星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

漫画

バガボンド単行本コミックス最新刊(38巻)の発売日と収録ストーリー

更新日

かの剣豪・宮本武蔵の青春劇を描いた漫画『バカボンド』が、単行本コミックス37巻発売を機に、それ以降の最新刊となる単行本がリリースされていない状況が続いていますよね。

『バガボンド』単行本コミックス37巻の発売が、2014年7月23日なので、もう既に約1年半が過ぎていますが、果たして単行本コミックス最新刊となる38巻は、いったいいつ発売されるのでしょうか?

そもそも、現在『バガボンド』の連載休止(休載)中とのことで、単行本コミックス38巻発売には、後2話足りずに、それを心配するファンの声も多いようです。

そこで、本記事では、『バカボンド』の単行本コミックスの最新刊となる38巻の発売日を予想をしながら、一方で、収録ストーリーの紹介や、現在、

『農業漫画』

と、一部で揶揄されている背景などを、筆者個人の見解も交えて、掘り下げてまとめていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

バカボンド単行本コミックス最新刊(38巻)の発売日は?

バガボンド

バガボンド

小説『宮本武蔵』を題材に漫画化された漫画作品『バカボンド』ですが、2014年7月23日にリリースされた37巻を最後に、全く単行本コミックスが発売されていません。

本来ならば昨年のどこかで、『バガボンド』の単行本コミックス最新刊、38巻がリリースされてもおかしくなかったのですが、ここ数年、『バガボンド』の連載休止などを繰り返しながら、不定期連載されているために、なかなか収録ストーリーのストックが貯まらず、単行本コミックスの発売という話には至らず、現在に至っています。

そのため、完全に『バガボンド』の単行本コミックス38巻の発売日は、推測でしか言うことが出来ない状況です。

それも半分は、希望的観測を含んで、と言った方がいいでしょう。

あくまで噂上の話ですが、一部では、2017年まで『バガボンド』の単行本コミックス38巻の発売がズレこむのではないか、と言われています。

それは、『バガボンド』の単行本コミックス38巻を発売するまでには、後2話は収録ストーリーのストックが必要と言われていることが、大きく影響した話のようです。

確かに、今すぐ『バガボンド』の連載を再開させて、コンスタントに描いて行けば、発売日を4月辺りに設定することも可能だと思います。

しかし『バガボンド』は、これまで何度も連載が遅れてきている作品ですし、作者である井上雄彦先生も、今なお『バカボンド』の終わり方を見失っているところがあるみたいです。

本当に見失っているのかどうかは、井上雄彦先生本人の問題であり、定かではない部分がありますが、今までの流れを見ると、もう半年くらいは、『バガボンド』が連載されず、仮に連載が再開されたとしても、不定期連載故に、また休載となってしまう可能性も高いと思うのです。

すると、自動的に『バガボンド』の単行本コミックス38巻の発売日が遅れてしまい、2017年まで発売日がズレ込んでしまう、という予想も十分成り立つのではと思われます。

とはいえ、いくらズレ込んでも、さすがに2017年1月までには、『バガボンド』の単行本コミックス38巻の発売日を迎えていると思います。

これはあくまで、最悪のことを考えつつ、単行本コミックス38巻の発売日を予想した話に過ぎません。

突発的に『バガボンド』が連載再開され、2016年5月頃に単行本コミックス38巻の発売日が設定されるかもしれませんし、まずは、気長に『バガボンド』の連載再開を待ちたいものですね。

『バカボンド』単行本コミックス最新刊(38巻)の収録ストーリー

バガボンド

バガボンド

『バカボンド』の単行本コミックス最新刊(38巻)に収録されるストーリーは、武蔵が伊織と豊佐と共に、時折、道場で剣術を子どもたちに教えながら、旅をする、『バガボンド』323話『旅衣』から始まります。

ここまで聞いても、まだまだ佐々木小次郎との巌流島決戦まではほど遠いという話も伺えます。

というのも、まだ目の前に富士山が見えているという話ですから、小倉を目指して旅していくとしても、まだこの『バガボンド』のストーリーでは、浜松(静岡)か、甲府(山梨)辺りではないかと思われます。

もちろん小倉は九州地方なので、まだまだ相当な距離があり、いつになったら『バガボンド』のストーリーは終わるのやら、といったところですよね。

しかも、この次の『バガボンド』324話『小倉の宝』からは、佐々木小次郎のストーリーが始まります。

佐々木小次郎が、細川家の指南役を相手に剣の腕を披露すると、それを観ていた大殿(細硬忠興)が、小次郎をえらく気に入り、小次郎を忠実な家臣として取り入れようとしますが、自由奔放の小次郎は、その気が一切なく、まるで調教前の猿を相手にするかのよう…

忠興の目の前で、小次郎に負かされた忠興の家臣たちは、何やら画策を企て、一方で、又八を送り、小次郎を教育しようとしたものの失敗に終わっていると耳にした細川の若殿は、忠興に、

『小次郎は腕は立つが礼儀作法がなっておらず、手がつけられない』

と進言します。

しかし、忠興は、

『名宝とはそれに伴う対価を支払って手に入れるものだ』

と聞く耳持たずに若殿からの進言もスルーしていたのですが、あまりにも自由奔放な小次郎の振る舞いに、遂に堪忍袋の緒が切れてしまうのです。

かなりざっくりした『バガボンド』のストーリー紹介ではありますが、このようなストーリーが、324話『小倉の宝 』から327話『忠興という名の』までで描かれていきます。

ただ、驚くことに、富士山の目の前にいたはずの武蔵達が、327話『忠興という名の』では、突然、忠興の父:幽斎の下を訪れていたというストーリー展開が描かれています。

ちなみに幽斎がいた場所は、京都の三条

いきなり京都までワープ?

もちろん、それまでに小次郎のストーリーが展開されていたので、その間に武蔵達は移動していた、というのは分かるのですが、ぷつりとストーリーから消え、いきなり京都となると、ちょっと驚きですね。

ということは、後2話ほどで小倉まで…

そんな予感も無くはないのですが、さすがにそれは話を急ぎすぎている印象もありますので、そこまで一気にストーリー展開するとは思いませんが、いずれにしても、小次郎との巌流島決戦を一番の盛り上がりとして、『バガボンド』のストーリーを持って行こうとしていることだけは伺えます。

おそらく『バガボンド』単行本コミックス最新刊(38巻)では、その手前で終わるといったところなのでしょう。

もちろん、単行本コミックス38巻を発売するには、残り2話ほど収録話数に足りていませんので、井上雄彦先生がどんな風に、この先のストーリーを描いていくかによります。

しかし、とりあえず『バガボンド』の単行本コミックス38巻は、39巻のクライマックスへ向けての序章といったようなストーリー展開が見られるのでは?と予想(巌流島決戦が最終と見込んだ上で…)しています。

果たして、単行本コミックス38巻発売までの残り2話で、どんなストーリーが『バガボンド』で展開されていくのか…

連載そのものは止まっていますので、まずは、気長に『バガボンド』の続報を待ちたいと思う次第ですね。

 

最近の『バガボンド』が農業漫画と噂された真相

バガボンド

バガボンド

『バカボンド』は、宮本武蔵を主人公とした、剣客達の青春物語であり、決して漫画『銀の匙 Silver Spoon』のような酪農漫画でもなければ、『JA~女子によるアグリカルチャー~』のような農業中心の漫画ではありません。

しかし、何故かネット上では、『バガボンド』が農業漫画と揶揄されている話を耳にします。

それは一体どういうことなのでしょうか?

実は、その真相は、『バガボンド』の単行本コミックス第37巻までのストーリーを振り返ると分かる話でした。

いろいろ調べていくと、どうやら『バガボンド』単行本コミックス34巻辺りから農業編がスタートしているらしく、巌流島決戦を前に、農業編がしばらく続いていたことと、その間にも連載の休載が度々続いていたことが、あまりにも『バガボンド』農業編が長いと誤認されてしまい、いつしか農業漫画と、一部のバガボンドファンの間で定着してしまったのです。

もちろん、この『バガボンド』農業編は、宮本武蔵のストーリーのごく一部で、ちょっと脇道にそれたエピソードを語っているに過ぎません。

しかし、水の流れを背負った自由人・佐々木小次郎を相手に戦うには、農業を通じて、自然(特に水の流れ)と触れ合い、武士・剣客として戦うことで戦国の世を生き残り、出世していくという我執を乗り越えないかぎり勝てない…

そのように武蔵が感じていたのだとすれば、一つの修行として農業とふれあうことは必須だったのではないかと思います。

農業は武蔵にとっての修行の一つ…

農業は武蔵にとっての修行の一つ…

ここからは完全に筆者個人の意見として聴いていただければと思いますが、おそらく、作者である井上雄彦先生は、『バカボンド』の終着を見失い彷徨っている間に、一度視点を変えて、放浪の旅に出ようとしたその想いを『バガボンド』の武蔵にぶつけたのではないかと思います。

井上雄彦先生も『バカボンド』を休載しながらも一方では、ガウディとのコラボ展を展示してみたり、仏師を追いかけ執筆活動をしてみたりしています。

武蔵も、ただ剣一筋だけで、小次郎に向かっていっても絶対に勝つことが出来ないと、一つの壁を感じていたのではないでしょうか?

そして、その壁を打ち破るために、2刀流に手を出してみたり、農業に触れたりすることで、別の角度から自分を見つめなおし、新たな気づきを得たかったとしたら、それは武蔵にとって、かなり重要なターニングポイントになるでしょう。

きっと、井上雄彦先生も、自身を武蔵に重ねていた部分があり、

『馬鹿正直に夢に向かって一点集中していくことは素晴らしいけど、それだけが全てではなく、時には脇道にそれて遠回りしても良いのだ』

と、読者に対してメッセージを送ろうとしたのかもしれません。

あくまで、これは筆者個人の見解でしかありません。

しかし、そのように考えれば、この『バガボンド』農業編は、宮本武蔵の人生を語る上では、重要な場面であることに違いないと思えますし、それが長きに渡ってストーリー展開されたこともよく分かります。

この『バガボンド』農業編は、決して『バカボンド』が農業漫画となるために用意されたものではありません。

しかし、ただ剣客ストーリーが、剣客達の戦いだけを描いていたら、それはそれでつまらないものになっていたことは間違いないと、筆者は確信しています。

『バガボンド』という漫画にひとつの変化をもたらすためにも、脇道にそれることは重要

そう感じさせてくれた『バガボンド』農業編だと思いますよ。

皆さんも、是非、『バガボンド』をただの農業漫画とは捉えずに、宮本武蔵を主人公とした剣客漫画のちょっと脇道にそれたエピソードとして捉えて、肩の力を抜きながら読んでみてください。

何かしらの気づきが見つかるかもしれませんよ。

 

まとめ

佐々木小次郎との巌流島決戦に向けて、現在、徐々に話がストーリー展開されているように思われる漫画『バカボンド』。

その『バガボンド』単行本コミックス最新刊となる38巻は、小次郎が自由奔放に振る舞い、細川忠興をキレさせている中、富士山の前から京都三条まで旅をする武蔵達の姿が描かれていきます。

38巻を発売するための収録話数も2話足りず、もう少し話はストーリー展開されていくと思われますが、おそらく巌流島決戦にはたどり着かないでしょう。

『バガボンド』単行本コミックス38巻の発売日も、2017年にまでズレ込む可能性もあります。

最近の『バガボンド』のストーリーもかなり不透明で、一部では農業漫画として揶揄されていたりしますが、それでもゴールに向かって大事な場面がしっかり描かれていますので、まずは気長に井上雄彦先生が描くストーリー展開を待ちたいと思う次第です。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-漫画