星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

阪神2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

更新日

金本新監督のもとで、『超変革』を掲げた2016年の阪神タイガース。

しかし、終わってみれば、Aクラスを逃し4位。

それどころか、3位横浜DeNAとは引き離され5ゲーム差。

5位ヤクルトと1ゲーム差という、ギリギリの戦いになってしまったのです。

深刻な若手不足、というよりも主力と控え選手に実力の差が開きすぎていることが露呈してしまったわけですが…。

2017年の阪神は、今度こそ、『超変革』を果たせるのか?

そこで当記事では、2017年の阪神の『超変革』を担う、移籍補強戦力、ドラフト加入、新外国人などの新戦力情報を紹介します!

スポンサーリンク

アドセンス

阪神の退団・引退選手を紹介

まずは、2016年限りで、阪神を退団した、または引退となった選手についてご紹介します。

阪神の引退選手

  • 福原忍
  • 鶴岡一成

阪神を戦力外となった選手

  • 清水誉→阪神球団職員
  • 筒井和也→阪神スカウト
  • 小嶋達也→阪神打撃投手
  • 鶴直人→阪神球団職員
  • 二神一人→阪神球団広報
  • 柴田講平→ロッテに入団
  • 岩本輝→BCリーグ福井へ
  • 坂克彦
  • 佐村・トラヴィス・幹久
  • 一二三慎太→石川ミリオンスターズへ

阪神を退団した選手

  • マウロ・ゴメス
  • マット・ヘイグ→ツインズとマイナー契約
  • ネルソン・ペレス
  • コーディ・サターホワイト

阪神から他球団へ移籍した選手

  • 金田和之

阪神の退団情報を見ると、助っ人外国人の退団が非常に多かったですね。

ゴメス選手と契約を結びませんでしたが、これで本当によかったのでしょうか?

実質的には、糸井選手が加入したことで、若干プラスにはなると思いますが、かといって、2016年と大幅に何か変化があるかと言われると微妙です。

『超変革』を目指すのであれば、将来の和製大砲候補をファーストで起用するというのは間違っていません。

それに、メッセンジャー投手、マテオ投手という2人が、すでに外国人枠で埋まっていますし…。

 

2017年の阪神の新加入選手を紹介!

続いては、2017年から阪神に加入する新戦力についてです。

まずは、阪神がドラフト会議で指名した選手から。

阪神のドラフト指名選手

  • 大山悠輔
  • 小野秦己
  • 才木浩人
  • 濱地真澄
  • 糸原健斗
  • 福永春吾
  • 長坂拳弥
  • 藤谷洸介

以上が、阪神のドラフト指名選手です。

やはりというべきか、

謎のドラフトだった

と言うしかないですね。

当初の阪神の戦略であれば、佐々木千隼投手を一本釣りできていたはずです。

しかしサプライズとも言える、大山悠輔選手を1位指名。

大山選手が、今の阪神に足らない要素であることはもちろんで、ピンポイントな補強にはなっていますね。

大学日本代表の4番を務めた和製大砲なので、どのチームも注目していたことは確かですが…。

果たして、金本監督の判断が正しかったのか?

2017年の阪神は、ルーキーでは大山悠輔選手に注目です!

続いては、移籍によって阪神へ新加入した2選手のご紹介です。

まずは、柳瀬明宏投手です。

柳瀬投手は、2005年にソフトバンクから、大学・社会人ドラフトで5位指名され、入団しました。

中継ぎとして活躍し、長年ソフトバンクを支えていた存在だったのですが、2015年、2016年と登板機会が全くなく、戦力外通告に。

そこで、中継ぎの不足していた阪神が、実績もあり、ソフトバンクイズムを持っている柳瀬投手を獲得したのです。

2014年には怪我をしているものの、その後復帰をし、40登板をしていることから、影響はないものとみて大丈夫でしょう。

柳瀬投手には、阪神の勝利の方程式として、活躍をしてほしいですね!

続いてご紹介するのは、もはや説明不要なスーパーマン・糸井嘉男選手です。

NPB史上初となる

6年連続打率3割・20盗塁・ゴールデングラブ賞

を記録し、さらに2016年は盗塁王のタイトルを獲得。

NPBでの最年長盗塁王記録

を樹立し、35歳になっても衰えを感じさせない、まさに超人です。

そんな糸井選手が阪神に加入したことで、ゴメス選手の抜けた穴。

そして、40歳という年齢により、フル稼働が難しい福留選手の負担を減らしてくれる役割を担うこととなります。

1つだけ欠点を挙げるとすれば、『宇宙人』と呼ばれるその独特の感性でしょうか。

コミュニケーション面が非常に不安ではありますが、誰もが恐れる実力者であることには違いありません。

2017年の糸井選手の活躍に期待です!

 

2017年の阪神の新助っ人外国人を紹介!

最後に、2017年から阪神でプレーする、新助っ人外国人について、選手の特徴を調べてみました。

2017年の阪神の新助っ人外国人1 ロマン・メンデス

抑え不在という不安を抱えたまま終わった2016年の阪神。

去就未定のドリス投手の代わり、そして新守護神候補として獲得したのが、ロマン・メンデス投手です。

表記は、ロマンがローマンだったり、メンデスがメンテスだったりと、彼の名前はメディアによって違いが見られます。

26歳という若さと、

190.5センチ

の長身から振り下ろされる

最速150キロ台後半のストレート

が持ち味。

変化球の持ち球としてスライダーとチェンジアップ、カーブ、シンカーがあります。

このうちカーブとシンカーは、ほぼ投げていないに等しい割合。

実質的には、スライダーとチェンジアップですね。

スライダーは、縦に割れるような変化を見せる時は空振りが奪え、非常に効果的な変化球。

しかし、

基本的には小さな横変化が多いスライダー

ようです。

一方のチェンジアップは、よく空振りを取れる球種のため、決め球として使えれば、非常に有効な武器となるでしょう。

欠点としては、マテオ投手、ドリス投手のように、

球速の割にはストレートで空振りが奪えない

ことでしょうか。

また、フォームは立ち投げに近いことから、

日本の柔らかいマウンドに順応できるか

という不安点もありますね。

とくに『甲子園のマウンドは柔らかい』と言われているので、本拠地に順応できないのは非常に痛手。

メンデス投手はもともと、コントロールがいい方とは言えないので、制球難で苦しみ、実力が1軍レベルにならないことも十分想定されます。

2017年の阪神の新助っ人外国人2 エリック・キャンベル

エリック・キャンベル選手は、27歳でメジャーデビューを果たした、遅咲きのユーティリティプレーヤーです。

打撃面では、コンパクトなスイングでライナー性の当たりを狙うことから、

阪神ではマートン選手のようなタイプ

と言えそうですね。

ただ、マートン選手と決定的に違う部分がいくつかあります。

マートン選手よりは三振が少なく、我慢して四球を選べる

という点。

そして、

キャッチャー以外はどこでも守れ、守備力はどこでも高水準である

ということです。

この『どこでも守れる』というのが非常に便利ですね。

打撃では、本塁打こそないものの、打線の繋がりをより強固なものにしてくれる選手と言えるでしょう。

一定の数字は残してくれるでしょうし、勉強熱心で、日本プロ野球へ順応できれば、打率3割も夢ではありません。

ただし、問題もあります。

中距離バッターというのもどうかというほど、長打は出にくい選手のため、ゴメス選手という大砲を失った阪神打線でどう機能するかです。

これについては、金本監督の手腕が問われると言っても、過言ではないでしょうね。

 

まとめ

2017年の阪神の新戦力情報を紹介しましたが、いかがでしたか?

新戦力の中で注目なのは、やはり大山選手です。

もちろん、糸井選手や、キャンベル選手も気になる存在ではあるのですが、この2人を嫌な存在だと思わせるには、大砲と言える選手がいなければなりません。

そこで、和製大砲として期待がかかるのが、大山選手なのです。

その他の選手が打率を残せることから、大山選手が長打を量産することができれば、多少確実性に欠けても問題はありません。

2017年の阪神は、ドラフト1位・大山選手の長打!

これにかかっていると考えても、過言ではなさそうです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球