星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016セ・リーグの優勝候補と順位予想!ヤクルトが有力?

更新日

プロ野球はオープン戦が始まり、いよいよ2016シーズンの開幕が近づいてきました。

プロ野球2016シーズンは、一体どんなドラマが繰り広げられるのでしょうか?

そして、気になるのは、2016シーズンでは、どのチームがペナントレースを優勝するのかということですよね。

とくに、セ・リーグは、どこも実力が拮抗しており、優勝争いの行方を占うのが、非常に難しい状態です。

今回はハズレることを承知の上、当記事で、プロ野球2016シーズンのセ・リーグについて、優勝候補や順位予想をしてみました!

スポンサーリンク

アドセンス

プロ野球2016!セ・リーグの優勝候補と順位予想!

黒板を指差す男性

早速、プロ野球セ・リーグの2016シーズンの順位予想をしてみようと思います。

セ・リーグの2015シーズンは、どのチームも軒並み弱く、0強6弱と言われるほどの酷いシーズンでした。

戦力的に考えて、2016シーズンも、急激にその構図が変わることはなさそうですし、ほとんどのチームが転換期を迎え、しばらく低迷が続くと思われます。

そんな中から、2016シーズンのセ・リーグの優勝候補と順位予想をしてみました。

ただ、各チームの選手に怪我といったアクシデントなどが起こる場合も大いにあるため、今回の予想は非常に難しいです。

選手の怪我というのは、シーズン中につきものですし、それがチームの勝敗に大きな影響を及ぼすことが、多々あるからです。

それでは早速、プロ野球2016シーズンのセ・リーグ優勝候補と順位予想を発表します!

2016シーズンのセ・リーグの順位予想

1位 東京ヤクルトスワローズ

2位 阪神タイガース

3位 読売巨人ジャイアンツ

4位 中日ドラゴンズ

5位 横浜DeNAベイスターズ

6位 広島東洋カープ

となっています。

上述の予想はしましたが、おそらくは、AクラスとBクラスの間では、予想外の変動があるかと思われます。

もしかすると、1位のヤクルトから、4位の中日までの変動もありそうですが、そういったことも含めて、2016シーズンのセ・リーグは非常に予想が困難なのです。

しかし、ここでは、2016シーズンのセ・リーグ優勝、1位はヤクルト、と予想をしておきますね。

 

2016セ・リーグ各チームの戦力ポイントはどこ?

男性365

それでは、先ほどの予想をもとに、1チームずつ、ペナントレースの順位予想の根拠や、浮上のポイントなどを見てみましょう。

セ・リーグ1位 東京ヤクルトスワローズ

まず、なぜヤクルトを2016シーズンのセ・リーグ1位においたのかと言うと、その圧倒的な打撃力があります。

あまりメンバーが代わり映えしていない2016シーズンのセ・リーグの中で、打撃力が高いチームは、ヤクルトと横浜DeNAしかありません。

また、現時点では、珍しくセ・リーグの中で、主力級選手の怪我が一番少ないという状態にあることも、ヤクルトの優勝1位に挙げた要因です。

ただし、気になるのは2015シーズンの打点王・畠山選手の腰痛の状態です。

もう開幕に間に合わなさそうなのが、心配ですね…。

しかし、その代わりに2016シーズンは、開幕からバレンティン選手がいます。

打席に立つだけで、相手に相当なプレッシャーを与えられる存在であるため、畠山選手が不在であっても打線については、そこまで問題にはならないでしょう。

また、ヤクルト投手陣では、バーネット投手がメジャーリーグ復帰のために移籍しましたが、オンドルセク投手は健在で、オンドルセク投手と似たタイプのルーキ投手が、ヤクルトに新加入しています。

先発についても、エース小川投手を筆頭に、ベテランの石川・館山の両投手がいますし、かつてのロッテのエース・成瀬投手も、本来の力が出せれば、7、8勝は見込めます。

試合を作る軸となる先発投手が、助っ人外国人頼みではないというのが、他のチームと異なる安定感と言う意味でヤクルトの強みなので、2016年も確実にAクラスには入ることでしょう。

セ・リーグ2位 阪神タイガース

2016シーズンの阪神は、弱いと言われており、確かに筆者的にも微妙かなとは思ったのですが、今回は2位という予想にしました。

抜群の安定感を誇るエース・藤浪投手を中心に、打線の援護に恵まれないという不運が重なりながらも9勝をしたメッセンジャー投手、そのほかにも岩田投手や能見投手、復帰した藤川投手がいます。

2015シーズンは貧打に苦しんだ阪神打線ですが、福留選手が、中日時代の面影を見せたこともありましたし、2016シーズンは、マイナー最高打者と言われるヘイグ選手を獲得しました。

阪神を退団したマートン選手の穴を埋める存在になれそうな逸材なので、これできちんと活躍すれば、打線の厚みが増すのは間違いないでしょう。

ただ、弱点としては、レギュラークラスと控えクラスの選手の実力差があまりにも激しいこと。

もし主力選手に、怪我人が出てしまうと…

という恐れは十分にあります。

しかし、阪神のレギュラーだけを見れば、おおよそ一番安定していると思うので、ここでは怪我はないと仮定して2位という予想にさせていただきました。

セ・リーグ3位 読売巨人ジャイアンツ

1位もありえますし、2位もありえますし、3位もありえる…

それが、2016シーズンの巨人でしょう。

さすがにBクラス転落ということは、ポレダ、マイコラス両投手が、日本球界2年目のジンクスに悩まされない限りはないと思いますが…

まず、巨人が3位になりそうだと思った一番の理由は、阿部選手をキャッチャー復帰させるということにあります。

2015シーズンは、ファーストやキャッチャーを行き来していた阿部選手。

キャッチャーに復帰した時は、チーム状況も好調だったのですが、ここ数年、度重なる怪我をしていただけに、当然ながら2015シーズンも故障してしまい、戦線離脱…

これが、2015シーズンの巨人が優勝を逃した1つの理由になります。

にもかかわらず、もう肉体的に限界が近い阿部選手を、再びキャッチャーとして起用するのです。

筆者としては、とても1年間持ちこたえられるとは思えず、前半戦終わりあたりには、再び故障してしまうおそれが大きいと踏んでいます。

逆に言えば、阿部選手が1年間持ちこたえられれば、巨人の優勝の可能性もありそうですね。

怪我明けで無理をしたことから、不振だった長野選手も2016シーズンはコンディションが良いようですし、坂本選手も怪我を抱えなければ、期待通りの活躍をするでしょう。

また、仮に坂本選手が怪我をしても、巨人はクルーズ選手を獲得したことにより、2015シーズンのように、

「代わりがいない!」

ということには、ならないはずです。

ただ、先発と中継ぎといった投手陣に不安があるのがネックですね。

とくに中継ぎは、3連覇の立役者でありながら、3連覇のために酷使しすぎて、身体的にボロボロになっている山口・マシソンの両投手が、いつ限界を迎えるかわからないという点。

これらのことから、2016シーズンの巨人は、ペナントレース3位になると予想しました。

セ・リーグ4位 中日ドラゴンズ

中日ファンの筆者としては、もちろん中日に優勝してほしいのですが、現実的なことを考えて、この位置に落ち着きました。

ただ、もしかしたら中日がAクラスになる可能性も、あると思います。

世代交代真っ最中の中日は、セ・リーグの中では将来も考えながら戦っている状態です。

将来を期待されている若手達の才能が開花すれば、それはもう他球団にとって脅威の存在となるでしょう。

中日浮上のきっかけを握るのは、間違いなく、正捕手です。

谷繁監督が引退して、安心して見ていられるキャッチャーがいなくなってしまった中日。

現在、小林雅人選手、桂選手、杉山選手、そしてルーキーの木下選手が、中日の正捕手の座を争う構図となっています。

筆者的には、この4人の良いところのみが合体して、1人の選手になれば、どれだけ心強いかと思うのですが…

また、抑え投手が誰になるか、という点も中日の浮上に欠かせないポイントでしょう。

元々期待されていたハイメ投手は、怪我をしていたにも関わらず、入団を判断するアピールの場だからということで、無理をして投げたようで、それが原因で復帰のめどがたたない状況…

その一方で、2015シーズンの抑え候補だった福谷投手が、復調の兆しを見せているので、2016シーズンは、正捕手、そして福谷投手が、2016シーズン中日のAクラス復帰のポイントになりそうです。

他にも選手1人1人にポイントがあるのですが、それを語るとキリがないので、ここでは一番重要な部分のみご紹介しました。

若手の覚醒があれば、中日の優勝1位もありえるでしょうが、それらがないと考慮すると、4位あたりのBクラスに落ち着きそうです。

セ・リーグ5位 横浜DeNAベイスターズ

5位は横浜DeNAです。

打撃力は、セ・リーグの中でも高いのですが、投手、そしてエラーと、守備面ではセ・リーグワーストと言ってもいい脆さです。

2015シーズンは、前半戦を首位で折り返すものの、終わってみれば最下位になるという、プロ野球史上初の珍記録を達成してしまいました。

ポイントになるのは、やはり、先発や中継ぎといった投手、そして、『ベイスボール』といわれる、横浜DeNAの伝統芸能として定着してしまった、お笑いコントのような、お粗末な守備の克服です。

ドラフト会議で1位に今永投手、2位に熊原投手という左右の即戦力投手を獲得できましたが、熊原投手はコントロールが散々なので、これからフォーム矯正することになるでしょう。

一方で、今永投手は、かなり安定感があるように思えたので、2016シーズンの開幕先発ローテーション入りも考えられます。

また、横浜DeNAエース候補として、もう一皮剥けてほしい井納投手や、コントロールの乱れが直らなかった山口俊投手も鍵を握る先発投手と言えるでしょう。

2016シーズンの1番のポイントといえるのは、守備コーチが一新されたことで、これによって『ベイスボール』が克服されるかだと思いますよ。

『先発の柱がいない』

これが10年以上続いており、もはや伝統と化してしまった守備の酷さをすぐ改善するのは難しいと思われる点などを踏まえ、今回は5位という予想になりました。

セ・リーグ6位 広島東洋カープ

順当に考えると、広島カープが残念ながら2016シーズン最下位…

ということになりそうです。

やはり、絶対的エースだった前田健太投手がいなくなるというのは、チームにとって大打撃でしょう。

それだけで、15勝は差し引かなければならないからです。

また、黒田投手も怪我との戦いがあるため、1年フル稼働…とはいきませんし、大瀬良・野村両投手もいまだに復調の兆しが見えません。

中継ぎや抑えも不安がありますし、投手面は非常に不安定です。

打線については、エルドレッド選手が開幕からいること、ルナ選手の加入がプラス要素です。

ただ、ルナ選手は年齢による衰えから、おそらく1年間フル稼働できない点と、ホームとなるマツダスタジアムとの相性が非常に悪いため、堂林選手との併用になるでしょう。

ここで堂林選手がルナ選手からレギュラーを奪い取ることができ、投手陣でも、大瀬良・野村両投手が復調してくれれば、広島カープ浮上のきっかけも見えそうですが…

現状では、2015シーズンから一番戦力ダウンが激しいため、2016シーズンでは6位という予想になりました。


以上が、プロ野球セ・リーグの各チームのポイントです。

しかし、はじめに述べたように、上位3チーム、または4チームは順位変動しやすそうだ、とも言っておきます。

セ・リーグは各チーム、非常に実力が拮抗しているため、選手の調子の良し悪しの重なり具合次第で、果たしてどこがペナントレースで優勝1位になるか、全く想像がつかないというのも率直な感想です。

 

まとめ

プロ野球2016シーズンのセ・リーグの優勝・順位予想を行いました。

パ・リーグは予想がかなり楽なのに対して、セ・リーグは混沌としていて、非常に予想が困難です。

前半は、かなりごった煮状態となりそうですが、シーズンが後半になるにつれて、ヤクルト、阪神、巨人が優勝争いの中心になるのではないかと考えています。

選手の怪我が続出したり、スランプに陥るというアクシデント次第で、大きくチームの順位が変動してしまうくらい拮抗しています。

セ・リーグについては、本当に未知数で、少しおおげさかもしれませんが全チームが優勝候補、と言ってもよいかもしれません。

それでは今回の2016シーズンのセ・リーグ順位予想が、1チームでも当たっていることを祈って、各チームに期待しましょう!

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016!パ・リーグの優勝候補と順位予想!ソフトバンクか?

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球