星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

ロッテ2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手の戦力分析!

更新日

千葉ロッテは、2016年シーズンを3位で終えました。

3位とは言うものの、2位から日本ハムの猛チャージで抜かれたわけですし、ソフトバンクとの差もかなり開いていました。

それだけに上位との

戦力差はまだかなり開いている

と考えられます。

デスパイネ選手の退団もあり、さらに戦力低下となった千葉ロッテには、新戦力の活躍が不可欠です。

そこで、当記事では、2017年の千葉ロッテの新加入選手について、紹介していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

千葉ロッテの退団・引退選手を紹介

まずは、千葉ロッテを2016年限りで去った選手を紹介します。

千葉ロッテを戦力外となった選手

  • 大松尚逸
  • 伊藤義弘
  • 木村優太
  • 川満寛弥
  • 吉原正平
  • 香月良仁
  • 青松慶侑

千葉ロッテを退団した選手

  • アルフレド・デスパイネ → ソフトバンクと正式契約の見込み
  • ヤマイコ・ナバーロ
  • イ・デウン → 韓国で兵役のため

千葉ロッテを現役引退した選手

  • サブロー

戦力外になった選手では、大松選手がついに…と、プロ野球ファンの中で話題になったことがありました。

ヤクルトが入団テストを行うと言っていましたが、どうなったのでしょう?

また、退団選手では、デスパイネ選手が退団となったのが非常に痛手ですね。

これは、100近い打点が千葉ロッテからなくなったことを意味しますし、千葉ロッテはただでさえ大砲不足なのですから…。

これによって、千葉ロッテの補強ポイントは、

不足していた先発

これに加え、

4番を任せられる大砲

の存在も、必要となってしまったのです。

選手本人との契約交渉ができれば、千葉ロッテに愛着のあったデスパイネ選手は残留できていたはずですが…。

あくまでも交渉は、キューバ政府としか行えないとは、何とも不便なシステムですね…。

また、内野のレギュラーが定着しきれていないのも課題の1つなので、課題は非常に多いと言えそうです。

 

2017年の千葉ロッテの新加入選手を紹介!

続いては、2017年から千葉ロッテに加入する選手たちの紹介です。

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーです。

千葉ロッテのドラフト指名選手

  • 佐々木千隼
  • 酒居知史
  • 島考明
  • 土肥星也
  • 有吉優樹
  • 種市篤暉
  • 宗接唯人

千葉ロッテの育成ドラフト指名選手

  • 安江嘉純
  • 菅原祥太

千葉ロッテの支配下ドラフト指名選手は、とても極端な結果になりました。

なんと、ドラフト7位の宗接選手以外は、

全員が投手

なのです。

つまり、それだけ、ロッテは補強ポイントとして、なによりも投手が足りていないと考えたのでしょう。

一応、中継ぎ陣は、

『伊東帝国』

と呼ばれる中継ぎがこれまでに活躍しました。

ただ使い過ぎで後半にバテたり、怪我で離脱などして、帝国は崩壊していきました。

また、先発も、涌井・石川両投手は盤石なものの、その他の先発は不足しています。

ドラフト1位は、大学注目の3投手の1人、佐々木千隼投手を獲得。

即戦力ルーキーとしての活躍に期待がかかります。

その他も、2位の酒居投手、4位の土肥投手、5位の有吉投手は社会人です。

基本的には、

即戦力投手

を中心に集めたドラフトになったように思いました。

まぁ、内野手は若手が台頭してきていますし、外野手もレギュラー候補が多く争っている現状。

いい若手が揃っているので、ロッテとしては投手以外の補強は必要がないのかもしれません。

とは言っても、内野はレギュラーが固定しきれていないどころか、ショート以外が全滅していますが…。

それと、やはり大砲不足というところが、2017年の千葉ロッテに大きく響きそうですね。

後ほどご紹介する新外国人選手も、大砲というには微妙な選手なので…。

 

続いては、移籍によって加入した選手の紹介です。

3選手とも野手であり、移籍補強としては野手を中心に行ったとも言えなくはないですね。

ただ、大砲候補がいるかと言われると、それは微妙なところではありますが。

まずは、猪本健太郎選手です。

猪本選手は、2008年の育成ドラフト4位でソフトバンクに入団した選手。

1軍には通算で8試合しか出場していません。

長打力が魅力ですが、なかなか才能は開花していません。

大砲不足の千葉ロッテでは、ソフトバンクよりも出場のチャンスがあると思うので、新天地で、猪本選手には一花咲かせてほしいですね。

 

2人目の千葉ロッテの移籍加入選手は、柴田講平選手です。

柴田選手は阪神を戦力外となった選手。

2011年や2012年には出場機会に恵まれていたものの、2013年に阪神に福留選手が加入して以降、出番は少なくなっていきました。

走守に定評がありますが、打撃は年々悪化の一途を辿っているので、ロッテのし烈な外野争いに加わるには、

打撃の改善

が必要になりそうです。

3人目の千葉ロッテに移籍加入した選手は、三家和真選手です。

三家選手は、2011年に広島から育成ドラフト4位で指名を受けますが、わずか2年で戦力外通告に…。

その後は独立リーグで過ごし、今回、千葉ロッテの入団テストを経て、支配下選手として登録となったのです。

背番号は、独立リーグ出身であり、首位打者もとったことのある角中選手がつけていた

『61』

俊足と強肩が売りの選手ですが、スイッチヒッターという特徴もあるので、

打撃を磨けば、角中選手のようになれる

可能性も秘めていますよ。

 

2017年の千葉ロッテの新外国人選手を紹介!

最後に、2017年から千葉ロッテでプレーする助っ人、新外国人選手を紹介します。

2017年の千葉ロッテの新外国人選手1 マット・ダフィー

内野手と、一発を打てる大砲が壊滅状態という千葉ロッテ。

そこで、一発強打の大砲かつファーストとサードを守れる…

千葉ロッテの補強ポイントに合致した選手こそが、マット・ダフィー選手です。

ダフィー選手は28歳。

メジャーリーグでは通算8試合にしか出場しておらず、あまり通用していないみたいですね。

3Aでは、

2015年に.294、20本塁打

2016年に.299、14本塁打

という成績を残しています。

ただ、いずれも

打高リーグのパシフィック・コーストリーグでの成績

なので、この数字はあまり信用できるものではありません。

むしろ、打高リーグでこの本塁打数ということを考えると、

ジャストミートした時でない限り、本塁打には期待できない

というタイプのように見えてしまいます。

三振率も

21%

という、高い部類です。

かなり三振が多い、いわゆる扇風機になってしまうでしょう。

バッターとしては中距離砲になるため、

4番タイプではない

ことは確か。

守備に関しては、サードとファースト以外にも、外野も守れるそうなので、便利屋としての起用に期待はできそうですよ。

2017年の千葉ロッテの新外国人選手2 ジミー・パラデス

千葉ロッテが野手の補強ポイントとして考えているのは、大砲という点もありますが、その他に、

固定できる内野手

という点もありますね。

現状、固定できているレギュラー内野手が、ショートの鈴木大地選手しかいない、という悲惨な状態なのです。

なにやら鈴木大地選手をセカンドにコンバートし、ショートを2年目の平沢選手に任せるという案も出ているそうですが…。

これはあまりにも未知数すぎてリスクが高いです。

そこで、千葉ロッテが獲得したのが、内外野どこでもまもれるユーティリティプレイヤー、ジミー・パラデス選手です。

パラデス選手は、セカンドとサード、そして外野を守れる選手。

実績としては、

メジャーリーグと3Aを行ったり来たり

という、イマイチ、メジャーリーグで定着しきれない選手ですね。

しかし、どこでも守れるという割には、守備力が優れているわけではありません。

むしろ平均か、平均以下程度。

守備の指標を示すアルティメット・ゾーン・レーティングでは、

レフトがプラスになっている以外、全てがマイナス

という数字になっていました。

また、打撃も、メジャーリーグで一番成績の良かった2015年でも、

104試合、打率.275、10本塁打、42打点

という数字。

決してアベレージヒッターというわけでも、大砲というわけでもありません。

さらに、四球率は毎年5%前後なので、

四球を選べないフリースインガー

という特徴もあります。

積極的に打ちにいくスタイルではあるものの、その割にはミートの正確さに欠けている印象を受けました。

ただ、メジャーリーグではパワーがあるとは言えなくても、日本プロ野球では、パワーがある方に分類されるかもしれません。

もしかすると、

1シーズン20本

ということもありえるだけに、日本という新環境でもダメか、もしくは大きく化けるか…

どう転ぶかわからないというのが、筆者のパラデス選手に対する評価です。

 

まとめ

2017年の千葉ロッテの新戦力についてご紹介しました。

ドラフト会議で大量の投手を指名し、投手不足を補強した形にはなりましたが、外国人選手の補強は、ことごとく失敗しています。

デスパイネ選手が流出、狙っていた元阪神のゴメス選手も韓国に先を越される

などなど…。

肝心の内野補強として獲得した外国人選手2人も、大砲タイプではないため、せいぜいポジションの穴を埋める程度に留まるでしょう。

これらのことを踏まえると、2017年の千葉ロッテは、非常に厳しい戦いを強いられることになりそうですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球