星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アナウンサー

小林悠アナのTBS退社理由は彼氏が原因で病気?今後はフリーか

投稿日

元セントフォース所属のフリーアナウンサーで、現在はTBSの女性アナウンサーとして、Nスタや報道特番など、報道番組をメインに活躍されている小林悠アナ。

彼女が突如TBSを退社することとなり、ネット上でも『何があったのか?』と気にする方が増えているそうです。

筆者自身、小林悠アナのことをそれほど把握しているわけではなかったのですが、2010年にTBSに入社し、以前にも、度々、代打という形で出演していたNEWS23のメインキャスターになるのが夢だった彼女。

そんな小林悠アナが、何故TBS退社に追い込まれてしまったのでしょうか?

謎が謎を呼ぶTBS退社劇の裏側が気になりますので、本記事で、小林悠アナがTBS退社に至った経緯と今後について探っていきます!

スポンサーリンク

アドセンス

TBS小林悠アナの突然の退社!

小林悠

小林悠

みなさんはTBSの小林悠アナのことをご存知でしょうか?

小林悠アナは大学時代、大手芸能事務所:セントフォースの所属タレントとして活動し、『クイズヘキサゴンII』の準レギュラーとして出演されていたこともあるらしく、その後、TBSに2010年に入社し、報道番組を中心に、バラエティでも活躍されていたそうです。

筆者自身、たまたま観ている番組が違っていたのか、あまり小林悠アナのことを見かけることは無かったのですが、代打とは言えNEWS23のキャスターとして出演したこともあり、これからが期待の女性アナウンサーとして、一部では注目されていたようです。

ちなみに2010年入社の小林悠アナと同期といえば、佐藤渚アナと、TBS報道番組『あさチャン』で熱血ぶりを発揮していることでもお馴染みの石井大裕アナの2人で、いずれもTBSアナウンサーとして活躍されているお二方。

それだけに、小林悠アナも、期待の女子アナとして日々奮起されていたことと思います。

それなのに、何故か2016年3月4日付けで、小林悠アナが突然TBSを退社することとなってしまったというのです。

確かに癌など重い病気に冒され、止むを得ずに退社するケースはあるかもしれません。

しかし、全ての病気のケースにおいて、TBS退社に追い込まれるということは無いはずです。

最終的に降板という形にはなりましたが、大塚範一さんも白血病という重い病気に冒されてから、しばらくは休養という形で番組を休み、他の出演者がフォローしながら、復帰を待っていたこともありましたね。

最終的には、三宅正治アナが、大塚アナのバトンを受け継ぎ、2代目めざまし男性メインアナ(伊藤利尋アナはあくまで大塚アナの代行)に就任されています。

ただ、それまでの間は、復帰を目指して病気治療に専念されていました。

小林悠アナも、もし、何かの病気が原因ということだけだったら、周囲のフォローを受けながら病気治療に専念して復帰することだって出来るはずです。

それに、TBSとしても小林悠アナを引き止めた、と考えてもおかしくありませんよね。

そんな思いもあり、少なくとも、筆者の中では、今回の小林悠アナのTBS退社劇は、とても病気だけが原因だけではない何か裏があると思えて仕方ないのです。

ただ、どんな理由があったにせよ、すでにTBSでは小林悠アナの退職届は受理され、3月4日付けて依願退職という形になり、すでにTBSから席を外していることに変わりはありません。

小林悠アナは、

『突然のご報告となりますが、この度、健康上の理由で退社することになりました。入社以来、見守っていただいたみなさんには深く感謝申し上げます。直接ご挨拶もできず申し訳ありませんが本当に有難うございました』

と直筆のFAXにてコメント。

そして、本来、金曜パーソナリティーとして出演予定だったTBSラジオ『たまむすび』の生放送も、2016年2月26日に続いて欠席。

夢だったはずのNEWS23も、2016年3月28日から出演予定とされていたのに、それも降板という形になり、小林悠アナの退社は、TBSにとっても大打撃となってしまっているのではないでしょうか。

なお、NEWS23に関しては、駒田健吾アナ・ 皆川玲奈アナが、サブキャスターとして担当することとなり、これまでアンカーとして出演されていた岸井成格さんが降板して、その代わりにメインキャスターとして星浩さんの出演が決定…

駒田健吾アナ(左)皆川玲奈アナ(右)

駒田健吾アナ(左)皆川玲奈アナ(右)

その結果、アンカー不在の手薄な布陣で、NEWS23が、2016年3月28日から放送されることとなります。

なにやら、いろんな所で影響が出ている様子が伺えますし、私達ネットユーザーを含める一般人や、TBSの関係者たちに対して、衝撃を与える大きな事件となってしまった印象を受ける小林悠アナの退社劇でした。

 

小林悠アナのTBS退社理由は本当に病気?

小林悠

小林悠

先程もお話しましたが、正直なところ、TBSの小林悠アナが突然TBSを辞めた直接の理由が病気だったようには思えません。

それは、今回の『小林悠アナTBS退社』のニュースを聞いている大半の方が、そう感じているのではないでしょうか。

実際に、小林悠アナの関係者の話によると、NEWS23のキャスターになるのが夢で、ようやくその夢が叶いかけたばかりだった小林悠アナは、今回TBSを退社するにあたって、

『悔しい』

と話をしていて、失意の中、荷物整理していたそうです。

小林悠アナ本人としては、辞めたくなかったことが、関係者の証言によってはっきり分かりますし、病気が直接の理由とは、どう考えても納得が出来ません。

そこで一体、小林悠アナに何があったのか、改めて調査してみることに…

いろいろネット上で調べてみると、実は、IT企業を設立した起業家と交際していることが写真週刊誌にスクープされ、そのことで、TBS上層部から激怒されてしまったらしく、その結果、小林悠アナは精神的に病むようになってしまい、激ヤセの末にTBS退社となったそうです。

スキャンダル

いくらアナウンサーがイメージを大切にする仕事とはいえ、恋愛禁止されているアイドルじゃあるまいし、30歳の女性アナウンサーが恋の一つしただけで、上層部から激怒されてしまうなんてことがあって良いのでしょうか?

一部で噂されている不貞ではないかという話が、仮に実話だったとしても迷惑を欠けているのは、相手の奥さんです。

今回の小林悠アナの場合は、ただ交際していたところをスクープされただけでしかありません。

まぁ過去を見ると、小林悠アナは、恋をしてしまうと周りが見えなくなってしまう傾向があるのか、人目をはばからず路チューしてしまうところがあり、芸能人ではないとしても、狙われる立場の人であるということを自覚したほうが良かったとは思います。

ただ、ベッキーさんの不貞騒動にも言えることですが、そこまで世間が騒いで、女性側だけが厳しい処遇を受けるというのは、あまりにもフェアではありませんよね。

今回の一件は、TBSは自己都合のことばかり考え、小林悠アナを切り捨てたという風にしか思えず、あまりにもひどい仕打ちをする放送局なんだ、と改めて理解した気がします。

確かに、気づいてみれば、TBSの『サンデーモーニング』もそういう傾向が顕著に見られ、張本勲氏に軽く意見した江川紹子さんが、番組コメンテーターを降ろされてしまった、という話もありますから、やはりご都合主義なのでしょう。

これはあくまで筆者の偏見なのだと思いますが、どうもTBSは弱者を平気で切り捨て、これみよがしにネジ曲がった意見を押し付けようとしているのではないか?という印象を強く受けてしまいます。

それは、かつて放送された『みのもんたの朝ズバ!』でも見られていました。

彼自身、大物政治家に対してはバッサリ切り捨てることせずに、ヨイショすることも多々見受けられるのに、オタクと言われる一部の人間が、何か事件を犯しただけで、オタク全体を全否定して拒絶…

差別を平気で行い、自分の意見が100%正しいと言い切り、間違いを認めない神経は、一部の視聴者の強い反感を買う行動であったともいえます。

もちろん、このように感じるかどうかは人によって違います。

それに、

『偏ったものの見方である』

と、切り捨てられたら、それ以上何も言えなくなってしまうのも事実です。

しかし、オタクだからといって、全てがダメと人間否定した言動は、報道を伝えるTBSが許して良いのでしょうか?

その他にもTBSの番組を見ると、随所に偏ったものの見方をしているような印象が見受けられますし、女子アナの恋愛そのものをタブーとしていたというのであれば、あまりにもひどい話ですよね。

そのことで激怒され、人間否定されたような叱責を受け、小林悠アナは精神的に傷つき、悩み、激やせしてしまったのでしょう。

そして、この負の連鎖が止まること無く、小林悠アナのTBS退社となってしまったようです。

TBSが勝手に潰れるのは自由ですが、一人の未来ある女性アナウンサーの将来が、ただの恋愛だけで潰されるなんて…

本当に悲しい話ですね。

所詮、権力主義ということなのでしょうか…

そんな悲しい理由が裏で隠されていて、そのことを暴露すると、小林悠アナのイメージが悪くなってしまうのはもちろんのこと、TBSとしても、イメージダウンになってしまうため、負の部分は闇に伏せたというのが真相だと思いますよ。

 

TBSを退社した小林悠アナの今後はフリー?

小林悠

小林悠

さて、突然TBS退社を余儀なくされた小林悠アナですが、今後はどのような人生を送っていくのでしょうか?

正直、今のところはTBS退社し、小林悠アナも何か考えられる状況ではないと思いますし、全く今後のことは決まっていないでしょう。

まぁ、現在交際中と言われる彼がセレブなわけですし、そのまま結婚しても良いのかもしれませんが、小林悠アナ自身、決してこのままで良いなんてことは考えていないと思います。

やはり、報道の道に進み、ようやく念願のNEWS23に出演が決定しかけたところで、急にTBS退社となり、悔しい想いをしているわけですから、小林悠アナとしては、いつかまた報道の世界に戻りたいと思っていても何らおかしくありません。

過去に、スキャンダルによって日テレを退社し、その後、芸能界にフリーアナとして報道の世界に戻ってきた女性アナウンサーはいらっしゃいます。

現在TBS『あさチャン!』のメインMCとして活躍されている夏目三久アナが、その一人で、彼女もスキャンダルによって日テレを退社し、干されていた時期(数ヶ月くらいですが…)がありました。

夏目三久

夏目三久

しかし、テレ朝系の深夜バラエティ『マツコ&有吉の怒り新党』で再起を図ると、そこから人気が回復し、TBS『あさチャン!』や、日テレの報道番組『バンキシャ』に出演するようになり、現在報道番組にも大きく携わるようになりました。

細かく言うと、小林悠アナとは、スキャンダルの内容は全く異なりますが、話の発端はいずれも恋愛からくるもので、小林悠アナの一件も、何処か夏目アナの一件に似ているような印象も見受けられます。

それだけに、筆者としては、いずれ小林悠アナは、フリーとしてテレビの前に戻ってくると推測しています。

実際に、どのような人生をたどっていくかは分かりませんが、筆者としては、小林悠アナ個人としての幸せと、報道アナとしての再起と成功を心から願っています。

 

まとめ

TBSの小林悠アナが、突然、2016年3月4日付けで、病気を理由にTBSを退社することとなりました。

ただし、何かの病気になった原因は、IT起業家との交際が写真週刊誌にスクープされたことを、上層部に激怒されたことにあります。

おそらく、小林悠アナは写真週刊誌に良いように書き立てられ、その上、TBSは何一つ守ってくれずに逆に厳しく叱責される始末…

小林悠アナ自身が罪を犯したわけでもないのに、これでは傷つく一方ですし、TBSを辞めて正解なのかもしれないと思います。

今後、どのような人生を小林悠アナが送るのか、まだそれは分かりません。

ただ、今はゆっくり休んで、次の道に備え、いつの日か再び、小林悠アナにはフリーアナとして復帰して欲しいと願っています!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-アナウンサー