星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

滝沢カレンの彼氏は?日本語が変なのは両親の出身や学歴が理由?

投稿日

モデル・女優・タレントとしても活躍されている滝沢カレンさんが、先日出演したバラエティ番組『踊るさんま御殿』で、変な日本語を露呈してしまい、

『言語障害ではないか?』

という変な噂までも流れてしまっているそうですね。

単純に滝沢カレンさんのボキャブラリーが乏しく、うまく言葉に出来なかっただけなのか。

それとも滝沢カレンさんの出身や両親・学歴が何か関係しているのか。

そのあたりを気にされているネットユーザーがネット検索し、これらのワードが検索ワードに挙がってしまっているのだとか…

そこで、本記事で、滝沢カレンさんの日本語がおかしかった話や、出身・両親・学歴などを探り、この一件の真相に迫ります!

スポンサーリンク

アドセンス

滝沢カレンの日本語が変と大注目!

滝沢カレン

滝沢カレン

ボキャブラリー(言語能力)の差が激しいと、たとえ日本人同士であっても、会話が成立しないなんてことがあり、想いや考えを上手く言葉にできず、もどかしくなったり、逆に相手からの言葉が理解できなかったりすることはよくある話ですよね。

筆者も、たまに言葉が出てこずに、上手く考えを伝えられない、なんてこともあります。

まぁここ最近、ニュースでよく見られる政治家の失言などを見ても、まさにこれの延長線上の話で、ちょっとした誤解が、相手の心を傷つけ、状況を悪化させてしまっているなんてことも多々見受けられます。

アメリカ大統領選挙の予選で、ドナルド・トランプ氏がたびたび暴言・失言を連発し、ビッグマウスという一面でも何かと話題になっていますが、これも、程度の割合や、内容の良し悪しは別として、彼の持つボキャブラリーの問題の一つと思われます。

政治家ですら、このような事態を引き起こしているのですから、芸能人の一人が、変な言葉を連発してしまったとしても、何らおかしくないと思います。

ただ、明石家さんまさんがMCを務めるバラエティ番組『踊るさんま御殿』に出演されていた滝沢カレンさん発した言葉が、あまりにも意味不明で、

『日本語大丈夫?』

『もしかして言語障害では?』

と、噂や彼女を心配する声がネット上で囁かれてしまうのです。

まぁ、よくある芸能人のちょっとおかしな言動に、一部が叩いているだけだろうと、実際の映像などを見て検証してみたのですが、実にこれまた凄いことになっていたのです。

なんと、トークのスペシャリストでもある明石家さんまさんが、滝沢カレンさんの発言の意味が全くわからず、お手上げ状態だったのですから、いくらなんでも酷すぎます。

ちなみに、この話の発端は、番組に出演されていた小林麻耶さんが、何か鼻につく女の言動というテーマで語った"ある話"がきっかけとなっています。

小林さんは、たまたま友人と食事に行った所、隣の席で合コンしている女性が、相手の男性に

『ぶりっ子って嫌ですよね…』

と話しかけ、その場に居た男性たちも

『男女で態度を変えるなんて酷いよね』

と賛同していた姿を目撃したそうです。

そして、たまたまトイレで、その女性達と遭遇すると、低いトーンで

『あの男の子たちってイマイチだよね』

と豹変した態度を取り、その女性達の裏の顔が分かり、まさしく『ぶりっこしていた』と、その態度が鼻についたという話をされていました。

正直、小林さん自身、完全にぶりっ子キャラで、

「あなたがそれを言うのか?」

と言いたくなるのですが、彼女の場合は特殊で、誰に対してもそのような態度を取り、寿司屋の大将にまで、下の名前で呼ぶというのですから、演技ではなく、これは完全なる天然と言えるでしょう。

だからこそ、あえて『ぶりっ子』を演出しているという話が鼻についたのだと思うのですが、問題はこの先で、この話に対するコメントを明石家さんまさんから求められると、滝沢カレンさんは、なんとも意味不明なコメントを返してしまうのです。

そのコメントとは、

『持ってくものは持ってきますし、持ってかれないものは、そのままにしていますよね』

という、実に意味不明なコメントだったのです。

もうここまで来ると、いくらさんまさんでも全く理解不能だったと思いますし、滝沢カレンさんが言語障害と言いたくなるのも分かる気がします。

実際にさんまさんは、この意味が分からず、番組に出演していた大久保佳代子さんに

『大久保、こいつ何言うとんの?』

と、助けを求める始末。

しかも大久保さんは、

『なぞなぞじゃないですか?』

と吐き捨てるように言い、あまりの意味不明な会話に何故か周りは大爆笑…

さらに、滝沢カレンさんは、共演者である小林麻耶さんの名前を忘れてしまったのか、小林さんのことを

『おたくさん』

と言ってしまうのです。

踊る!ヒット賞!!にも選ばれた、滝沢さんの『おたくさん』発言…

踊る!ヒット賞!!にも選ばれた、滝沢さんの『おたくさん』発言…

もう、何もかもが滅茶苦茶な発言で、一時は、滝沢カレンさんがハーフであることから、日本語が苦手で、あまりうまく喋る事ができないのでは?という話も出てしまいます。

しかし、滝沢カレンさんは、23年間も日本で生活していて、日本語が話せないというわけではないはず…

それなのに、このような会話をしてしまったからこそ、ネットでは

『日本語が変』

『言語障害』

と、滝沢カレンさんに対して、変な噂が広がり、大注目されてしまうのでしょう。

なお、滝沢カレンさんがコメントしようとした話は、番組共演していたバービーさんが解釈してくれました。

なにやら、小林さんは、チャンス(餌)は撒くだけ撒いといて、自分に適したものが浮かんできたら、それを摘み取る才能の持ち主であると言いたかったみたいです。

さらに分かりやすく言うと、天然だとしても、『ぶりっ子』キャラを全面に出し、不特定の男性相手にそのキャラで接しながら、自身がお気に入りの人だけ選別して、さらに男性のハートを掴んでいくという才能を、小林麻耶さんが持っているということだったのです。

まぁ、ぶりっ子キャラには男性は弱いものだったりしますし、そういうキャラを分け隔てなく、誰にでも出来るというのは、また一つの才能ではありますよね。

まさか、そういったことを滝沢カレンさんが発言していたとは夢にも思いませんでしたが、なんとも面白いコメントですね。

 

滝沢カレンの両親の出身は?

滝沢カレン

滝沢カレン

先程も少し触れましたが、バラエティ番組『さんま御殿』に出演した滝沢カレンさんは、ウクライナ出身のウクライナ人の父と、日本人の母という両親を持つハーフです。

生まれは日本で、滝沢カレンさんは、23年間ずっと日本で生活されています。

ただ、ハーフだからといって、語学が堪能というわけではなく、日本語も苦手なんだとか…

ちなみに父であるウクライナ人とのハーフだからといって、ロシア語は話せないらしく、日本語同様、言葉そのものが苦手みたいですね。

では、滝沢カレンさんは、何故言葉そのものが苦手で、片言のようなしゃべり方をしているのか?というと、そこには母の育て方が、何かしら影響している事が分かりました。

実は、滝沢カレンさんの母のさゆりさんは、ロシア語の通訳をされているらしく、彼女を職場などによく連れて回っていたのか、周囲の人達は片言の日本語を話す人ばかりだったそうです。

そのために、滝沢カレンさんは、間違った日本語を覚えるようになり、気がついたら、日本語の使い方がかなりおかしなことになってしまったのだそうです。

たとえ日本で生活していたとしても、言葉そのものの覚え方や、生活環境がおかしかったら、当然おかしな言葉として、日本語を覚えてしまうのも仕方ありませんね。

ただ、これは、今となっては滝沢カレンさんの一つの魅力として映り、芸能人としては良い武器になると思います。

実際に御本人と関わると、面倒と感じるかもしれませんが、タレントとして滝沢カレンさんを見る限り、実に面白いタレントとして映りますし、ますますバラエティ番組などで需要が増えていくような印象すら伺えます。

おかしな日本語を覚えてしまったのは、ある種、不幸とも言えるのかもしれません。

しかし、一人の芸能人としては、知名度を得るための大きな武器となっているわけですし、ある意味、お母さんの教育方針や、これまでの環境に滝沢カレンさんは感謝すべきなのかもしれませんね。

ちなみに、父のことに関しては、ウクライナ人ということ以外、分かりませんでした。

やはり一般人ですから、その辺りの情報は、ネット文化が進んでいるとはいえ、でてこないのも当然だと思います。

 

滝沢カレンの学歴(出身高校)や彼氏は?

滝沢カレン

滝沢カレン

滝沢カレンさんは、将来『ファッションモデルになりたい』とずっと憧れていた方らしく、その夢がスカウトを受けたことで実現し、まさに、現在、彼女にとって夢の天職に就いているようです。

人間、一番就きたい仕事に就く事が最大の幸せかもしれませんね。

さて、そんな滝沢カレンさんの出身高校ですが、調べてみると、村上友梨というグラビアタレントが、日出高校時代の友人ということで紹介していたらしく、滝沢カレンさんが出身高校そのものの公表は、これまでしていなかったみたいですが、そのことで紐付いて発覚した模様。

まぁ、日出高校が滝沢カレンさんの出身校であるとバレてしまったとしても、芸能関係に何かと配慮してくれることでお馴染みの日出高校ですから、それほど影響はないのでしょうね。

ちなみに滝沢カレンさんが法政大学卒業という謎の噂もあったみたいですが、流石にこの話はガセだったようです。

近年は、スポーツ推薦やAO入試などの一芸に秀でた方向けの入試もありますので、大学卒業という噂そのものが、『謎』と言い切るのは失礼かもしれませんが、どう見ても滝沢カレンさんが、法政大学卒業とは思えなかった次第です。(スミマセン)

いくら幼いころの教育環境によって、日本語がおかしくなってしまっているのだとしても、バラエティでの滝沢カレンさんを見る限り、とてもインテリには見えませんでしたし、見た目で判断するのは、とても失礼ではあるのですが、大学に行っているとは思えませんでした。

あくまで、ファッションの世界に憧れながら育っている滝沢カレンさんですから、服飾関係の専門学校というのならまだしも、大学の授業がそれほど必要であるとは思えませんし、彼女は今のままでも十分魅力的なので、大学に通う必要はないでしょう。

たとえ、時折日本語が変で、会話がおかしかったとしても、これも一つの個性ですし、とくに芸能界では、こういった個性が光り、知名度向上のきっかけになったりするので、滝沢カレンさんが大学に通っていなかったとしてもそれほど問題では無いはず…

実際に滝沢カレンさんは、モデルとして現在の所属事務所にスカウトされ、ファッション誌『Seventeen』『JJ』の専属モデルとしてだけでなく、映画『ROOKIES-卒業-』『マリア様がみてる』にも出演し、女優としてマルチに活躍されています。

映画『マリア様がみてる』に、佐藤聖役として出演していた頃の滝沢カレン

映画『マリア様がみてる』に、佐藤聖役として出演していた頃の滝沢カレン

滝沢カレンさんが、これだけ多方面で活躍されているのですから、多少学歴が乏しかったとしても、そこを気にすることではないと思います。

今後もその個性を発揮して、滝沢カレンさんには多方面で活躍していってほしいものです。

さて次に、そんな滝沢カレンさんの彼氏の情報ですが、一部の情報では、中学時代に滝沢カレンさんが交際されていた彼氏がいたらしく、後に破局を迎えて、高校時代には、また別の彼氏が出来たものの、最終的には束縛がひどくて別れたという話も聞きます。

ただし、その話が実にユニークで、滝沢カレンさんが、一方的に電話で別れを告げて、引っ越ししてしまったそうなんですが、その直後に多数のメールと電話が来ていたらしく、そのことで怯えていると、何故か、彼女の名前を呼ぶ彼の声だけが終始聞こえているような気がしてならなかったのだとか…

元々そんなに束縛している様子ではなかったみたいですし、その上に、自身の錯覚をいかにもストーカー行為があったように思い込んでいたというのですから、滝沢カレンさんには、ちょっと被害妄想なところがあったのかもしれません。

そのやり取りも、実は『さんま御殿』でいろいろ語っていた話だったそうなのですが、あまりにもトンチンカンな話をしていたらしく、しまいには、滝沢カレンさんは、その元カレのことを「生霊」とまで言っていたというのですから、もう笑うしかありませんね。

実際、どのように彼と交際して破局を迎えたのか、イマイチ分かりづらい話では有りましたが、いずれにしても滝沢カレンさんが、変な日本語を使う一件とは、直接関係はなさそうです。

ちなみに、現在、滝沢カレンさんは、仕事を再優先に考えているみたいなので、彼氏を作りたいという発想はないのかもしれません。

まぁ、まだ滝沢カレンさんは、弱冠23歳ですから、これからいくらでも素敵な男性が現れるでしょうし、仕事を優先させながら、良い御相手を見つけてほしいなと思う次第です。

滝沢カレンさんは、『さんま御殿』で変な日本語を乱発してしまい、何かと話題になっていますが、実に魅力的な方なので、仕事に恋愛と、いろんな面での活躍を期待したいものですね。

 

まとめ

モデル・女優・タレントとして活躍中の滝沢カレンさんが、先日放送されたバラエティ番組『踊るさんま御殿』で、変な日本語を連発してしまいました。

一時、滝沢カレンさんは、『言語障害ではないか』とネット上でも囁かれているそうですが、それも魅力の一つなのだと改めて分かりました。

さらに、滝沢カレンさんが、モデルを夢見て芸能界に入ってきたことや、日本語も含め語学が苦手だという話、そして父がウクライナ人、母が日本人という話など、いろいろプライベートな部分も分かり、ますます魅力が高まっているように思います。

きっと、今後、バラエティも含め多方面で活躍されていくと思いますので、いろんなシーンで滝沢カレンさんの活躍が見られることを願っています。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人