星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

ファミレスのドリンクバーは原価が超安いので利益率が高い真実

投稿日:


ファミレスなどでよく見られるドリンクバー。

設置されているドリンクバーから、何度でも自由にドリンクを注ぎ飲むことが出来る画期的なサービスとして人気ですよね。

もちろん、設定された価格を別途支払わなければいけませんが、数百円支払えばドリンク飲み放題になるので、かなり利便性は高いです。

そんなドリンクバーですが、実は原価率が極めて安く、利益率が非常に高いという話もあります。

では、実際のところドリンクバーの原価はいくらくらいなのでしょうか

また、種類や仕組み、ドリンクバーを設置の問題点なども併せて、本記事でまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドリンクバーの原価が安いって本当?

ドリンクバー

 

ファミレスなどを利用したことのある多くの方が、一度は利用したことがあると思われるドリンクバー。

ガストやロイヤルホストなど、各ファミレスによって、ドリンクバーの価格に若干の差はありますが、だいたい500円前後で提供されていますよね。

料理込みの価格なら、料金も300円前後に割引して提供され、低価格で好きなだけドリンクが飲めると評判も上々…

特に、サラダバー等、食べ放題メニューなどがあるレストランなどでは、必需品のサービスと言えるでしょうね。

ただ、ドリンク飲み放題となると、それなりに原価が安くないと、店側は大赤字必死になってしまいますよね。

では、ドリンクバーの原価っていったいいくらくらいなのでしょうか?

実際に調べてみたところ、だいたい、ドリンクバーに常備されている、ドリンクそれぞれの原価は以下の通りです。

・炭酸飲料(ファンタやコーラなど…):3~5円
・烏龍茶:10~15円
・コーヒー・紅茶類:10~15円
・果汁100%ジュース(ミニッツメイドなど…):15~25円

以上が、主なドリンクバーに常備されている、ドリンクそれぞれの推定原価(1杯あたりの原価)です。


次のページへ >

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.