星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

お義父さんと呼ばせてのドラマ打ち切りの原因は視聴率と渡部篤郎?

投稿日

父親と同い年の恋人を娘が連れてくるという、ありえないようなホームコメディとして、フジテレビ系列で22時に放送されていたドラマ『お義父さんと呼ばせて』。

はじめの期待とは裏腹に、『お義父さんと呼ばせて』第1話以降、全く伸びない視聴率。

結果、平均視聴率が6.9%と、2016年春ドラマではワーストの数値…

そしてついに、『お義父さんと呼ばせて』は、第9話をもって打ち切りという結果になってしまいました。

しかし、『お義父さんと呼ばせて』打ち切りについて調べてみると、なにやら、視聴率以外にも打ち切りとなった原因があるらしいとのこと。

はたして『お義父さんと呼ばせて』が打ち切りになってしまった理由とは一体何なのか?

当記事で、打ち切りとなってしまったドラマ『お義父さんと呼ばせて』の打ち切り理由を、紐解いていこうと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

『お義父さんと呼ばせて』が低視聴率で第9話打ち切り?

お義父さんと呼ばないで

『お義父さんと呼ばせて』は、関西テレビが制作し、フジテレビ系列で2016年1月から放送を開始した冬ドラマです。

51歳で同い年の男性2人が、かたや娘の父親、かたや娘の恋人として出会うという、なんとも奇抜な設定のホームコメディで、遠藤憲一さんと渡部篤郎さんのダブル主演として、放送前は積極的な宣伝がされていたことを、筆者も覚えています。

また、『お義父さんと呼ばせて』には、原作が存在しないオリジナルドラマということからも、放送前の期待度は、それなりに高かったようです。

しかし、蓋を開けてみれば、『お義父さんと呼ばせて』第1話こそ視聴率が、9.6%だったものの、その後は4~6%台の低視聴率を連発…

結果的に、平均視聴率が6.9%という低迷ぶりで、『お義父さんと呼ばせて』は、1話短縮の第9話で最終回となり、事実上の打ち切りとなってしまったのです。

『お義父さんと呼ばせて』と同じく、2016年3月15日で最終回を迎えたTBS系列のドラマ『ダメな私に恋してください』は、平均視聴率が9.46%だったことから、二つのドラマで視聴率の差が、かなりはっきりしてしまっています。

『ダメな私に恋してください』は、原作ありのドラマなため、その期待値から視聴率が高めなのも頷けますが、やはり出演者キャストの違いにも影響があったのでしょう。

『ダメな私に恋してください』は、主人公役に深キョンこと深田恭子さんを起用、主人公のお相手役には、今旬のDEAN FUJIOKAさんを起用するなど、話題性も十分です。

しかし、一方の『お義父さんと呼ばせて』は、遠藤憲一さんと渡部篤郎さんのダブル主演という、ダブル主演と言うには、それほどの話題性もなく、実力派なのでしょうが、視聴者を集めるにはイマイチな面子…

また、設定があまりにも奇抜で、現実離れしすぎていることから、ある種の上級者向けのドラマとなってしまっていたのかもしれません。

このように、低視聴率で打ち切りとなってしまった『お義父さんと呼ばせて』なのですが、実は、打ち切りになった原因に、渡部篤郎さんが関わっているとの情報がありました。

渡部篤郎さんが、『お義父さんと呼ばせて』の打ち切りに関わっているとは、どういうことなのか…

さっそく、その真相についても調べてみました。

 

『お義父さんと呼ばせて』打ち切りの原因は渡部篤郎?

お義父さんと呼ばないで3

『お義父さんと呼ばせて』が第9話で打ち切りとなってしまった原因には、ダブル主演の1人・渡部篤郎さんが関わっているそうです。

どうやら、渡部篤郎さんは、『お義父さんと呼ばせて』の脚本や演出に、たびたび口を出していたそうなのです。

監督を差し置いて、演出を変更するということも何度かあったらしく、渡部篤郎さんの裁量で何度もテイクを重ね、監督も困ってしまったとか…

遠藤憲一さんや、演出家たちも内心は、思うところがあったそうですが、渡部篤郎さんのほうが年上ということもあって、何も言うことができなかったようです。

実際に、クランクアップ後の遠藤憲一さんのコメントに

「渡部さんのアドリブに、あまりに突然でびっくりしてしまったシーンがありました。自分はまだまだ素人だな、と…。僕自身も驚いてしまうようなアドリブが色んなところに散りばめられているので、ぜひ楽しんで観てください」

というコメントがあったので、おそらく渡部篤郎さんが現場で上の立ち位置にあったのは、間違いないと見てもいいでしょう。

『お義父さんと呼ばせて』の視聴率の低迷に加え、渡部篤郎さんが演出や脚本に口出しをしていくということがあったため、現場の雰囲気は次第に悪くなっていったという噂です。

よく脚本に口出しをする俳優・女優がいますが、実際のところ彼らはストーリー構成においてはプロではありません。

企画段階から携わっているならまだしも、撮影の途中から構成に口出しをしたところで、全体的にいいものになるとは思えませんし、茶々を入れるような行為です。

そういったキャストは、自身の発言が、ドラマの質を悪くしていることに、気がつかないのかもしれませんね。

ちなみに、渡部篤郎さんといえば、1998年のドラマ『ラブ・アゲイン』でも主演を務めましたが、低視聴率が原因で2話短縮の打ち切りを経験していますよね。

そういった実績もあることから渡部篤郎さんは、あまり主演向きの俳優ではないのでは…?

と、思えてしまいますね。

 

『お義父さんと呼ばせて』は出演者キャスト選びも難航していた?

頭を抱える男性

実は、『お義父さんと呼ばせて』は、企画当初から、キャスト選びで難航していたという話もあるそうです。

ヒロインも、元々は別の女優を考えていたそうですが、そのオファーを断れてしまったそうで、結局、蓮佛美沙子さんに落ち着いたのだとか。

また、遠藤憲一さんと渡部篤郎さんのダブル主演というのも後付けらしく、このあたりの背景からも、ドラマ制作に軸がなく、難航していたことが伺えます。

あれがだめ、これがだめ、じゃあこうしようという、その場しのぎで後手後手に回ってしまったことも、結果的に、制作スタッフのモチベーションに影響してしまったのかもしれませんね。

これが、今のフジテレビやフジテレビ系列のテレビ局が抱えている問題点なのかもしれません。

既に、フジテレビは水曜22時のドラマ枠から撤退すること表明しています。

しかし、2016年4月からは、歴史的低視聴率である3.9%を記録した『家族のうた』や、全話の視聴率が1桁を記録したという『パーフェクトリポート』を放送していた日曜21時のドラマ枠を復活させようとしています。

今に始まったことではありませんが、まさに迷走を続けているフジテレビ。

バラエティも、ドラマ、何から何まであらゆる番組構成で迷走しては、低視聴率を連発するという負のスパイラルに陥り続けているわけですが…

今後、フジテレビの復権はあるのでしょうか?

あまり期待はしていませんが、これから先のフジテレビの努力に、注目したいところです。

 

まとめ

フジテレビ系列で2016年冬ドラマとして放送された『お義父さんと呼ばせて』は、視聴率低迷によって、第9話で打ち切りとなってしまいました。

しかし、視聴率低迷の原因を作ってしまったのが、キャスティングで後手後手に回ってしまった制作スタッフ、そして、脚本や演出に口出しをしてしまった渡部篤郎さんにあるのでは?と噂されています。

つまるところ、『お義父さんと呼ばせて』は、重要なキャスティングが思うようにいかなかった時点で、打ち切りの未来が決まってしまっていたとも言えるのかもしれませんね。

原作のないオリジナルドラマということで、ある程度の期待はされていたはずなのですが、キャスティング段階でゴタゴタしてしまい、残念な結果に終わってしまったのです。

これを教訓に、今後フジテレビやフジテレビ系列のテレビ局が、ドラマのキャスティングに全力を注げるのでしょうか。

『同じ失敗を繰り返さない』

これができれば、フジテレビのドラマ枠復権に繋がると思いますが、はたしてフジテレビがドラマ枠で栄光を取り戻すことができるのか?

まだしばらくは注目していきたいところですね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ