星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

火村英生の推理のドラマ最終回の結末ネタバレ!視聴率や続編は?

更新日

ミステリーファンなら、その名を知らないのはモグリとも言って良いほどの作家:有栖川有栖先生の代表シリーズ『アリスシリーズ』。

その一つとして、2015年冬ドラマで放送された『臨床犯罪学者 火村英生の推理』も遂に最終回を迎え、火村英生とシャングリラ十字軍との決着の模様が映し出されました。

この『火村英生の推理』最終回は、これまでの9話と全く異なり、推理の部分よりドラマの部分が多く、冷静沈着の火村英生の感情も揺れ動き、一人暴走してしまう珍しい姿も観られます。

そんな『火村英生の推理』最終回のストーリーと、結末のネタバレから視聴率、続編の可能性と、気になる要素はたくさんありますので、本記事でその全貌を紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

『火村英生の推理』ドラマ最終回ストーリーネタバレ!

火村英生の推理

火村英生の推理

江戸川乱歩・松本清張・山村美紗などなど、ミステリーの巨匠として言われる推理作家は、世の中にたくさんいらっしゃいます。

その中で、あまり目立った存在ではありませんが、ミステリー作家として、コアなファンに絶大なる人気がある作家・有栖川有栖先生。

そんな有栖先生が手がけたシリーズとして有名なのが『作家アリスシリーズ』で、このシリーズは、学生時代の有栖川有栖が登場する『学生アリスシリーズ』と区別するため、『火村英生シリーズ』と呼称され、数々の物語が描かれてきました。

そして、2015年冬ドラマとして放送されたのが、この火村英生シリーズを原作として手がけたドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』でした。

正直、この原作がドラマになるとは、筆者は夢にも思っておらず、このドラマ放送の一時は、まさに夢のような時間だったように思います。

きっと、有栖先生のコアなファンは、筆者と同じように目を輝かせながら、ドラマ『火村英生の推理』を観ていらっしゃったのではないでしょうか。

もちろん、事件一つ一つを淡々と、冷静に推理して行く姿には、ドラマというよりか機械的なものを感じ、つまらないと感じられたかもしれません。

そこを補うのが、ワトソン的立場で、火村英生と事件に立ち向かう有栖川有栖。

この有栖川有栖は、役柄的に有栖先生をモチーフにしていると思われがちです。

しかし実際にキャラが、被っているように見えているだけで、全くの別人とのこと…

それでも有栖ファンは、どこか有栖先生と重ねてしまい、彼が感情をぶつけていく姿に、何処かドラマを感じることが出来て安心してしまう自分がいる…

それはドラマ『火村英生の推理』最終回でも変わること無く、火村英生の一番の理解者だったのだと、改めて気付かされたような気がしますね。

少し前置きが長くなってしまいましたが、では先日放送された『火村英生の推理』最終回が、どんなストーリーだったのか、早速ご紹介していきます。


 

相棒・有栖川有栖をシャングリラ十字軍の拉致から救出し、彼の目の前で引き起こされた事件も無事に解決と、ホッと安堵についた翌日、2人が外出中にある少女から一通の手紙が渡されます。

その手紙には、

『ターゲットは火村英生に一番近い女』

と記され、火村英生と接点を持つ3人の女性の写真(顔を赤く塗りつぶされた)が添付されていました。

その女性は、

・火村の教え子である貴島朱美
・火村の下宿先の大家である篠宮時絵
・京都府警の刑事・小野希(愛称:小町)

の3人…

この手紙を受け取った有栖と火村英生は、諸星鬼塚が送りつけてきた手紙だと推察します。

さらに火村英生は、すぐそばに諸星たちがいると考え、後を追いかけるが見失ってしまいます。

そんな中、有栖は、京都府警・鍋島刑事に報告し、朱美・時絵・小野刑事の3名の身柄を確保し、安全を守ろうとしました。

そして、ターゲットとされる人物を、無事、京都府警が確保する中、一方で、火村英生は推理を張り巡らしながら、京都府警から離れ、一人で諸星を追いかけます。

有栖を拉致から救出した後、有栖に対して危険な目に合わせてしまったことに、強く責任を感じ、謝罪した時のことを思い出していた火村英生は、二度と周囲の人物を危険な目に合わさないと心に誓うのです。

それも、有栖がシャーロック・ホームズワトソンの関係を例に用いて、危険覚悟で相棒を組んでいるのだと告白し、さらに、

「お前が暴走しないように見張っている」

と言われていたにも関わらず、火村英生は、その静止を振り払い一人動き始めるのです。

急に火村英生が京都府警から姿を消したことに、有栖は不安となり、一方、火村英生は、下宿先に戻り、待ち構えていた諸星と対面。

どうやらメッセージにあった

『ターゲットは火村英生に近い女』

とは、諸星沙奈江を指し示していたようですね。

さて、火村英生の下宿先にて、火村英生は、諸星からデスゲームを持ちかけられます。

それは、3つのワインが入ったグラスの中に、一つだけトリカブトを混入し、それを避けられるかどうかを試すシンプルなゲーム。

具体的な詳しいルールは以下のとおり…

1.3つのグラスから、毒が入っていないグラスを火村英生が選ぶ
2.諸星は残された2つのグラスの内、毒の入っていないグラスを飲み干す
3.残った2つのグラスの内、再度、毒の入っていないと思うグラスを火村英生が選ぶ
(最初に選んだグラスをそのまま選んでも良し、または選びなおして別のグラスを選んでも良い)
4.最終的に残った一つのグラスは諸星が手に取り、乾杯してどちらかが生き残る…

以上が、このゲームのルールで、いずれにしてもどちらかが命を落とすということに変わりないデスゲームなのです。

火村英生は、諸星から持ちかけられたこのデスゲームを受けて立つことになります。

ただし、諸星が一瞬だけ目を離した隙に、3つのグラスを混ぜあわせます。

これは、全てのグラスに命を落とすに至らない程度の薄い毒となるように混ぜたのです。

その結果、服毒して倒れ、救急車で運ばれてしまうものの、諸星を確保することに成功。

ふたりとも命に別状は無く、救出されるのです。

かなりリスキーな選択ですが、最悪、命を落とす可能性もあった中で、火村英生にとって、最善の手だったのでしょう。

ただ、最悪なことに、警察組織にシャングリラ十字軍の内通者が潜り込み、その人物が、諸星の身柄を引き取ると言って、諸星が搬送される救急車に乗り合わせてしまいます。

この内通者とは、警視庁公安部の「井出護」。

井出は、とにかく諸星の身柄確保を再優先に動いていましたが、それもそのはず、シャングリラ十字軍の内通者だったわけですから、人命なんてどうでも良いのです。

シャングリラ十字軍内通者・井出護(役:渡邉紘平)

シャングリラ十字軍内通者・井出護(役:渡邉紘平)

唯一、この井出の行動を不審がっていたのが、鍋島刑事

彼は、検事:難波洋が取り調べを受けていた際に、警察内部に内通者がいることを聞いていたため、井出の行動を不審がり、その救急車に救急救命士に変装して乗りあわせていました。

そして、井出が諸星を逃がそうとするところを、なんとか阻止しようとするわけですが、運悪く、井出の所持していた銃が諸星の手に渡り、銃撃を受けてしまったため、結局、後からつけていた鬼塚たちに救出された形で諸星は逃亡…

その際に用済みとなった井出は、諸星に命を奪われるという、最悪の事態が発生してしまいます。

後に、諸星から天満渓谷で待つとメールが送られてきた火村英生は、

『一人で決着を着けることを許してくれ。真の友よ』

と書き置きを残し、病院から消えてしまうのです。

そして、火村英生は、諸星と同行し天満渓谷の崖の上へ向かった後、最後の決着を着けるのでした。


 

以上が、ラストの部分を除いた『火村英生の推理』最終回のストーリーネタバレとなっています。

この『火村英生の推理』最終回は、事件を淡々と解決する火村英生の姿は一切なく、完全に諸星vs火村英生の対峙が、ストーリーとして描かれています。

おそらく、ミステリーファン以外の人たちが、最もワクワクし望まれたストーリー展開と言えるでしょう。

有栖をもってしても、火村英生を止めることが出来なかったこの一連の事件は、どのような決着で幕と閉じたのか…

その話は、後ほどお話しますが、実に何とも言えない幕切れで、どこか物悲しさも感じさせたことは事実です。

ミステリーは、大抵が悲劇で幕を閉じることがセオリーとして描かれています。

それは、ただ愉快犯として命を奪いたかったという動機で事件が起こっていくわけではなく、大抵の事件の犯罪者側は、やむにやまれず犯罪に走ってしまっているからです。

例えば、3話で志摩恵里香が、夫・志摩征夫の命を奪った時のように、自分のことを完全否定されたかのような、

「人生のロスだった。俺は、(お前との結婚したことは…)間違っていた」

のセリフは、恵里香を衝動的に犯罪に走らせた悲しいセリフとなりました。

しかも、そのことをマネージャーの城戸に盗聴されていたために、恐喝までされてしまうはめに陥り、たった少しのボタンの掛け違いが、大きな悲劇を生むこととなってしまったのです。

もちろん人の命を奪うことは、どんな理由があっても悪いことであることに変わりありません。

しかし、そこに陥った理由(動機)には、絶望に追い詰められた犯罪者達の心理が動いた上で、最も選んではいけない最悪の選択肢を選んでしまう悲劇が生まれてしまっているのです。

もちろんあらゆる事件の全てがそのようなことではなく、単純に自分の私利私欲だけのために犯してしまう犯人もいます。

そのような背景もあり、とくにミステリードラマにおいては、大抵が、悲劇として幕を閉じてしまうのです。

このドラマ『火村英生の推理』の最終回も、悲劇で幕を閉じようとしていました。

ミステリーファンの一人としては、やはり王道で来たか、と思う反面と、どこか寂しい心情が複雑に交じり合ったというべきでしょうか…

なかなかこの手のドラマが、ハッピーエンドで終わることが出来ない物悲しさを、改めて痛感した次第です。

 

『火村英生の推理』のドラマ結末と最終回の視聴率は?

火村英生の推理

火村英生の推理

さて、先ほどの最終回のネタバレと被ってしまうかもしれませんが、今作の『火村英生の推理』最終回ラストの部分を軸に、ストーリーの結末についてお話していきましょう。

先程もお話したとおり、火村英生は、逃亡した諸星からのメールに従い、天満渓谷にやって来ました。

そして、あの崖の上で最終決着をつけようとします。

崖下を背に銃を渡してきた諸星に、

「さぁ早く私を撃って、それと飛び降りるのを黙って見てるほうが良い?」

と尋ねられた火村英生は、諸星から銃口を向けられ(別に銃をもう一つ持っていた…)最大のピンチを迎えます。

そして、いずれにしても決着を付けなければならなくなった火村英生は、銃撃するのと同時に、諸星に向かって突進してしまうのです。

その後、有栖たちが現場に急行するも、残されたのは、乾いた銃声2発と、火村英生が残した吸いかけのタバコだけで、2人の姿はどこにもありませんでした。

結局、そこで何が起こったのか、誰にも分からず、有栖の前から火村英生は消えてしまったのです。

その悲しみは時絵にも告げられ、悲劇として幕を閉じていきます。

その後、火村英生の下宿先に、火村英生らしき姿が現れるが、そこで話が終わります。

最終回のストーリー結末としては、有栖の、

『小説は作家によってどんな奇跡も起きるけど、現実は小説と異なり、どんな悲劇をも受け入れなければならない』

という言葉通り、火村英生消失は、その象徴だったのかもしれません。

ある意味、中途半端な終わり方ということも出来ますが、諸星vs火村英生の決着以上に、悲しい結末だったと言えるでしょうね。

なお、この『火村英生の推理』最終回の視聴率ですが、残念ながらまだ発表されていない模様。

このドラマ事態、本格的ミステリーとして、ドラマ要素が少なかっただけに、たとえ『火村英生の推理』最終回で、ようやくドラマ要素を増やし、最終対決として描いたとしても、それがどちらに転ぶかは、全く読めない状況です。

もしかしたら、絶賛されるかもしれません。

しかし最悪、酷評の嵐となってしまうかもしれません。

いずれにしても、『火村英生の推理』最終回の視聴率の結果を見届けたいと思う次第です。

この『火村英生の推理』最終回の視聴率は、分かり次第、追記という形で発表していきますので、皆さんお楽しみに…

追記:

『火村英生の推理』の最終回の視聴率が判明しました。

気になる視聴率は、6.9%と、かなり微妙な視聴率でした。

これは、やはり『火村英生の推理』最終回に向けて、ストーリー的に若干の盛り上がりに欠けたせいなのではないかと思います。

もし次回、続編があるのであれば、もうちょっとスリリングな構成にまとめられると嬉しいなぁと思った次第です。

『火村英生の推理』ドラマ続編の可能性は?

火村英生の推理

火村英生の推理

それにしても、後味の悪い終わり方をしている、ドラマ『臨床犯罪学者 火村英生の推理』ですが、鬼塚達の消息も不明ですし、続編という形で、再び決着の模様が描かれていくのでしょうか?

そんな疑問も脳裏によぎる視聴者がいらっしゃるかもしれないと、ふと、筆者は考えてしまいます。

そこで最後に、『火村英生の推理』の続編の可能性について、筆者独自の見解をお話していきたいと思います。

正直、本放送を見るまでは、このドラマ『火村英生の推理』は、バッドエンドで終わるものと思っていました。

そのため、『火村英生の推理』続編の可能性はゼロと考えていました。

やはり、『火村英生の推理』最終回の予告映像で見せた

『さらな、火村』

のメッセージが、どうにも頭にこびりつき、シャングリラ十字軍・諸星沙奈江との決着は、お互いの命をもって、決着するものと考えていただけに、『火村英生の推理』の続編の可能性は、全く感じられなかったのです。

いくら『火村英生の推理』の原作にストックがあるとしても、火村英生自身の命が絶たれていたとしたら、続編のやりようがありませんしね…

しかし、『火村英生の推理』本放送のラストを見て、

『もしかしたら、続編あるかも…』

と思うように、筆者の考えはスライドしていきます。

その根拠は、『火村英生の推理』最終回のい最後のシーンで、火村英生らしき人物が、火村英生の下宿先に再び訪れているシーンが描かれたからです。

もちろん、この人物の顔が明らかに映し出されたわけではありません。

あくまで火村英生が普段身に着けている衣装の切れ端が映ったような気がしただけで、それが全く別の人物という可能性も十分あります。

しかし、時絵がこの人物を観た瞬間に、湯のみ茶碗を落とし、それを救い上げた有栖も、この人物の姿を見て、どこか笑顔が戻っているような表情をしていましたので、おそらくそれは火村英生だったのではないか?と筆者は感じました。

火村英生らしき人物の登場に驚く時絵と有栖

火村英生らしき人物の登場に驚く時絵と有栖

さらに、このドラマ『火村英生の推理』は、ここで終わりではありません。

動画配信サイトHuluにて、アナザー・ストーリーと称して、火村英生と有栖が出会い、火村英生が「探偵」役として事件を解決していくことになったエピソードなどが、ドラマとして放送されると発表されたのです。

既に火村英生と有栖の馴れ初めのストーリーについては、Huluにて動画配信されているそうですし、有料ではありますが、『火村英生の推理』をこよなく愛するファンなら、きっと視聴されるのではないかと思います。

このような『火村英生の推理』のアナザー・ストーリーが展開されるということは、それなりに支持を受けたという証だと思います。

それに、有栖川有栖先生の火村英生シリーズは、まだまだストーリーとしてストックがたくさんあります。

ドラマ『火村英生の推理』で描かれたシャングリラ十字軍との完全決着は、まだ済んでいませんし、今すぐということではありませんが、数年後に『火村英生の推理』続編が放送されるなんてことがあっても全然おかしくない話ですよね。

まだ何一つ情報は明らかにされていないので、映画という形で『火村英生の推理』続編が公開されていく可能性もあります。

ドラマと言う形なのか、その詳細は全く分かりませんが、あくまで可能性としては、『火村英生の推理』の続編は、十分ありえるのではないかと思う次第です。

ぜひ、珠玉のミステリーがまた放送されていくことを期待したいものですね。

まとめ

ミステリーファンの筆者も毎回楽しみにしていた『臨床犯罪学者 火村英生の推理』の放送がついに終わり、ひとまずの決着を見せてくれました。

とは言っても火村英生・諸星の2人が消えてしまうという、悲劇的な終わり方をしてしまったことで、どこかすっきりしない部分があることは否めないでしょう。

それだけに『火村英生の推理』続編を期待する声もあるそうです。

既に『火村英生の推理』アナザー・ストーリーも、動画配信サイトHuluで放送されていますので、数年後、まだまだ残されている有栖先生の火村シリーズのストックの中から、珠玉の名作を放送して欲しいと願うばかりです。

そして今度こそ、シャングリラ(鬼塚・諸星)と、分かりやすい決着を付けて欲しいですね!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ドラマ