星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

音楽

君はメロディーのセンターにピッタリなのは宮脇咲良?前田敦子?

更新日:

前田敦子さんや大島優子さんなどAKB48のOGたちに声を掛けて、一曲限定でAKB48に復帰しリリースされた

AKB48の10周年メモリアルソング『キミはメロディー』。

そのセンターに起用されたのは宮脇咲良さんでした。

現在も彼女がセンターに立ったことについて、論争がネットで吹き荒れているらしく、批判の声も多いようです。

宮脇咲良さんが批判の矢面に立たされているのは、なぜなのでしょうか。

また、前田敦子さん・大島優子さんのほうが、やはりセンターに適任だったのか気になりますね。

そこで、本記事でその真相も探りながら、『君はメロディー』の歌詞の意味、曲調が描く世界観も含めて紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

AKB48『君はメロディー』とはどんな楽曲?

かつて『LOVEマシーン』で一気にブレイクし、シャッフルユニットなど、多くのファンの支持を得てきたモーニング娘。

彼女たちですら、長い歴史で浮き沈みがありました。

そのことからも分かる通り、楽観できない厳しい世界であるアイドル戦国時代。

その中で、AKB48は日本国内だけでなく、海外にも派生グループが生まれたりしています。

全くアイドルに精通していなかった人までも、いつの間にかファンになってしまう程、多くのファンから愛されているアイドルグループAKB48。

しかし、そのAKB48ですら、結成当初は劇場の観覧者が、たった七名だった苦い経験もありました。

当時の彼女らを見ると、とても10年続くとは誰も想像できなかったことと思います。

そんなはじめの予想などを覆し、AKB48が大人気アイドルグループとして、10周年を迎えたのです。

メンバーも大きく入れ替わり、新たな船出に立とうとしていく中、メモリアル記念として、これまでのOGたちの一部が1曲限定で復活。

その楽曲としてリリースされたのが、『君はメロディー』という曲です。

復活するメンバーは、

  • 前田敦子さん
  • 大島優子さん
  • 板野友美さん
  • 篠田麻里子さん

の4名。

まさに『君はメロディー』が、10周年のメモリアルシングルとなるメンバーです。

 

さて、簡単にこの『君はメロディー』の紹介を、ここでしていきたいと思います。

AKB48の10周年メモリアルとしてリリースされる、43枚目のシングル『君はメロディー』。

AKB48兼任のHKT48メンバー宮脇咲良さんがセンター

を務め、その脇を不動のエースだった前田敦子さん・大島優子さんが挟む豪華メンバー構成の楽曲となっています。

先程もお話したとおり、篠田麻里子さん・板野友美さんも、OG枠として参加しているため、すごく華やかな装いとなっています。

しかし、だからといって極端にアップテンポな楽曲になっているわけではなく、さわやかな印象を与えてくれるのです。

基本的にAメロ・Bメロ、サビと展開されていく実にシンプルな構成の曲調は、王道ポップスという印象。

ここ数年で展開されていたダンスナンバーと言うか、アップテンポで迫力のある楽曲とは装いが大きく異なっています。

例えば、UZA、フライングゲット、ハロウィンナイトなどは、若者たちがワイワイ盛り上がるタイプの楽曲としておなじみですよね。

今回の『君はメロディー』は、そういう曲とはまたちょっと違います。

どちらかと言うと、ゆったり落ち着いて聴き入るタイプの曲調であると言えるでしょう。

といってもバラード楽曲ほど心を潤してくれるというわけではありませんし、この楽曲を聴いて涙をながすことはありません。

あくまで、春の季節に聴く爽やかな桜ソングとして、どこか懐かしく、学生時代の思い出を、ふと振り返ってしまうような、そんな曲調なのです。

 

ちなみに、AKB48の桜ソングといえば、筆者がAKB48のファンになるきっかけを与えてくれた

王道の桜ソング『桜の木になろう』や『So long !』

があります。

これらの楽曲は完全なるスローバラードで、思わず涙が流れるようなタイプの曲調の楽曲です。

『君はメロディー』は、これらの桜ソングとちょっとタイプは違います。

年配の人でもスッと馴染めるような、

シンプルで心を暖かくさせてくれるメロディー

になっているので、ゆったりした気持ちで、ぜひ一度聴いてみてください。

 

『君はメロディー』の歌詞の意味と世界観

キミはメロディー

先程は、あくまで曲調を中心に『君はメロディー』の紹介をしていきました。

今度は歌詞についても、その魅力を紹介していきます。

この楽曲の歌詞の大きな特徴はサビにあります。

例えば、

『君はメロディー メロディー 懐かしいハーモニー ハーモニー』

の部分のように、

『メロディー』や『ハーモニー』という歌詞が、

リフレイン(繰り返し)

されているため、より柔らかさが強調され、懐かしさを演出してくれています。

偏見ではありますが、歌詞にリフレインを用いると、アップテンポをより激しく際立たせます。

逆にスローテンポでは、より柔らかく表現する効果があるのだと考えています。

実際に何度も聴いていると、そのように感じられますし、この歌詞の使い方は、一つのテクニックなのだろうと思うのです。

きっと秋元康先生のことですから、その辺りのことはしっかり計算しているのでしょう。

 

さて、肝心の『君はメロディー』の歌詞が描く意味や世界観を見ていきましょう。

この『君はメロディー』の歌詞が描いている情景としては、

春の陽射しや、暖かい風にあたりながら、社会人になった彼が、ふと数年前の学生時代を思い返し、大好きだった片思いの女の子との、

フェイバリットソング

を口ずさみながら懐かしんでいる様子が描かれています。

誰しも恋の一つや二つはしてきていると思います。

でも、初恋がそのまま実って結婚に至ったというケースは、きっとごくわずかの人しかいないと思います。

たいていは、どこかで失恋してしまったり、初恋そのものが片思いで、告白できずに時が過ぎてしまった人もいるでしょう。

この楽曲に出てくる彼は、片思いの彼女に、その想いを告白できずに、卒業と同時にサヨナラを告げているようです。

(というか、単純にクラスメートという関係が消えただけなのかも…)

そして、心のどこかで告白できなかったことへの後悔の念があったり、どこかほろ苦い思い出として捉えている自分がいたり。

そんな彼の心情が上手く描かれているような印象を、歌詞から受けました。

とくに『君はメロディー』2番の歌詞にある、

「君と歩いたセンター街から、通りに抜ける青春に迷って、知らないうちに大人になってた、歌を聞くこともなく」

の部分は、筆者も思わず共感してしまう部分ですね。

友人として、交流を持っていた片思いの女の子に対して、告白ができず、気がついていたら、卒業してバラバラ。

いつの間にか大人になってしまったことも、今となっては懐かしい思い出。

たまたま高校時代の男友達と、一緒の会社に務める偶然があり、その当時の片思いの女の子の話で花を咲かせていたといこともありました。

これが、どこかほろ苦い思い出として、今も記憶に残っています。

『君はメロディー』の歌詞は、そんな

懐かしさ

を与えてくれる歌詞構成となっています。

是非一度、『君はメロディー』の歌詞の意味も噛みしめて、楽曲を聴いてみてください。

きっとどこか懐かしく、春のやさしい風に包まれる余暇のような温かい気持ちを感じることができると思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

宮脇咲良の『君はメロディー』センター抜擢への批判理由

宮脇咲良

宮脇咲良

宮脇咲良さんが、AKB48グループの中で、

透明感の高いメンバー

であり、それゆえにセンターを任せてみたいと思う秋元康先生の考えや、AKB48メンバーたちが賛成する気持ちは分かる気がします。

しかし一方では、宮脇咲良さんをAKB48の10周年の記念としてリリースする『君はメロディー』のセンターに据えるのは、

おかしな話と批判する声

も挙がっているようです。

その理由は、やはり今回の『君はメロディー』という楽曲が、AKB48にとって特別な楽曲であるからこそだと思われます。

というのも、AKB48結成当時は、秋葉原のAKB48劇場に、たった七人しか観客が来ない状況だったそうです。

全く無名からのスタートだったにも関わらず、現在では、

SKE48、NMB48、HKT48、NGT48、日本全国でAKB48を含め5グループ

と拡大しています。

さらに海外にも注目していくと、SNH48(上海)、JKT48(ジャカルタ)と2グループが活動しています。

今では世界に名だたるアイドルグループと化しているのです。

その礎を最初に築いたのは紛れもなく

AKB48の初期メンバー及び、神セブンとして人気の高かった篠田麻里子(1.5期生)さんや大島優子さん(2期生)たち

の活躍あってのことなのは事実です。

そして、彼女らがいたからこそ、AKB48は10年間も続いてこられたわけです。

そのことを祝福した特別な楽曲が今回の『君はメロディー』であり、この楽曲限定で、卒業生の一部がAKB48に復活しています。

ならば、彼女ら復帰組の中から、センターを選ぶべきだとファンが批判したとしても、それは納得いく話ではあります。

やはり、昔からのコアなAKB48ファンとしては、

あつゆう(前田敦子さん・大島優子さん)のWセンター

を希望していたのではないでしょうか。

きっと、今後は彼女らのWセンターを観ることができないと思います。

AKB48時代から数えても、二人がWセンターを務めたのは、東日本大震災の復興ソングとしてリリースされた『風が吹いている』の1曲のみ。

しかも、この楽曲ですら、一部では、前田敦子さんの単独センターという説もあるのです。

見る人からしてみれば、今回の10周年記念ソングが、

最初で最後のWセンターとなるチャンス

だったわけで、それが崩されたことに納得がいかない話なのでしょう。

確かに宮脇咲良さんが、AKB48の初期メンバーたちと融合する姿を見てみたい気持ちも分からないではないです。

しかし今回は趣旨がまた違います。

AKB48初期の神7を中心に展開してほしいと考える声がどうしても高まってしまいます。

結果として『君はメロディー』では、その声を無視してしまった形となったのです。

そのため、今回の批判の矢面に宮脇咲良さんが立たされてしまったことが、事の真相・理由なのです。

まぁ、とくにAKB48の場合は、

『推しメン』というワードが大流行

したように、特定のメンバーのファンとなっている人たちの想いは、他のアイドルグループのファンよりも強いのです。

それゆえに、アンチとなって、他のメンバーを批判する人も続出しています。

もちろん良識を持ったアイドルとの接し方が求められるのも事実ですが、ファン心理も分からなくはない話です。

これは、どうすることもできないところが実情でしょう。

いずれにしても、決して宮脇咲良さんに非があるわけではないので、批判に振り回されることなく、堂々とした『センター宮脇咲良』をファンに見せて欲しいと思います。

追記:君はメロディーのセンターは前田敦子が適任?

AKB48の10周年のメモリアルとしてリリースされた楽曲『君はメロディー』のセンターは、みなさんが知っている通り、宮脇咲良さんです。

その脇をOGである前田敦子さん・大島優子さんが固めるといった布陣でした。

宮脇咲良さんをセンターに据えたことに対して、未だに論争が勃発しているようです。

というのも、

「前田敦子さんを起用するなら彼女をセンターにするのが一番」

と言う声が多く、やはり宮脇咲良さんでは役不足と感じているアンチ派も少なくないのでしょう。

ただし、否定的な意見ばかりではなく、宮脇咲良さんの透明感が一際目立っていた意見もあり、賛否両論というのが率直なところです。

 

さて、ここからは、筆者個人の意見としてお話したいと思います。

AKB48の10年間の大半を牽引し続けてきたのは、前田敦子さん・大島優子さん(あつゆうコンビ)の二人であることは事実です。

おそらく彼女らがAKB48に復活しようものなら、たちまち、人気が二分していくことでしょう。

それくらい影響力の高い二人であることに違いはないのですが、すでに時代は移りかわっています。

新たな世代がAKB48の絶対的エースの座を巡ってしのぎを削り合っています。

ただし、先日の第9回AKB48選抜総選挙の席で、2017年限りの卒業を示唆した渡辺麻友さんの後に続くAKB48の絶低的エースは存在していません。

他の姉妹グループに人気が奪われかかっている印象も拭えません。

次世代のエース候補に挙がるのが、SKE48の松井珠理奈さん、HKT48(AKB48兼任)の宮脇咲良さんの二人が、筆頭候補と考えられます。

AKB48のシングルなのに、HKT48の劇場支配人も兼ねている指原莉乃さんや、他の姉妹グループの面々がセンターにいることは何か違うような気もします。

前田敦子さんから直々に次のAKB48グループの絶対的エースになれと指示された宮脇咲良さんに対して、

『君はメロディー』がリレーのバトントスのような意味

ならば、その意味はわかります。

ですが、どうせなら岡田奈々さん、向井地美音さん、高橋朱里さんあたりにバトントスしてほしい…。

それで、AKB48が姉妹グループの中でも元祖であり、頂点に君臨し続けると筆者は考えています。

もちろん、まだまだ彼女らにはセンターは荷が重いかもしれません。

それに多くのファンから支持されている宮脇咲良さん、過去に何度もWセンターの一人として起用され、

じゃんけん選抜曲『鈴懸なんちゃら(略称)』で、単独センターに立った松井珠理奈さん

の実績は、他の追随を許さない圧倒的なものさえ感じます。

唯一彼女らが太刀打ちできないのは、指原莉乃さんだけですが、彼女も選抜総選挙からは卒業しています。

次世代と言う意味合いを考えたら、間違いなく宮脇咲良さん・松井珠理奈さんが、次のAKB48グループを牽引していくことと思います。

その一人である宮脇咲良さんが、AKB48のメモリアルシングルである『君はメロディー』のセンターに立つことは正しいと思います。

たとえ、メモリアルソングで1曲限定の選抜復帰だったとしても、前田敦子さんがセンターである必要性はないとすら考えています。

ただし、AKB48の中から真のエースが出てこない限り、永遠に論争は続いていくでしょう。

宮脇咲良さんはHKT48のメンバーなので、手放しでセンターとして認める事はできないところです。

『君はメロディー』は、AKB48メンバーたちやファン・関係者たちにとって、10周年のメモリアルソングという大事な位置づけの楽曲です。

だからこそ、AKB48グループの次世代の看板を背負う意味で宮脇咲良さんがセンターに起用されているのだと思われます。

しかし本来は、

岡田奈々さん・高橋朱里さん・向井地美音さんのいずれかがバトンを受け継ぎ、センターに立っているべきだった

と考えているのが一つの答えです。

もちろん、これは筆者の意見でしかなく、ファンの間では単純に前田敦子さんセンターが筋だろうという人もいるでしょう。

賛否は大きく分かれ、様々な論争が吹き上がっていきますが、AKB48単体としての顔を求めているファンはいます。

その声に応えていかなければ、いつまでもこの論争は消えることなく続いていくのだろうと思った次第です。

 

まとめ

AKB48の新曲としてリリースされた『君はメロディー』は、AKB48の10周年メモリアルソングとして作られた楽曲です。

しかし、せっかくこの曲限定で復活した前田敦子さんや大島優子さんが、センターとして起用された宮脇咲良さんの脇を固めたのです。

そのことで、『君はメロディー』のセンターは誰が適任だったのか、ネットで論争が繰り広げられているようです。

確かに賛否のあることは事実で、宮脇咲良さんにセンターを任せるのは違うと否定的な意見も見られます。

この曲は、間違いなく次世代に繋がるメモリアルソングになっているので、この論争がAKB48グループの大きな飛躍に繋がることを願うばかりです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-音楽

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.