星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

亀田興毅の現在と引退の理由を考察!三兄弟の仲や関係は良かった?

更新日:

『浪速乃闘拳』

の愛称で有名だった元プロボクサーの亀田興毅さん。

(WBA世界ライトフライ級、WBC世界フライ級王者、WBA世界バンタム級の3階級王者)

彼は現在、実業家として各地を回りながらも、時折テレビ出演もしているようです。

亀田興毅さんは、亀田3兄弟の長男として、弟である亀田大毅さん、亀田和毅さんを牽引してきましたよね。

しかし、一部では三兄弟の不仲説が囁かれているらしく、また一方では、亀田興毅さんの引退の本当の理由を気にしている人もいるようです。

そこで、本記事で、三兄弟の仲や現役を引退した理由・現在の具体的な活動、そして、彼の年収・嫁・子供のことなどの真相をお話していきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

亀田興毅のプロボクサー引退後の現在の活動は?

亀田興毅

亀田興毅

亀田興毅さんは、試合前の会見の席などで、暴言を連発するなど、やんちゃなパフォーマンスが目立ってバッシングを受けてます。

『浪速乃闘拳』やそれをもじった『浪速の狂犬』

の愛称でも知られていますね。

亀田興毅さんは

  • WBA世界ライトフライ級
  • WBC世界フライ級王者
  • WBA世界バンタム級

の3階級で、世界チャンピオンに立ち、世間に実力を見せつけてきました。

プロボクサーとして、有言実行というべき結果は十分残してきたことと筆者も感じています。

 

そんな亀田興毅さんが、4階級を目指して戦った2015年10月16日のWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ(河野公平戦)で、

0-3の判定負け

を喫し、急に引退…。

亀田興毅さんの弟たちからも、

「もう引退しろ」

と勧告されていたくらいだったそうです。

どうやら亀田興毅さんに加齢による

力の衰え

が見えていたのは間違いなかったのだと思います。

確かにボクシング界のルールを逸脱するようなパフォーマンスがたびたび見られ、その都度、問題とされてきました。

しかし、それでも12年の現役生活で、3階級制覇しているのは、亀田興毅さんを評価できる実績と言えるでしょう。

そのように亀田興毅さんのボクシングを評価する声もありますが、実力や戦績には疑問視する声も非常に多いのです。

よくも悪くも多くのボクシングファンの記憶に鮮明に残る異色のボクサーだったと思います。

 

それにしても、辰吉丈一郎さんのように、まだまだ現役としてやっていけると思っていたのです。

なのに亀田興毅さんはなぜ、あのタイミングで引退したのでしょうか?

その本当の理由は、彼にしか分かり得ないことだと思います。

ただ、その背景には、亀田大毅さんが

2013年に試合したロドリゴ・ゲレロ選手とのIBF世界スーパーフライ級王座決定戦

のことが、多大に影響していたように思われます。

というのも、この戦いでは、相手のロドリゴ・ゲレロ選手が、日本製のグローブを身に付けて戦わなかったり、

亀田大毅さんが敗れてもタイトルを保持したり

という、実に違和感だらけの1戦となってしまい、亀田興毅さんも腑に落ちないことが多々あったのでしょう。

当時、JBCの職員に対して猛抗議したのです。

それが、

JBCの職員が暴力を奮われ監禁された

という話になってしまいます。

結果として、JBCの職員から訴訟を起こされ、日本でのライセンスを剥奪されることとなってしまったのです。

一応、最終的には、亀田サイドが勝訴したため、日本でのライセンスは戻ってきました。

このように、ちょっとしたボタンの掛け違いが、三男・亀田和毅さんにまで迷惑を掛けてしまう惨事となってしまいました。

その事を気に病んでいたのか、亀田興毅さんは引退を決意したみたいです。

もちろん、先程からお話している通り、それが本当の理由かどうかは、亀田興毅さん本人しか分かりえないことです。

あくまでこれは一つの事実に基づいた筆者の推測でしかありません。

しかし、ライセンスを剥奪されたことは、たとえそれが何かしらの行き違いから起こったこととは言え、これまでのイメージによる誤解もあったわけです

亀田興毅さんの中で何事もなかったことにはできなかったのかもしれませんね。

このように、いろんなことが重なり、彼はリングを降りることになりました。

 

さて、そんな亀田興毅さんですが、引退後の現在は実業家として日本各地を回りながら、時折テレビ出演しているようです。

具体的には、とくにこれといった仕事は決まっていません。

サイン会や握手会などのイベントやテレビ出演、若手ボクサーへの指導など、様々なオファーを受けながら、将来の実業家として、

アジアでのボクシング普及

のために必要な資金を集めている段階とのこと…。

まぁ、サッカーで言うところの、元日本代表中田英寿さんと同じような、自由人スタイルの活動をしている感じなのでしょう。

中田英寿

中田英寿

亀田興毅さんは、元プロボクサーとしての知名度は高いのですが、実業家となると話は別です。

どんなビジネスを展開できるのか、企画力・営業力なども未知数で、また亀田興毅さんが大きな信頼を得ているわけではありません。

その実績を資金とともに身につけようとしているのでしょう。

先日、弟の亀田大毅さんが、コンビニの一日店員としてレジ打ちしていた際のことです。

その握手会・サイン会を開催する仕事として、亀田興毅さんが、そのコンビニに訪れていたのです。

それも、実業家としての経験値を積むための経験だったのでしょう。

亀田興毅さんは、ボクシングの世界を離れ、社会に触れていく中で、実業家としての知名度や信頼を得て、その上で

アジア全体でもっとボクシングを普及させていきたい

という将来のビジョンをどのように達成していくのか…。

そのことが現在の亀田興毅さんの最大のミッションなのだと思います。

 

これは、亀田興毅さんが現役引退から1週間ほどしか経っていなかった頃に出演していたバラエティ番組『ワイドナショー』でのことです。

現在の日本ではプロボクシングとしてのシステムが確立しています。

アジアには、それが全くない国が多く、アマチュアボクサーとして活躍している選手がたくさんいるのに、プロとして活躍の場がないのだそうです。

そのことを亀田興毅さんは憂いているようです。

もっとアジアでボクシングが普及し、プロとして活躍したいと夢見ている選手たちを、応援したいと考えているそうです。

それが、今の自分を作ってくれたボクシング界への恩返しと捉えているのが、現在の亀田興毅さんの心境みたいですね。

昔、日本でそれほどボクシングというプロスポーツが確立されていなかった頃、

白井義男さんやファイティング原田さんが世界チャンピオンになり、日本でボクシングファンが一気に増えて、熱狂的な盛り上がりを見せていた話を聞きます。

日本人世界チャンプの先駆けだった二人ですから、そういう盛り上がりを見せていたのは事実なのでしょう。

もしアジアの国々で世界チャンピオンが続々と誕生し、その結果アジア全体のボクシング界が盛り上がれば、これほど嬉しい話はないですよね。

そのためにも、ボクサーのプロ化の確立のためのシステムは絶対必要なことです。

そのために亀田興毅さんは、自分が実業家として資金を稼ぎ、投資していきたいと考えているのです。

あれだけやんちゃなボクサーだった亀田興毅さんが、ここまで考えているとは、本当に意外な話でした。

ぜひ、その亀田興毅さんが夢を実現し、アジアのボクシング界が大きく盛り上がっていくことを願うばかりです。

 

亀田興毅の結婚相手(嫁)は同級生!子供は…

さて、プロボクサーとしては、良くも悪くも話題を提供し続けてきた亀田興毅さん。

実は既に結婚もし、3児の父になっています。

気になる、亀田興毅さんの結婚相手(嫁)は、彼が中学時代からの同級生の

伊藤美香さん

という人で、12年交際し、同棲生活を経て、2012年に二人は結婚!!

当時は、亀田興毅さんも現役バリバリの頃で、亀田3兄弟としても大きく注目されました。

一度特集として、三人がテレビ出演した時に、『亀田興毅さんの彼女』として紹介していたそうです。

仕事上のことだけでなく、家事を含め、何でもできて優しく、また明るくて面倒見の良い女性とのことです。

亀田興毅さんにとっては、まさに一番の理解者であり、支えとなる女性なんだそうですよ。

結婚発表していた当時は、既に彼女が妊娠していたたこともあり、芸能ニュースなどでは『デキ婚』と言われていました。

ただ彼の話を聞く限り、もはやデキ婚の枠を越え、二人が真剣に愛し合った末の結婚のようでした。

たまたまタイミングが少しだけずれたに過ぎない話なんだと思います。

 

さて、その伊藤(現在:亀田)美香さんというお嫁さんの詳しいプロフィールですが、正直なところ、

彼女は一般人女性なので、先ほどお話したこと以上のことは分からず

わかっていることとすれば、亀田興毅さんが社長を務める亀田プロモーションの役員をしていたことくらいです。

実際のところ、それが過去の話なのか、それとも現在も続けて役員をしているかそれも分かりません。

いずれにしても、妻として亀田興毅さんを支え続けていることだけは確かです。

そして、何よりも、長男・万毅(まなき)くんをはじめ、男の子三人の母として家庭を支えていることは間違いありません。

 

ちなみに亀田興毅さんの次男は、2013年8月に生まれ。

三男は2015年10月に生まれているそうです。

どちらも名前は公表されていませんが、亀田興毅さんの子供ですから、元気でわんぱくな子供として、育っていくことでしょう。

その行動や言動に批判も多いのですが、それでも一家の大黒柱として、家庭を支える亀田興毅さん。

個人事務所・亀田プロモーション

を構え、事務所社長として、主に亀田三兄弟(亀田大毅さん・亀田和毅さんも含めて)のリング外の活動をサポートしています。

そして、元たけし軍団の大森うたえもんさんなどが所属する芸能事務所・パワーヒットとも業務提携しました。

亀田大毅さんと共に、積極的に芸能活動にも精を出しているようです。

もちろん、それ以外の活動として講演活動もしています。

まぁそのような活動ができるのも、ボクシングで3階級王者となり、知名度を上げていったからだと思います。

ボクシングあっての亀田興毅さんであることには変わりありません。

そのことは、きっと本人が誰よりも理解していることでしょう。

 

亀田興毅の現在の仕事と年収は?

亀田興毅

亀田興毅

亀田興毅さんのファイトマネーに関しては、明確な金額は明らかにされていません。

そのため亀田興毅さんの年収が、現在いくらあるのか、はっきりしていないのが正直なところです。

しかし、それでは記事の話題にする意味がないので、亀田興毅さんの年収とまではいかないまでも、

一部判明している年における年収や、テレビ出演のギャラなど、ネットで流れている情報をまとめることとします。

 

まず、WBA世界バンタム級タイトルマッチで勝利し、3階級王座に立った後の防衛戦が行われた2011年。

亀田興毅さんは、その年に3度の防衛戦を行い、全てに勝利しています。

どうやら、その年の年収が1億円には届かず、

9000万円台

だったことが判明しているそうです。

当時の亀田興毅さんのファイトマネーは、

1試合3000万円(平均して)

もらっていたこととなります。

亀田興毅さんが、プロとして戦ったのは35戦ですから、これを単純計算したら10億5000万円ということになります。

ただ、世界戦以外ではファイトマネーが3000万以下

ですし、いろいろと経費だってかかっているはずです。

トータルで多く見積もっても、亀田興毅さんの実収入は、5億円くらいが妥当な線ではないかと思います。

そして、約12年の現役生活ということを考慮し計算してくと、亀田興毅さんは

年収4000万円くらい

というのが推測上での、ボクシングのみの年収です。

 

そして次に、テレビ出演のギャラに関してですが、これはテレビ関係者の話を元に推測した話で、だいたい

1本100万くらい

ではないかと思われます。

その根拠は、

あの澤穂希さんが要求しているギャラが、200万~300万くらい

で、かなり高額であると敬遠されていたことがあります。

その点、亀田興毅さんは身の丈を分かっていて、多額のギャラを要求してこないので、非常に助かる話があったことが挙げられます。

その話によると、澤穂希さんクラスで150万くらいが、妥当とテレビ関係者は考えていたようです。

少なくとも亀田興毅さんは、それよりも少ない額と推測しました。

ただ、あまりに低い額だと、3階級王者に対して失礼な部分もあるでしょう。

テレビ局の言い値の150万からマイナス50万の100万円くらいが亀田興毅さんの一本あたりのギャラではないかと思います。

 

これらの話から、亀田興毅さんの現役時代は年収5000万前後。

引退後は、1000万円前後といったところではないかと思われます。

まぁ、亀田興毅さん自身、お嫁さんもいれば、すでに子供もいるわけです。

少なくとも家族を養う収入がなければ、安心して各地を回って自由人として生活することなどできないはずです。

あながち全て間違いというわけでもないかなと思う次第です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

亀田興毅・亀田大毅・亀田和毅の三兄弟の仲は?

昔から、亀田三兄弟の中で

『一番ボクシングの才能があるのは三男の亀田和毅』

と言っていた亀田興毅さん。

なぜか世間では三兄弟が不仲という噂もささやかれているようですね。

もしかしたら、その才能に嫉妬していたとでも思われていたのでしょうか?

確かに少しはその想いもあったのかもしれません。

弟・亀田大毅さんは、自身が一番才能がないと自覚していたみたいです。

妬みの部分は多少なりともあったことでしょう。

しかし、それは個人それぞれが抱えていたことであって、決して三兄弟の仲が悪かったということはありません。

本当に不仲だというのであれば、亀田興毅さんが社長を務めるプロダクションで、亀田大毅さんが芸能活動をするわけがありません。

かつて、内藤大助さんとの試合で飛行機投げをして反則負けを喫した時も、先陣を切って謝罪してくれたのは、他ならぬ長男・亀田興毅さんです。

亀田大毅さんは、いろんな意味で、兄に救われていますよね。

亀田大毅さんは大好きな父と兄弟の夢を潰したくない一心で、落ちこぼれと自覚しながらも、必死にボクシングと向き合ってきました。

現在はそれぞれの立場で活動していますが、亀田三兄弟の絆は、計り知れない深いものがあるのだと理解できます。

当然、不仲という噂は全くのガセ。

今でも三人が繋がり支え合っていることは、彼らを見れば明らかでしょう。

三男の亀田和毅さんが海外を拠点にしているために、離れ離れにはなっていますが、そんなことは関係ないです。

彼らのエピソードを探れば探るほど、三兄弟の絆の深さを感じさせられる次第です。

 

まとめ

三人の男の子に恵まれ、愛するお嫁さんとの夫婦仲も良好な様子の亀田興毅さん。

プロボクサーとして紆余曲折はありましたが、現在は引退しています。

日本各地を周り、様々なイベントに参加ながらタレント活動も精力的に行い、将来はボクシングに何か恩返しできないかと模索しているようです。

また、一部で噂になっている三兄弟の不仲説の真相ですが、完全にガセでした。

三男・和毅さんとは離れ離れになっていますが、それぞれの道を進みながらも仲良く交流も続けています。

年収は現役の頃と比較して落ちているかもしれませんが、それでも大黒柱として活躍している亀田興毅さんです。

これから第2の人生で再び成功していくことを期待しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.