星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークの沖縄旅行でおすすめ穴場スポットを紹介!

更新日

ゴールデンウィークは、カレンダーに恵まれていれば、10日を超える大型連休となる企業もあるそうです。

そんなゴールデンウィークの機会にグアム、ハワイ、タヒチなど、海の綺麗なところに海外旅行して、心身ともにリフレッシュしたいと考えている方も多いみたいですね。

しかし、海外までいかなくても、海の綺麗な場所なら日本国内である沖縄だって負けていません。

実際に、わざわざ沖縄に別荘を建てて、休みを沖縄で過ごされる方もいらっしゃるそうですし、隠れたスポットもたくさんあるので、ゴールデンウィークに沖縄へ旅行するのはおすすめです。

そこで、本記事では、ゴールデンウィークに、是非行ってみたい、沖縄のおすすめ穴場スポットをご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

沖縄旅行はゴールデンウィークおすすめスポットがいっぱい

女子旅

女子旅

みなさんはゴールデンウィークをどのように過ごされるか、もう計画は立てられていますか?

ゴールデンウィーク期間中は、企業によっては10日間程度のゴールデンウィークがあるので、中には、この機会に海外に旅行しようと計画されている方もいらっしゃるでしょう。

一方、毎年に何一つの計画も立てずにのんきに構えていて、気がついたら、すでにゴールデンウィークがやってきていたという人もいらっしゃると思います。

すでに計画をびっちり立てている方は問題ないと思いますが、まだ大丈夫と予定も立てずに余裕をかましていると、すぐにゴールデンウィークがやってきて、気がついたら、何もすることがないと嘆く、なんてことになってしまうかもしれません。

せっかくのゴールデンウィークなのに、それではあまり心身のリフレッシュも出来ずに非常にもったいなく思います。

そんなことにならないように、今から国内である沖縄旅行のプランを立ててみるのはいかがでしょうか。

実は、ゴールデンウィーク中の沖縄は、海外旅行に行くよりも安価で行けて、さらに気候的にも梅雨前なのに、マリンスポーツも楽しめる実に過ごしやすい環境にあると言われています。

それ故に、マリンスポーツなどを中心に、沖縄は人気レジャースポットの一つとして、多くの旅行客から人気を得ているのです。

とくに沖縄の海はすごく澄み切って綺麗ですから、海外に行く余裕のない方は、いっそのこと沖縄に旅行してみるのも良いかもしれませんよ。

ゴールデンウィークは、家族や友人たちと最高の休日としたいと誰もが考えているはずです。

是非、沖縄の澄み切った海や、日常では味わえない大自然に囲まれながら、充実のゴールデンウィークを過ごしてみましょう!

 

沖縄旅行のおすすめスポット家族編

美ら海水族館

美ら海水族館

ゴールデンウィークを過ごすといっても、その過ごし方は人それぞれで、家族や恋人と共に過ごしたいと考えている方も、中にはいらっしゃることとでしょう。

では、そんな方たちのおすすめスポットとは何処なのか、いくつかご紹介していきます。

沖縄おすすめスポット1 沖縄美ら海水族館

やはり、家族や恋人と過ごす、沖縄のゴールデンウィークおすすめスポットとして、ここを外すわけにはいきません。

他では見られない、ジンベエザメナンヨウマンタ達が悠然と泳ぐ巨大水槽は、黒潮の海と呼ばれ、その他にも約70種1万6000匹も共同で生活されているそうです。

弱肉強食だってある世界で、他の種の生物を食い荒らす生き物が出てきてもおかしくない状況を、水族館側が演出するのは、かなりリスキーなことですよね。

しかし、そんな大自然に近い状況を、美ら海水族館は演出してくれているのか、水族館に生きる生物形態を観るというよりは、大自然の一部を切り取ったという感覚で、ジンベエザメやナンヨウマンタなどの生き物を、リアルに見られるのは嬉しいポイントでしょう。

しかも、この黒潮の海は、様々なアングルから観覧することが出来、頭上を泳ぐさかなたちを下から眺めることの出来るアクアルームからの景色は、海底にいるような錯覚をも与えてくれて最高です!

当然、無数の魚たちが生存しているため、魚同士が群れあったり、警戒しあったりとリアルな世界観を目の当たりにすることが出来るため、他の水族館に無い斬新な光景を見ることが可能となっています。

また、先ほどお話したように、捕食しあうことを危惧する声もあるそうですが、そこは、飼育員達が、ちゃんと餌の与え方を調整して空腹にならないように工夫しているからこそ、警戒しあうことはあっても、捕食しあうことはほとんど無いんだとか…

大自然に最も近い状況を演出する、飼育員達の工夫が隅々まで施されているからこそ、他の水族館に無いダイナミックで感動を与えてくれる巨大水槽が、私達を海の世界に誘ってくれるのだと思います。

折角のゴールデンウィークに沖縄に行くのであれば、一見の価値ありだと思いますよ。

ただし、ダイビングの様に、直接、魚たちの群れと触れ合うということは無く、基本的には、ただ観るだけなので、どちらかと言うと、アクティブ志向の方たちにはあまりおすすめできません。

どちらかと言うと、家族や恋人と一緒にでかけて、さかなたちを見ながら感動するおすすめスポットと言えるでしょう。

しかし、その感動は、ダイビングとはまた一味異なる感動として、みなさんの心を潤してくれることと思います。

子どもたちが、

『このお魚たちすごく大きくて格好いい』

と目をキラキラさせながら、ご両親に話しかけてみたり、彼女から、

『このお魚たちが可愛い』

とうっとりされたりと、家族・恋人がふれあう最高のスポットとなること間違いないでしょう。

とくにジンベエザメが食事時に、約100リットルもの海水と餌を吸い込む姿は、迫力満点で、多くの人たちを驚嘆させてくれると思いますので、是非、一度、ご覧下さいね。

公式サイトはコチラ

美ら海水族館

沖縄おすすめスポット2 おきなわワールド(南城市)

沖縄

沖縄

沖縄の文化・風習は、本州とは違い時間もゆったりしていて独特の文化を持っています。

そんな沖縄に触れて心身を癒すには最高のスポットが、この、おきなわワールド

おきなわワールドは、沖縄の自然芸能文化を体感出来る沖縄県内最大級のテーマパークなのです。

とくに、玉泉洞という天然記念物にも指定されている鍾乳洞はおすすめです。

約100万本もの鍾乳石を見ると、北国で寒い時期によく見られるつららを思い浮かべ、沖縄でありながらもまた別の世界観を感じることも出来るでしょう。

もちろんつららと鍾乳石は全くの別物ですが、一つのアートとしては、どこか共通した美しさを体感することが出来ると思います。

さらに、この鍾乳洞を抜けると、完全に別世界となる、沖縄独特の世界観がみなさんを包み込んでくれます。

スーパーエイサーや、ハブのショーなど、まさにおきなわワールドを存分に堪能することが可能で、家族や恋人と行くなら最高の穴場スポットと言えるでしょうね。

沖縄で非日常を体験したいという方にはおすすめのスポットですので、是非、ゴールデンウィークという機会に行ってみることをおすすめします。

公式サイトはコチラ

おきなわワールド

沖縄おすすめスポット3 Yonar's(よなーず):豊見城市

水道の蛇口をひねると、水が出るというのは常識的な話ですが、中には、蛇口から焼酎が出てきたり、トマトジュースが出てきたり、お茶が出てきたりと、地方ならではの特殊な光景が見られることもあるそうです。

その一つとして、蛇口からシークヮーサージュースが出る光景が当たり前のように見られるのが、このYonar's(よなーず)という沖縄特産市場です。

沖縄特産市場というだけあって、シークヮーサーを用いた調味料やジャムなども販売されていて、また工場見学も自由に出来るらしく、蛇口からひねったら出てくるシークヮーサージュースは飲み放題という、実に嬉しいサービスが展開されているそうです。

きっと沖縄ならではのおみやげもたくさん見つかると思いますし、家族や恋人同士でワイワイ楽しむならうってつけのスポットだと思いますよ。

公式サイトはコチラ

Yonar's


このように、沖縄には、非日常を体感出来る素晴らしいおすすめ穴場スポットがたくさんあります。

家族や恋人同士で行くなら、ここでご紹介したようなスポットは一度行ってみる価値があると思いますので、是非参考にしてみてくださいね。

アクティブ志向な方向けの沖縄おすすめ穴場スポット

ここから先は、家族や恋人というよりは、アクティブに沖縄を楽しみたいという方向けに、おすすめスポットをご紹介していきます。

沖縄おすすめスポット1 瀬底島シーウォーカー&パラセーリング

やはり沖縄といえば、最大の魅力は海の美しさにあると筆者は考えています。

あの澄み切った蒼は、観ているだけでも私達の心を、存分に癒やしてくれること間違いないのですが、折角なら、実際に海に潜ってさかなたちの群れと触れ合ってみたいというのも一つの心情ではないでしょうか。

ただし、ダイビングするとなると資格が必要だったりしますし、そもそも泳ぎが苦手という方はなかなかむずかしかったりします。

そこで、沖縄で注目されているのが、このシーウォーカー&パラセーリングなのです。

パラセーリング

パラセーリング

パラセーリングは、パラシュートを背負ったあなた達を、モーターボートで引っ張り、ぐんぐん上昇して空中遊泳出来るスポーツです。

沖縄でのパラセーリングは、ただ空中遊泳するだけではなく、広大な青い海があなたを別世界に誘ってくれます。

さらに、シーウォーカーは、全く泳げなくても、酸素ボンベの付いた特殊なヘルメットをかぶるだけで、海底散歩ができ、さかなたちと触れ合うことが出来ます。

シーウォーカー

シーウォーカー

きっとみなさんを普段体験できない海の世界に誘ってくれると思いますし、アクティブな方にはおすすめです。

いろんなツアープランとして、パラセーリングのみ、あるいは、シーウォークのみというプランもありますが、せっかくならその両方を体験してみたいものです。

是非、一度、瀬底島シーウォーカー&パラセーリングで、非日常体験を存分に楽しんでみてくださいね。

沖縄おすすめスポット2 こちゃ村物語(宜野座村)

coha_mura沖縄といえば、誰もが海を連想するかと思いますが、決して海が綺麗なだけの地域ではなく、自然も豊かで、多忙な日々を忘れさせてくれる癒しがたくさん点在しています。

そのことを、改めて感じさせてくれるのが、この、『こちゃ村物語 ~キジムナーが恋したガジュマル~』です。

このスポットは、ノルディックポールを使ったウォーキングを通じ、自然豊かなこちゃ村を巡りながら、自然・歴史・芸能を体感できるスポットとなっています。

きっと、みなさんはノルディックと聞くと、ウインタースポーツでオリンピック競技でも見られるあのノルディックスキーを連想するかと思いますが、決してノルディックは冬だけのスポーツではありません。

ノルディックスキーとは別の形で、このノルディックウォーキングは派生されています。

元々、クロスカントリーの選手たちが、シーズンオフとなる夏場に、体力維持・強化トレーニングの一環として、行ったスキーウォーキングが発展して、ポールを使った簡単な歩行運動という観点からスポーツ化したようです。

そんなノルディックウォーキングをしながら、沖縄ならではの自然に触れ合うのは、また一味違う満喫感を味わう事が出来ると思います。

歴史や文化も独特で、時折時間が止まったようにゆったりと感じる出来る沖縄の風景をノルディックウォーキングを通じて、是非、体感してみてくださいね。

沖縄おすすめスポット3 神秘の青の洞窟

青の洞窟

青の洞窟

青の洞窟というと、みなさんはイタリアの青の洞窟を思い浮かべることと思いますが、あの美しい青の洞窟は、イタリアだけにあるものではありません。

全く同じものではないものの、沖縄ならではの青の洞窟が存在し、イタリアに負けないくらい神秘的な世界観を私たちに見せてくれます。

そもそも、青の洞窟とは、洞窟内部の界面が、太陽光線の光の反射によって神秘的に青く光り輝くことから呼ばれた呼称であり、地名でも何でも無いのです。

沖縄では、体験ダイビングシュノーケリングを通じて、青の洞窟を楽しむツアープランも組み込まれているそうですし、アクティブに楽しむことも十分可能です。

普段では絶対に見ることの出来ない世界観に包まれながら、自然と触れ合うことは、何よりも代えがたい貴重な体験となること間違いありません。

是非、ゴールデンウィークには沖縄の青の洞窟を訪れてみてくださいね。

 

このように、沖縄をアクティブに楽しみたいという方にも、おすすめの穴場スポットはたくさんあります。

是非、ここでご紹介した穴場スポットを参考にゴールデンウィークの計画を立ててみてくださいね。

 

まとめ

ゴールデンウィークを満喫するなら、非日常的な楽しさを与えてくれるスポットに旅行し、心身共に充実したいと考えるのも一つの心情だと思います。

そういう心情が、人を海外旅行へと駆り立てさせるのだと思います。

しかし何も、海外だけが非日常を味わせてくれるわけではなく、国内である沖縄でも、非日常が味わえる素晴らしいスポットがたくさんあります。

ここで、家族向け・アクティブ志向者向けに紹介したおすすめした穴場スポットは、あくまでごく一部であり、まだまだたくさん沖縄でおすすめするスポットはたくさんあるでしょう。

是非、皆さんも沖縄の旅行スポットを探してみてください。

きっと、心身ともにリフレッシュできる最高の穴場スポットに巡り会えると思いますよ!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゴールデンウィーク