星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

巨人の2016ペナントレースの順位は下位?理由は戦力と怪我人!

更新日

もうまもなく、日本プロ野球が活発になる季節に入りますね。

しかし、巨人の3選手を中心としてはじまった一連の問題をきっかけに、プロ野球界は不祥事の連続…

2016年は、シーズン以外においても、ファンの目が、より一層厳しくなる年になると思います。

さて、いわゆる一連の騒動の渦中にいる巨人ですが、2016シーズンの野球としても苦戦は必至と言われています。

期待されていた2年目の岡本和真選手は、打撃不振で開幕2軍が決定、さらに、捕手復帰が予定されていた阿部慎之助選手も開幕2軍スタートとなりました。

戦力状況的にも、2016シーズンはBクラスもありえると言われる巨人の不安材料について、当記事で探ってみようと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

2016シーズンの巨人は苦戦必至?その理由は?

巨人

さて、筆者が

「巨人はBクラスもありえる」

と発言した理由について、詳しく説明していきます。

まず、2016シーズンの巨人は、スタートダッシュは確実に出遅れるでしょう。

先ほども述べたように、ここ数年、成績不振の村田修一選手に代わり、ブレイクが期待されていた2年目の岡本和真選手は、ここにきて打撃が絶不調…

そして、正捕手復帰が決まっていた阿部慎之助も、コンディション不良で2軍落ちに…

開幕2軍スタートが早くも決定してしまったのです。

まぁ、阿部慎之助選手については、幾度も怪我をして、もはや身体は限界というところまできているのでしょう。

まぁこうなるだろうと思ってはいましたが、まさか開幕から2軍というのは、さすがに予想外でした。

そして、2015シーズンで、圧倒的な勝率を誇り、巨人の危機を救ったマイコラス投手が右肩の違和感でノースロー調整を続けていましたし、こちらも復帰は早くても5月以降です。

投手を支える大黒柱が不在、そして2015シーズンの勝ち頭も不在…

そしてさらに、高木京介投手が1年間の失格処分を受け、貴重なリリーフ左腕も欠いてしまうことになったのです。

高木京介投手については、1軍戦力だから1年の失格にしたのでは?とさえ邪推してしまうほど、納得のいかない処分ではあるのですが…

2015シーズンオフから続く一連の問題が、間違いなく巨人というチーム全体の士気を下げているでしょうし、そんな状態だからこそ、本来1軍にいてほしい中心選手が不在というわけなのです。

これでは、巨人が苦戦を強いられることはほぼ確実で、2015シーズンの結果も踏まえると、2016シーズンの巨人は、現有戦力で交流戦明けまでをいかに耐え忍ぶかが、ポイントになりそうですね。

また、シーズン中の巨人の怪我人の有無によっては、さらに辛く厳しい戦いになるでしょう。

また、2015シーズンから抱えている巨人の課題も、その場しのぎの補強はしたものの、未だ根本的な解決には至っていない状況。

この課題の克服も、高橋新監督の急務と言えるでしょう。

 

2016シーズンの巨人の戦力が抱える課題とは?

ばつをする男性

2015シーズンの巨人は、極度の打撃不振が尾を引いて、2位という成績に終わりました。

2年連続で打率3割打者がいなかったのは、球団史上初の不名誉な記録らしく、いかに、ここ2年の巨人が弱いかを物語っています。

2015シーズンに規定打席に達したのは、坂本勇人選手と長野久義選手の2人だけで、さらにいえば、坂本勇人選手の打率は.269、長野久義選手に至っては.251で、あまりにも低い数字です。

ここまで悪い状況の中で2位だったのは、セ・リーグそのものが弱体化し、0強6弱時代に突入したからなのですが、だからと言って、安心してはいられませんよね。

巨人の将来への不安材料が浮き彫りになった、とも言えるからです。

主力選手を脅かす控え選手が育っていなかったため、主力選手の不調や離脱によるチーム戦力低下を食い止め切ることができませんでした。

中継ぎでは、絶対的なセットアッパーでありながら、長年酷使し続けられてきた山口鉄也投手、マシソン投手に限界が見え始めましたし、先ほども述べたように、村田修一選手や阿部慎之助選手は年齢的、身体的にも限界が近くなっています。

主力選手の世代交代が求められている状態にありながらも、移籍によって巨人にやってきた立岡宗一郎選手以外は、まったく成長の兆しが見えない状態…

毎年のように、

「今年こそはやれる!」

と期待されていた大田泰示選手は、相変わらずブレイクできていません。

そんな大田泰示選手に代わって大砲と期待されている岡本和真選手は、まだ高卒2年目ということもあり、大成するまでもう1、2年は時間を要するでしょう。

中継ぎも、戸根千明投手という期待の若手こそ現れましたが、その他は、1年の失格処分となった高木京介投手より、優れた人材がいないのでは?と言われるほど、巨人の2016年の戦力には不安が残ります。

また、ここ数年の課題となっているセカンドや外野も、皆似たり寄ったりで、レギュラー争いから飛び抜けるという選手がいないため、クルーズ選手を獲得するという、助っ人頼みになってしまう始末…

2016シーズンに限らず、しばらくは、巨人の低迷期が続きそうだと、巨人ファンの方は、あるていど覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

2016シーズンの巨人のキーマンは誰?

では、2016シーズンの巨人を占う上で、この人の活躍次第で、チームが大きく左右される!

という選手について、何人かピックアップしてみたいと思います。

まずは、長野久義選手ですね。

長野

2015シーズンは、怪我明けにもかかわらず、無理して開幕戦に間に合わせようとしたため、不調に終わってしまいましたが、2016シーズンは、コンディションもばっちり。

オープン戦から好調ですし、おそらくは、2014シーズンまで安定した成績を残してくれると思います。

逆に、長野久義選手が不調に陥ってしまうと、もう巨人の打線はどうすることもできず、戦力的には、お手上げ状態になってしまうでしょう。

おそらくは、3番で起用されると思いますので、クリーンアップの役割を果たせるかということに、期待がかかります。

同じく、オープン戦から好調を維持している立岡宗一郎選手が、巨人の1番になると思いますし、出塁した立岡宗一郎選手をホームに帰せるかという重要な役割を担うのは、長野久義選手でしょう。

4番候補のギャレット・ジョーンズ選手は、助っ人外国人ということもあり、未知数なので、あまり多くの期待はできません。

そういう意味でも、2016シーズンは、長野久義選手が、2014シーズンまでの安定した成績を残さなければ、巨人は得点力不足から抜け出せないのではないか?と思っています。

もう1人、鍵となりそうなのは、澤村拓一投手です。

澤村拓一

山口鉄也投手、マシソン投手の不安定さが目立つようになってきた以上、抑えの澤村拓一投手の存在は、ますます重要になってくるでしょう。

ネット上では、四球などを出して、ピンチとなると、『マッスルミュージカル開演』とネタにされている澤村拓一投手。

しかし、打線が相変わらず貧打、そして中継ぎの不安定さを考えると、2016シーズンは、8回2アウトから澤村拓一投手が登板、というような機会が増えることも予想されます。

2015シーズン以上の結果を残さなければならないでしょうし、澤村拓一投手が安定さを欠いてしまうと、もはや守りにおいて、巨人は全くの無防備になってしまうとも言えます。

澤村拓一投手が、絶対的守護神として君臨できるまでに成長できるかは、2016シーズンの巨人の勝ち星に、間違いなく影響するはずです。


 

以上が、2016シーズンの巨人の戦力の中で、鍵を握る選手です。

期待と不安が入り混じる新戦力より、ベストコンディションで2016シーズンに臨める選手で、とくに調子を落としてはならないという巨人の選手をピックアップしました。

このほかにも、打順がどこになるかわかりませんが、坂本勇人選手や、阿部慎之助選手の代わりとなり、将来の正捕手候補の小林誠司選手も、巨人の鍵を握る選手になりそうですね。

 

まとめ

2015シーズン、急激に弱体化してしまった巨人。

シーズンオフも、一連の不祥事が尾を引き、選手としては、モチベーションがかなり下がっていることが予想されます。

さらには、阿部慎之助選手、マイコラス投手といった主力選手が開幕2軍スタート…

間違いなく、2016シーズンの巨人は、苦戦を強いられることになるでしょう。

場合によっては、巨人のBクラス陥落もありえるので、2016シーズンのセ・リーグはまさに大混戦が予想されます。

果たして、2016シーズンのセ・リーグは、どこが優勝するのか?

1試合1試合が目の離せないシーズンになりそうで、それもまた面白いかもしれませんね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球