星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

西武2017の補強!ドラフト指名ルーキーと新外国人選手をチェック

更新日:

2016年は4位に終わった西武。

2017年こそは、クライマックスシリーズ進出をかけ、ペナントレースを戦っていくことになると思います。

しかし、エース・岸投手の移籍など、失った戦力が大きく、間違いなく2017年も苦戦を強いられることになるでしょう。

戦力不足の西武にとって、若手の台頭や、新助っ人外国人の活躍は不可欠です。

そこで当記事では、2017年から西武でプレーする、ドラフト指名ルーキー、新外国人選手など補強戦力にスポットを当ててみようと思います。

ちなみに、先に言っておきますと、西武に移籍による加入選手はいません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

西武の退団・引退選手を紹介

まずは、2016年限りで西武を去った選手をまとめました。

西武を戦力外となった選手

  • 星孝典
  • 木村昇吾 → 育成で再契約
  • 宮田和希
  • 竹原直隆
  • 山口嵩之
  • 中崎雄太

西武を退団した選手

  • C・C・リー
  • フェリペ・ポーリーノ
  • エスメルリング・バスケス

西武を現役引退した選手

  • 岡本篤志

西武を移籍した選手

  • 岸孝之 → FAで楽天へ入団

少しでもプロ野球を知っている人なら見ればわかるとおり、西武にとって一番の痛手は、

岸投手のFA移籍

でしょう。

しかも、ともにクライマックスシリーズ進出を争うことが予想される、パ・リーグのライバル・楽天へ移籍してしまったのです。

西武の戦力としても敵の戦力増強という意味でも痛手です。

簡単な話、

『自分の鎧を脱いで相手に渡した後、決闘をする』

というようなものですし…。

エースが抜けた穴

というのは、並大抵のことでは埋まりません。

しかも、西武はただでさえ、

投手不足

という問題を抱えていただけに、投手の補強が最優先となりました。

では2017年の西武は、この補強ポイントである投手の補強を行うことができたのでしょうか?

 

西武のドラフト指名ルーキーを紹介!

続いては、西武に2017年から入団する新選手を紹介します。

とは言っても、移籍選手はいません。

西武に新加入の日本人選手はルーキーのみ。

なので、ここではルーキーの紹介となります。

西武のドラフト指名選手

  • 今井達也
  • 中塚駿太
  • 源田壮亮
  • 鈴木将平
  • 平井克典
  • 田村伊知郎

ドラフト1位で指名したのは、作新学院の今井達也投手です。

今井投手は、高校BIG4の1人で、

最速152キロのストレート

が魅力の右腕。

しかし、まだコントロールに難ありなので、育成型の投手と言えそうです。

その他も、源田選手、鈴木選手以外は投手という、投手中心の指名となっています。

西武は岸投手が抜けたので、新たなエース候補を探さなければなりません。

雄星投手も、噂だとメジャーリーグ挑戦という話が浮上していますし、何としても、新世代のエースを育てなければならないでしょう。

西武の2016年のドラフト会議は、全体を見ても、

6人中4人が投手

今井投手以外は全員が大卒・社会人

即戦力投手を獲得しているので、西武の補強としては、合致するドラフト会議になったのではないか…

筆者としては、そう分析しました。

 

2017年の西武の新外国人選手を紹介!

最後に、2017年の西武を占う上で、とても重要になる新外国人選手を紹介します。

いくら即戦力ルーキーを獲得したとしても、なかなか1年目からルーキーが活躍するというのは難しいですからね。

必ず外国人選手の力が必要になってきます。

そこで、西武は補強ポイントである投手3人を外国人選手として獲得しました。

はたして、彼らはどんな選手なのでしょう?

さっそく、新外国人選手3人の特徴などを調べてみました。

2017年の西武の新外国人選手1 ブライアン・シュリッター

西武がリリーフ、抑え候補として獲得したのが、ブライアン・シュリッター投手です。

シュリッター投手は、

196センチ

107キロ

という巨体の30歳。

メジャーリーグは

  • 2010年に7試合
  • 2014年に61試合
  • 2015年に10試合

と登板していますが、定着しきれなかったようです。

ついには2016年のメジャー昇格はありませんでした。

メジャーリーグ通算では、

71.2イニングで防御率5.40、WHIP1.59

という成績です。

また、3Aでは、

182.0イニングで、防御率2.92、WHIP1.59

となっています。

3Aでの成績は、防御率の割にWHIPが高いのが気になりますね。

これは一体なぜかと調べてみると、どうやら、

シュリッター投手の3Aでの与四球率が4点台を超えている

ということがわかりました。

与四球率4点台というのは、基本的には平均以下で悪い数字です。

つまり、シュリッター投手は、

コントロールが悪く、四球を出してランナーを貯めてしまうタイプ

ということが伺えます。

また、これに加え、メジャーリーグでは防御率も悲惨なため、よく打ち込まれているのがわかりますね。

1年単位で見ても、2016年の3Aでも与四球率が4点を超えているので、制球難であるということは間違いないようです。

ただ、魅力がないわけではありません。

ストレートは最速158キロ、平均155キロという高速。

シュート系のツーシームも最速155キロ。

シュリッター投手のツーシームは、グイッとシュート気味に小さく鋭い変化をするので、

ツーシームを主体にゴロアウトを量産する

というのが、シュリッター投手の投球スタイルなのかもしれません。

シュリッター投手のツーシームについては、こちらをご覧ください。

2017年の西武の新外国人選手2 フランク・ガルセス

投手不足による補強として、西武が獲得した外国人選手が、フランク・ガルセス投手です。

ガルセス投手は、メジャーリーグを行ったり来たりしている、イマイチ定着しきれなかった投手ですね。

2016年の3Aでは、先発・中継ぎを半々で行っているので、どちらもこなせるでしょう。

メジャーリーグでは、左のワンポイントとして頭角を現しましたが、

防御率4.60、与四球率4.40

という数字が語るように、重要な場面で出てくるも、四球を出してピンチになる場面が増加。

結局、マイナー落ちしてしまい、2016年は、メジャー昇格をせずに終わってしまいました。

ガルセス投手は、

最速151キロのストレートとスライダー、チェンジアップを混ぜて緩急をつける投球スタイル

ですが、肝心のコントロールがイマイチです。

ガルセス投手は左のワンポイントを任せたいものの、与四球率が高いので何もせずに降板ということもありえます。

かといって、先発で使うにしても、そこまで飛び抜けたものがなく、やや平均的に収まりそうです。

一応、先発・中継ぎの不足している西武の補強ポイントではありますが…。

2017年の西武の新外国人選手3 アレクシス・キャンデラリオ

西武が最後に補強した外国人選手は、謎に包まれた、アレクシス・キャンデラリオ投手です。

キャンデラリオ投手は34歳のベテランですが、メジャー経験はありません。

経歴は、2016年だけでも、

  • メキシカンリーグ
  • イタリアリーグ
  • アメリカ独立リーグ

でプレーしています。

さらに、他の年のウィンターリーグを含めると、ベネズエラも加わり、まさに各国を渡り歩いている投手と言えるでしょう。

それにしても、全く実績がない34歳というベテランを獲得したというのは、一体西武は何を考えているのでしょうか?

成績的には、どのリーグでもまずまずといった感じです。

しかし、投球フォーム、とくにリリースポイントが定まらないので、コントロールが悪いのが気がかりですね。

正直なところ、日本で通用するとは考えにくいので、キャンデラリオ投手は、

ネタにすらならず、ひっそり自由契約になる

そんな予感がした次第です。

 

まとめ

2017年の西武は、エース・岸投手が移籍してしまい、ただでさえ不足していた投手が、さらに不足してしまいました。

その補強のため、新外国人選手は全員が投手、ドラフト指名ルーキーも、半数が即戦力投手という結果に…。

この投手補強が実を結び、2017年はAクラスに入り込むことができるのか?

2017年の西武は、新たに台頭する投手に期待しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.