星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

珍遊記(実写映画)のストーリー結末と原作ネタバレ!キャストは?

更新日:


かつて、

「これ程にまでくだらないギャグ漫画があっただろうか?」

と、思わせた往年の大人気ギャグ漫画『珍遊記』を、みなさん覚えていますか?

当時、実にくだらなくて、時折不適切な表現が連発することから、

とても漫画としてみることができないと拒絶していた人

も多くいたことを記憶しています。

さて、そんな漫画・珍遊記が、2016年2月27日に実写映像化され、

玄奘(三蔵法師)役の倉科カナさんが暴言(台詞)なども連発

し、異色の装いを見せていたようです。

そこで、本記事では、映画『珍遊記』を振り返り、ストーリーあらすじから結末ネタバレ、キャスト、倉科カナさんのカツラ説の真相などをお話していきます。

スポンサーリンク

映画『珍遊記』のストーリー結末と原作ネタバレ

珍遊記

珍遊記

映画『進撃の巨人』のように、

世界観が大きすぎて実写映像化は無理

とされてきた漫画が映画化されたことは、賛否は別にして、筆者としても毎回驚きを隠せずにいます。

まぁ、結局は実写映画化するには無理があった見解も多く、絶賛されることはなかったわけです。

とはいえ、

「絶対に実写化は無理」

と言われてきた作品を、映画として制作しようとした試みは、今後に繋がる何かをもたらしていることでしょう。

そんな『進撃の巨人』よりも、遥かに実写映像化の難易度が高いのが、漫画『珍遊記』です。

とにかくこの漫画『珍遊記』は、ただくだらないだけでなく、かなり乱暴な言葉遣いなども飛び交い、風紀を乱す一面を持っています。

とても映像化に耐えられない作品という見方もできるので、役者たちのイメージダウンもありえます。


次のページへ >

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.