星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

巨人2017!移籍補強やドラフト指名・新外国人選手をチェック!

更新日

2016年の巨人は、高橋由伸新監督体制で臨む1年目のシーズンでした。

終わってみれば、広島に大差をつけられての2位。

  • センターラインが固定できない
  • 貧打で菅野投手や田口投手を援護できなかった
  • ベンチワークが後手に回っていた

など、問題が山積みでしたね。

これらの反省から、巨人は2016年オフに、FA選手の乱獲やトレードなど、大幅な補強を実行。

2017年の巨人は、大幅に戦力アップしたと言えるでしょう。

そこで、当記事では、大量補強によって2017年から加入する、巨人の新たな選手たちについて紹介します。

…余談ですが、この巨人の方針は、その場しのぎにはいいのかもしれませんが、相変わらず若手が育たなさそうですね。

スポンサーリンク

アドセンス

巨人の退団・引退選手を紹介

まずは、2016年で巨人を去った選手を紹介します。

巨人を戦力外となった選手

  • 加藤健
  • 香月良太
  • 矢貫俊之
  • ウーゴ
  • 阿南徹
  • 田原啓吾
  • 高橋慎之介
  • 田中太一
  • 土田瑞起 → 育成契約
  • 成瀬功亮 → 育成契約
  • 田中大輝 → 育成契約
  • 芳川庸
  • 小林大誠
  • 坂口真規 → 育成契約
  • 長江翔太
  • 北之園隆生
  • 高橋洸 → 育成契約
  • 青山誠 → 育成契約

巨人から自由契約となった選手

  • ガブリエル・ガルシア
  • アーロン・ポレダ
  • エクトル・メンドーサ
  • アブナー・アブレイユ
  • レスリー・アンダーソン

巨人から移籍した選手

  • 小山雄輝 → トレードで楽天へ
  • 大田泰示 → トレードで日本ハムへ
  • 公文克彦 → トレードで日本ハムへ
  • 平良拳太郎 → 山口俊の人的補償で横浜へ

巨人で現役引退した選手

  • 鈴木尚広

見ればわかるとおり、巨人は、大量の戦力外通告を出しましたね。

また、トレードで大田選手、公文選手、小山選手が退団しました。

まぁ、2017年の巨人に大きな影響はなさそうですし、むしろ加入した選手の方が期待値が高いため、戦力的にはとくに問題はないかと思います。

 

2017年の巨人のドラフト指名ルーキーを紹介!

続いては、2017年から巨人に加入する選手の紹介です。

まずは、ドラフト指名ルーキーからです。

巨人のドラフト指名選手

  • 吉川尚輝
  • 畠世周
  • 谷岡竜平
  • 池田駿
  • 高田萌生
  • 大江竜聖
  • 廖任磊

巨人の育成ドラフト指名選手

  • 髙井翔
  • 加藤脩平
  • 山川和大
  • 坂本工宜
  • 松原聖弥
  • 高山竜太朗
  • 堀岡隼人
  • 松澤裕介

巨人の支配下ドラフトは、随分と極端な結果になりました。

ドラフト1位の吉川(尚)選手以外は、

全員が投手

ですから…。

それだけ、巨人は投手を補強ポイントとして考えていたのでしょう。

また、ドラフト会議では、1位指名は吉川(尚)選手にはなったものの、当初は田中正義投手を指名して競合したため、

全員投手を獲る予定だった

と考えてもよさそうです。

ただ筆者としては、最終的にドラフト1位が吉川(尚)選手で収まったのは、結果オーライだったと思います。

巨人のセカンドは、

  • クルーズ選手が全く試合に出られなかった
  • その他の選手が台頭しなかった

などから、いわゆる

『仁志の呪い』

がいまだに続いているわけです。

センターラインの強化という意味で、セカンドを任せられる吉川(尚)選手の加入は、巨人にとって必ずプラスになると思います。

 

2017年の巨人の移籍加入選手を紹介!

続いては、2017年から巨人でプレーする、移籍補強による加入選手です。

2017年の巨人の移籍加入選手1 吉川光夫

まず、1人目に移籍加入したのは吉川光夫投手です。

日本ハムからトレードで移籍してきた吉川(光)投手は、

2012年に14勝をマーク(MVP)

2015年に11勝を挙げる

など、貴重な先発左腕です。

吉川(光)投手1人と大田選手・公文投手でも、巨人があまりにも得をしているトレードだと、筆者は思ったのですが…。

しかし、日本ハムファンの意見では、

「セのファンは2012年の幻影を見続けている」

「2012年とか2015年の出来を前提に考えるのはよくない」

このように

吉川(光)投手が毎年2桁勝利確実!という実力ではない

ことを口にしている方が、それなりにいたのです。

確かに、巨人へFAで移籍してきた大竹投手も、広島では何度も2桁勝利をしましたが、

巨人へ移籍してからは、最高が9勝

という成績です…。

吉川(光)投手は、

10勝すれば上出来

1年間ローテを守ることに期待!

というくらいの認識でいた方が、気持ち的に楽かもしれません。

2017年の巨人の移籍加入選手2 石川慎吾

石川慎吾選手は、同じく日本ハムからトレードでやってきた選手です。

まだ23歳の若手ですが、高校通算55本塁打のパワーが持ち味。

どちらかというと、将来性を買われてトレードとなったタイプですね。

将来の巨人の中軸候補としての成長に期待です!

2017年の巨人の移籍加入選手3 山口俊

FAによって、横浜DeNAから移籍してきたのが、『どすこい』こと山口俊投手です。

山口(俊)投手は、先発として開花しなかったものの、2009年に抑えとして才能を発揮させると、しばらくは抑えとして活躍します。

しかし、コントロールが定まらなくなり、再び先発に戻されると、

2014年に8勝、2016年はキャリアハイの11勝をマーク

するのです。

巨人は先発の柱として獲得したと思われますが…。

正直なところ、先発として計算できるかは、未知数です。

まだ先発は2年しか成功した年がなく、大半が抑えだった

わけですからね…。

コントロールにかなり不安があるため、吉川(光)投手以上に、波が激しい選手なので、

2016年並みの活躍をするかどうかはわからない

と、安定感に欠ける認識を持っておいた方がよさそうです。

移籍後はさっそくインフルエンザにかかってしまい、キャンプで別メニューになっていました…。

2017年の巨人の移籍加入選手4 森福允彦

ソフトバンクからFAで移籍してきたのが、森福允彦投手です。

森福投手といえば、変則的なサイドスローが持ち味の投手で、主にリリーフとして、ソフトバンクを支えてきました。

2011年以降、毎年安定した成績を残しているため、巨人の補強ポイントである

左のリリーフ

として、存分にその力を発揮してくれると思いますよ。

おそらく、巨人の補強の中で1番の補強になったのが、森福投手だと筆者は思っています。

2017年の巨人の移籍加入選手5 陽岱鋼

5人目の移籍加入選手は、陽岱鋼選手です。

日本ハムのセンターとして活躍していた陽選手。

走守に優れた選手で、打撃もパンチ力があります。

ただ、フリースインガーかつ山張りバッターの傾向があるため、打撃に安定性はありません。

しかし、巨人の補強ポイントである、

センターラインの強化

には、うってつけの人材です。

固定しきれなかったセンターを固定できるようになるのは非常に大きいので、陽選手の加入は、巨人にとってかなりプラス要素となりそうです。

2017年の巨人の移籍加入選手6 柿澤貴裕

6人目の移籍加入選手は、柿澤貴裕選手です。

楽天から、小山投手とのトレードで加入しました。

22歳の若手で、最初は投手として楽天にドラフト指名されたものの、後に外野手に転向した経歴を持っています。

柿澤選手は、走守に定評のある選手で、もともと投手だったということから、強肩です。

打撃もパワーがあるため、環境が変わると、

走攻守3拍子揃った選手

に覚醒するという可能性が、なきにしもあらず。

ただ、野手の育成が非常に苦手な巨人では、それは難しいかもしれませんね…。

 

2017年の巨人の新外国人選手を紹介!

最後に、2017年の巨人でプレーする、新外国人選手を紹介しましょう。

2017年の巨人の新外国人選手1 ケーシー・マギー

巨人がサード、ファースト候補として補強したのが、ケーシー・マギー選手です。

マギー選手については、もはや説明不要ですよね。

2013年、楽天の日本一に貢献したあのマギー選手です。

楽天で日本一に貢献した後、メジャーリーグに戻ったマギー選手は、

.287、7本塁打、76打点

という活躍で、カムバック賞を受賞。

しかし、その後は成績が低迷し、再び楽天と巨人が調査を行っていたところ、巨人が契約に結びつけた…

というわけです。

ただ、筆者としては、あまりマギー選手に期待できないと思いました。

なぜなら、

2013年の頃よりかなり太っていて動きが鈍い

というニュースもありましたし、

34歳という年齢で、2013年のような怖さはない

そんな印象があるからです。

2013年のようなイメージで期待していると、成績低迷で、

「これがマギーって嘘だろ…」

と、落胆することになりかねないので、マギー選手については、

全く新しい外国人選手

と考えるくらいが、精神衛生上は、よさそうですね。

2017年の巨人の新外国人選手2 アルキメデス・カミネロ

巨人が、不足している投手の補強として獲得したのが、アルキメデス・カミネロ投手です。

とくに、

不安だった抑えの沢村投手に代わる存在

として、期待しているみたいですね。

カミネロ投手の魅力は、なんといってもストレートです。

2016年は、

最速165キロ、平均159キロ

という、その高速ぶりを披露。

2016年のスピードは、人類最速のアロルディス・チャップマン投手、ノア・シンダーガード投手に次ぐ数字となっています。

その他の球種も、

  • カットボール
  • シンカー
  • スプリット
  • スライダー

と多彩です。

メジャーリーグでは、

通算155イニング、防御率3.83、WHIP1.40

という数字を残しており、それほど悪いというわけではありません。

結局、この手のスピードボールを投げる投手にありがちな、

コントロール難で四球を出しやすい

というところが、メジャーリーグと3Aを行ったり来たりする理由なのでしょうね。

2日連続で危険球退場

というやらかしをしているくらいなので、日本プロ野球にいた投手で例えるならば…

クルーンに近いタイプ

と考えるのが、わかりやすいかと思われます。

 

以上が、2017年から巨人でプレーする新外国人選手となります。

この他にも、育成選手として、クリストファー・メルセデス投手、ホルヘ・マルティネス選手とも契約したみたいですね。

巨人は育成の外国人選手を獲得することも多いのですが、あまり実っていないだけに、そろそろ、

育成出身の主力外国人選手

が、現れてほしいところです。

 

まとめ

2017年から巨人に加入する、新戦力についてご紹介しました。

巨人の補強ポイントである、

センターラインと投手

という面は、しっかりと補強してきたような気がしますね。

ただ、FA移籍した選手たちは、これまでの成績を見るとわかりますが、

安定感のある選手が森福投手のみ

というデータが出ています。

そのため、大幅補強をしたものの、全員が不調で、全く役に立たなかった…

そういった事態もありえるだけに、2017年の巨人は、

新加入選手の調子次第では、3位以下もありうる

と、考えられそうです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球