明石家さんまと元妻・大竹しのぶの離婚原因は性格の相性が最悪

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
明石家さんま


タレントとしてや歌手・女優としてもたまに活躍されているIMALUさんのご両親といえば、明石家さんまさんと大竹しのぶさんですよね。

二人はドラマでの共演をきっかけに1988年に結婚されますが、4年後には離婚

その時の会見の席で、さんまさんの額に付けたバツ印が、後のバツイチという言葉として浸透したきっかけになったことは、有名な話ですよね。

それにしても、幸せそうだったさんまさんとしのぶさんが何故離婚したのか気になります。

そこで、本記事にて、明石家さんまさんの元妻・大竹しのぶさんとの離婚の背景や性格の違いをを探ってみたいと思います。

[adsense]

明石家さんまと大竹しのぶの結婚と離婚

 

お笑い界の重鎮であり、とにかく話術一本で笑いの渦を巻き起こすサービス精神旺盛なタレント・明石家さんまさん。

一方、独特のスローテンポな間を持つ個性的な演技力が魅力の女優・大竹しのぶさん。

冒頭でもお話しした通り、二人が1988年に結婚し、その後IMALUさんが生まれたことは、誰もが知るほど有名な話ですよね。

二人は、ドラマ「男女七人夏物語」、『男女七人秋物語」での共演をきっかけに熱愛・結婚に至った…

誰もがそのように感じていらっしゃるかもしれませんが、実はそうではなかったようです。

そもそも、さんまさんは、しのぶさんの前夫である服部晴治さんと、家族ぐるみの付き合いをされていたそうです。

それにしても、さんまさんと、しのぶさんの元夫である服部晴治さんが、交流を持っていたなんて…

それも、しのぶさんと出会う前からというのですから、ただただ驚かされるばかりです。

正直なところ、服部さんの職業がTBSのプロデューサーと聞いて、てっきりからくりテレビでの繋がりなのかと勘違いしていたほど…

しかし、実際のところは全く違っていて、服部さんはドラマのディレクターだったらしく、さんまさんとの具体的な繋がりませは見えませんでした。

残念ながら、さんまさんと服部さんがどのようにして出会い、家族ぐるみの交流を持つようになったのかははっきりしておりません。

ただ、さんまさん自身TBSドラマとも縁が深い方なので、何かしらのドラマに出演したことをきっかけに、交流を持つようになったのでしょう。

そして、たまたま、クレジットに服部さんの名前が残っていなかっただけなのかもしれませんね。

さて、そんな服部さんとしのぶさんが結婚し、長男:二千翔さんも生まれた中で出演されていたTBSドラマ「男女七人夏物語」。

しかし、このドラマに出演されていた1986年ごろには、服部さんが胃がんにかかり闘病生活中だったみたい…

そして、1987年に服部さんが亡くなり、寂しさに打ちひしがれていたところ、さんまさんがしのぶさんを支えるようになった…

さらに、しのぶさん自身、当時プレイボーイだったさんまさんをつなぎとめるには、結婚するしか無いと考え、彼に迫っていったそうです。

確かに、さんまさんの熱愛スクープは、はこれまでにも数多く見られています。

・石原真理子さん
・加藤綾子さん

など、しのぶさんとの離婚後も含めてそうそうたる面々です。

[st-card id=12956]

[st-card id=19493]

しかも、しばらくしてさんまさんとの子供を妊娠していたことも発覚。

残念ながらその子供は流産してしまったみたいですが、さんまさんも結婚を決意し、映画「いこかもどろか」での再共演後に結婚。

またその後、IMALUさんも生まれ、ようやく悲しみから明けて幸せが訪れるかに見えました。

しかし、4年後(1992年)に、二人は離婚してしまいます。

後ほど、その理由もお話ししていきますが、人生ってなかなかうまくいかないものだと改めて痛感させられますね。

ただ、救いなのは、離婚後も家族の絆そのものは残っていたということ…

たとえ別れても、二千翔さん・IMALUさんの両親であることに変わりありません。

子供の事情で動くことが多いとは思いますが、今だって、家族として交流はされています。

あくまで、一つの形として離婚されているに過ぎず、夫婦ではないにしろ、さんまさんとしのぶさんの縁が完全に切れたわけではありません。

そのことがわかっただけでも少しホッとした気がしますね。

子どもたちも大人になり、自立していますし、これからはそれぞれの道で幸せを掴んでいかれることと思います。

さんまさんはお笑いタレントとして、しのぶさんは女優として、それぞれの道でファンを笑顔にする活躍を期待しています。

明石家さんま・大竹しのぶの離婚理由は?

大竹しのぶとさんま

ドラマ「男女七人シリーズ(夏物語・秋物語)」での掛け合いが絶妙で、プライベートでも幸せそうに見えていた明石家さんまさんと大竹しのぶさん。

二人の結婚を祝福していたファンも、きっと多かったことと思います。

しかし、先程お話しした通り、1992年に二人は離婚…

さんまさんのバツイチ会見で、離婚したことを忘れてしまうくらい明るく二人の結婚は幕を閉じました。

ただ、あれだけ上手く言っていたように見えていた二人が離婚したという話はなかなか信じがたく、一体何があったのか気になります。

そこで、改めて、二人の離婚理由を探ってみることにしました。

大竹しのぶがルールを破った?!女優魂が離婚に発展

実は、結婚前に二人の間で交わされていたある取り決めを、結果的にしのぶさんが破ってしまったことが、一つの離婚の理由となっているようです。

その取り決めとは、結婚したら、しのぶさんに家庭に入ってもらうということでした。

つまり、女優を引退し専業主婦として家庭を支えることを、さんまさんと約束していたのです。

当時、さんまさんは、結婚に対して、仕事から帰ってきたら、奥さんが温かい料理を用意し出迎えてくれる光景を想い描いていたそうです。

近年は、女性も社会に出て活躍する時代ですし、夫婦共働きしているご夫婦はたくさんいらっしゃいます。

それに、女性が家庭で支えなければいけないというのは、一つの女性蔑視にも繋がりますし、それが全てと筆者も言うつもりは毛頭ありません。

しかし、男としては、結婚する以上、奥さんに家庭に入ってもらって安心して働きに出たいと考えるものです。

夫婦で仕事を抱えすれ違いばかりしていたら、何のために結婚し一緒に生活しているのかわからなくなりますしね。

さんまさんも、しのぶさんと彼女の連れ子である二千翔さんを全力で支える代わりに、安心して過ごせる環境を持ちたかったのでしょう。

その一つが、しのぶさんが家庭に入ることだったのです。

男は単純ですから、愛する妻が家にいてくれているだけで、すごく心が落ち着くものです。

そういった幸せな結婚を、さんまさんは望んでいたのでしょうね。

ところが、結婚後、しばらく家庭に入るものの、しのぶさんの女優魂が消えることはありませんでした。

どうしても女優として活動したいと思うようになり、約束違反であることを承知で、さんまさんに女優を続けさせてほしいと相談します。

さんまさんも、しのぶさんの気持を汲み取り、女優復帰を了承したのです。

さんまさんが折れたことで、この問題は無事解決したかに見えたのですが、今度は、しのぶさん自身が、さんまさんに申し訳ない気持ちを募らせるように…

その姿を見ていく内に、さんまさんがやるせない気持ちを募らせるようになり、二人の間に大きなすれ違いが生まれるようになったのです。

そして、このすれ違いが、二人を離婚に追い込んだ最大の理由となったと言われています。

一部では、今流行りのゲス不倫が理由で離婚したのではないかと言われていたこともありましたが、実は全く別の理由で、二人は離婚していたわけ。

後ほど、お話ししますが、仕事に対する取り組み方や、性格の問題も離婚理由の一つにあったのかもしれません、

ただ、少なくとも芸能人同志の結婚は、一般人の結婚以上に長続きさせていくことが難しいことだけは間違いなく言えそうですね。

夫婦共働きが決して悪いというわけではありませんが、どうしても仕事の都合上、すれ違いは起こりやすくなります。

そして、そのスレ違いが大きくなるに連れて、夫婦として機能しなくなり、離婚という悲しい結末を迎えてしまう…

そんな夫婦も少なくありません。

だからこそ、仕事中心に考えすぎず、夫婦としてのあり方をしっかり話し合いながら、すれ違いが起こらないようにすることが大切である…

そんなことを、さんまさんとしのぶさんの離婚の理由を通じて、考えさせられた気がしますね。

ちなみに、しのぶさんの女優としてのこだわりをきっかけに、二人にすれ違いが生じ離婚されていますが、すぐさま離婚を決意したわけではありません。

当然、子供のこともありますし、当初は上手くやり直せないかと頑張っていたみたいです。

しかし、ある映画が二人に離婚を決意させてしまいました。

その映画とは、「ローズ家の戦争」という、離婚を通じて命のやり取りをする映画だったのです。

よりによって夫婦関係を修復しようとデートした先で見る映画ではありませんよね。

二人も、まさかそんな内容の映画とはつゆ知らずに映画館に入っていったようです。

まさに笑いの神様が降りてきたというべきか、この映画を見て、二人は大爆笑。

そして、何かスッキリしたかのような気分になり、

「離婚しても大丈夫」

と、離婚を決意させたそうです。

確かに子供のこともあるでしょうし、二人だけの問題でもありませんから、簡単に離婚することは不可能に近い話です。

ましてや、さんまさんもしのぶさんも芸能人です。

当然、離婚となると、芸能リポーターや写真週刊誌が二人だけでなく、家族さえも追いかけていくことでしょう。

そうなると、当時、まだ幼かった子どもたちの心をも大きく傷つけてしまうかもしれませんよね。

だからこそ、二人は離婚を踏みとどまれるように悩み抜いたのだと思います。

しかし、その中で二人が見た映画が、まるで

「離婚しなさい」

と、神様からお告げを頂いているかのような映画…

ここまで来たら、腹をくくって離婚するしか無いと思うのも分かる気がします。

結局、二人は離婚してしまいましたが、それでも、子どもたちを含め家族が不幸になることはありません。

それどころか、いままで以上に仲良く過ごされているみたいですよ。

中には、家庭に縛られてしまい、家族そのものが崩壊してしまう家庭もあるかと思います。

そのことを考えれば、決して離婚も悪くない選択の一つだと言えそうですね。

[adsense]

明石家さんま・大竹しのぶの性格の違い

先程もお話ししたように、明石家さんまさん・大竹しのぶさんが離婚した背景には、当然二人の性格の違いも影響しています。

さんまさんは、サービス精神旺盛で、何でも笑いに変えるタイプ。

ただし、それは仕事上の話で、家庭には仕事を一切持ち込まないそうです。

きっと、仕事のことで家庭を巻き込み振り回してしまうことを、あまり良いものと考えていないからこそ、仕事を家庭に持ち込まないのでしょう。

一部では公私共に変わらず、いつでも喋り倒しているという話も聞きますが、決して常に喋っているということではありません。

礼儀に厳しく、相手に恐怖を与えるほど激怒することもありますし、その反面、面倒見が良く、後輩芸人やスタッフに対してもフランクに接することも…

気を配ることも出来て優しい一面を持っているからこそ、周囲の人たちは彼を慕っているのでしょう。

一方、大竹しのぶさんの性格は、自分中心というべきかマイペースな性格で、ペースを崩されることを嫌うタイプの女優さんです。

あくまでマイペースで生きているために、家庭に入ると約束しながらも、女優としての活動を捨てきれず、女優復帰してしまう一面も…

さらには、仕事を持ち込まないさんまさんとは異なり、家庭にも仕事を持ち込んでしまうところは、まさにマイペースなしのぶさんらしさが伺えます。

また話し方もおっとりしているので、いろんな意味で、さんまさんとしのぶさんの気質は真逆にあるように思われます。

なので、マイペースなしのぶさんにしてみれば、さんまさんの言動にペースを崩されることに不満を感じていたところもあるかもしれませんね。

ちなみに、女優に対してのこだわりも強く、仕事をしている時のスイッチのオンオフがはっきりしているそうです。

そして、仕事モードになっている時に、ペースを崩されることを嫌うしのぶさんは、

「女優であることも含めて、自分のことを受け入れてくれる男性でないと再婚できない」。

と、さんまさんとの離婚後に語られています。

最悪芝居の稽古に付き合わされてしまうこともあるでしょうし、マイペースなだけに、間違いなくいろんな意味で男性は振り回されてしまう…

その覚悟がないと、彼女との生活は無理ということなのでしょう。

このように、性格の違いも、離婚を決めた一つの理由となってしまったように思われます。

なので、離婚は悲しい結末ともいえますが、お互いの生活ペースを崩すことなく幸せになれるなら、結果オーライだと思いますよ。

まとめ

タレント・IMALUさんの両親でもある明石家さんまさんと大竹しのぶさんが、結婚4年で離婚…

その理由は、仕事を家庭に持ち込みたくないさんまさんと、マイペースに仕事を家庭に持ち込むしのぶさんの考え方の違いにあるようです。

また、性格の違いも合わさり、お互いの幸せを考え最終的に離婚を決めたようです。

たしかに、

「結婚を機に家庭に入ってほしい」

と願っていたさんまさんの想いと相反する結果となったわけですし、元々この結婚はうまくいかなかったのではないかと思います。

ただ、離婚はしてしまいましたが、子どもたちも含め、結果的に家庭が幸せになっているのですから、これも有りだと思いますよ。

[st-card id=27368]

[st-card id=27324]

[st-card id=13828]

ページトップへ