星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

更新日

2015シーズンは、Bクラスの4位という成績に終わってしまった埼玉西武ライオンズ(以下、西武)。

秋山翔吾選手が、シーズン安打数の日本記録を更新するなど、西武にとって決して悪いことばかりだったわけではありません。

西武打線は、それなりに機能しているので、2016シーズンは、投手陣の再建が待たれるところです。

つまり、2016シーズンからの、新戦力となる選手達が、西武の行方を左右するといっても過言ではありません。

そこで、当記事では、西武の2016シーズンで補強された新戦力、助っ人外国人選手などについて、まとめてみます!

スポンサーリンク

アドセンス

西武の2016シーズンのスローガンが発表!

西武 スローガン

Bクラスの4位という成績に終わり、クライマックスシリーズ進出を逃してしまった西武。

秋山翔吾選手や、中村剛也選手をはじめとして、西武打線はかなり機能していたのですが、先発、中継ぎといった投手陣が軒並み不安定…

その結果、ロッテとの3位争いに敗れ、Bクラスとなってしまったのです。

Aクラス奪還を目指す西武が、先日、2016シーズンのスローガンを発表しました。

それが…

『BEAST! 強く、猛々しく。』

です。

選手達が肉体的、精神的にひとまわり大きく成長し、『BEAST』=ビーストのように強く、猛々しく戦い、優勝を目指そう!という意味が込められているそうですよ。

まさに百獣の王であるライオンにふさわしい戦いぶりを、2016シーズンの西武に期待したいものですね。

 

西武の引退・退団選手を紹介

男性2

まずは、2015シーズン限りで、西武を去った選手たちについて、見ていきたいと思います。

西武から移籍した選手

脇谷亮太 →古巣となる巨人へ復帰

西武を現役引退した選手

西口文也

森本稀哲

西武を戦力外・契約解除となった選手

梅田尚通

林崎遼

米野智人 →日本ハムに入団

石川貢

田中靖洋

平野将光

松下建太

中郷大樹

前川恭兵

ミゲル・メヒア

アンソニー・セラテリ

ウエイド・ルブラン

となっています。

『あともう少し…』

というところで、何度もノーヒットノーランを逃したことで、西武ファンの記憶に残る、西口文也投手が引退、さらには、長きに渡って日本プロ野球界をパフォーマンスで盛り上げた森本稀哲選手も引退しました。

森本稀哲選手といえば、2006年のオールスターゲームで、『ドラゴンボール』のピッコロの格好になっていたのを、筆者は、今でも覚えています。

森本選手

横浜時代は、雨で中止になった時も、積極的なパフォーマンスでファンを沸かせてくれたりと、新庄剛志さんの弟子らしく、まさにファンサービスの塊で、素晴らしい選手でした。

今後は、実業家として起業も目指しているとのことで、第二の人生に向かって、ぜひ頑張ってほしいですね!

西武からの移籍選手では、巨人がFA移籍で獲得した片岡治大選手の人的補償として、西武に移籍した脇谷亮太選手が巨人へ復帰することに。

巨人復帰ということで、落球をした際に、テレビの映りが悪い、などという発言はしないことを願っています。

 

西武の2016シーズンの新戦力の加入補強選手を紹介!

パソコンを見る男性

続いては、2016シーズンから西武に加入する選手についてご紹介しますね。

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーからです。

西武のドラフト指名選手

多和田真三郎

川越誠司

野田昇吾

大滝愛斗

南川忠亮

本田圭佑

呉念庭

国場翼

藤田 航生

松本 直晃

となっています。

早くから1位指名が予想されていた、最速152キロの本格派右腕・多和田真三郎投手の獲得に西武が成功。

独特のフォームから、浮き上がるように見えるストレートが持ち味で、2016シーズンからの即戦力として期待されます。

また、ドラフト会議前から、西武が注目していると噂されていた本田圭佑選手も、予定通りドラフト6位で指名しました。

名前だけが目立ち、現在はまだ名前ネタが、一人歩きしてしまっている状態ですが、1軍に上がり、活躍することで、名前だけでなく実力も評価されることを、期待したいです。

続いては、2015シーズンは他球団に所属していて、2016シーズンから新たに西武でプレーする選手のご紹介です。

まずは、竹原直隆選手。

竹原直隆

竹原直隆選手は、35歳のベテランで、現在、日本プロ野球唯一となる左投げ右打ちの野手です。(投手では2人存在)。

2005年にロッテに入団するものの、思うような成績を残せず、オリックスへ金銭トレードとなりますが、こちらでも結果が残せず、2015シーズン限りで戦力外に…

今回は、持ち味の打撃を見込まれ、西武に入団することとなりました。

背番号は6で、田辺監督が、現役時代につけていた番号でもあります。

「重すぎる」

と、6番という背番号に対するプレッシャーを感じながらも、

「最後は一緒にやりたいと思っていた」

という、大学時代の同期・渡辺直人選手と、同じ西武でプレーできることに、喜びを露わにしていました。

そして、もう1人の新加入補強選手は、木村昇吾選手です。

木村選手

当初は、横浜に入団したものの、思うような結果が残せず、トレードで広島へ移籍。

広島では、内外野を守れるユーティリティープレイヤーとして、一定の活躍を収めましたが、レギュラー定着には至りませんでした。

そして、2015シーズンオフにFA宣言。

当然ながらレギュラーレベルでもなく、35歳を迎えるベテランを獲得しようというチームは現れず、皮肉なことに、一番評価していてくれたのは、FA宣言をして出ていくことになった広島だったのです。

そして、木村昇吾選手が自らが売り出すことで、ようやく入団テストを受けられることとなり、西武へ入団することになったのです。

ちなみに、FA宣言した選手が、入団テストを受けるというのは、日本プロ野球史上初の事態です。

苦難を経て、西武に入団した木村昇吾選手が、はたしてどこまで活躍できるか、注目していこうと思います。

 

西武の2016年シーズンの新助っ人外国人を紹介!

指をさす女性

続いては、2016シーズンから補強戦力として、西武に加入する新助っ人外国人について、ご紹介します。

先発から抑えまで、投手不足で苦しんだ2015シーズンだったからか、今回、西武が獲得した新外国人も、全員投手ということになっています。

西武の新助っ人外国人1 アンディ・バンヘッケン

アンディ・バンヘッケン

先発左腕が、菊池雄星投手しかいなかったという2015シーズンの西武。

そんな先発左腕不足解消のために、西武が獲得したのが、アンディ・バンヘッケン投手です。

バンヘッケン投手は現在36歳で、2016シーズン中に37歳を迎えるベテラン左腕。

193センチの長身を活かし、変化球で三振を奪う本格派投手です。

2012年からは、韓国リーグでプレーし、2014年には、20勝を上げ、最多勝のタイトルにも輝いています。

まぁ、韓国リーグは、選手としては晩年だった門倉健投手でも14勝できたリーグなので、この数字自体は、そこまであてにならないでしょう。

バンヘッケン投手は、当初は打たせて取るタイプの投手でしたが、韓国リーグ移籍後は、制球を捨て、三振を取る本格派のようなタイプに転向したという、珍しい投手でもあります。

それだけに、マイナー時代に比べ、制球難がネックとなりそうですが…。

バンヘッケン投手が、西武の先発ローテーションの一角を担うことができるのか、注目ですね。

西武の新助っ人外国人2 C・C・リー

C・C・リー

西武の伝統ともいえる、不安定な中継ぎ陣を解消するため、新たに獲得したのが、C・C・リーこと李振昌投手です。

C・C・リー投手は、メジャーリーグではC・C・リーという愛称だったため、当記事でも、C・C・リーと表記します。

C・C・リー投手の特徴は、常時150キロを超える、最速155キロのツーシームと、高い奪三振率を誇るスライダー。

ツーシームは、シンカーのように沈むタイプではなく、スライダーやカットボールのような変化をするタイプだったため、メジャーリーグでは打ち込まれ、150キロ超えという速さも活かせなかったようです。

しかし、スライダーは一級品で、三振の70%をこのスライダーで奪っています。

中継ぎとしては、期待十分の逸材なので、セットアッパー・抑えとしての活躍に期待したいですね。


 

以上が、2016シーズンから加入する新助っ人外国人となります。

西武の外国人枠は、現状ではエルネスト・メヒア選手しか内定していないので、空きにはかなり余裕があります。

おそらくは、開幕からバンヘッケン投手、C・C・リー投手ともに1軍スタートということになりそうです。

この2投手に、手薄だった西武の投手陣を救ってくれることを、期待しましょう!

 

まとめ

本塁打・打率・打点と、打撃3部門全てにおいて、ソフトバンクに次ぐ2位だったにも関わらず、先発から抑えまでの投手陣が軒並み不調で、防御率3.69となり、4位に終わってしまった2015シーズンの西武。

投手陣さえ安定していれば、西武は、間違いなくAクラスになれるチームと言えるでしょう。

西武のフロントとしても、それは認識していたようで、新助っ人外国人には、バンヘッケン投手、C・C・リー投手を獲得しました。

また、怪我によって出遅れたエース・岸孝之投手がシーズン開幕からフル稼働できるかというのも、2016シーズンの西武を占う上で、重要な要素となりそうですね。

打撃力に関しては、12球団でも屈指のものがあるので、2016シーズンも問題はないでしょう。

課題の投手力を克服し、ぜひ、西武には、2016シーズンの優勝争いを演じてほしい…

筆者としては、そう願っています!

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球