星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

サッカー

中村俊輔のフリーキックとプレースタイル!海外の反応・評価は?

更新日

"中村俊輔"という日本人で伝説的な活躍をしたサッカー選手のことを、皆さんはご存知でしょうか?

現在も現役で活躍されている選手なのですが、中村俊輔選手は、生ける伝説と言ってもいい、本物のレジェンドなのです。

海外のファン、その中でもとくにスコットランドのファンにとっては、『ナカ』(中村俊輔選手の海外での愛称)と親しまれ、真のレジェンドとして生涯忘れられない存在となっているのだとか。

かつて中村俊輔選手が在籍したスコットランドのサッカーチーム、セルティックのセルティックパークには、今でも中村俊輔選手の写真が大きく飾られています。

そこで、そんな中村俊輔選手のフリーキックや、プレースタイルについて、海外での反応を、当記事でまとめてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

中村俊輔のプロフィールとサッカー

中村俊輔

それでは、知らない方のために、まず中村俊輔選手の簡単なプロフィールをご紹介します。

中村俊輔(なかむら しゅんすけ)

所属 横浜F・マリノス

背番号 10

ポジション MF(ミッドフィルダー)

生年月日 1978年6月24日

身長 178cm

体重 70kg

U-19からU-23の日本代表

1997年U-20ワールドカップ日本代表(準優勝)

2000年シドニーオリンピック日本代表

1998年から日本代表

2007年アジアカップメンバー

2006年と2010年ワールドカップ日本代表

中村俊輔選手は、桐光学園から1997年に横浜F・マリノスに入団、その後、イタリア・セリエAのレッジーナへ移籍しました。

さらには、当時スコットランドのセルティックの監督であった、ストラカン氏の熱望で、セルティックに移籍、ここで中村俊輔選手は文字通りのレジェンドとなります。

レジェンドとなった海外で、中村俊輔選手は愛称の『ナカ』で呼ばれています。

これは、欧米人には『シュンスケ』という発音が難しいらしく、『スンスケ』などとなってしまうそうで、それで姓の中村の"中"から、『ナカ』となったわけです。

ストラカン監督の中村俊輔選手への心酔、入れ込みようは大変なものです。

ある時、メディアから、

「ナカはスライディングタックルができないじゃないか」

と批判されたことがあります。

それに対するストラカン監督の反論は、

「確かにナカはタックルができない。それがどうした!奴は天才だ!」

というものでした。

この頃のスコットランドリーグのプレースタイルは、ロングボールを敵陣に蹴込み、そこに選手が駆け込むという、現在から見ると、大味なスタイルでした。

しかし、現役時代は技巧派だったストラカン監督は、それに強い疑問をもっていたため、同じくテクニックを持った中村俊輔選手の獲得を当時計ったのです。

そして中村俊輔選手の入団後は、各選手に対して、

「ナカにボールを集めろ」

と強く指示し、実際にセルティックは、パス主体の近代的なスタイルに変わりました。

そして、スコットランドリーグの連続優勝や、CL(ヨーロッパのチャンピオンズリーグ)の16強進出など、中村俊輔選手が在籍している時代に、数多くの結果をセルティックに残しました。

チャンピオンズリーグでは、あの『マンU』ことマンチェスター・ユナイテッド相手に、2試合において中村俊輔選手がフリーキックを決め、セルティックを初の決勝トーナメント進出に大きく貢献しました。

これにより、『ナカ』は、セルティックで伝説的な主役となったのです。

この時の中村俊輔選手のフリーキックは、セルティックのオールドファンに今もなお熱く語り継がれています。

その後は、スぺインのリーガエスパニョールを経て、現在は、古巣の横浜F・マリノスに戻っている、というのが中村俊輔選手のこれまでのサッカーの足跡です。

 

中村俊輔のプレースタイル!フリーキックに海外の反応は?

中村 9f4f33b7-s

中村俊輔選手のプレースタイルの特徴は、なんと言ってもフリーキックの精度とパスの正確さでしょう。

中村俊輔選手のフリーキックの精度については、あるテレビ番組で、

『数十メートル先を横切って走るバスの窓に、フリーキックをダイレクトに叩きこむ』

という、離れ技まで披露しました。

バスの窓なんて、せいぜい数十センチ四方でしょう。

静止しているそのバスの窓にフリーキックを決めることだって、普通の選手には困難な技であるはずです。

それを、中村俊輔選手は、走っているバスの窓にたたき込むのですから、これはもう神業の域に達している、と言ってもよいのではないでしょうか?

この時の動画が海外にも紹介されて話題となり、多数のコメントがありました。

その海外の反応を見てみましょう。

マンU(のファン)「この人、移動中のバスにボール蹴ってた人だよね...」

イギリス「これは日本でなければ不可能だよ。だって、他の国じゃバスは遅れるからね。」

インド「インドだったら前日のバスだよ。」

国籍不明「この動画に評価しないボタンを押してるのはバスの運転手だけだ。」

タイ「これはまだまだ序の口だよ。次は新幹線に挑戦するらしいぞ!」

そしてセルティックのファンからは、中村俊輔選手のセルティック復帰待望論が出ています。

世界各国のセルティックファンから、

「レジェンドだ!」

「早く戻ってきてくれ!」

と、中村俊輔選手のセルティック復帰を熱望されているようなのです。

また、37歳になった横浜F・マリノスの中村俊輔選手に向けて、スコティッシュ・プレミアシップ公式は、Twitterでお祝いのメッセージを送り、セルティック時代の好プレーをまとめた映像まで公開しました。

この中村俊輔選手の好プレー映像についても、海外から多くの反応があったようで、

「セルティック時代の彼の凄さは、言葉で説明することなんかとてもできないよ」

「セルティック・ファンじゃないが、彼はスコットランドリーグを輝かせた至宝だ」

「セルティックのレジェンドよ永遠に…中村は最後のファンタジスタだ」

「パスも見たいね。彼が最高のフリーキッカーであるのは間違いないが、パスもとてつもないレベルだったよ」

「フープス(セルティックの愛称)に戻ってきてくれたらと強く願う」

と、大絶賛されているようです。

また、驚くべきは、他のサッカー選手からのコメントもあるということです。

レアル・マドリードの監督に就任したジネディーヌ・ジダン氏は、

「アジアナンバーワンプレイヤーは中村俊輔で決まりだ。  特に2004年アジアカップでのキックだね」

とコメント。

さらにはあのデビット・ベッカム氏も、

「ナカの事はもちろん知っているよ。マンUにゴールを決めた選手だよね」

と、中村俊輔選手のことを認知していますし、ブラジルのカカ選手も、

「マンチェスターU戦のフリーキックを見て、衝撃を受けた。彼は完璧なタイミングでボールを蹴る」

と絶賛。

さらには、あのウェイン・ルーニー選手からも、セルティック戦のインタビューで、

「ファンタスティック!それに尽きる!でも僕の事もを聞いてくれよ」

と、コメントされていました。

まさに中村俊輔選手はファンに愛され、対戦相手の選手にも賞賛される、そんなサッカー選手なのです。

 

まとめ

改めて、中村俊輔選手について調べて感じたことは、中村俊輔選手に対する外国人の評価やコメントが、非常に多いことでした。

しかもその評価やコメントは、例外なく賞賛と賛美の声なのです。

もしかすると、中村俊輔選手は国内よりも海外で有名であり、海外でもっとも評価されている日本人サッカー選手なのかもしれませんね。

そんな中村俊輔選手は、今も現役サッカー選手として活躍しています。

これからも、ファンを湧かせるプレーで、長くプレーを続けてほしい…

筆者としては、そう願っています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-サッカー