星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

花粉症

花粉症の予防対策方法をチェック!ヨーグルトの効果的な食べ方とは

更新日

花粉症…

場所にもよりますが、早い人であれば1月、おそくても3月頃になると、日本は花粉症シーズンへ突入となります。

この時期は、目や鼻がムズムズしてしまい、花粉症でとても苦しむ人が一気に増えだしますよね。

あなたの身近な人に、花粉症に苦しむ人が一人や二人は、かならずいるのではないでしょうか。

筆者も花粉症なのです。

毎年、花粉症によって涙目になったり、鼻水ダラダラ、くしゃみが止まらなくなったり、と非常に厄介な季節だと感じています。

とくに、スギとヒノキの症状はひどく、医者にかかって処方箋をもらっているのにもかかわらず、いつも鼻詰まりに悩まされる次第です…

ちなみに、花粉症は、スギやヒノキなどの様々な花粉によって、アレルギー症状が発症する病気なので、人によってアレルギー症状の出方には、大きな差があります。

誰しも一律な症状がでてくるわけでもない為、花粉症は、非常に厄介な病気ともいえるのです。

そんな花粉症に対して、しっかりとした予防対策もしていきたいところですよね。

そこで本記事では、また新たな花粉症対策について、ご紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

花粉症はアレルギー反応!治療するなら耳鼻科か内科へ!

医者

毎年、春先に花粉症に苦しみ、目がしょぼしょぼしてしまったり、鼻がズルズルになり、『ティッシュが手放せなくなる』という人をよく目にします。

しかも、これまで花粉症とは全くの無縁だった人が、急にある年から花粉症にかかるということもあるらしく、本当に花粉症は厄介な病気ですよね。

そもそも花粉症は、スギやヒノキなどの花粉によって、体のアレルギー反応を引き起こし、それが涙やくしゃみなどの症状となってあらわれる病気です。

誰もがアレルギー反応を引き起こすというわけではなく、当然、症状に個人差は存在します。

スギだけに反応する方や、ヒノキなど他の花粉に反応する方もいらっしゃいますし、ひとえに花粉症と言ってもその症例は千差万別なのです。

筆者の場合はスギもヒノキも、そして雑草でも…

あらゆる花粉症にかかってしまっているため、ほぼ年中花粉症と言ってもよく、花粉症の薬が1日も手放せない状況です。

皆さんは風邪を引いたとき、市販の風邪薬を飲んで、自宅で安静にされている方もいらっしゃると思いますが、花粉症は、そうはいきません。

市販の薬を飲んだとしても症状に適合していなければ、あまり効き目もなく、効果が無いなんてこともあります。

ここは早めにかかりつけの耳鼻科に診察してもらった方が、花粉症の治りは早いはずです。

少なくても症状を軽減する処置を耳鼻科でしてもらえるはずです。

極端なことをいえば、花粉症のためだけに、耳鼻科に通わなければ、毎年くしゃみや涙目に苦しむ羽目になるかもしれない非常に厄介なアレルギー反応、それが花粉症なのです。

ちなみに、内科でも花粉症を見てもらうことができます。

と、いうよりも、アレルギー症状そのものが花粉症なので、耳鼻科より内科のほうが、本来かかるべき診療科といえるのではないでしょうか。

そのため、筆者も普段は内科で花粉症の診察をしてもらい、処方箋を出してもらっています。

 

花粉症の予防対策を紹介!

男性

先ほどもお話しした通り、一番の花粉症対策は信頼できる耳鼻科に通い、診察してもらうことですが、中には耳鼻科など通っている暇が無い方もいらっしゃいます。

では、耳鼻科に通わず、そもそも花粉症にならないための予防・対策を立てるにはどのようにすれば良いのでしょうか?

まず、花粉症の予防・対策の基本は、外出するときには、メガネ(ゴーグル)・マスクなどを使用し、花粉を受けないようにすることです。

物理的に花粉が、身体に入り込まないようにシャットアウトするという方法ですね。

そして、外から室内に入るときには、花粉を室内に持ち込まないように、必ず玄関先で払い落としまし、手洗いうがいを徹底して行うことが大事です。

マスクやメガネ(ゴーグル)をしていても、実は、これが実践できていない人が多いみたいです。

花粉は目に見えないものですが、しっかり忘れずに玄関で花粉を振り払い、うがい手洗いをしましょう。

また、花粉が空気中に飛び回る季節には、窓や戸は閉めて、外から自然と花粉が入ってこないようにすることも大切ですね。

このほかにも、日常生活において不可欠な家事でも、花粉の予防をしっかり行わなければなりません。

とくに部屋の掃除や洗濯をするときも花粉への注意が必要です。

どうしても窓を開けて部屋の掃除をしなければならない、という場合は、花粉の量が比較的少ない朝の時間帯に行うことを心がけてください。

洗濯をしたときの注意点は、洗濯物を干した後になります。

干した洗濯物を取り込む前に、室内に入る時の対策方法と同じく、必ず自分自身と洗濯物をよく振り払って、花粉を落としてから室内に入るようにしましょう。

 

花粉症の予防対策にはヨーグルトが有効な理由とは?

ヨーグルト

花粉症のアレルギー対策に『ヨーグルトがおすすめだ』という評判も、最近はよく耳にしますね。

なぜ、一見なにも関係なさそうなヨーグルトが花粉症に有効なのか?

それは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌にあります。

乳酸菌やビフィズス菌は、免疫細胞のバランスを整える効果がありますよね。

この免疫細胞の乱れによって、アレルギー症状というのは起こるのです。

つまり、アレルギー症状の元となる免疫細胞のバランスを整えてくれる乳酸菌やビフィズス菌が、多く含まれているから、ヨーグルトが花粉症に有効なのです。

一見して、乳酸菌やビフィズス菌は、花粉症と関係ないように思えますが、いろいろと辿っていくと、実は、花粉症の原因を抑制してくれる存在だったわけですね。

ただし、ヨーグルトといっても、全てのヨーグルトが花粉症に効果的とは言えません。

プレーンヨーグルトは、乳酸菌が腸に届く前にかなりの数が力尽きてしまいますし、味をつけようと砂糖をかけたりすると、免疫低下を防ぐ成分を減らしてしまうからです。

また、ヨーグルトを摂取する場合も、継続して1~2か月以上摂らなければなりませんし、花粉症の症状が出る1か月前ほどからヨーグルトを継続的に摂らなければ、花粉症に対する予防対策効果は見られません

ヨーグルトの効果にも個人差があるので、『絶対に効く!』というわけではありません。

事実、筆者は一時期、ヨーグルトを継続して摂取していましたが、ほとんど花粉症の予防対策効果がなく、よけいな出費になってしまっただけなので、もうヨーグルトでの対策は合わないとして、諦めました。

医療機関に行く時間が取れないというような人を除いて、花粉症に対する予防対策の最善の方法は、医療機関で診察してもらい、処方箋を出してもらうことになるでしょう。

花粉症の予防対策のためのヨーグルト摂取は、あくまでも、

「症状が抑えられればいいな」

程度の認識に留めておいた方が、良いかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

花粉症は、様々な花粉による人間の身体のアレルギー反応のために、涙目になったり鼻がズルズルなったりする症状の1つです。

ヨーグルトなど、アレルギーを抑制する食べ物や、目薬・花粉症の薬などで、花粉症の予防対策も立てられますが、一番手っ取り早い方法は、医療機関に通い、医師に診察してもらうことです。

医療機関にかかる時間が少しでもあるという方は、ぜひ診察してもらうようにしましょう。

一方で、医療機関へ行く時間が取れない、日々が多忙だという方は、ヨーグルトといった、花粉症に有効と言われる食べ物を摂るようにしたり、市販薬を使用して花粉シーズンをしのぐ…

という手段になってくると思います。

また、日頃からの花粉症対策として、戸締りやマスクなどをしっかりする、室内に花粉を持ち込まないよう、洗濯物や帰宅時に花粉を払い落とすなど、目に見えずとも花粉に対して、徹底した対策が大切です。

それぞれの状況に応じた花粉症の予防対策方法で、辛い花粉シーズンを乗り切りましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-花粉症