星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

カフェイン効果と副作用!取りすぎによる症状と危険性をチェック

更新日

眠気覚ましに効果があるということで、何かの作業の前にコーヒーを飲む方は、それなりに多いのではないでしょうか?

実際には、コーヒーに効果があるというよりは、コーヒーやココアといった飲み物に含まれる成分のカフェインが、目覚まし効果を引き起こしています。

そんなカフェインですが、目覚まし効果のように良いことばかりがあるわけではなく、副作用もあり、実は非常に危険なのです。

最近の研究では、カフェインは世界一のドラッグと言われるまでの研究結果が出ているのだとか…

そこで、当記事で、カフェインの効果と副作用、健康との関係について、まとめてみようと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

コーヒーなどのカフェインの効果は?

男性2

カフェインと言うと、眠気覚ましに効果がある…

一般的な知識だと、そのくらいにしか認識していないことも多いかと思います。

実際、筆者も、なんとなく覚醒作用が眠気覚ましになるくらいだろう、としかカフェインに対する知識はありませんでした。

いまや、かなり身近なものとして、日常生活に定着しているカフェインですが、カフェインがどういう成分なのかについては、あまり多く認知されていません。

そこで、カフェインについて調べてみると、どうも、単に眠気覚ましになるということではなく、カフェインが引き起こす作用は、個人のコンディションによって変わってくるものだそうなのです。

カフェインの作用として、代表的なものが眠気覚ましとして期待されている覚醒作用ですよね。

しかし、実は、カフェインそのものが覚醒作用を持っているわけではないのです。

厳密には、眠くなる作用を引き起こす受容体の働きを、カフェインが抑制することで、ドーパミンなどの興奮作用のある物質をより効果的に伝達しやすくなるのだとか。

つまり、カフェインだけ摂っていても、眠気覚ましにはならず、また、摂取量と効果の比率も人それぞれなので、一概にこれだけ摂取すればOK!という分量は存在しないわけなのです。

また、カフェインと言えば、仕事効率が上がるとも言われていますが、これについては、何がどう作用して、具体的にどういう事において仕事の効率が上がるのかは不明なので、まだまだ都市伝説の域を出ていません。

結局、カフェインについては、解明されていない情報の方が多く、具体的に、何がどこに作用して、○○な効果をもたらす…

というのは、現在研究中の段階と言ってもいいと思います。

そのため、明確に

「○○効果がある!」

とは、言い切れないのが、カフェインの現状なのでしょうね。

 

カフェインを取りすぎで副作用?

医者

眠気覚ましを筆頭に、その他さまざまな作用が確認されているカフェインですが、当然ながら、副作用も存在します。

その代表的な例が、カフェイン中毒です。

カフェイン中毒は、その名のとおり、カフェインの摂取をしすぎてしまい、中毒症状に陥ってしまうことで、最悪の場合は、命を落とすこともあるそうですよ。

5~10gが危険量とされていますが、さすがに、そこまでカフェインを摂取できる人はいないと思うので、まず大丈夫かとは思いますが…。

身体症状としては、頭痛やおう吐などの軽度なものから、重症化すると、体の一部が麻痺してしまうということまで起こります。

精神的な症状では、一時的な不眠症や、焦燥感に襲われたり、落ち着きがなくなる、重症化してしまうと、幻覚を見たり、自傷行為に至ってしまうこともあるとのこと。

治療するのもかなり大変で、重症化してしまった場合は、カフェイン中毒に対する治療ということはせず、1つ1つの危険な症状に対して、手術などを行わなければならないのです。

つまり、何度も薬物投与や手術を行うことになります。

また、依存症状に陥ってしまっていた場合は、精神症状を緩和する際に、とてつもない不快感を覚えてしまうそうです。

まさに、薬物依存の治療と同じであり、それがカフェインで起こりうるということなのです。

考えるだけでも、辛いですよね。

また、最近のカフェインの研究結果では、

「カフェインはドラッグそのものである」

という論文も発表されているほどで、実はかなり危険なものなのだとか…

では、なぜ、カフェインはドラッグ同然と言われているのか?

その理由についても、迫ってみようと思います。

 

カフェインは薬と同様の効果がある?

驚く男性

カフェインがドラッグ同然…

にわかには信じがたい話ですが、調べてみると、確かに、ドラッグと同様の効果が表れていることがわかりました。

まず、カフェインは、依存症を引き起こしやすいという点。

カフェインを繰り返し、過剰摂取を続けていると、次第に、カフェインに対し、精神的に依存するようになってしまうそうです。

特に、エナジードリンクやコーヒーの常用者には、依存症が顕著に見られるとのこと。

また、一部の人には、カフェインに対する耐性もできてしまい、だんだん効果が薄れてくるのだとか。

いわゆる、薬剤耐性と同様の効果が見られるというわけですね。

これ以外にも、カフェインには離脱症状があるといいます。

要するに、カフェインの効果が切れると、何かしらの症状に襲われる…

ということです。

カフェインの常用者には、抑うつや不安、胃腸の不快感、筋肉痛などの離脱症状が確認されています。

これらの理由と、先ほどもご紹介したカフェイン中毒があることから、

「カフェインはドラッグ同然である」

と、警鐘を鳴らす学者もいるというわけです。

ただ、これらの症状は、カフェインを摂取しすぎなければ、問題はありません。

何事も、ほどほどに、ということですね。

 

まとめ

日常生活に馴染んでいるカフェインですが、実は、かなり危険を秘めている成分でもあり、摂取のし過ぎは、ドラッグと同じようなものだと危険視されているようです。

日常生活レベルの適度な摂取であれば、問題はありませんが、1日に何杯もカフェインを含んでいるものを飲んでいたりする人には、無関係という話では済まされません。

カフェイン依存に陥ってしまうと、最悪の場合、命を落としてしまうこともありえます。

また、カフェインには、依存症が起こるだけでなく、不眠症などを引き起こします。

まだまだ、そういったカフェインに対する認識が少ないため、不眠症などで医療機関へ診察を受けにいっても、

「コーヒーやエナジードリンクを日常的に摂取している」

と、告げない患者も多いのだとか…

そのため、原因を見抜けず、全く関係ない治療をしなければならないということも起こるため、カフェインの摂取は、医療機関にかかる際、必ず報告するようにしましょう。

良薬も、摂りすぎは劇薬になりうるのと同じです。

そのため、カフェインの摂取量には、細心の注意を払ってくださいね!

コーヒーの記事はコチラもよく読まれています!

コーヒーに病気の予防効果あり!1日3~4杯は健康に良い?悪い?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学