星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

バガボンドの休載や連載が遅い理由!作者・井上雄彦の状況は病気?

更新日

1998年から、週刊モーニングで連載中の漫画作品『バガボンド』。

この『バガボンド』という漫画作品は、作家:吉川英治先生の小説『宮本武蔵』をモデルに、主人公である武蔵が生きていた時代ならではの葛藤や、佐々木小次郎を筆頭とする剣客達との戦いなどが描かれた長編漫画作品で、評判も良く、人気もかなり高いですよね。

筆者としては、この漫画にあまり精通していたわけでは無かったのですが、いろいろ話を探っていくと、時折『バガボンド』の連載が遅れ、

『フィナーレを迎えること無くフェードアウトしてしまうのでは?』

と、心配する声もファンの間では挙がっているそうです。

そこで、本記事では、『バガボンド』が連載ペースが遅い理由や、作者や原作ネタバレを含め、『バガボンド』の現状を探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

バガボンドの漫画の現状

バガボンド

バガボンド

みなさんは、バガボンドという漫画作品をご存知ですか?

現在、週刊モーニングで不定期掲載されている、漫画家・井上雄彦先生の漫画作品ですが、元々は週刊連載をしていた作品でした。

何故、それが不定期連載になったのかは、後ほどお話していきますが、どんな作品かざっくり言うと、冒頭でもお話したように小説家:吉川英治先生の小説『宮本武蔵』を題材とした剣客モノの歴史漫画です。

剣客・兵術家として生きた、宮本武蔵を主人公とし、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて、剣士としての出世の夢が破れ、道半ばで挫折しながら、もがき苦しむ葛藤の日々や、佐々木小次郎との戦いを軸に、剣豪たちとの戦いなどが描かれている作品となっています。

戦国末期から江戸時代は、歴史好きの王道からは若干外れているようなマニアックな印象(戦国時代や幕末が王道と考えている人が多いと思われるため…)を持っています。

しかし意外にも、江戸時代が好きという方も多くいらっしゃるようです。

そんな人達からしてみれば、この『バガボンド』という作品は、完全にストライクと言えるかもしれませんね。

筆者は、正直に言うと、この時代(江戸時代初期というよりか、幕末以外の江戸時代全般)が好みではなく、とくに、何を考えているかわからない徳川家康は好きになれなかったものですから、どうしても馴染めずに敬遠していたもので、時代に精通しているわけではありません。

しかし、そんな筆者でも宮本武蔵佐々木小次郎の名前は、よく耳にしています。

佐々木小次郎(左)、宮本武蔵(右)

佐々木小次郎(左)、宮本武蔵(右)

ライバル関係を示す代名詞とも言える歴史的にも有名な2人で、剣客としての生き様はもちろんの事、2人だからこそ分かち合えるその当時における苦悩や葛藤なども、私達の想像を遥かに超えるものを持っていたのだと思います。

そんな2人や当時の剣客・街人たちの生き様を、宮本武蔵の目線で捉えた歴史的青春漫画が、『バガボンド』という作品なのです。

とくに、宮本武蔵は二刀流(厳密には、二天一流兵法)の開祖とも言われ、兵法書・五輪書も書き綴っている人物ですから、彼を慕い、いつしか『バガボンド』にハマったという人も多いのではないでしょうか。

もし、その世界の興味がある方は、一度、『バガボンド』を読んでみてくださいね。

さて、この『バガボンド』という漫画ですが、2002年に、第6回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞するなど、数々の賞にも輝いている大人気マンガです。

しかし何故か、現在は『バガボンド』の連載が遅れたり、また急に連載されたりと、かなり不定期な連載となっています。

そのためなのか、2014年7月23日に、『バガボンド』第37巻がリリースされたのを最後に、単行本コミックス最新刊がリリースされずに、今に至っています。

なにやら、『バガボンド』は、終わり方を見失ったという話もあり、連載したかと思えば、休載したりと、その繰り返しをしているようで、なかなか話が進んでいない、といった状況みたいですね。

しかも、一部では、いつしか農業漫画という話も囁かれ、『バガボンド』のストーリーも、かなり紆余曲折してしまっている印象を受けます。

やはり、終わり方を見失ったというのは、本当の事で、終着点を探し、さまよっているのではないか?と筆者も感じています。

少し話は変わりますが、いつの間にかフェードアウトしてしまったり、休載を繰り返して、なかなか話が進んでいない作品の幾つかありますよね。

その代表的な漫画が、冨樫義博先生の漫画作品『HUNTER×HUNTER』です。

HUNTER×HUNTER

HUNTER×HUNTER

この作品は、あくまで休載中という状況であるのですが、昨年は一切連載されていないらしく、2014年8月25日発売週刊少年ジャンプ39号以降、全く連載されていない模様。

あくまで噂での話ですが、このままフェードアウトするのでは?という話もあるのが現状で、もしかしたら『バガボンド』も『HUNTER×HUNTER』と共に、フェードアウトしてしまうかもしれません。

あくまで可能性の話だけで、終わり方を見つけて最後に向けて、また漫画の連載を再開していくかもしれませんが、とりあえず現在は不定期掲載であり、いろんな意味で不透明と言わざるを得ないでしょう。

バガボンドが休載・連載が遅い理由は?

井上雄彦

井上雄彦

バガボンドの連載が遅い理由は、結論から言えば、不定期掲載になっているための一言につきます。

不定期というと、聞こえが良いかもしれませんが、いわば、

『いつ連載されるかわからない』

ということを意味し、数年間一切連載されずに、忘れた頃にひょっこり連載開始される、という可能性も十分ありえます。

普通なら、完全に見切られてしまい、フェードアウトしてしまうものと思われますが、時に、人気作品は、しばらく休載していても、忘れた頃に連載開始されるケースはあります。

その代表的な作品の一つが、実写映画化にもされた、荒川弘先生の漫画作品『銀の匙 Silver Spoon』

この作品も、最近になって、ようやく連載再開されましたが、家庭の事情でしばらく休載していましたよね。

普通なら、そのままフェードアウトするのがセオリーではあるのですが、家庭の事情があるために休載したわけですし、荒川先生のファンは、『鋼の錬金術師』のファンも含めて、多数いらっしゃいます。

ファンも、その事情を考慮し、いつか必ず連載再開される、と信じて待っていてくれたからこそ、連載再開までこぎつけることが出来たのだと思います。

『バガボンド』も、多くのファンがいらっしゃるので、きっといつか連載再開すると思いますが、今のところは全く不透明です。

それにしても、侍の話なのに、農業漫画と言われるような演出が見られたり、かなり右往左往している部分が見受けられますよね。

そもそも筆者がしっかり熟読していないから、そう思ってしまうのかもしれませんが、『バガボンド』作者の井上雄彦先生自身、終わり方を見失った、と話しているそうなので、かなりさまよってしまっている部分があるのでしょう。

筆者も記事を書いている最中、話の繋がりや文章の書き方で迷い、どういう終着ポイントで終わらせるべきか悩み、書けなくなってしまうことが多々あります。

そういう時は、気分転換してみたり、全く違うことをしてみたりしながら、またリセットして考えなおし、執筆を再開することもあります。

作者・井上雄彦先生の『バガボンド』との向き合い方を見てみると、筆者のそれに近いニュアンスを感じます。

というのも、最初は、『SLAM DUNK』の終わり方があまりにも素晴らしく、それを目指していたものの、『バガボンド』は、理想的な終わり方を目指しすぎて、どこで終わらせるべきか分からなくなってしまい、結果、度々休載しては、違うアクションを撮り始めています。

アントニ・ガウディと井上雄彦のコラボレーション展を開いたり、全国を旅して、仏師で江戸時代の僧侶・円空の足跡を辿り、その話を綴った著書『円空を旅する』をリリースしたりと、作者・井上雄彦先生は、漫画と離れた活動もされているそうですよ。

円空を旅する

円空を旅する

きっと、漫画と向き合いすぎると、物事が見えなくなってしまい、『バガボンド』作者・井上雄彦先生も終着点にいつまでもたどり着けなくなってしまうところがあるのでしょう。

井上雄彦先生自身が、いろいろ経験しながら考え方を変えながら、『バガボンド』の連載再開に向けて、準備されているのではないかと思います。

そして、その充電をするために度々休載し、そのために『バガボンド』の連載が遅れている、というのが真相だと思いますよ。

 

バガボンドの作者・井上雄彦は病気?

井上雄彦

井上雄彦

時折、連載が遅れ、なかなか話が進まず、更には農業漫画と化しているなんて話も耳にしている事が、大きな背景となっているのか、何故か『バガボンド』の作者である、井上雄彦先生が

『病気を患っているのでは?』

なんて、心配する声も聞かれます。

先ほどからもお話しているように、決して作者の井上雄彦先生自身が大病を患っているわけではなく、単純なる充電期間として、時折休載しているに過ぎません。

しかし、あまりにも『バガボンド』を休載することが多いために、どうしてもファンは心配してしまうのでしょう。

まぁ、芸術家的な活動や、作家的な活動など、井上雄彦先生が、漫画家から少し離れた活動をすることで、これまで終わり方が全く見えなかった、『バガボンド』の終わらせ方が見えてくるかもしれませんし、いつかひょっこり『バガボンド』の連載を再開してくれることもあると思います。

とにかく、その日が来ることを気長に待ちたいものですね。

 

まとめ

漫画家:井上雄彦先生が描く漫画作品『バガボンド』は、時折連載休止されることが多く、

『井上雄彦先生が病気を患っているのでは?』

という心配の声もあるそうですが、実はそんなことは無く、井上雄彦先生は、漫画と少し離れ、インスピレーションを得るためなのか、別の創作活動をされていることが分かりました。

『バガボンド』原作が、吉川英治先生の小説『宮本武蔵』を題材とした漫画作品ですし、勝手にストーリーを変えるわけにもいかず、だからといってそのままのストーリーとすることも出来ず、いろんな意味で悩まれているのだと思います。

井上雄彦先生も、もう一つの連載作品『リアル』も抱えていますし、一つのんびりと連載再開を待ちたいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-漫画