星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

お義父さんと呼ばせてのドラマ打ち切りの原因は視聴率とキャスト?

更新日:


父親と同い年の恋人を娘が連れてくる

という、ありえないようなシチュエーションのホームコメディとして、フジテレビ系列で22時に放送されていたドラマ『お義父さんと呼ばせて』。

当初の期待とは裏腹に、『お義父さんと呼ばせて』第1話以降、全く伸びない視聴率。

結果、平均視聴率が6.9%と、2016年春ドラマではワーストの数値…。

そしてついに、第9話をもってドラマ打ち切りという結果になってしまいました。

しかし、打ち切りの理由を探っていくと、視聴率以外にも原因があったという話が伺えます。

そこで、打ち切りとなってしまったドラマ『お義父さんと呼ばせて』の打ち切り理由を、紐解いていこうと思います!

スポンサーリンク

『お義父さんと呼ばせて』が低視聴率で第9話打ち切り?

お義父さんと呼ばないで

『お義父さんと呼ばせて』は、関西テレビが制作し、フジテレビ系列で2016年1月から放送を開始した冬ドラマ。

51歳で同い年の男性二人が、かたや娘の父親、かたや娘の恋人として出会う、なんとも奇抜な設定のホームコメディです。

遠藤憲一さんと渡部篤郎さんのダブル主演として、放送前は積極的な宣伝がされていました。

しかし、蓋を開けてみれば、『お義父さんと呼ばせて』第1話こそ視聴率が、9.6%だったものの、その後は4~6%台の低視聴率を連発…。

結果的に、平均視聴率が

6.9%

という低迷ぶりで、『お義父さんと呼ばせて』は、

1話短縮の第9話で最終回となり、事実上の打ち切り

となってしまったのです。

『お義父さんと呼ばせて』と同じく、2016年3月15日で最終回を迎えたTBS系列のドラマ『ダメな私に恋してください』は、

平均視聴率が9.46%

だったことから、二つのドラマで視聴率の差が、かなりはっきりしてしまっています。


次のページへ >

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.