星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

PSVitaTVが生産(発売)終了した理由原因はPS4が売れすぎたから?

更新日

PlayStationVita(以下PSVita)の周辺機器のような役割を果たしていたゲーム機『PSVitaTV』。

この『PSVitaTV』ですが、

2016年2月末で『PSVitaTV』が出荷終了、事実上の生産終了

となったことが判明しています。

あまりにもひっそりと生産終了になっていたので、知らなかった人も多いのではないでしょうか?

また、約2年という微妙に短い期間を経ての生産終了に、ユーザーからは驚きの声が挙がっています。

一体、なぜ『PSVitaTV』は、生産終了になってしまったのでしょう?

当記事では、生産終了となってしまった『PSVitaTV』について、まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

生産終了となったPSVitaTV

PSVitaTV

まず、全く知らない人のために、『PSVitaTV』とは何か?

そこから説明します。

『PSVitaTV』は、2013年11月14日に発売されたゲーム機であり、『PSVita』という名がつくものの、

『かなり小さな据え置きゲーム機』

と言えばわかりやすいかと思います。

リビングルームでも邪魔にならず、家族が全員で楽しめるよう、小さなサイズになったそうですよ。

何と言っても、『PSVitaTV』は、

『PSVitaのゲームを、テレビで遊べる』

これが最大のコンセプトで、しかも、価格が1万円を切る安さというのも、『PSVitaTV』の売りの1つです。

コントローラーと『PSVitaTV』さえあれば、テレビでPSVitaのゲームが遊べるので、コストパフォーマンス的にも悪くない画期的なゲーム機だったように思います。

欧米でも発売されていて、名前こそ『PlayStationTV』という別名ですが、基本的にはハードウェアとしても同じで、同一のゲーム機と考えていいようです。

まぁ、ざっくり言ってしまえば、『PSVitaTV』は、

据え置き版PSVita

です。

『PSVita』の携帯機では

「画面が小さい」

と考えている人などには、重宝するゲーム機であることには変わりありません。

しかし、『PSVitaTV』にも欠点があり、そのうち1つは致命的なのです。

それは、

『PSVitaTV』に対応しているソフトが少ない

ということ。

いくらコストパフォーマンスがよかったとしても、やりたいと思ったゲームが『PSVitaTV』に対応していなければ、そもそも利用することもありません。

ゲームができなければ、『PSVitaTV』を購入しても、無駄金になってしまうのです。

まず、欲しいゲームソフトを購入する前に『PSVitaTV』対応か否かを調べる必要があるでしょう。

そもそも『PSVitaTV』に対応しているゲームソフトの場合、PSVitaだけでなく、PS3、PS4とマルチプラットフォームで対応している場合も多いのです。

それならば、

「PS3やPS4でいいや」

という話にもなります。

なので結果として『PSVitaTV』の評価として、

「なんか微妙だな…」

という意見が出てしまうのも、仕方のないことだと思います。

 

そして、ついに『PSVitaTV』の生産が終了。

しかし『PSVitaTV』を必要として買った人たちの中では『PSVitaTV』の評判はよかったのです。

この『PSVitaTV』生産終了について、

「Vitaは買わなかったけど、VitaTVは買ったのに」

「いいハードだっただけに、残念でならない」

という、悲しみの声が多く聞かれました。

ちなみに、海外版といえる『PlayStationTV』も、『PSVitaTV』と同時に、2016年2月末で生産終了となったみたいですが…。

Amazonなどでは、まだ海外版の『PlayStationTV』は売っているみたいですね。

日本の『PSVitaTV』が19,000円ほどの価格になっているのに対し、『PlayStationTV』のほうは9,000円という安さ。

気になった人は買ってみてはいかがでしょう?

それにしても、『PSVitaTV』が生産終了になってしまった理由は、一体どこにあるのでしょうか?

 

『PSVitaTV』の販売台数や売上はいくら?

『PSVitaTV』の生産終了について、その理由でまず考えられるのが、

『PSVitaTV』そのものが、全く一般に浸透しなかったから

という理由ですよね。

気になったので、『PSVitaTV』が一体、どれくらい出荷されたのかについて、調べようとしたのですが…。

SCEは、『PSVitaTV』の

累計出荷数を非公開

にしているため、不明でした。

日本国内では、ロンチ時の売上が、

4万台を超えた

ということはわかっているのですが、それだけでは、計算のしようがありません。

また、そもそも売上だけでは出荷数は調べられません。

ただ、『PSVitaTV』が、かなり売れたということであれば、累計出荷数は自信を持って公表していいことだと思います。

それをしなかったということは…

「お察しください」

ということなのかもしれませんね。

まぁ、『PSVitaTV』対応タイトル少ない状態であったとするならば、多くの人が購入する理由もありませんし、『PSVitaTV』が売れないのも当然と言えます。

そう考えると、生産終了の流れは、自然なものだとも言えるでしょう。

基本的に『PSVitaTV』というのは、PSVitaを既に持っている人が、2台目として所持するようなゲーム機です。

また、悪い見方をすれば、次世代機のテストとして発売されたことも、ありえます。

 

『PSVitaTV』が生産終了する理由原因は?

『PSVitaTV』は、売上が芳しくなかった…。

たとえ、それが理由であったとしても、そんなことは公に言えるはずがありません。

では、『PSVitaTV』が生産終了をした本当の理由というのは、どういったものなのか?

 

SCEは、『PSVitaTV』の生産終了についてコメントを出していて、その理由を、

「『PSVitaTV』の役割は、手軽に手にとってテレビでゲームを楽しんでもらえること、ゲームから遠ざかってしまった人に再び触れてもらう機会を作ることだった。」

「現状、PS4が販売好調で、PSVitaも日本国内で好調となっており、一定の役割を果たした。」

としています。

SCEの言うことをまとめると、

テレビゲーム離れを食い止めるべく、『PSVitaTV』を生産した。

⇒ PS4で、ゲームユーザーが再び、テレビでゲームをするようになってくれたから『PSVitaTV』は役目を終えた…。

ということになるのですね。

確かに、PS4は売れ行きが好調ですし、これは頷ける理由ではあります。

筆者は『PSVitaTV』生産終了の理由が、コンシューマゲーム離れが進み、売上が芳しくなかった故の生産終了かと思っていたのですが…。

実際はその逆で、

PS4が好調、そしてPSVitaも徐々に浸透してきた

ために、『PSVitaTV』の必要性が薄れてきたのが公式による真相だったようです。

もしかすると、コストパフォーマンス的には優れている『PSVitaTV』ですが、生産ラインなどは少なく、SCE側としては利益がそこまでなかったかもしれません。

とはいえ、やはり売れなかったことも理由の1つだとは思います。

実際、北米ではあまりに売れなかったからか、一時期

日本円にして2,500円ほどで投げ売りされていた

こともあったからです。

結局は、先ほども触れたように、

  • PSVitaやPS3があれば『PSVitaTV』は必要しない人が多かったこと
  • 対応しているゲームが少ないので、そもそも買う選択肢がなかったこと

これに当てはまる人が多かったために、『PSVitaTV』が売れず、最終的に生産終了に大きく影響したと思った次第です。

 

まとめ

PSVitaのゲームをテレビでプレイすることのできる『PSVitaTV』は、2016年2月に生産終了となりました。

『PSVitaTV』の生産終了理由は、

  • PS4の好調
  • PSVitaの浸透

というのが表向きの理由ですが、他の要素もいくつか重なってのことだと、筆者としては思っています。

それにしても、完全に生産が終了することは、『PSVitaTV』のようなゲーム機は、今後現れないことなのでしょうか?

『PSVita』の後継機が登場する噂もありますし、そうなると、確かに『PSVitaTV』はもう発売されないと考えてもいいのかもしれません。

ただ、『PSVitaTV』というハードが存在していたこと…。

それは、忘れないでほしいですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム