星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

お花見

お花見2016!東京と関西の桜の開花予報!見頃時期がいつかを予想!

更新日

3月から4月にかけて、春の訪れを祝い、日本各地で行われるお花見。

やはり、お花見は桜の花が満開であってこそ楽しめるもので、この時期に訪れる桜の開花予報や予想は、多くの人達の関心事といえるのではないでしょうか?

とくに2016年は、年明けから異常気象のような日々が続いていたりしていますし、例年通り3月から4月にかけて、桜が開花してくれれば良いですが、地方によっては、開花時期がずれてしまう可能性もあり、非常に気がかりですよね。

そこで、本記事では、桜のお花見シーズンに欠かせない2016年の桜の開花時期を、東京・関西と分けてご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

お花見2016!東京の桜の開花予想

桜

2016年も早いもので、お花見のことを考えはじめる季節になってきました。

もうまもなく春の訪れがやってきますよね。

とはいっても、2016年に限っては、突如大雪が降ったりしましたし、本当に寒暖の差が激しく、異常気象が頻繁に発生していた印象が強いです。

本当に3月から4月にかけて、日本各地で桜が花咲くのだろうか、と開花時期に不安な部分も否めません。

きっと筆者と同じように、

『本当にお花見が出来るのか?』

と不安視している方もいらっしゃると思いますし、さらには、3月に雪が降るのでは?と不安視している方もいらっしゃるかもしれません。

本当に気象は、私達人間の想像を遥かに超えた動きをしていますよね。

それは、TBSの情報番組『ひるおび!』で天気予報を担当されている気象予報士の森朗さんが、番組出演するたびに、天気に振り回され、予想をしては全く違う天候となり、番組MCの恵俊彰さんから、いろいろ突っ込まれていることでもよく分かります。

森朗

とくに2016年は、エルニーニョ現象による暖冬化の影響を受けて、低気圧の動きに異変があったと言われていて、それで大雪がたびたび降るという珍しい光景が見られました。

それも1月下旬には、奄美で115年ぶりに降雪を記録し、まさに異常気象そのものだったと言えそうですね。

それだけに、桜の開花時期が遅れるのでは?という声もあるらしく、全国的にお花見シーズンに、桜の開花が間に合うのか、という声もあるそうです。

では、日本で一番人口の多い東京での桜の開花時期は、いつになるのでしょうか?

早速調べてみると、ウェザーマップの開花予想で、東京周辺の開花日は2016年3月26日満開日が4月2日と予報されています。

ちなみに、昨年の満開日が3月29日なので、大体3日近く遅れていることが分かります。

まぁ、遅れているといっても3日程度なら、それほど大きくずれ込んでいるわけでもないので、今のところは、お花見シーズンには間に合うと考えていいでしょう。

ただし、これはあくまで予報であり、必ずこうなるというわけではありません。

今後、何かの異常気象があると、その分、桜の開花時期が遅れてしまうことになりかねませんし、最悪、4月を超えてから開花という最悪の展開も十分考えられます。

大体、テレビの天気予報のコーナーで日々伝えられている話が、見当違いな話だったということは、よく起こっています。

それは、ここ最近の気象状況が、日々刻々と、私達の予想を遥かに超える動きが見られているため、このように予想が外れてしまうのです。

今回ウェザーマップが、公表した桜の開花予想は、あくまで現段階での開花予想でしかないということを、しっかり把握して捉えたいところです。

なお、この開花日3月26日というのは、全国でも早い方で、甲府・横浜が同じく3月26日(満開日は、甲府が4月1日、横浜が4月2日)ですが、関東のその他の地域では、熊谷の3月29日を皮切りに、3月末や4月に突入している地域も続出しています。

あくまで、希望でしかありませんが、もうこれ以上開花時期がずれ込まないで欲しいと願うばかりですね。

 

お花見2016!関西での桜の開花予想

大阪の桜

大阪の桜

先程もお話したとおり、基本的に2016年の桜の開花時期は、全国的に若干遅れ気味とウェザーマップの予報で公表されています。

当然、関西も例外なく遅れています。

では次に、早速、関西(近畿)エリアの桜の開花時期・満開日の予報をまとめてみましょう。

関西エリアの桜の開花時期(予報)

彦根:4月3日、4月10日
京都:3月28日、4月5日
大阪:3月39日、4月5日
神戸:3月30日、4月7日、
奈良:3月29日、4月4日、
和歌山:3月29日、4月6日

※表記は、地域:開花日・満開日の順で表記しています。

以上が、関西(近畿)エリアの桜の開花日・満開日予報です。

この開花予報を見ていただければ分かるように、関西は東京よりも若干遅目で満開日は、いずれも4月上旬となっています。

ちなみに満開日で昨年と比較すると、大体4~6日遅れで、やはり、東京同様、遅めの開花予報となっているようです。

あくまで、予報なので、予報通りか若干早めに開花してくれれば問題はありませんが、再度、大雪が降るなどの異常気象が訪れ、開花時期が遅れると、極端な話、5月5日のこどもの日に、お花見の時期がかさなってしまうなんて最悪な展開もありえるかもしれません。

日本各地を襲った1月の大雪

日本各地を襲った1月の大雪

もちろん、そんな話は極端な例で、流石にそこまで遅れるとは考えにくい話ではあるのですが、最近の状況をみると、全く無いとは言い切れない…

不安定な気象状況であるだけに、いくらエルニーニョ現象の影響を受けているとしても、これ以上、桜の開花時期は遅れないでほしいもの…

このまま予想どおりに桜が満開となり、お花見の時期に皆で春の訪れを楽しみたいものですね。

 

まだ桜の開花予想・予報が発表されていない地域がある?

考える女性

関東・関西に限って言えば、桜の開花時期が予報として、ウェザーマップで公表されているので、とりあえず一安心といったところですが、実は、日本全国で見ると、一部の地域に限って、まだ開花の予報が発表されていない地域があるそうです。

それは、北海道エリアで、昨年は5月上旬に満開を迎えているエリアが多かったみたいですが、日本の中で、春の訪れが遅く、冬の訪れが早いエリアだけに、どうしても開花時期のタイムラグは出てしまうのでしょう。

GW中にもこのような桜が、北海道で見られるそうですが…

GW中にもこのような桜が、北海道で見られるそうですが…

おそらく3月中旬位になれば、北海道エリアでも、桜の開花予想分かるようになるかと思いますが、日本全国で若干遅れ気味となっているだけに、その遅れ幅が大きくなって、北海道だけ変な時期に桜が開花ということにはならないことを願いたいものです。

元々、日本では、梅の花を見て花見をしていたという由来はありますが、平安の頃から桜の花を見て、お花見するのが通例となっています。

その由来を考えると、やはり全国で桜を見ながらお花見したいと考えるのが、一般的な流れだと思います。

もちろん、相手は自然であり、気象状況によって、桜の開花時期がずれるのは、我々人間には防ぎようが無い話です。

北海道を中心に、4月中に桜が見られないどころか、5月下旬までずれ込んでしまうなんて可能性があるエリアもあるみたいですし、日本ならではのお花見の風習がある中、肝心要の桜が日本全国全てのエリアで、このシーズンに見られなくなるのは、非常に残念…

ただ、万が一そうなったとしても、元々を見てお花見していたことを考えれば、若干開花が早い梅を見て、お花見することも可能でしょうし、これを機に、東京や関西でのお花見スポットに旅行しながらお花見するのも良いかもしれません。

あくまで筆者個人の願望ではありますが、お花見の文化・風習は、日本が世界に誇る立派な文化・風習なので、是非、多くのエリアで盛大に盛りあげ、春の訪れを満喫したいものですね。

 

まとめ

春の訪れを祝う日本独特の風習であるお花見は、3月下旬から4月に掛けて行われるのが通例となっていますが、その主役となる桜の開花予想は、例年より若干遅めとなっているそうです。

東京は3日前後遅れ、関西は4~6日遅れるという2016年の状況ですが、関西でも最悪、4月上旬に桜の満開日を迎えるという予報となっているので、東京・関西に関しては、これ以上遅れなければ、問題なくお花見シーズンに開花は間に合うでしょう。

ただし、北海道はまだ予報そのものが発表されていないために、なんとも言えない状況です。

いずれにしても日本全土で、多くの人達がお花見を楽しめるシーズンとなることを願いたいものです。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-お花見