星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

イベント

入学祝い小学校/中学校編!年代別の贈る金額相場はいくら?

投稿日

今年も早いものでもう3月中旬を迎え、あと数週間で、子どもたちの一部、小学校や中学校など、入学シーズンを迎えますよね。

とくに甥っ子や姪っ子がいらっしゃる叔父さん・伯母さんさちは、何かと入学祝いをどうしようかと悩んでしまうことと思います。

入学祝いだからといって、あまりに多額を包むと、後々お返しなどで相手のご両親に気を遣わせてしまうかもしれませんし、逆に少なすぎると失礼と受け取られるかもしれません。

そこで、本記事では、小学校/中学校の入学祝いの相場となる金額を調査し、まとめていきます。

是非、入学祝いに贈る金額の一つのご参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

アドセンス

入学シーズンに見られる入学祝い

入学祝い

入学祝い

つい先日、大晦日の話をしていたかと思えば、早いものでもう3月…

独身の身で、年の離れた弟・妹や、とくに甥っ子・姪っ子と関わりのない筆者には、関係のない話かもしれませんが、世間は、子どもたちを抱えた親御さん達が、小学校・中学校入学に備えて、いろいろ準備されているようですね。

また、進学される子どもたちも、小学校・中学校という新しい社会に加わることへの期待感を持つ一方、

『新しい環境に慣れるだろうか?』

といったような不安感を抱くなんてケースも多いことでしょう。

さて、世間では、我が子や弟・妹はもちろんのこと、甥っ子・姪っ子など、この春に小学校、あるいは、中学校入学を迎える子どもたちがいらっしゃるご家族・親戚縁者の親御さんたちは、入学祝いをどうすべきかいろいろ悩まれていらっしゃるみたいですね。

これが、祖父母が小学校入学する孫に入学祝いを贈るということなら、ランドセルをお祝いに贈ることになるのかもしれませんね。

さすがに既にランドセルを受け取った家庭となると、それと同じものを贈るのは気まずいだけですし、だからと言って何を贈れば良いのか非常に悩ましいものでしょう。

入学祝いの相手が中学生の場合は、ボールペンやノートなどの文具類を入学祝いとして贈るくらいで良いのか、それとも、もっと高価なもの(スマホ・デジカメなど)を贈るべきなのか、いろいろ頭を悩ませることでしょう。

そういった背景もあり、近年は、入学祝いに『贈り物』ということではなく、入学祝いに『お金を包む』という方が増えていらっしゃるようです。

親戚縁者の方たちは、失礼のないように本人では無く、相手側の親御さんたちに、そっと入学祝いを包み渡すという形を取られているのかもしれませんね。

それにしても、何かと頭を悩ませるのは、入学祝いとして、一体いくら包めばいいかという話だと思います。

あまりに少なすぎると、入学祝いを貰う本人たちががっかりするでしょうし、あまりに大金過ぎても教育的にあまり良くありません。

また、親御さんに、親戚の人たちがそっと渡す際にも、少なすぎても多すぎても何かと気を遣わすこととなり、親戚の関係性までもがギクシャクさせてしまいかねません。

だったら、

『入学祝いなんてしなければいいのに…』

と考えてしまう人も少なく無いと思うのですが、今の時代に入学祝いを一切なしというのは、何処か寂しさを覚えます。

というのも、入学祝いとしてのランドセルもその一つですが、世間では入学祝いと称して、あらゆる企業が販売商戦の一環として、この時期に多大な宣伝広告を展開しています。

もちろんピンポイントで、入学予定のお子さんに向けたと言うよりは、その家族をターゲットにされているところがあります。

中には、デジカメ・ビデオカメラなどの商品までも、この入学シーズンに販売しようという動きが見られます。

これは、少し古い話となりますが、入学・卒業シーズンに合わせたテレビCMとして、SONY『Cyber shot Tシリーズ』がかつて流れた事がありました。

その映像がこちら。

このテレビCMは、学校(おそらく高校だと思いますが…)を卒業し、成長していく娘が、やがて結婚していく姿を、一つの思い出として残し、父親にメッセージを贈る形で、ビデオカメラを推奨するCMとなっています。

あくまで卒業シーズンですし、対象は親御さんなので、細かく言えば入学祝いとは異なりますが、このようなタイプのテレビCMは度々見かけます。

他にも入学シーズンといえば、学生割引を宣伝文句に、スマホ・ケータイの販売商戦が激化されていますよね。

CM

これらはほんの一部の例でしかありませんが、これだけの盛り上がりが、入学シーズンに大きく見られるようになった現代社会で、入学祝い無しというのは、あまりにも寂しすぎますよね。

入学祝い無しとなってしまえば、入学を控えた、子供たちや、弟・妹達は、

『自分たちは親や兄・姉から愛されていないんだ』

と肩を落としてしまうかもしれません。

また一方で、親戚筋との関係も、入学祝い一つもらえないことで、ギクシャクさせてしまう何てこともあると思います。

折角の入学祝いで、そのような寂しいことは、出来る限り避けたい話です。

そういう観点から、どうしても入学祝いは必要とされ、一方で、親戚たちの頭を悩ませているというのが、現状なのだと思いますよ。

 

入学祝いに贈る金額はいくらが相場?

祝い金

祝い金

入学祝いは、3月初旬から中旬に掛けて贈るのがベストと言われ、その時期を大きく外すと、面倒臭がってしていると見られてしまうなんて話もあるそうです。

それだけに、この時期に、

『いくら入学祝いを包めばいいの?』

と、入学祝いの相場を気にされている方が続出しているような気がしています。

では一体、小学校・中学校入学者たちに、それぞれいくら入学祝いを包めば良いのでしょうか?

実際に、筆者もいろいろ調べてみたのですが、実は、入学祝いを贈る方の立場や、年齢によっても、多少異なるところがあるので、一概に入学祝いにこの金額と言い切るのは難しいようです。

そこで、参考になるように幾つかのケースに分けて、入学祝いの金額相場をご紹介していきますね。

入学祝いとして贈る側が30代の場合

入学祝いを贈るあなたが、ある程度収入が落ち着いている30代の中堅サラリーマンの場合、贈る相手によっても、その金額は変わります。

この場合の入学祝いの金額は、大体3千円~1万円が相場となっています。

具体的には以下のとおりとなっています。

相手が我が子、または弟・妹の場合

小学校入学者:5千円~1万円
中学校入学者:1万円~2万円

相手が甥っ子・姪っ子の場合

小学校入学者:3千円~5千円
中学校入学者:5千円~1万円

相手が知人・友人の子供である場合

小学校入学者:3千円~5千円
中学校入学者:3千円~1万円

以上が、30代男性が贈る入学祝いの相場金額です。

30代ともなれば、仕事にも慣れ、中軸的存在となっているものの、まだ部長クラスの役職にはついてはいないケースも多いでしょう。

ただ、この不景気な時代です。

とくに結婚されている方などは、何かと物入りな中、家計の負担が苦しいという方もいらっしゃるかと思います。

そのため、入学祝いなどは、若干抑え気味となっている部分もあるようです。

もちろん大金を包んであげようとされる方がいるのも事実ですが、あくまで小学校・中学校入学者への入学祝いですから、あまり教育的にふさわしくない高額を贈るのは、止めたほうが無難だと思いますよ。

入学祝いとして贈る側が40代の場合

入学祝いを贈るあなたが、40代のベテラン社員で、それなりに高額収入を得られている方である場合は、入学祝いとしても多少金額が増えているように見受けられます。

では、30代と同様に、3つのケースで、入学祝いの相場金額を見ていきましょう。

相手が我が子、または弟・妹の場合

小学校入学者:5千円~1万円
中学校入学者:1万円~2万円

相手が甥っ子・姪っ子の場合

小学校入学者:5千円~1万円
中学校入学者:5千円~2万円

相手が知人・友人の子供である場合

小学校入学者:5千円~1万円
中学校入学者:5千円~1万円

以上が、40代が入学祝いに贈る金額の主な相場です。

30代と比較して、小学校入学者に対しても、最低5千円からと、相場金額が若干上がっている印象は伺えます。

ただし、あくまでこれは入学祝いであり、あまりにも高額を包んでしまうと、教育的によくないことはもちろんです。

しかも相手の家族に気を遣わせてしまうだけなので、くれぐれも、入学祝いは2万円までと考えるのが、相場的には分相応だと思われます。

とにかく大事なのは、入学祝いを贈ることによって、相手の親御さんたちを困らせないことにあるでしょう。

困った女性

この記事では、一般的な入学祝いの相場金額としてケースバイケースでご紹介しています。

しかし、40歳だからといって、必ず会社の部長職に就いていらっしゃる方ばかりとは限りませんし、この金額を絶対に入学祝いとして贈らなければならないというわけではありません。

そもそも、筆者のように会社に属さずに、自営されている方は、40代だからといって、多額の収入を得ていないケースもあると思います。

ましてや、リストラされて再就職先を探しているという状況下の人ならなおのこと、入学祝いを贈っている場合ではありませんよね。

そんな方から高額の入学祝いをもらったとしても、相手の親御さん達は余計な気を遣うだけですし、入学祝いのお返しも何かと困ってしまうことになりかねません。

あくまでこの入学祝いの相場の金額は、無理のない範囲でという前提条件を踏まえた上での金額なので、そのことは、くれぐれも勘違いしないようにしましょう。

そもそも、入学祝いは、お中元やお歳暮とは異なり、義理で必ず贈らなければならないものというわけではありません。

親密な関係のお子さんか、あるいは親族でなければ、とくに入学祝いを贈る必要がないという話も耳にします。

もちろん、誰からも入学祝いを贈ってもらえないというのは、お子さんたちにとってショッキングな話かもしれません。

それだけは避けうように最低限、ご両親であれば入学祝いを贈るべきと言えますが、無理して贈るのはやはり厳禁と見られているのが現状のようですね。

また、先程もお話したように、無理して入学祝いを贈った場合、その後ちょっとしたことで、相手家族との関係性がギクシャクしてしまうかもしれませんし、あくまで気持ちの上でお祝いを兼ねて、入学祝いを贈るのがマナーです。

くれぐれも、無理して入学祝いを贈ることはせず、相場金額を参考にしながらも、収入的に厳しいということなら、3千~5千円(中学生相手の場合で奮発しても1万円まで)で、収入的に余裕のある方は、相場通りに金額を包んであげるようにしましょうね。

 

20代はあまり入学祝いを気にする必要なし?

新人

全てのケースに当てはまるわけではありませんが、20代の若者の場合、極端に言うと、入学祝いを贈らなかったとしても、とくに変な目で見られるなんてことはありません。

先程もお話しましたが、入学祝いという風習は、お歳暮やお中元などとは大きく異なり、義理で贈らないと後味が悪くなるというわけではないそうです。

親密な関係で、収入もそれなりにある方が、ケチって入学祝いを贈ってくれないとなると、それはそれで関係が悪化してしまう可能性もあるでしょう。

しかし、まだ入社したてで、それほど収入がない20代前半の若者なら、そこまで相手の親御さんも求めることはしないでしょう。

あくまで入学祝いは、心から対象となる子どもたちに対してお祝いしてあげる気持ちが重要なのです。

バレンタインデーやホワイトデー、お中元・お歳暮など、世間一般で見られる社交辞令のイベントで贈るものとは、また意味合いが大きく異なります。

そのため、仮に社交辞令として無理して入学祝いを贈ってあげたとしても、先程から何度もお話しているように、相手の家族が全く喜んでくれないケースもあります。

それどころか入学祝いで逆に気を使わせてしまい、関係性も悪化してしまうなんてことも十分考えられます。

それが20代の、まだ会社に入社したての若者ならなおのことです。

いっその事、入学祝いは全くいらないと考えていらっしゃる方も、最近ではいらっしゃるそうです。

入学祝いは、あくまで気持ちの問題であり、贈る相手は子供ですから、

『成長してくれてありがとう』

という気持ちを込めて、お祝いしてあげる姿勢が重要なので、無理にお金を包むことはやめましょう。

余力のある範囲で、『入学祝い』という気持ちを届けるつもりで入学祝いを贈ってあげてください。

それが、相場云々以前に一番重要なことなのだと思いますよ。

 

まとめ

近年、入学祝いは、ボールペンや時計などの贈り物を贈るという形から、金額を包んで贈るという形にシフトチェンジしてきています。

しかも、収入にそれなりの余裕があることを前提に、小学生相手なら、3千円から多くても1万円(30代は5千円)まで、中学生相手なら、5千円から多くても2万円まで(30代は1万円)が、入学祝いの相場金額と言われています。

あくまで相手の親御さんたちに気を遣わせないことが大前提なので、余裕がなく入学祝いが贈れない20代の入社したてのような方は、あまり気にする必要はありません。

入学祝いは、心から祝ってあげることが重要なので、あなたの状況に応じて、入学祝いを贈ってあげてくださいね!

入学祝いの記事はコチラもよく読まれています!

入学祝い高校/大学編!年代別の贈るおすすめ相場金額はいくら?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-イベント