星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

確定申告

ふるさと納税の控除はいつから?2016-17年の制度変更点を紹介!

更新日:


ここ数年『ふるさと納税』という言葉をよく耳にしませんか?

テレビや雑誌でも取り上げられている『ふるさと納税』。

『何か地方に納税と言う形で寄附をして、見返りにその地の特産品などをもらえる。』

おそらくは、この程度の知識で、

「あまり詳しくは知らない」

という人も多いですよね。

ネットにも色々と『ふるさと納税』についての情報は溢れていますが、難しく書いてあるものも少なくありません。

冒頭ではありますが、ここで簡単に説明すると、まず『与党税制改正大網』というものがあります。

それは翌年度の税制改正法案を決定する前に、与党や政府が発表する税制改正の基になるものです。

この『与党税制改正大網』により、毎年、税制の方針が決まるので、『ふるさと納税』も、必然的にこの影響を受けます。

そのため、『ふるさと納税』と、ただ一言で表しても、その年によって、なにか変更点があり、ことなる『ふるさと納税』である可能性があるのです。

そこで当記事では、『ふるさと納税』が、2016年と2017年ではどうなったのかについて、お話していきましょう。

スポンサーリンク

お得な『ふるさと納税』とは?

まず、『ふるさと納税』のことを全く知らない人の為に、簡単に『ふるさと納税』について説明しましょう。

『ふるさと納税』とは、

住民登録のある地域以外に、『ふるさと』(自分が貢献したい!と思う市区町村)への"寄附金"

を税金として納めます。

この

『"寄附金"を税金として納める』

ことが一番重要なポイントです。

これは、個人が2,000円を超える寄附を行ったときに、

住民税(住民税の5,000円を超える部分)と所得税(所得税の2,000円を超える部分)から一定の控除を受けられる制度


次のページへ >

-確定申告

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.