星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

亀田興毅の引退後の現在の仕事での年収は?嫁や子供にも注目!

投稿日

『浪速乃闘拳』の愛称でも有名だった元プロボクサー(WBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級王者、WBA世界バンタム級の3階級王者)で、現在、実業家として各地を回りながらも、時折テレビ出演もされている亀田興毅さん。

亀田興毅さんは、亀田3兄弟の長男として、弟である大毅さん、和毅さんを牽引されてきましたよね。

もちろん弟達の実力があってこそですが、きっと兄・興毅さんの存在は、彼らにとっての大きな存在なのだと思います。

さて、そんな亀田興毅さんですが、現役を引退した現在の具体的な活動や、彼の年収・嫁・子供のことなどが気になります。

そこで本記事で、亀田興毅さんの現在に迫っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

亀田興毅のプロボクサー引退後の現在の活動は?

亀田興毅

亀田興毅

試合前の会見の席などで、暴言を連発するなど、やんちゃなパフォーマンスが目立ち、バッシングされる一方、『浪速乃闘拳』の愛称で慕われ、

  • WBA世界ライトフライ級
  • WBC世界フライ級王者
  • WBA世界バンタム級

の3階級で、世界チャンピオンに立ち、実力を見せつけてきた亀田興毅さん。

プロボクサーとして、有言実行というべき結果は十分残されてきたことと筆者も感じていますが、そんな亀田興毅さんが、4階級を目指して戦った2015年10月16日のWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ(河野公平戦)で、0-3の判定負けを喫し、急に引退…

亀田興毅さんの弟達からも、

『もう引退しろ』

と勧告されていたくらいですし、亀田興毅さんに加齢による力の衰えが見えていたのは間違いなかったのだと思います。

確かにボクシング界のルールを逸脱するようなパフォーマンスが度々見られ、その都度、問題とされてきたのは周知の事実です。

しかし、それでも12年の現役生活で、3階級制覇しているのは、十二分に亀田興毅さんを評価できる実績と言えるでしょう。

賛否は分かれていながらも、亀田興毅さんのボクシングを評価する声も多く、よくも悪くも多くのボクシングファンの記憶に鮮明に残る素晴らしいボクサーだったと思います。

さて、そんな亀田興毅さんですが、引退後の現在は実業家として日本各地を回りながら、時折テレビ出演されているようです。

具体的には、とくにこれといった仕事が決まっておらず、サイン会や握手会などのイベントやテレビ出演、若手ボクサーへの指導など、様々なオファーを受けながら、将来の実業家として、アジアでのボクシング普及のために必要な資金を集めている段階とのこと…

まぁ、サッカーで言うところの、元日本代表・中田英寿さんと同じような自由人スタイルの活動をされているといった感じなのでしょう。

中田英寿

中田英寿

確かに亀田興毅さんは、元プロボクサーとしての知名度は高いのですが、実業家となると話は別です。

どんなビジネスを展開できるのか、企画力・営業力なども完全に未知数で、亀田興毅さん自身が大きな信頼を得ているわけではありませんし、その実績を資金とともに身につけようとしているのでしょう。

先日、弟の亀田大毅さんが、コンビニの一日店員としてレジ打ちしていた際に、握手会・サイン会を開催する仕事として、亀田興毅さんが、そのコンビニに訪れていたというのも、実業家としての経験値を積むための一つの経験だったということなのでしょう。

亀田興毅さんは、ボクシングの世界を離れ、社会に触れていく中で、実業家としての知名度や信頼を得て、その上でアジア全体でもっとボクシングを普及させていきたい、という将来のビジョンをどのように達成してくか…

そのことが現在の亀田興毅さんの最大のミッションなのだと思います。

これは、亀田興毅さんが現役引退から1週間ほどしか経っていなかった頃に出演されていたバラエティ番組『ワイドナショー』でのことです。

現在、日本ではプロボクシングの世界が確立しているのですが、アジアにはそれが全く無くて、アマチュアボクサーとして活躍している選手が沢山いるのに、プロとして活躍の場が無いのだそうです。

そのことを亀田興毅さんは憂いているらしく、もっとアジアでボクシングが普及し、一人でもプロとして活躍したい、と夢見ている選手たちを応援したいと考えているそうです。

それが、今の自分を作ってくれたボクシング界への恩返しのようなものと捉えているのが、現在の亀田興毅さんの心境みたいですね。

昔、日本でそれほどボクシングというプロスポーツが確立されていなかった頃、白井義男さんやファイティング原田さんが世界チャンピオンになり、日本でボクシングファンが一気に増えて、熱狂的な盛り上がりを見せていたという話を聞きます。

確かに日本人世界チャンプの先駆けだった2人ですから、そういう盛り上がりを見せていたのは事実なのでしょう。

もし日本以外のアジアの国々で世界チャンピオンが続々と誕生し、その結果、アジア全体のボクシング界が盛り上がれば、これほど嬉しい話は無いですよね。

そのためにも、ボクサーのプロ化の確立は必要なことで、そのために亀田興毅さんは、自分が実業家として資金を稼ぎ、投資していきたいと考えているというのです。

あれだけやんちゃなボクサー亀田興毅さんが、ここまで考えているとは、本当に意外な話ですよね。

ぜひ、その亀田興毅さんが夢を実現し、アジアのボクシング界が大きく盛り上がっていくことを心から願っています。

 

亀田興毅の現在の仕事と年収は?

亀田興毅

亀田興毅

亀田興毅さんのファイトマネーに関しても言えることなのですが、明確なものはあまり明らかにされておらず、亀田興毅さんの年収が、現在いくらあるのか、はっきりしていないというのが正直なところです。

しかし、それでは、あまりにも情報がなさすぎるので、亀田興毅さんの年収とまではいかないまでも、一部判明している年度の年収や、テレビ出演のギャラなど、若干ネットで流れている情報をまとめることとします。

まず、WBA世界バンタム級タイトルマッチで勝利し、3階級王座に立った後の防衛戦が行われた2011年

亀田興毅さんは、その年に3度防衛戦を行い、全てに勝利しておりますが、その年の年収が1億届かず9000万円台だったことが判明しているそうです。

もちろん、試合によってファイトマネーが変わることはあるでしょうし、一概にこうだとは言えませんが、当時の亀田興毅さんのファイトマネーは、1試合・約3000万円(平均して)もらっていたこととなります。

亀田興毅さんが、プロとして戦ったのは35戦ですから、ざっと単純計算したら10億5000万円ということになるのですが、当然ファイトマネーが3000万以下というケースもあるでしょうし、いろいろと経費だってかかっているはずですから、トータルで多く見積もって、亀田興毅さんの実収入は、5億くらいが妥当な線ではないかと思います。

そして、約12年の現役生活ということを考慮し計算してくと、亀田興毅さんは年収4000万円くらいというのが推測上での、ボクシングのみでの彼の年収です。

そして、テレビ出演のギャラに関してですが、これはテレビ関係者の話を元に推測した話で、大体1本100万くらいではないかと思われます。

その根拠には、澤穂希さんが要求しているギャラが、200万~300万くらいで、かなり高額であると敬遠されているところがあり、その点、亀田興毅さんは身の丈を分かっていて、多額のギャラを要求してこないので、非常に助かるという話があったことが挙げられます。

その話によると、澤さんクラスで150万くらいが、妥当とテレビ関係者は考えているらしく、少なくとも亀田興毅さんは、それよりも少ない額と見るのが妥当だと推測しました。

ただ、あまりに低い額だと、3階級王者に対して失礼な部分もあるでしょうし、テレビ局の言い値と言われる150万からマイナス50万の100万円くらいが亀田興毅さんの一本あたりのギャラではないか、と推測してみました。

何度も言うように、これはいろんな情報から筆者が推測した金額なので、間違いなく亀田興毅さんのギャラがこの金額というわけではありません。

あくまで筆者個人の推測上での話です。

大体、亀田興毅さんの現役時代は年収5000万前後で、引退後は、1000万円前後といったところではないかと思われます。

まぁ、亀田興毅さん自身、お嫁さんもいれば、すでに子供もいるわけですし、少なくともこれくらいの収入がなければ、安心して各地を回って自由人として生活することなどできないはずですから、あながち間違いというわけでもないかなぁと思う次第です。

 

亀田興毅の嫁は同級生!子供は…

結婚

亀田興毅さんのお嫁さんは、彼が中学時代からの同級生の伊藤美香さんという方で、2012年に2人は結婚しました。

当時は、亀田興毅さんもまだ現役バリバリの頃で、亀田3兄弟としても大きく注目され、一度特集として、3人がテレビ出演された時に、亀田興毅さんの彼女として紹介されていたそうです。

さて、その伊藤(現在:亀田)美香さんというお嫁さんですが、亀田興毅さんと同級生なのは、先程お話した通りですが、中学の頃から彼を支えてきたらしく、興毅さんが社長を務める亀田プロモーションの役員をされているそうです。

お嫁さんが現在も役員をされているかどうかは分かりませんが、家事を含め何でも出来て優しく、また、明るくて面倒見の良い女性とのこと。

このお嫁さんは、亀田興毅さんの一番の理解者であり、支えとなる方なのだと思います。

亀田興毅さんとお嫁さんとなった彼女は、中学時代から12年程交際し、同棲生活を経て結婚。

2012年の結婚の際には、既に亀田興毅さんの第一子を妊娠されていて、デキ婚としても注目されていました。

しかし、ただのデキ婚というわけでは無く、亀田興毅さんが彼女一筋に愛し続けてきた末の結婚ということが改めてよく分かりました。

亀田興毅さんの子供も長男・万毅(まなき)くんをはじめ、男の子3人に恵まれています。

ちなみに亀田興毅さんの次男は、2013年8月に生まれ、三男は2015年10月に生まれているそうです。

どちらも名前までは公表されておりませんが、亀田興毅さんの子供ですから、元気でわんぱくな子供として、すくすく育っていくことでしょうね。

 

まとめ

3人の男の子に恵まれ、愛するお嫁さんとの夫婦仲も良好な様子の亀田興毅さん。

プロボクサーとしての現役を引退し、現在の亀田興毅さんは、元サッカー日本代表・中田英寿さんのように自由人として、日本各地を回りながら、様々なイベントに参加したり、時折テレビ出演もされています。

亀田興毅さん自身は、我が子にはボクシングをさせたくはないそうですが、将来、アジア各国でプロ化を確立させ、ボクシング普及率を高めたいという目標を掲げています。

亀田興毅さんは、実業家として成功するために、現在は様々なことから収入を得ながら、あらゆる経験を積んでいるところです。

年収こそは、現役時代より落ちていると思いますが、今後、様々な分野で自由人として活躍されると思いますので、今後も亀田興毅さんの活躍には注目し続けたいものですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-スポーツ