星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

カフェイン効果と副作用!取りすぎによる症状と危険性をチェック

更新日:

『眠気覚ましに効果がある』ということで、何かの作業の前にコーヒーを飲む人は、それなりに多いのではないでしょうか?

実際には、コーヒーに眠気覚ましの効果があるというよりは、コーヒーやココアに含まれる成分であるカフェインが目覚まし効果を引き起こしています。

そんなカフェインですが、目覚まし効果のように望むことばかりあるわけではなく、副作用もあり、実は非常に危険なのです。

まぁ、カフェイン中毒という言葉があるくらいですから、当然と言えば当然ですが…。

では具体的に、どんな副作用があるのでしょう?

当記事では、カフェインの効果と副作用、健康との関係についてまとめてみようと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コーヒーなどのカフェインの効果は?

カフェインと言うと、眠気覚ましに効果がある…。

一般的な知識だと、その程度ではないでしょうか。

実際、筆者もカフェインに対しては、

「何となく眠気覚ましに通じる効果があるんだろうな…」

くらいにしか認識していませんでした。

そんな風に身近なものとして日常生活に定着しているカフェイン。

ただ、カフェインが具体的にどのような成分なのかについては、あまり広く認知されていません。

このカフェインが引き起こす作用というのは…

  • 覚醒作用
  • 利尿作用
  • 強心効果
  • 片頭痛などの鎮痛効果

などがあります。

この中で、とくに知られているのは、覚醒作用。

これが眠気覚ましになる…というざっくりとした認識でしょうか。

しかし、このカフェインの覚醒作用は、厳密には眠気覚ましになっているわけではありません。

 

少し説明をすると、アデノシン受容体にアデノシンが結びつくことで、脳は眠気に誘われていきます。

しかし、アデノシン受容体にカフェインが結びつくようになり、アデノシンがアデノシン受容体に結びつくことができなくなり、これが眠気覚ましになっているとされているのです。

効果としてはエナジードリンクなどと同じ。

無理矢理不眠症になっているようなものなので、正直なところ、あまりおすすめはできません。

ただ、適度な摂取であれば、脳卒中の発症リスクを減らせたり、ダイエット効果が研究で見られているそうです。

逆に言えば、日々新しい仮説が見つかっているので、カフェインとは、まだまだその全てを解明しきれていないとも言えますね。

 

ちなみに、カフェインが引き起こす作用は、

個人差がある

そうです。

たとえば、眠気覚まし効果に期待してカフェインを摂取しても、アデノシン受容体の個人差によってカフェインの感受性が異なるため、

不眠効果になる人とならない人が現れる

というわけです。

また、なんと

『地域によってカフェインに対する耐性に差がある』

とも言われています。

とくに東アジア人はカフェインに対する耐性が強い

とのこと。

逆に欧米人はカフェインに対する耐性がないので、

コーヒーを飲むだけでカフェイン酔いをしてしまう

のだとか。

カフェインに対する耐性を見ると、日本人と欧米人では、アルコール耐性とは真逆の現象になってしまっていますね。

これは、古くからの生活習慣などが人間の構造にも違いを及ぼすことになっていて、かなり興味深い結果だと言えそうです。

 

カフェインには副作用!中毒で危険!

眠気覚ましを筆頭に、その他さまざまな作用が確認されているカフェイン。

当然ながら、副作用も存在します。

というよりも、全てカフェインの効果が引き起こすものばかりなので、これらも副作用というよりは、カフェインの効果と言った方がいいのかもしれませんが…。

そのカフェインの副作用というのが…

  • 眩暈
  • 不眠
  • 胃酸過多
  • 貧血
  • 自律神経のバランスが崩れる

などです。

かなり広く言うと、興奮作用や強心効果など、それが悪い方向でも効果を発揮してしまう認識で良いでしょう。

しかし、カフェインにはこれら以外にも、もっと大きな、そして一番注意しないといけない副作用があるのです!

それこそが…

依存症を引き起こしやすい

という点です。

カフェインを繰り返し過剰摂取を続けていると、次第にカフェインに対し精神的に依存するようになってしまいます。

これこそが、カフェイン中毒です。

カフェイン中毒は、その名のとおりカフェインの摂取をしすぎてしまい、中毒症状に陥ってしまうこと。

最悪の場合は、

命を落とす

こともあります。

カフェイン5~10gが危険量とされていますが、さすがに、そこまでカフェインを摂取できる人はいないと思うので、まず大丈夫かとは思います。

 

ちなみに、カフェイン中毒身体症状としては、

  • 頭痛
  • おう吐

の軽度なものから、重症化すると

体の一部が麻痺してしまう

ということまで起こります。

精神的な症状では

  • 一時的な不眠症や焦燥感
  • 落ち着きがなくなる

といったものが起き、重症化してしまうと

幻覚を見たり、自傷行為に至ってしまう

こともあります。

さらには、カフェインには

離脱症状

があるため、カフェインの効果が切れると、何かしらの症状に襲われる…。

ということもあり、非常に危険です。

 

カフェインの場合は、

抑うつや不安、胃腸の不快感、筋肉痛

などの離脱症状が確認されています。

これでは完全に薬物依存と同じですよね。

まぁ実際はその通りで、カフェイン中毒は薬物依存そのものと言っていいでしょう。

それにカフェイン中毒は治療することも大変です。

 

もし重症化してしまった場合は、カフェイン中毒に対する治療はせず、1つ1つの危険な症状に対して、手術などをおこなわなければならないのです。

つまり、何度も薬物投与や手術を行うことになります。

依存症状に陥ってしまっていた場合は、精神症状を緩和する際に、とてつもない不快感を覚えてしまうそうです。

これも薬物依存から抜け出せない人に見られる特徴ですよね。

また、一部の人には、カフェインに対する耐性もできてしまい、だんだん効果が薄れてくるのだとか。

いわゆる、薬剤耐性と同様の効果が見られるわけです。

 

こうしてカフェインの副作用を見ると、エナジードリンクを飲み過ぎる人が陥るような症状ですよね。

カフェインの取り過ぎは、エナジードリンクを毎日飲んでいるという表現も、あながち間違いではないのかも…。

そう思わされる次第です。

 

さて、このようにカフェインも摂取量を誤れば、ひどい副作用が発生し、もはや危険な薬と同じになってしまうことがわかりました。

ただ、かといってカフェインが少量でも危険かと言うと、そうではありません。

これらの症状は、あくまでも

カフェインを摂取しすぎなければ問題はない

わけです。

何事もほどほどに、ということですね。

いずれにしても、カフェインに頼らない生活を送るのが、何よりだとは思います。

 

まとめ

日常生活に馴染んでいるカフェインは、実はかなりの危険を秘めている成分でもあり、摂取のし過ぎはとてもおすすめできません。

日常生活レベルの適度な摂取であれば問題はありませんが、1日に何杯もカフェインを含むものを飲む人には、無関係という話では済まされません。

カフェイン中毒に陥ってしまうと、最悪の場合、命を落としてしまうこともありえます。

また、カフェインには、依存症があるだけでなく、覚醒作用の一環として、不眠症などに繋がります。

眠気覚ましになるのではなく、意図的に不眠症状を作っていると考えた方がいいかもしれません。

結局のところ、良薬も、摂りすぎは劇薬になりうるのと同じです。

カフェインの摂取量には、細心の注意を払ってくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.