星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

バガボンドの休載や連載が遅い理由!作者・井上雄彦の状況は病気?

更新日:


1998年から、週刊モーニングで連載中の漫画作品『バガボンド』。

この『バガボンド』という漫画は、

作家:吉川英治先生の小説『宮本武蔵』をモデル

にした漫画です。

主人公である武蔵が生きていた時代ならではの葛藤や、佐々木小次郎を筆頭とする剣客との戦いなどが描かれた長編漫画となっています。

『バガボンド』の評判も良く、人気もかなり高いですよね。

しかし、時折『バガボンド』が連載休止となることが発生し、

「フィナーレを迎えることなくフェードアウトしてしまうのでは?」

と、心配する声もファンの間では挙がっているそうです。

そこで、本記事では、作者の病気説の真相や『バガボンド』の現状、連載ペースが遅い理由・真相をお話していきましょう。

スポンサーリンク

バガボンドの漫画の現状

バガボンド

バガボンド

みなさんは、

バガボンド

という漫画を知っていますか?

現在、週刊モーニングで不定期掲載されている、漫画家・井上雄彦先生の漫画作品です。

ただ元々『バガボンド』は、週刊連載をしていた作品でした。

なぜ、それが不定期連載になったのかは、後ほどお話していきます。

 

では『バガボンド』が、どんな漫画かざっくり言うと、冒頭でもお話したように

小説家:吉川英治先生の小説『宮本武蔵』

を題材とした歴史漫画です。

剣客・兵術家として生きた、宮本武蔵を主人公とし、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて、

剣士としての出世の夢が破れ、道半ばで挫折しながら、もがき苦しむ葛藤の日々や、佐々木小次郎との戦いを軸

に、宮本武蔵と剣豪たちの戦いなどが描かれている作品となっています。


次のページへ >

-漫画

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.