星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

ひな祭りの由来とお祝いする意味!飾りや食事のルールもチェック

投稿日

こどもの日が、男の子の節句であるのに対して、女の子の節句として、昔からずっと定着しているひな祭り。

みなさんは、ひな祭りの由来・ルーツなどをご存知でしょうか?

一部では、お雛様を飾りすぎてしまうと、お嫁にいき遅れてしまうなんて迷信などもありますし、ひな祭りのお雛様を一体いつまで飾っていればいいのか。

また、ひな祭りの食べ物や、お祝いのルーツは何処にあるのかなど、気にされている方も多いかと思います。

そこで、本記事では、知られているようで意外と知られていない、ひな祭りの由来(ルーツ)や、お祝いや雛人形の意味、食べ物の話を中心に、より一歩、ひな祭りが身近に感じられるような雑学をご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

ひな祭りの由来・ルーツなどお祝いする意味とは?

ひな祭り

ひな祭り

ひな祭りは『桃の節句』とも言われ、雛人形を飾り、女の子の節句として祝う恒例イベントとして定着しています。

このひな祭りの由来は、何処にあるのかをみなさんご存知でしょうか?

きっと物心が付いた頃から、『ひな祭りには雛人形を飾るもの』と、ご両親に教えられ、気がついたらそれが常識として身についている方が大多数だと思うのですが、雛人形をひな祭りに飾るのにも明確な理由が存在しているのです。

そのひな祭りの由来・ルーツは、3世紀前後の古代中国の時代まで遡ります。

当時の中国では、季節の変わり目には、災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたらしく、春が訪れる3月3日(3月の最初の巳の日=上巳)に、水辺で綺麗に手足を洗い、を行うことで邪気を払おうとしていた風習が行われていたそうです。

現在でも占いなど、風水などを気にする方がいらっしゃいますが、昔は、まじない的なものをかなり気にする方が多かったみたいなのです。

邪気を払って健康になろうという考えも、一般常識とされていたそうですから、このような風習が流行っていた、というのもよくわかりますね。

さて、そんなひな祭りの由来となる古代中国の風習ですが、この邪気をはらうための禊の風習が、どのようにして、ひな祭りへとつながっていくのでしょうか?

それは、平安時代の日本でのこと…

この中国での風習は、遣唐使を通じて、日本に伝わり、その後、時代が平安に移っていくと、宮中行事の一つとして定着するようになります。

元々日本に伝わった直後は、天皇に対して振りかかる災厄をお祓いするための禊の儀式の一つとして用いられ、それがやがて、宮中行事として変化していく際に、川の畔に男女が集まり、災厄を払う『上巳の祓い』として、曲水の芸が催されるようになりました。

さらに時代が進んでいくと、男女を象徴する紙の人形を川に流すことで、実際に禊を起こしたのと同じと見立て、祓いの儀式とするようになったそうです。

ちなみに、この儀式は、今でも一部地域で『流し雛』という風習として残っているみたいです。

詳しくは分かりませんが、筆者が調べたところによると、鳥取でこのようなイベントが行われているという話は聞きました。

皆さんも一度調べてみるといいかもしれませんね。

さて、話を元に戻しましょう。

男女の災厄を払うために、かたどられた男女一対の紙の人形が、どのように雛人形になっていったかというと、そのルーツは紫式部や、清少納言が過ごした平安時代の宮中にありました。

清少納言(左)、紫式部(右)

清少納言(左)、紫式部(右)

というのも、この当時は、今で言うところのおままごと遊びのようなものが、子どもたちの間で流行っていました。

ただ、当時は、男女一対の紙で作った人形を用いて、雛遊び(おままごと)をしていたそうで。

この名残は、後に一般庶民の間でも流行していきます。

そして、それぞれ特徴の違う人形作っていたことが、江戸時代に、京都から江戸へ伝わっていくと、やがて、それらを全部組み合わせたひな壇が完成してくのです。

このひな壇が、今で言うところの雛人形そのものの、直接的な由来・ルーツとなり、中国から伝わったお祓いの習慣が、形を変えて女の子の節句として定着していったというのが、ひな祭りとなっています。

まさか、雛人形やひな祭りに、そのようなルーツがあるなんて、まさに目からウロコですね。

それにしても、男女の災厄を払うための儀式という話には衝撃を受けましたが、ここで一つだけ合点がいかないことが出てきました。

男女のための祓いのイベントなら、

「何故、女の子の節句となっているのか?」

というという話です。

この部分は、いまいち明確にされていませんが、一つの説がありました。

かつて、ひな祭りの儀式が、天皇の災厄を払う禊の儀式として行われていた頃、男性だけがこのようなイベントを楽しむのはズルいと、女性達から不満が続出したことが大きく影響しているようです。

要は、今で言うところの差別からきた不満と考えれば、話が早いと思います。

女性だって社会に進出したい、と考え、現在、社会で活躍する女性が増えているわけですが、当時も、女性達だって災厄を払うイベントに参加したい、と思う女性がたくさんいらっしゃったらしく、だったら、女性も楽しもうという流れが平安時代にできた。

その流れが、やがて女の子の雛遊び文化として定着し、ひな祭りが女の子の節句という風になったのではと言われています。

全ては中国の祓いの風習に、ひな祭りの由来・ルーツが存在し、それが、今のおままごと文化のルーツとも言える雛遊びの文化として日本に根付き、ひな祭りの文化が出来たというわけ。

なんとも奥深い話ですよね。

 

ひな祭りのお祝いの仕方・雛人形の飾り時期は?

ひな祭り

ひな祭り

ひな祭りの・由来・ルーツは、古代中国の習わしにある事がよく分りましたが、そもそもひな祭りはどのようにして祝うことが正しいのでしょうか?

また、ひな祭りに飾り付けする雛人形は、いつまでに飾り付けし、いつまでにしまうのが正しいのでしょうか?

まず、ひな祭りの祝い方としては、古代から盛大に祓いのイベントとして儀式化されているように、ご両親や祖父母など、身内で盛大に祝ってあげるのが良いとされています。

そして、用意する雛人形は、一人に1セット(お雛様・お内裏さまのみで大丈夫)を用意するのが理想です。

その理由としては、そもそもこの雛人形のルーツが、子どもたちの災厄を祓うための身代わりとなる人形である事が挙げられます。

まとめてその人形を身代わりにするのではなく、一人の身代わりは一つの人形でというのが、常識的な考えとされてきているらしく、その流れは現代にも受け継がれているようですよ。

高額なひな壇を購入される方がいらっしゃいますが、そこまでしなくてもいいので、女の子の数の分だけお雛様とお内裏様を準備してあげてください。

そして、一つ一つの雛人形に、我が子(女の子)に災厄が訪れず、健やかに育って欲しい、と願いを込めてお祝いしてあげて欲しいものです。

ちなみに、親戚などからお祝いしてもらった場合は、どのようにお返しをするのが理想か、軽くお話しておきます

あくまで相場的なものですが、お祝いしていただいたら、感謝状(お手紙)や写真を添えて、お祝いとして頂いた金額の3分の1をお返しするのが理想と言われています。

とは言っても、これは一般的な例であって、各御家庭で事情もいろいろあるでしょうし、あくまで参考例として頭の片隅に入れておけば良いかと思いますよ。

さて、ここからは、雛人形の飾り付けをする時期や、ひな祭りが終わり、雛人形をしまう時期に関してお話していきます。

一部では、立春(節分の翌日頃)から、2月中旬にかけて飾り付けし、3月3日のひな祭りが終わったら、その2日後くらいにしまうのがベスト。

リミットとしては、ひな祭りから2週間後と言われているそうです。

雛人形は立春(2月4日)後に飾り付けするのがベスト…

雛人形は立春(2月4日)後に飾り付けするのがベスト…

直接、ひな祭りの由来・ルーツと関係があるかどうかは分かりませんでしたが、ひな祭りそのものが、邪気を祓うための禊の儀式であったものが、由来・ルーツとされているので、節分で邪気を払った直後に飾り付けして、3月3日のひな祭り終了後には、早くしまうというのもよくわかります。

わざわざひな祭りをしてまで邪気を祓おうとしているのに、いつまでも邪気を含んだ人形を近くに放置しておいても意味がありませんよね。

実際に、1回飾り付けして、すぐ捨てるというわけではありませんが、川に流す代わりにしまうという行動を起こすのが、風習的に考えても妥当なところなのではないでしょうか。

このように、ひな祭りの由来・ルーツと直接は関係ないとしても、お雛様をしまうタイミングを考える際の参考にはなっていると思いますので、面倒臭がらずに、しっかり意味合いを考えた上で、期日までに飾り付けや人形をしまうようにしましょう。

 

ひな祭りの食事のルールは

ちらし寿司

ちらし寿司

みなさんは、ひな祭りの食事というと何を連想されますか?

ひな祭りの代表的な食事を言うと、ちらし寿司、ひなあられ、菱餅辺りがメジャーです。

これら以外にも、実は幾つかひな祭りにふさわしい食事が存在します。

では、その意味合いも含めて、ひな祭りにふさわしい食事をご紹介していきますね。

ひな祭りの食事1 ちらし寿司

正直な話、平安時代に、お寿司の原型として食されていた『なれずし(魚介類とご飯を共に発酵させた食べ物)』を食べていたことが、一つのきっかけであったという話はあったものの、ちらし寿司そのものに意味は存在しません。

では、なんとなく流れで無駄にちらし寿司を食べているのかというと、そういうことでもなく、おせち料理と同じで、具材一つ一つに意味があり、総合的に、ひな祭りの食事には、ちらし寿司を食べる事が良いこととされ、ひな祭りでよく食べられているというのです。

例えば、

・エビには長生き

・れんこんには見通しが利く

・豆は健康でまめに働ける

という意味合いがそれぞれ込められています

この辺りは、まさにおせち料理と同じですよね。

このように一つ一つの具材に意味が込められていて、あとはにんじんや錦糸卵、三つ葉など彩りが鮮やかにされていますから、ちらし寿司そのものに意味は無いものの、盛大にひな祭りを祝い、健康で健やかに過ごしたいと願いが込められているのではと思いますよ。

ひな祭りの食事2 菱餅(ひしもち)

ひな祭りの菱餅といえば、文字通り菱型の形をした緑・白・ピンク(紅)の3色の餅を縦に重ねた食べ物ですよね。

この色合には、それぞれ意味があり、

・緑は健康や長寿

・白は清浄

・ピンクは魔除け

という意味が込められているそうです。

また一方では、緑=大地、白=雪、ピンク=桃という、別の意味合いも込められ、

『雪解けし大地に草が芽生え桃の花が咲く』

という光景を象徴とされているという説もあると言われています。

単純に女の子が健やかに過ごすための食事ということだけではなく、まさに春の訪れを祝す食べ物だということですね。

ちなみに緑餅には造血効果、白餅には血圧を下げる効果、ピンク餅には解毒作用があるといわれ、さらには菱型なのも心臓を象っているという話もあり、女の子の健康を祈願したい親心が、如実に現れた食べ物と言えそうですね。

ひな祭りの食事3 ひなあられ

ひなあられ

ひなあられ

ひな祭りでよく見かける食べ物の一つとして、『ひなあられ』は最もポピュラーかも知れません。

普段は、あまりあられを食べない筆者ですら、ひな祭りの時期に雛あられがよくスーパーなどで見かけることを知っています。

実は、このひなあられは、餅に砂糖を絡めて炒めたもので、ひな祭りの節句の代表的な和菓子として、受け継がれてきたものなんだそうです。

まさかあられが和菓子だったとは驚きですが、言われてみれば、なるほどと言ったところですよね。

さて、このひなあられにも、ちゃんと意味が存在しています。

ひなあられを見ると、ピンク・緑・黄色・白と、かなりカラフルなあられが混在しているかと思います。

これは、それぞれ、四季を表していると言われ、

白=冬

緑=春

ピンク(紅)=夏

黄色=秋

を象徴とされているのだとか…

これらのあられを食することで、1年中、女の子が健やか、且つ元気に過ごすことを祈願されているという説が存在しています。

また一方では、3色(白・緑・ピンク)のケースもありますが、これには別の意味があり、

白=雪

緑=木々の芽

ピンク=生命

を象徴とし、菱餅同様、春の訪れを意味することで、女の子が元気で健やかに育ち、春を迎えた喜びを祝うニュアンスが、ひなあられに込められています。

ひなあられには、ご両親が我が子に対して、

「健やかに元気に育ってくれてありがとう」

という意味と、

「これからも健やかに元気に幸せに育って欲しい」

という願いが込められているのだと思いますよ。

ひな祭りの食事4 白酒・甘酒

ひな祭りに、何故か甘酒や白酒が振る舞われることがありますが、この由来・ルーツは、中国から伝わっていた『桃花酒』という飲み物が、由来・ルーツだったと言われています。

この桃花酒というのは、桃の花びらを付けた薬酒であり、気力や体力の充実をもたらすものらしいです。

筆者自身が、桃花酒の実物を見たことがないので、大きな誤解をしているかもしれませんが、ニュアンス的なものとして捉えると、今で言う栄養ドリンク的なものだったのかもしれませんね。

それが江戸時代に、白酒に変わり、庶民に親しまれるようになると、子どもたちにアルコールを与えることが出来ないことを背景に、甘酒として振る舞われるようになった、というのが大きな背景にあるそうですよ。

ひな祭りの食事5 はまぐりの吸い物

ひな祭りの食事として、振る舞われる『はまぐり』は、平安時代の頃から『貝合わせ』の遊びなどで、女の子の間でも何かと知られている食材であり、対になった貝殻でないと、ピッタリ合わないところから、

『一生に一度、最高の伴侶に巡り逢い、夫婦となって幸せになってほしい』

という願いを込めてられています。

やはり昔も今も、女の子は結婚して、素敵な家庭を築いていくことが最高の幸せと考えられているのでしょう。

現代では、社会に進出している女性も増えていますが、

結婚=幸せ

という考えは今も昔も変わりないようです。


 

以上が、主なひな祭りを祝う食べ物とその意味です。

まだまだ他にも食べ物があるかもしれませんが、ここから先は、是非ご自身で調べてみてください。

意外なところから、ひな祭りで女の子を祝うための素敵な食材に巡り会えるかもしれませんよ。

 

まとめ

ひな祭りは、女の子に災厄無く、健やかで元気に1年を過ごすことを祈願された盛大なイベントであることが、今回の調査で改めて分かりました。

いつの時代も、親御さん達は子どもたちの幸せを願い、ひな祭りの雛人形に、その想いを託して祝っています。

元々は祓いの儀式なので、雛人形を飾ったままだと、いつまでも災厄が外に逃げずに、そこに不幸が訪れてしまいます。

節分が過ぎたら、早めにひな祭りの飾り付けをし、終わり次第、3日後の3月6日を一つの目処として、2週間以内に雛人形をしまうようにしましょう。

また、ひな祭りの食事にも、意味が込められているものが多いので、この記事でご紹介したものを参考にしながら、子供たちとともに、ひな祭りを盛大に祝ってあげてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学