星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球2016!パ・リーグの優勝候補と順位予想!ソフトバンクか?

更新日

プロ野球も、もうすぐ開幕を迎えますね。

2015シーズンは、圧倒的な強さを見せたソフトバンクが、パ・リーグ優勝、そして日本一と、完全制覇を果たしました。

間違いなく、2016シーズンも、ソフトバンク1強で、シーズンがスタートすることになるのでしょう。

当記事では、すでに若干2016シーズンの答えが見えきっているものの、プロ野球2016シーズンのパ・リーグの優勝候補や順位などについて、予想してみたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

プロ野球2016シーズンのパ・リーグの順位予想!

黒板を指差す男性

それでは早速、パ・リーグの2016シーズンの順位予想をしていきます。

パ・リーグの優勝候補だけの予想ならば、まぁ、もう結果は目に見えてると言っても過言ではないチームが1チームありますよね。

なので、パ・リーグ全体の順位予想をしなければ、面白くありませんからね。

筆者の予想を、見てみましょう。

2016シーズンのパ・リーグの順位予想

1位 福岡ソフトバンクホークス

2位 埼玉西武ライオンズ

3位 北海道日本ハムファイターズ

4位 オリックス・バファローズ

5位 千葉ロッテマリーンズ

6位 東北楽天ゴールデンイーグルス

となりました。

大方の予想通りだとは思いますが、パ・リーグのペナントレース優勝候補、1位は、ソフトバンクです。

これについては、もはや説明不要だと思います。

圧倒的に強すぎて、2位以下になるという光景が浮かんでこないほど、ソフトバンクは強いのです。

 

2016シーズンのパ・リーグの各チームのポイントは?

考える男性

次に先ほどのパ・リーグの順位予想に、理由もつけて、1チームずつ、2016シーズンのポイントとなる部分を見ていきます。

パ・リーグ1位(優勝) 福岡ソフトバンクホークス

まず、1位予想となったソフトバンクです。

まぁソフトバンクが2016シーズンのペナントレースで優勝する根拠も何も、もはや何も言うことはありません。

李大浩選手、スタンリッジ選手が退団しましたが、外国人枠はそれでもまだ隙間があるという状態。

先発としても、貴重な左腕として米メジャーリーグから和田毅投手が復帰しましたし、余剰戦力が豊富すぎて、どこかの弱小球団に分けてほしいと思うくらいです。

たとえ選手の1人が不調でも、ソフトバンクには、代わりとなる選手がいくらでも存在し、なおかつそれでレギュラークラスとして活躍する…

ソフトバンクは、そんなチームですから、2015シーズンの楽天のように、1軍クラスの選手が半分以上怪我をする、というような緊急事態がない限り、ソフトバンクの優勝は、ほぼ確実といえるでしょう。

パ・リーグ2位 埼玉西武ライオンズ

2015シーズンの結果から見れば、かなり安定しており、貯金17を作ったことからも、2位は日本ハムだろう、と、最初は筆者も思いました。

しかし、大穴的存在であることも含め、筆者は西武がペナントレース2位となると、予想します。

なんと言っても、西武は打線が超強力です。

ソフトバンクに引けを取らない、いや、もしかすると、李大浩選手が抜けた2016年は、ソフトバンク以上になるかもしれない爆発力があります。

ただ、ネックなのは、伝統的と言ってもいい、中継ぎの脆さです。

抑えとして活躍した高橋朋己投手が、2015シーズン後半は調子を落としたため、不安定となりました。

しかし、1年間通じて活躍ができれば、抑えは磐石となりますし、中継ぎは、2015シーズンで活躍した増田投手や、岡本洋介投手、怪我から復帰した岡本篤志投手というW岡本の存在もありますし、新加入のC・C・リー投手もいます。

先発も、2015シーズンは怪我で出遅れたエース岸投手と、雄星投手が開幕から健在。

この2人が順調にフル稼働していれば、2015シーズンもAクラスは確実だったため、2016シーズンも、怪我がなければ間違いなくAクラスは確実でしょう。

西武は、日本ハムと、熾烈な2位争いを演じる可能性が高いと考え、最終的には、ソフトバンクに匹敵する打撃力を持つ西武を今回の予想の2位としました。

パ・リーグ3位(2位も十分にアリ) 北海道日本ハムファイターズ

ここでは3位としましたが、先述の通り、西武と日本ハムで2位争いを繰り広げることとなると予想しています。

順当にいけば、2位は日本ハムとなるのではないでしょうか?

エースである大谷翔平投手をはじめ、メンドーサ投手、吉川投手という3本柱が形成されていますし、不安定ながらも有原投手や、ルーキーの上原投手なども日本ハムの戦力として計算できます。

中継ぎや抑えも豊富で、かなりバランスのいい戦力です。

しかし、2015シーズンは、後半に疲れが見えたのか、それとも順位が早々に決まってしまったために、気が抜けたのか、先発が打ち込まれ、失速する場面もいくつか見られました。

実際に、2015シーズンの失点はリーグ5位で、クオリティスタート率はリーグ最低、いかに先発が打ち込まれているかということがわかります。

逆に言えば、先発投手が打ち込まれ、早々に降板するということさえなければ、日本ハムのペナントレース優勝も十分に狙えるので、それにも注目ですね。

パ・リーグ4位 オリックス・バファローズ

4位はオリックスです。

2015シーズンは、優勝候補筆頭と言われながらも、主力投手は怪我が相次ぎ、野手は打撃不振で、散々なシーズンとなってしまいました。

これも、2014シーズン優勝争いのために、選手達を酷使し続けてしまった影響の直撃という形で、2015シーズンに影響したものと考えられます。

怪我が治っていることなどを含めると、2016シーズンは、それなりに期待してもよさそうですが、だからといって、再び選手の酷使をしてしまうと、同じことの繰り返しになりかねません。

プロ野球のペナントレースは、1シーズンだけが全てではなく、将来もありますから、選手の怪我を考えたりすると、この4位という位置に落ち着きそうなのでは?と思いました。

仮に故障などを全く考えず、常にフル稼働が望めるということを考えれば、オリックスのAクラス入りも十分にありえそうですね。

そういう意味で、オリックスは、全員がベストコンディションであれば、間違いなく台風の目、大穴として注目されるチームになると思います。

パ・リーグ5位 千葉ロッテマリーンズ

ペナントレース5位は、ロッテになりそうですね。

2015シーズンは3位となったものの、今江選手、クルーズ選手といった内野の主力が移籍し、涌井投手も最多勝にこそ輝いたものの、フル稼働で、かなり無理をしていたようにも思います。

また、今江選手の後任として期待されていたナバーロ選手が、警察に捕まってしまい、プロ野球2016開幕は、まず間に合わないでしょう。

先発についても、スタンリッジ投手の加入で、投手陣としての層は厚みを増しましたが、涌井投手が2015シーズンにフル稼働した影響がどう響いてくるのか。

打線の弱体化により、ロッテ投手陣に無援護という状況が響いてきそうです。

ロッテは、中継ぎ、抑えは優秀なので、いかに先発投手が踏ん張れるか。

そして、まだ機能していないロッテ打線がいつ機能するか。

これらが2016シーズンのロッテの鍵を握る要素となりそうだ、と感じた部分をここで紹介させて頂きました。

パ・リーグ6位 東北楽天ゴールデンイーグルス

残念ながら、おそらく、2016シーズンも最下位は、楽天になるのではないでしょうか?

監督が、2016年から梨田監督に代わり、新体制がスタートしたわけですが、FAで獲得した今江選手は、早速怪我をして開幕が微妙になってしまいました。

また楽天は、総合力が低く、防御率、打率ともにパ・リーグワースト…

ルーキーも即戦力は少なく、将来性を重視したドラフト会議になったため、2016年の1年での劇的な変化は見られないでしょう。

楽天の投手は、エース則本投手、抑えの松井裕樹投手以外は、平凡で良くも悪くもないという状況ですし、打線の貧打解消は、助っ人外国人に頼らなければならないという、なんとも不安定な状況です。

それだけに、残念ながら楽天は、しばらく低迷期が続くと見ています。


以上が、パ・リーグの各チームのポイントです。

ソフトバンクの優勝は、ほぼ確実なので、面白味のない2016シーズンになりそうですね。

優勝候補を除いた、2~4位のチームは流動的で、日本ハム、西武、オリックスで争いが行われるでしょう。

戦力的には、若干、西武と日本ハムが有利かな?とは感じますが…

以上のように、しばらくはソフトバンクの黄金時代が続くと思われます。

ですから、若干不謹慎ではありますが、ソフトバンクの選手が、怪我によって大量離脱などがない限りは、もう2、3年はソフトバンクが、パ・リーグのペナントレースで優勝し続けるのではないでしょうか?

 

まとめ

プロ野球パ・リーグのペナントレースは、しばらくソフトバンクの1強時代が続きそうですね。

余剰戦力も豊富で、いくらでも代わりがきくという状況、そして、2軍選手が、他のチームでは1軍レベルという選手の質の高さが、ソフトバンクの強さの秘訣です。

現状のソフトバンクをみれば、他を寄せ付けない、絶対強者というにふさわしいでしょう。

しかし、これが予想通りになってしまっては、それはそれで面白くありません。

他の5チームが、強力してソフトバンクを意地でも倒そう…

そんなガッツを見せて、ペナントレース優勝をもぎ取ってほしいと思いました!

プロ野球の記事はコチラもよく読まれています!

プロ野球2016セ・リーグの優勝候補と順位予想!ヤクルトが有力?

プロ野球2016!巨人の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!阪神の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!ロッテの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!西武の移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!日本ハムの移籍や戦力補強!新外国人選手もチェック

プロ野球2016!広島カープの戦力補強と新加入外国人選手を紹介!

プロ野球2016!オリックスの移籍補強と新加入の外国人選手を紹介

プロ野球2016!横浜DeNAの新加入の補強選手や新助っ人外国人を紹介

プロ野球2016!ソフトバンクの新加入・新助っ人外国人選手を紹介

プロ野球2016!ヤクルトの新加入選手や助っ人外国人をチェック!

プロ野球2016!中日の移籍やドラフト新加入・新外国人選手を紹介

プロ野球2016!楽天の移籍・ドラフト新加入や新外国人選手を紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球