星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

更新日

プロ野球2015シーズンは、打線の不振により、セ・リーグ4連覇を逃した読売巨人ジャイアンツ(以下、巨人)。

ここ数年の巨人からみても、あまりにも弱く、「一体何事か」と思われるような、巨人のチーム状況でした。

ただ皮肉にも、球界の盟主である巨人が弱体化したおかげで、プロ野球2015シーズンのセ・リーグの順位争いは、面白味があったように思います。

また、長期政権として巨人を指揮した原監督が退任し、さらには、日本球界を揺るがす大スキャンダルまで発覚してしまった巨人。

この時期に、若き新監督として、高橋由伸監督が新たに就任したのですが、その門出は決して晴れやかとは言い切れません。

1つの転機を迎えることとなる、2016シーズンの巨人の戦力について、当記事でまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

巨人の2016シーズンスローガンが発表!

高橋由伸

高橋由伸

巨人に在籍する3選手が引き起こした一連の騒動などで、世間から批判の的となった巨人。

さらには、チーム改革が必要と言われるまでに、巨人の各選手の成績が低迷し、2015シーズンは、かなり苦しい戦いとなりました。

筆者としても2015シーズンの巨人は、

「よくこれで2位になれたな」

と思ったほどです。

まぁ、セ・リーグそのものが総合的に弱かったので、いくら巨人が弱体化しても、2位でいられたと言ったほうがいいのかもしれません。

まさに0強6弱となってしまった感すら感じられるセ・リーグ。

常にセ・リーグの顔として、ペナントレースを引っ張ってきた巨人にも、いよいよ改革が迫られたのです。

その改革を示す言葉として、高橋由伸新監督が掲げた巨人の2016シーズンスローガンが、

『一新 ~GIANTS PRIDE 2016~』

です。

真っ白な気持ちで、新しい巨人軍を作るという想いが込められた『一新』。

そして、巨人81年の伝統を胸に戦い、継承していくという『GIANTS PRIDE』。

この2つの言葉を胸に、高橋由伸監督率いる、新体制の巨人の2016シーズンが幕を開けることとなります。

転換期を迎えた巨人ですが、果たして、ペナントレース・リーグ優勝奪還を果たすことができるのか?

2016シーズンの巨人の戦いぶりに、注目しましょう。

 

巨人の退団・引退選手を紹介

パソコンを見る男性

まずは、2015シーズン限りで巨人のユニフォームを脱いだ選手たちをご紹介します。

巨人を現役引退した選手

高橋由伸

井端弘和

金城龍彦

隠善智也

野間口貴彦

巨人を退団した選手

久保裕也 →横浜DeNA入団

巨人を戦力外・自由契約となった選手

青木高広

横川史学

ホアン・フランシスコ

フレデリク・セペダ

アレックス・カステヤーノス

巨人を契約解除された選手

福田聡志

笠原将生

松本竜也

となっています。

2015シーズンをもって、かつて輝いていたベテラン選手が多く引退したという印象を受けますね。

さらに、ダメ助っ人外国人の連鎖として話題になったセペダ選手、フランシスコ選手、カステヤーノス選手も揃って巨人を戦力外に。

相変わらずと言うか、伝統的に巨人が自前で連れてくる助っ人外国人選手は、ハズレが多いですね。

とくに、フランシスコ選手の獲得は、巨人のGMが解任されるきっかけとなった出来事でもありました。

2016シーズンに向けては、大物助っ人外国人として、ギャレット・ジョーンズ選手を獲得しましたが、はたしてこの補強が成功となるのか…

現場だけでなく、フロントもしっかりしていないと、1シーズンを戦い抜くのは、難しいものなのだな、と感じた次第です。

 

巨人の2016シーズンの補強!新加入・移籍選手を紹介!

黒板を指差す男性

続いては、巨人に2016シーズンから加入する移籍・補強選手達についてまとめてみました。

まずは、巨人がドラフト会議で指名したルーキーからです。

巨人のドラフト指名選手

桜井俊貴

重信慎之介

与那原大剛

宇佐見真吾

山本泰寛

巽大介

中川皓太

松崎啄也

巨人の育成ドラフト指名選手

増田大輝

小林大誠

松沢裕介

田島洸成

大竹秀義

山下篤郎

矢島陽平

長谷川潤

となっています。

驚いたことに、巨人は育成ドラフトも含めると、16人も新人選手を指名したということになります。

この背景には、かつて1度頓挫した巨人3軍構想を再び復活させるため、という事情があったようです。

常勝軍団として、目先の勝利だけにこだわるのではなく、将来を見据えた育成もしていこうという、巨人の姿勢が伺えますね。

ただ、肝心のドラフトについては、ファンからも『微妙』という声が多く挙がっています。

ドラフト1位の桜井俊貴投手は、素質十分で、即戦力としても期待できるのですが、2位以下は総じて地味に…

2015シーズン終了目前に発覚した大スキャンダルに配慮したかのような、巨人にしては消極的なドラフト指名でした。

しかし、そんな微妙と言われたドラフトの中でも、2位指名の重信慎之介選手は期待ができる存在になってきました。

オープン戦で早速、5戦連続安打を記録してアピール、立岡宗一郎選手との1番争いに名乗りを上げているからです。

ただ、巨人の外野争いは熾烈で、2015シーズンは、怪我明けに無理をしたことで不調だった長野久義選手や、チーム全体が打撃不振の中、一定の活躍を収めた亀井善行選手などの主力クラスが、まだ多く在籍しています。

センターを守るにしても、橋本到選手や松本哲也選手、立岡宗一郎選手がいるので、争いは熾烈になるでしょう。

しかし、さらに重信慎之介選手の台頭で、他選手の刺激になることは、チームにとって、とても良いことですから、ルーキーだとしても1軍争いをしてほしい選手だと思いました。

そして、移籍によって巨人にやってきた選手についても、ご紹介します。

まずは、脇谷亮太選手です。

脇谷亮太

脇谷亮太選手は、元々巨人でプレーしていた選手で、FAによって巨人に加入した片岡治大選手の人的補償として、西武へ移籍しました。

そして、この度、FA宣言によって、古巣・巨人へ復帰したということになります。

脇谷亮太選手には、なかなか固定できないセカンドのスーパーサブとしての活躍が期待されています。

筆者的には、脇谷亮太選手といえば、2011年の落球事件が真っ先に思い出されますね。

明らかに落球していたのに、判定はアウト。

これだけならば、誤審した審判が悪いのですが、脇谷亮太選手は試合終了後に、

「テレビの映りが悪かったんじゃないですか」

と、苦しい言い訳をしたのです。

これによって脇谷亮太選手のブログは、炎上する事態にまで発展しました。

そんな脇谷亮太選手の復帰によって、またテレビ中継の映りが悪くなるのではないか、と密かに心配しています。

さて、続いては、移籍補強した外国人選手、ルイス・クルーズ選手です。

ルイス・クルーズ

クルーズ選手は、2014年にロッテが獲得した助っ人外国人で、強肩を活かした、ダイナミックな守備が持ち味です。

打撃に関しては、打率.250台とあまりよくありませんが、ロッテに在籍した2年とも16本の本塁打を記録しており、勝負強いバッティングが魅力なため、打率を知ると、

「結構打っている気がするのに、意外と低いんだ」

と、驚くタイプのバッターです。

チャンスでの強さ、また、2015シーズンの巨人打線の状態から考慮すると、十分に主軸を担える存在です。

巨人では、レギュラーが固定されていないセカンドや、ここ数年、全く打撃の振るっていない村田修一選手の代わりにサードを守ることになるのでしょうね。

また、2015シーズンは、坂本勇人選手が怪我によって離脱したことで、大きく戦力ダウンとなりました。

クルーズ選手はショートも守れるそうなので、坂本勇人選手に不測の事態が生じても、代役として引けを取らない活躍をしてくれる…

控えのショートが不足していた巨人としては、そういう意味合いでも、クルーズ選手を今回獲得したのだと筆者は思いました。

また、このほかにも、育成選手として、ヤクルトを戦力外となった金伏ウーゴ選手と、さらには元西武のアブナー・アブレイユ選手とも契約をしています。

 

巨人の2016シーズン補強!新助っ人外国人ギャレット・ジョーンズ!

ギャレット・ジョーンズ

続いては、巨人の2016シーズンから加入する補強の新助っ人外国人選手をご紹介します。

日本へ初来日となる外国人選手は1人のみで、その1人というのが、ギャレット・ジョーンズ選手です。

ギャレット・ジョーンズ選手は35歳のベテラン。

2009年からは、完全にメジャーリーグに定着し、2014年まで、6年連続2桁本塁打を記録し、メジャーリーグ通算122本塁打となっています。

このことから、かなりの大物メジャーリーガーとしてやってくる…

と思いがちですが、2015年の成績は非常に悪く、年齢による衰えが顕著になっての来日と考えたほうがいいでしょう。

打率も、メジャーリーグ平均で.250程度のため、打率には期待できません。

また、2015年のみの成績で言うならば、三振がやや多く、ヤクルトのバレンティン選手の2015年に近い三振率となっています。

年齢による衰えが顕著になった、と言ったのには、これだけでなく、ストレートなどの速球についていけなくなったことも理由となります。

また、四球を選ばないフリースインガータイプなので、当たれば飛ぶが、三振も多くするといったタイプなので、ここまでの評価としては微妙といったところです。

2ストライクに追い込まれると、あっさりと逃げる球を投げられて三振…

というケースが容易に想像できそうです。

また、守備に大変な不安があるため、こちらもネックになりそうですね。

これらを考慮して、総合的な期待度としては、『微妙』としておきます。

どうも、セペダ選手と同じ道を辿りそうな気がしてなりません…。

あとはせっかくですから、ジョーンズ選手が、いい意味で裏切ってくれることに、期待しましょう。

 

まとめ

2016シーズンの巨人は、高橋由伸新監督のもとで、1つの転換期を迎えようとしています。

これまでの巨人は、主力選手に頼りきりだったため、控えメンバーが全く育っていないという状況に陥った中、どう2016シーズンを戦っていくのかに注目が集まります。

また、先発投手もかなり不足していて、ポレダ投手、マイコラス投手が、2年目も1年目のように活躍するとは限りません。

巨人にとっては、2016シーズンも低迷期が続きそうですが、何とか踏ん張ってプロ野球界の盟主らしくいてほしいものですね。

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球