星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

遊離軟骨(関節ねずみ)の症状と手術治療から復帰までの時間は?

更新日:


みなさんは、遊離軟骨という病気を知っていますか?

別名、『関節ねずみ』とも呼ばれ、スポーツをしている人やスポーツファン、とくに野球ファンであれば聞きなれた名前だと思います。

この遊離軟骨(関節ねずみ)については、手術をする人もいれば、手術をしない人もいる不思議な病気でもありますね。

では、遊離軟骨(関節ねずみ)は、なぜ手術をする人としない人がいるのでしょうか?

当記事では、遊離軟骨(関節ねずみ)について、仮に治療で手術をした場合、復帰までどのくらいの期間を要するのかを調べてみました。

スポンサーリンク

関節ねずみと呼ばれる遊離軟骨の症状とは?

医者

野球ファンであれば、

関節ねずみ

という病気は聞きなれた名前だと思います。

また、テニスファンやゴルフファンも聞いたことがあるかもしれませんね。

プロ野球ファンかつ中日ファンの筆者としては、2016年のオフに小笠原慎之介投手が、関節ねずみの除去手術をおこなったことが記憶に新しいです。

野球やテニス、ゴルフファンに聞きなれた、この遊離軟骨(関節ねずみ)は、

  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘

と呼ばれる症状に該当するものだからです。

そもそも、遊離軟骨(関節ねずみ)とは、一体何?という人もいるでしょう。

そこで、関節ねずみこと遊離軟骨について説明していきますね。

 

遊離軟骨(関節ねずみ)というのは、

関節内に、軟骨や骨の欠片が入り込む

現象。

この欠片が、自由に細かく動き回ることが、

『ねずみのようだ』

ということから、関節ねずみとも呼ばれているのです。

欠片が広い空間を動き回っている場合は、全く痛みはありません。

しかし欠片が関節の間に挟まってしまったり、狭い空間を動き回ってしまうと、激しい痛みに襲われます。


次のページへ >

-スポーツ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.