星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

更新日

打率4位、得点最下位、防御率5位という、全体的に振るわない成績ながらも、なんとかAクラスの3位となった2015シーズンの阪神タイガース(以下、阪神)。

2016シーズンは、監督が金本新監督に代わり、新体制で、セ・リーグ優勝を狙います。

しかし長年、阪神の中軸として活躍していたマット・マートン選手が退団し、正捕手として投手陣を支えてきた藤井彰人選手も引退、さらには抑えの呉昇桓投手も、問題を起こして契約交渉打ち切りとなってしまいました。

これは阪神のみならず、セ・リーグ全体に言えるのですが、2016シーズンはチームの転換期を迎えているように思います。

当記事では、2016シーズンの阪神の補強となる新外国人選手などの新加入選手、金本監督の元で再建される、新たな阪神について、まとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

2016シーズンの阪神のスローガンが発表

阪神1

金本新監督のもと、2016シーズンを戦うことになる阪神。

色々と不安要素も多いのですが、無事に1シーズンを戦い抜くことはできるのでしょうか?

そんな阪神の2016シーズンのスローガンが、すでに決定しています。

一体どのようなスローガンになっているのでしょう?

発表によると、2016シーズンの阪神のスローガンは…

『超変革 fighting spirit』

阪神 スローガン

です。

変革を超える変革、ものすごい変革として、『超変革』という言葉をチョイスしたようです。

さらに、その変革を、熱い闘志を込めて、成し遂げようとする『fighting spirit』、金本監督となった新体制にふさわしいものとなっています。

新体制、そして、新戦力で、2016シーズンの阪神は、スローガン通りの超変革を起こせるのか?

2016シーズンの阪神に、注目です!

 

阪神の退団・移籍選手を紹介

黒板を指差す男性

まずは、2015シーズン限りで阪神を去った選手をご紹介します。

阪神を退団した選手

マット・マートン

呉昇桓

阪神を現役引退した選手

藤井彰人

関本賢太郎

渡辺亮

阪神を戦力外・自由契約となった選手

加藤康介

黒瀬春樹

玉置隆

田上健一

藤原正典

マリオ・サンティアゴ

となっています。

打線の中軸だったマートン選手、抑えとして活躍した呉昇桓投手が退団してしまったというのは、阪神にとっては痛いですね。

彼らの後任となる選手が活躍するかどうかが、不明瞭なだけに、現時点では確実な戦力ダウンと言えるでしょう。

もちろん、後任の選手が、同じように活躍すれば別ですが、それは現時点ではわかりかねることです。

阪神は、なかなか外野のレギュラーが現れない状況で、ドラフト1位の高山俊選手が、どれほど成長するかに、2016シーズンは注目が集まりそうです。

 

阪神の2016シーズンの新加入選手を紹介!

阪神 ルーキー

続いては、阪神の2016シーズンから新戦力として加入する選手について、ご紹介したいと思います。

阪神のドラフト指名選手

高山俊

坂本誠志郎

竹安大知

望月惇志

青柳晃洋

板山祐太郎

となっています。

正直なところ、阪神のドラフトは、いまいち目的が見えてきませんでした。

1位の高山俊選手の指名は、外野のレギュラーが台頭してこないことから、良い判断だと思うのですが、2位以降は、順位を1つずつ繰り上げて指名したような実力の選手ばかり…

正直に言ってしまえば、かなり消極的で、ドラフト結果をみると微妙と言えます。

みな素質のある選手で悪くはないのですが、もう1つ下のドラフト順位でも十分に指名できただろう、という選手が多いだけに、筆者的には、

「う~ん」

と感じるドラフト会議でした。

ただ、セ・リーグの多くが、ある程度出来上がっている選手、安定性を重視している風潮がある中、育成を重視しようという阪神の姿勢は、かなり評価して良いでしょう。

これまで、自球団で選手育成をしていこうという姿勢がなかったからこそ、セ・リーグはパ・リーグとの実力差がかなり開いてしまっている、と感じているので、阪神のコーチ陣には、ぜひ、しっかりとルーキー達を育成してほしいと思いました。

そして、次に、移籍によって阪神に補強加入した選手にも、触れていこうと思います。

まずは、高橋聡文投手です。

高橋聡文

高橋聡文投手は、中日で左の中継ぎとして活躍していました。

全盛期は150キロを超えるストレートと、落差のあるフォークを武器に、相手打者を手玉にとっていたのをよく覚えています。

しかし、2010年のキャリアハイを過ぎると、昨シーズンである2015シーズンに35試合登板したことが、一番の登板数で、残りは20試合登板したかしていないか…

怪我が増えただけでなく、ストレートの球威も落ちたことから、元々酷かったコントロールの悪さがかなり目立つようになり、2アウトからよく四球を出したため、中日ファン側からすると、毎回ヒヤヒヤさせられたものです。

阪神としては、勝利の方程式として期待しているようですが、2010年以降の高橋聡文投手を見てきた筆者からすると、そこまでの期待はしすぎない方がいいと思います。

もちろん、一定の活躍はしてくれますが、勝利の方程式を担うには、少し心許ないという印象です。

最終的には、怪我の多さも考えて、ワンポイントでの起用になるような気がします。

高橋聡文投手は、左投手ですが、対右打者より、対左打者の成績のほうが悪いことは、考慮したほうがいいと思います。

そして、続いては、藤川球児投手です。

藤川球児

阪神ファンの方にとっては、もはや説明不要の絶対的クローザーの帰還ですよね。

勝利の方程式『JFK』は、敵チームファンとしては、その時点で試合を諦めざる得ない印象があるほど。

火の玉ストレートと言われた最速156キロのストレートで、三振の山を築いていたのは、よく覚えています。

さすがに現在は全盛期ほどの球威ではないと思いますが、それでも、長年にわたって阪神を支えてきた功労者の1人であることには変わりなく、藤川球児投手の加入が、チームの士気上昇にも大きく関わることが予想されます。

基本は、元々やっていた先発での起用となりそうですが、必要に応じては中継ぎになるかもしれない、とのことです。

歴戦のクローザーの復帰に、2016シーズンの阪神は、大いに盛り上がること間違いなしでしょうね!

 

阪神の2016シーズンの新助っ人外国人を紹介!

阪神12

続いては、2016シーズンから阪神でプレーする、新助っ人外国人選手のご紹介です。

阪神の新助っ人外国人1 ラファエル・ドリス

ラファエル・ドリス

呉昇桓投手の後任の抑え候補として、阪神が獲得したのが、ラファエル・ドリス投手です。

ドリス投手は、ドミニカ出身の28歳で、身長は193センチという長身です。

投手なのですが、実は、ドミニカ時代はショートであり、アメリカに渡ってから投手に転向したという、異色の経歴の持ち主でもあります。

最大の武器は、最速98マイル(約158キロ)の高速シンカー。

平均球速も150キロ超えで、さらに193センチの長身から放られるのですから、簡単には打てないでしょう。

しかし、実は、メジャーリーグでは全く通用せず、すぐマイナーに降格している実績も。

原因は、シンカーまたはフォーシームと、スライダーしか球種がなかったことと、かなりの制球難であることです。

コントロールの悪さで四球をよく与え、また、速球派にしては奪三振率が低いので、抑えとしては、この後にご紹介するマルコス・マテオ投手のほうが向いているかもしれませんね。

コーチの指導で、コントロールの悪さを改善することができれば、大化けし、阪神の勝利の方程式を担うことも可能になるかもしれません。

阪神の新助っ人外国人2 マルコス・マテオ

マルコス・マテオ

ドリス投手と同じく、抑え候補として、阪神が獲得した選手が、マルコス・マテオ投手です。

マテオ投手は31歳で、4月18日に32歳となるドミニカ出身の投手です。

トミー・ジョン手術を受けているという経歴もありますが、ストレートは150キロ台が出るほどにまで戻ってきており、手術の影響はあまり感じさせません。

最大の特徴は、身長185センチ、体重100キロという巨漢を活かしたパワースタイルのピッチングです。

2015年の奪三振率は11を超えており、抑えだけでいえば、セ・リーグで一番奪三振率の高かった山崎康晃投手を超える数値。

しかし、四球でランナーを出すこともあり、四球後にボールを置きにいく、つまり、コントロール重視でストライクを取りにいって、そこを打たれているようです。

2015シーズンのマシソン投手並みには四球を出すようなので、それをイメージしてしまうと、少し不安になりますね。

ドリス投手、マテオ投手ともに、コントロールの安定が、阪神での活躍の鍵を握りそうです。

阪神の新助っ人外国人3 マット・ヘイグ

マット・ヘイグ

マートン選手に代わる中軸打者として、阪神が獲得したのが、マット・ヘイグ選手です。

たまたまでしょうが、マット・マートン選手に続き、またもや"マット"という名の選手を阪神は獲得したようです。

ヘイグ選手は、2015年の3Aでシーズン最高打率を記録した選手で、92打点という高打点を上げており、中軸として十分に活躍が期待できそうです。

また、三振率、四球率ともに10%ほどの高水準なので、選球眼があり、三振も少ないという、確かに、全盛期のマートン選手を髣髴とさせる成績を残しています。

間違いなく、マイナー最高の打者と言えるので、2016シーズンの阪神での活躍を期待はしていいと思います。

ただし、問題は守備です。

ヘイグ選手がメジャーリーグで定着できなかった理由の1つに、ファーストの守備はそこそこなものの、サードの守備には不安があったという背景があります。

阪神は、サードとしての起用を考えているようですが、守備の穴にならないか、心配ですね。

まぁ、多少の守備のミスは、自身の打撃で取り返せばいいので、そこまで問題はないかと思いますが、元巨人のフランシスコ選手のような守備だった場合、目も当てられません。

打撃に関しては全く問題ありませんが、守備がどれほどのものかというのが、今後の不安要素にはなりそうですね。


以上が、2016シーズンの阪神の新助っ人外国人となります。

阪神の外国人枠は、マウロ・ゴメス選手と、ランディ・メッセンジャー投手と、投打の主力である2人がいるため、空いている枠は2枠です。

この2枠を、ドリス投手、マテオ投手、ヘイグ選手が争う形となります。

ヘイグ選手は、ほぼ内定と見ていいので、実質的には、ドリス投手とマテオ投手が最後の枠を争う形になるでしょう。

2投手の調子の良し悪しで入れ替えながらの起用、ということもありそうですね。

いずれにしても、不在の抑え、そして貧打に苦しんだ打線を救うには、彼ら3人の新助っ人外国人の活躍は不可欠です。

2016シーズンから補強された彼らが阪神の救世主となってくれることを、期待しましょう!

 

まとめ

2016シーズンの阪神は、金本新監督のもと、チームの変革を迎えようとしています。

従来の戦力と、2016シーズンから加わる新たな戦力が上手く融合し、セ・リーグを引っ張る存在となれるのでしょうか?

現段階では、投打ともに助っ人外国人頼りになりそうな点が、不安定さを感じさせますが…

金本監督は選手育成のことも考えているようで、

「9回でも3点差以上あれば若手を使っていく」

と、将来のことも考えながら、2016シーズンを戦っていく考えを見せています。

2016シーズンだけでなく、将来も考え、金本監督には、うまくシーズンを戦い抜いてほしいですね。

新体制となる阪神の2016シーズンからも、目が離せなくなりそうです!

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球