星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

火村英生の推理(ドラマ)の最終回結末ネタバレと続編の可能性を考察

更新日:


斎藤工さん・窪田正孝さんの二人がコンビを組み、数々の難事件を解いていくミステリーとして放送されたドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」。

このドラマの原作は、ミステリーファンならおなじみの、作家・有栖川有栖先生による代表シリーズ「アリスシリーズ」。

単純な事件ものとは異なり、斎藤工さんが演じる主人公・火村英生の感情の揺さぶりが見られるところも魅力的ポイント!!

特に最終回では、火村英生の素性が明らかにされ、殺意にかられる衝動も、よりリアルに描かれています。

そこで、本記事にて、改めてドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」の最終回をネタバレし、ドラマの魅力をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ドラマ「火村英生の推理」の魅力とは?

火村英生の推理

火村英生の推理

みなさんは、ミステリー作家・有栖川有栖先生をご存じでしょうか?

松本清張先生、西村京太郎先生を始め、日本には、名だたる推理作家が多数排出されていますよね。

しかも、彼らの作品の多くは、ドラマの原作として用いられています。

たとえば、片平なぎささん主演のサスペンスドラマ「赤い霊柩車」シリーズの原作も、推理作家・山村美紗先生の作品が原作。

ちなみに、山村美紗先生といえば、「もみちゃん」の愛称で慕われ、最近ではバラエティ番組にも出演している女優・山村紅葉さんの母としても有名…

そんな偉大な推理作家は、日本国内でもたくさん輩出され、その中のひとりとして多くのファンから慕われている推理作家が有栖川有栖先生です。

・有栖川有栖先生の作品たち

有栖川有栖先生の作風はまた独特の世界観を持ち、自身の作品に、同姓同名の登場人物を登場させるのも有栖川先生の作風の一つ。


次のページへ >

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.