星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

プロ野球!2017年のペナントレースや交流戦の日程をチェック!

更新日:

2017年も、日本のプロ野球の開幕時期が近づいてきましたね。

2016年は、

  • 久しぶりの広島のセ・リーグ制覇
  • 日本ハムの奇跡の大逆転優勝

など、ドラマティックなことが多かったように思います。

さて、2017年のプロ野球のペナントレースなどは、どんな日程となっているのでしょうか?

ペナントレース内にある交流戦やオールスターゲーム、さらに、ポストシーズンの日程も気になります。

また、2016年から変更となった部分などはあるのでしょうか?

当記事では、2017年のプロ野球のペナントレースなどの日程を調べてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プロ野球の2017年シーズンの日程をチェック!

黒板を指差す男性

それでは早速、2017年シーズンのプロ野球の日程を確認していきましょう。

ペナントレース、そしてポストシーズンの日程です。

プロ野球2017 開幕戦

  • 2017年3月31日(金)

2017年シーズンのプロ野球のペナントレースは、3月31日に

セ・パ同時開幕

となります。

3月最終日に開幕というのは、単に金曜日が31日ということもありますが、

開幕前に第4回WBCが開催される

ということもあるからでしょうね。

開幕戦ですが、WBCに出場する選手、とくに先発投手は調整が間に合わないことが多いため、

開幕投手をエースが務めない

というチームも出てくることかと思います。

現場を指揮する監督としては、先発ローテーションがいきなり狂ってしまうため、WBCの行われる年のペナントレースの采配は、難しそうですね。

また、WBCに出場する選手は早めに始動することから、その年の成績が下降することが多いのも、悩みの種と言えるでしょう。

中には、田中将大投手のように、WBCのあった年に24勝0敗という、もはや怪物としか言いようのない成績を残し、アメリカへ飛び立った選手もいますが…。

プロ野球2017 セ・パ交流戦

  • 2017年5月30日(火) ~ 6月18日(日)

2015年から、交流戦の試合数がこれまでの

24試合から18試合に削減

されたため、交流戦の日程はかなり短いです。

2017年で、交流戦がこの日程になってからもう3年目なので、すでに慣れてしまった方も多いかもしれませんね。

簡単な話、何が変わったのかというと、

2年かけてようやく、全チームがホーム・ビジター両方の球場で試合を行う

ことになります。

プロ野球2017 フレッシュオールスターゲーム

  • 2017年7月13日(木) 静岡草薙球場
  • 2017年7月14日(金) 予備日

プロ野球2017 オールスターゲーム

  • 第1戦:2017年7月14日(金) ナゴヤドーム
  • 第2戦:2017年7月15日(土) ZOZOマリンスタジアム
  • 2017年7月16日(日) 予備日

2017年のオールスターゲームは、ナゴヤドームと、名前が2017年から変更となったZOZOマリンスタジアムで開催されます。

久しぶりに筆者の住んでいる地域で行われるオールスターゲームなので、チケットを取ることができたら、ぜひ見に行きたいです。

ペナントレース中のお祭り行事として、選手、ファン皆が応援チーム関係なく楽しめるイベントですよ。

プロ野球2017 クライマックスシリーズ

ファーストステージ:2017年10月14日(土) ~ 

ファイナルステージ:2017年10月18日(水) ~ 

プロ野球のクライマックスシリーズの具体的な日程が、開始日のみとしたのは、

勝敗などで終わる日が異なるから

という背景があります。

たとえば、ファーストステージを勝ち進んだチームが、2勝0敗の場合と、2勝1敗の場合があるわけですね。

一応、ファーストステージは、2017年10月14日~10月16日までとなるのですが、

  • ストレート勝ちならば16日がなくなる
  • 雨天中止などで予備日の17日も開催される

など、不確定要素がいくつかあるのです。

そのため、このような表示になっているわけですね。

ちなみに、プロ野球のクライマックスシリーズファイナルステージでは、予備日が2日間用意されています。

プロ野球2017 日本シリーズ

  • 第1戦:2017年10月28日(土)  パ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 第2戦:2017年10月29日(日) パ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 第3戦:2017年10月31日(火)セ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 第4戦:2017年11月1日(水)  セ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 第5戦:2017年11月2日(木)  セ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 第6戦:2017年11月4日(土) パ・リーグ出場チーム本拠地球場
  • 第7戦:2017年11月5日(日) パ・リーグ出場チーム本拠地球場

2016年の日本シリーズは、セ・リーグの本拠地4戦、パ・リーグの本拠地3戦でした。

しかし、2017年の日本シリーズは、パ・リーグの本拠地4戦、セ・リーグの本拠地3戦になっているみたいですね。

まぁ、日本シリーズの開催地の決め方は、

毎年、3戦と4戦のリーグ本拠地が交代

という、1年で変わることになっているので、当然と言えば当然ですね。

果たして、2017年の日本シリーズを戦うチームは、どことどこになるのでしょう?

アジア プロ野球チャンピオンシップ2017

  • 2017年11月16日(木) ~ 11月19日(日) 東京ドーム

2017年は、開催中止となって以降、あまり動きのないアジアシリーズのような大会が開催されることとなりました。

それが、『アジア プロ野球チャンピオンシップ』です。

今のところ、日本・台湾・韓国の3か国が参加する大会のようですね。

4年に1度行う大会みたいで、第2回大会の開催は2021年となります。

また、参加資格も定められていて…

  • 24歳以下、または入団3年以内の選手
  • オーバーエイジ枠は3人まで

となっているそうです。

ずいぶんと地味な大会ですね…。

一部の報道では、いずれはこの大会を、

アジア各国が参加する大規模大会にしたい

という思惑があるとのこと。

とは言っても、アジアでは、まだ野球が全く普及していないので、他のアジアの国でもプロ野球が誕生しない限りは、出場国は増えないでしょうね…。

 

まとめ

2017年のプロ野球の日程として大きく変わった部分としては、

  • ペナントレース開幕前に第4回WBCが開催されること
  • 日本シリーズ終了後に、『アジア プロ野球チャンピオンシップ』が開催されること

この2つでしょうか。

とくに、WBCの開催は、ペナントレースに大きな影響を及ぼします。

…正直なところ、WBCに真剣になっている国なんて、日本と韓国くらいなのですから、いっそのこと廃止でもいいと思うのです。

実際、利益が見込めないと、第4回WBCをもって、WBCは廃止という噂も出ているみたいですしね。

全ての出場国が本気の大会というのであれば、ぜひ見たいところですが…。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-プロ野球

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.