされたのか、はっきりしていません。

ただ、高梨沙羅選手のスポンサーに付くことは、それだけでも宣伝効果は跳ね上がります。

ダイレクトにギャラが入っていれば、それくらいあっておかしくありません。

クラレとの所属契約も、言い換えれば契約社員みたいなものだと思います。

『きゅうりのキューちゃん』や『セブンイレブン』などのテレビCMにも出演できているということは、

クラレ独占ということでもないはず…。

また、クラレ自体が高梨沙羅選手の応援団として所属契約を結んでいる位置づけらしいのです。

なので、ギャラの一部を徴収することもないでしょう。

とはいえ、高梨沙羅選手は世界を転戦するスキージャンパーですから、遠征費など経費も相当かかるでしょう。

決して億万長者になっているわけではないと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

高梨沙羅への海外の反応は悲鳴が出るほどの脅威…

女子ワールドカップの

表彰台登壇回数76回(しかも1位が53回)

は、断トツの結果で、スキージャンパーとして、圧倒的な力の差を見せつけている高梨沙羅選手。

この高梨沙羅選手に対する海外の反応は、まさに、彼女にただただ脅威に感じているように伺えます。

「沙羅、もうかんべんしてくれ」

「女子スキーは彼女の支配が続く…」

とコメントしている人が多くいます。

もはや、海外の反応から見ても、女子スキージャンプ界は、ほぼ高梨沙羅選手の独壇場となっていると言っていいでしょう。

そもそも、彼女が初参戦した2011-12シーズン以降のスキージャンプ・ワールドカップ

全てのシーズンで、総合3位以内(しかも4度優勝)

というのは歴史的快挙です。

これを独壇場と言わずして何を独壇場というのか分からない程の実績を、彼女は挙げていることになります。

それくらい、スキージャンパーとして輝かしい実績を残している高梨沙羅選手ですが、いつかは選手生命が終わる(引退する)時は必ず来ます。

もちろん、それはまだまだ先の話だとは思います。

とはいえこれから先、女子スキージャンプ界としても、第二の『高梨沙羅』となる選手を育成する必要性は求められていくでしょう。

高梨沙羅選手一人におんぶにだっこでは、サッカーのなでしこの場合のように、またすぐに女子スキージャンプ界が衰退してしまいかねません。

やはり、彼女を脅かすライバルとなる選手が、国内からも海外からも、もっと出てこなければいけないでしょう。

Jリーグでも、2015シーズン1stステージで、浦和レッズが無敗で優勝しました。

しかし年間で見ると、チャンピオンシップでガンバ大阪に敗れ、総合3位に甘んじる結果となりました。

チャンピオンシップの是非はあるものの、Jリーグそのものは盛り上がりを見せたように思います。

独壇場は、すごい話かもしれませんが、あまりに高梨沙羅一強状態が続くと、スキージャンプ競技そのものに魅力が感じられなくなってしまいかねません。

そうならないように、スキー協会や、大手企業・スポンサーなどが、スクラムを組み、未来ある子供たちを育てながら、

『高梨沙羅選手を追い越す選手を育成していって欲しい』

と、海外の反応を見て、率直に思う次第です。

そして、誰が優勝するのか毎回分からず、ハラハラドキドキさせてくれるスキージャンプ競技を見させてくれる未来を楽しみにしています!

 

まとめ

女子スキージャンパーの高梨沙羅選手が、テレビCMで

「わたし、高梨沙羅はセブン‐イレブンで育ちました」

と告白しているように、彼女の実家が、北海道上川町にある、セブンイレブン上川層雲峡店であることが明らかになりました。

また、大会賞金だけでは年収は少なく、遠征費など必要諸経費を、所属契約しているクラレをはじめ、

多くのスポンサーや、テレビCMの出演料

でまかなっている事も、改めてわかりました。

そんな支えを受けながらも高梨沙羅選手は、海外から

「もう勘弁してくれ」

と言われるほど強さを見せつけているのです。

今後のさらなる活躍を期待しながら、一方で高梨沙羅選手の良きライバルが出てくることも楽しみにしたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.